SELECT ITEM

牧野商店限定!ランニングラインソックス

SELECTOR
牧野 英明 (BEAMS Licensing Business Dept.)
日本未展開モデル

牧野 英明

(BEAMS Licensing Business Dept.)

僕は普段もランも同じソックスを履きます。そのため、普段履くソックスは主にソックス専業ブランドのアイテム中心です。

 

単純に機能が良いから、ということはもちろんなのですが、ランニングソックス専業ブランドのソックスを選んでおけば、どんなブランドのシューズを合わせても「外さない」というのが理由が一番です。

 

例えばシューズブランドのソックスを履いた時、個人的には絶対にソックスとシューズのブランドは合わせる派。もしソックスを履いた時と玄関で気分が変わってしまったとき、面倒ですがソックスを履き替えたりします。なのでそんなことが起こらないように玄関で気分で靴を選びたいから、気づいたら所有しているソックスはほぼ全てが専業ブランドになっていました。

 

前置きが長くなりました。

 

いま牧野商店ではそんな私のコンセプトに合わせて、FeeturesのラインソックスやDrymaxのミリタリーソックスなど、専業ブランドのちょいマニアックなアイテムを揃えていますが、そこで一際マニアックなブランドが<cep(シーイーピー)>。

医療用ストッキングから発祥したドイツ発のコンプレッション(着圧)ソックスブランドなのですが、ここで取り扱っているミッドカットソックスが実に良いんです。日本味展開モデルをすでに2モデル取り扱っておりますが、この度またもや本国のみ展開のイケてるモデルを目ざとく見つけてしまったので、牧野商店用に特別に輸入してもらっちゃいました笑

このなんとも絶妙な色合いの2カラーラインソックス。これにブラックベースを加えた全5色展開です。このカラーリング、なんかエモいなーと感じませんか?その答えが製品の正式名称にありました。

「MAIAMI VIBES 80’s」

そうなんです。80年代のアメリカ西海岸の、たぶんスケーターたちが履いていたようなデザインとカラーリングをイメージしているみたいなんです。

このコンセプトとデザインで本気系ランニングソックスってところが超イケてると思いませんか!?

このブラックベースのラインカラーなんて、ネオンピンクに杢のスカイブルーですからね笑

紙一重のギリギリ感がファッションとしてもめちゃくちゃおもしろいです。

僕はもちろん、本気ランニングの時にも履いてます。

かなり細かく編み地を変えた着圧モデルは、ランニングにもデイリーにも非常に調子良し。

とりあえず現段階では牧野商店のためだけに本国ドイツから輸入してもらってます。今後の展開はどうなるかわかりませんが、とりあえず現段階ではエクスクルーシブアイテムです。

ちょっとカラー欠けしちゃってますが、先に取り扱っているモデルもぜひ一緒に、cepのミッドソックスをチェックしてみてください。

よろしくお願いします。

 

( PROFILE )

いつでも10km走れる
コーディネート
牧野 英明
(BEAMS Licensing Business Dept.)

2004年入社後、カジュアルからドレスまで幅広いキャリアを経験し、今やスポーツ業界に身体半分以上入れた名物シリアスランナー。#いつでも10km走れるコーディネートをテーマにした、「走るのに快適なファッション日常着」と「機能美溢れる高性能ギア」をセレクト。「これ走るのにイケそう」な独自目線による提案に注目あれ。ちなみに、フルマラソンベストタイムは2時間47分44秒(東京マラソン2023)

SELECT ITEMS
SELECT ITEMS

アイテム一覧

おすすめの記事

RANKING

アイテムランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
VIEW MORE
VIEW MORE
ONLINE SHOP
ONLINE SHOP