〈ガンパー LTD.〉の
アーノルドサーカス スツール

SELECT by MIZUMA / HIGASHITANI / WAKAYAMA

B-JIRUSHI MARKET AWARD ー No.001

みんなのライフスタイルをもっとオシャレに、もっと楽しく。そう願うビームスには、服だけでなく気の利いたインテリアも多数ラインナップ。今回は〈エンケル〉の水澗航さんとともに、眺めるだけで気分が上がるカラフルなスツールをご紹介。

私たちが選びました!

SELECTOR

  • 楽しく使い続けられる多機能性が
    サステナビリティを身近にする

    水澗 航

    〈ENKEL INC.〉Chairman

  • 手軽にスタッキングできるし
    ホームパーティ用に揃えたいな

    東谷 弥生

    BEAMS Corporate Planning DEPT./個人商店オーナー

  • 現地の公園で実物を見て
    デザインの力に感動しました!

    若山 侑大

    〈bPr BEAMS〉BUYER

〈GAMPER LTD.〉Arnold Circus Stool

“あり方”からデザインされた
見た目だけじゃないインテリアの魅力

東谷 :  早速ですけど、皆さんはインテリアってどんな基準で選んでいますか? ちなみに私の場合は、「家族にとっていかに居心地の良い空間にできるか」が一番のポイントです。
若山 :  僕は結構、直感派です。服選びと同じように、雑食&ミーハーなので。インテリアのバイイングでも感覚を大事にしています。最低限の知識はもちろん必要ですが。

水澗 :  背景や価値観に共感できるものが好きですね。何より愛着が湧きますし、そんなアイテムに触れた際の高揚感が、家で過ごす時間をより豊かにしてくれます。
東谷 :  ステキ! さすがです!
若山 :  感覚を刺激する一方、アイテム自体にしっかりしたストーリーがある。このスツールは、まさしくそんなインテリアじゃないかと。

水澗 :  イタリア出身のデザイナー、マルティノ・ガンパーが2006年にデザインした傑作ですね。僕はミラノのイベントで初めて見た時、すごく印象に残りました。軽くて持ち運びやすいスツールで、ひっくり返すと小物入れやゴミ箱なんかにも使える。

スツール以外にも、
アイデア次第で使い方いろいろ。

東谷 :  カラフルなルックスがとてもキュート! バリエーションが豊富なのもいいですね。
若山 :  「アーノルドサーカス スツール」という名前の通り、東ロンドンのショーディッチという街にあるアーノルドサーカス広場で実際に置かれている公共のスツールなんです。僕は仕事で現地に行ったことがあるのですが、住民が普通に使用していました。

東谷 :  え、いいなあ。私も行きたい。
若山 :  で、この椅子のすごいところは使い勝手や見た目の面白さだけじゃないんです。実はその広場、昔はあまり治安が良くなかったらしく。でも再生プロジェクトの一環としてこの椅子を置いたおかげで、目に見えて改善されたそうです。

水澗 :  使う人や見る人の心を動かす、良いデザインにはそんな特別な力がありますが、このスツールはその典型ですね。
東谷 :  このカラフルな8角形のスツールに、そんな美しい物語があったなんて。しかもよく見ると、素材は100%リサイクル可能なポリエチレンプラスチック。

若山 :  そう。使われる場所の未来、使う人の意識、地球環境への影響までしっかり考え抜かれた、デザインのお手本のような存在なんです。

東谷 :  ビームスも「関わる人すべてをハッピーにする」というモットーを掲げていますが、それが本当のサステナビリティにつながると思う。この椅子の裏側にあるお話を聞くと、ますます欲しくなっちゃいますね。
水澗 :  東谷さんはこのスツール、どうやって使いたいですか?
東谷 :  自宅の壁がモルタルなので、その前にいくつも並べてポップなデザインを楽しみたいです。スタッキングが簡単で、ホームパーティの時のゲスト用スツールとしても準備しておける。お花を入れるプランターとしてもいいかも。

シンプルな場所にたくさんの色を並べたら、
すごく楽しそう!

若山 :  サイズは2種類ありますが、大きさが一緒のものを組み合わせればテーブルとしても活躍しますよ。

水澗 :  そうやって、使う人のアイデア次第で用途がどんどん広がっていきます。逆に言えば、使う人の発想を豊かにしてくれる。これもまた、優れたインテリアの証しなのかもしれませんね。

使う人の心まで
動かすデザイン

豊富なバリエーションも
うれしい

感覚的にもロジック的にも
グッとくる!

Arnold Circus Stool

GAMPER LTD.

¥26,400 (inc.tax)

その他のおすすめ
  • Arnold Circus Stool

    GAMPER LTD.

    ¥24,200 (inc.tax)

SHARE

PROFILE

  • 水澗 航

    〈ENKEL INC.〉Chairman

    1981年生まれ。石川県出身。2014年にアパレル中心のショールーム〈スタジオファブワーク〉を立ち上げ、さまざまなブランドのPRを担当する。2019年からはギャラリー兼ショールームの〈エンケル〉をスタート。かねてより服とともに強い興味のあったインテリアや建築にまで活躍の場を広げ、ライフスタイル全般にまつわる業務を守備範囲とする。2023年11月にはミラ・ナカシマの特別展を担当するなど、各種企画展も手掛けるファッション・インテリア業界のキーマン。

  • 東谷 弥生

    BEAMS Corporate Planning DEPT./個人商店オーナー

    ショップスタッフを経て〈Ray BEAMS〉のバイヤー・ディレクターを経験し、産・育休後の今は経営企画部に所属。好きなものは、家族と猫のほか、偏りのあるもの、愛情があるもの、そしてピンク! ハイファッションから古着まで幅広い知識を持ち、表現力豊かなMIXコーデはファン多数。個人商店では、ユニークかつ目新しい、偏愛アイテムを紹介する。

  • 若山 侑大

    〈bPr BEAMS〉BUYER

    1993年生まれ。愛媛県出身。2017年に入社し、ショップスタッフを経て2021年より〈bPr BEAMS〉のバイヤーに就任。「良い影響はどんどん受ける」が信条で、もとは根っからの服好きにもかかわらず、仕事で触れたインテリアの世界にのめり込む。こだわりの家具は、自室の壁一面に飾った無数の掛け時計。趣味は独学で始めたピアノで、いつかビル・エヴァンスのオータムリーブスを上手に弾きたい。

おすすめの記事