大人BEAMS発信。52人の「わたしが愛してやまない服とモノ」 Instagram Facebook Twitter Line

INSTAGRAM

EDITOR三尋木奈保のベーシックノート<br>最愛のフェミニンスタイル、こんなふうに更新を
EDITOR三尋木奈保のベーシックノート<br>最愛のフェミニンスタイル、こんなふうに更新を

BASIC CLOSET 〜ベーシックスタイル、私の場合〜

EDITOR三尋木奈保のベーシックノート
最愛のフェミニンスタイル、こんなふうに更新を

好印象なきれいめコーデに、働く女性からの支持が集まるエディター三尋木奈保。ビームスで見つけた私的好みのアイテムを紹介する好評連載。第3回目は、初夏らしいフェミニンスタイルがテーマ。

Item01:オーガンジーブラウス&スカート

きれいめなネイビーセットアップも軽やかにアップデート

「仕事や食事会など、きちんときれいに見せたい日。これからの暑い時季は着るものに悩みますよね。Tシャツやカットソーだとラフすぎるから、ネイビーブラウス&スカートのセットアップが便利です。ネイビーのセットアップって真面目な印象のものが多いけれど、こちらはハリと透け感のあるオーガンジー素材なのがとても新鮮。上品なネイビーに今っぽい華やかさが加わります。ブラウスはゆったりした身頃のドルマンスリーブ。ボウタイはきっちり結ばずに、ゆるっとひと結びでサマになるのが洒落ています。スカートは素材のハリを生かしたタックシルエットで、揺れ感がきれいに出ますよ。それに、着心地の清涼感もかなりの高ポイント! オーガンジーならではのドライな肌触りで、真夏も涼しい顔で過ごせそうです」

Item02:プリントティアードスカート

大人の柄スカートは、『はしゃいで見えない』が大事

「こんな柄スカート、待ってました! 淡いピンクが女っぽいのに、甘々にならない。花柄なのに、はしゃいで見えない。そう、大人にとってこのバランスは大事です。私はもともと夏のスカートも無地のシンプルなものが好みだったのですが、年齢を重ねるごとに“無難なスカートは地味になるな”と痛感していて。去年あたりからぱっと気分が上がる柄スカートに注目していますが、いざ探すと大人が素敵に着られる塩梅のものが、なかなか見つからないんですよね~。でも、これなら納得♡ ダイナミックなボタニカル調のプリントと、優しいニュアンスカラーのかけ合わせが、フェミニンを今っぽく更新している感じがしてツボでした。トップスをチャコールグレーにしてみたら、より甘さひかえめの落ち着いた印象に」

Item03:ノースリーブマキシワンピース

さらりとドラマティックに映える、今どきのバランス

「ウエストからギャザーがたっぷり広がるマキシワンピは、フェミニン派の夏の定番ですよね。私も似たタイプのものを何着か持っていましたが、これは実際に着てみて驚きました。従来のものより、うんと軽い! ナイロン混紡のコットンだから、この軽さが実現したのかなーと推測します。そして、肩幅と脇のカッティング、身幅のバランスが、大人がきれいに見えるよう計算が効いています。肩周りの露出や身頃のサイジングが、数ミリ単位で気配りされていて、ノースリーブだけど安心感があります。この感じ、ぜひ試着して確かめてみてほしい! さらりと着られるので仰々しくなく、休日のワンマイルカジュアルや街着にもOK。以前はこの手のワンピはリゾート用だったけれど、これからは日常にも取り入れて、気分を上げていきたいですね♡」

CATCH UP

夏のフェミニンに効く旬小物

プラスチックトートバッグ

「今年もプラカゴバッグ、人気ですね。フェミニンなスカートやワンピースにこなれ感が加わります。メキシコブランド<Diminutivo(ディミヌティーボ)>の<Demi-Luxe BEAMS(デミルクス ビームス)>別注バッグは、タウンユースしやすいシンプルな柄が魅力。日本向けにアレンジされた使い勝手のいい舟形サイズです」

スクエアトウサンダル

「抜け感のいいストラップサンダルも、スクエアトウならよりモダンで都会的な印象に。<ANGEL ALARCON(アンヘル アラルコン)>は、今日本でも注目のスペインのシューズブランド。洗練されたデザインとつくりのよさ、買いやすいプライスでコスパ優秀! 着こなしがピリッと引き締まるブラック、リッチ感のあるブラウン、どちらもおすすめ」

My Favorite

「今回は、私の大、大、大好きなランチスポットをご紹介。東京・神保町の『げんぱち』です。看板には洋食とあるけれど、ちょっと懐かしい日本の家庭的な定食屋さん、というイメージ。ここは揚げ物が神がかった美味しさ!!!! エビフライ、ヒレカツ、コロッケ、冬はカキフライも絶品♡ 揚げ油にほかにはないコクがあるんですよ。自家製のタルタルソースも夢のように美味しい♡ 神保町は出版社が多くあるので私もよく行くのですが、ランチはここと決めています。揚げ物好きの方、ぜひ行ってみてください~」

三尋木 奈保

三尋木 奈保 Naho Mihirogi

Editor

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

Photography_Keiichi Suto
Hair&makeup_Harumi Kanbe
Direction_Miku Nishizawa[LVTN]

新着記事

BASIC CLOSET 〜ベーシックスタイル、私の場合〜
連載記事一覧

TOP