BEAMS F Brilla per il gusto International Gallery BEAMS Instagram Facebook Twitter Page Top

About Us

ビームスが思う理想の男性像

"MR_BEAMS"とは、ファッションをきちんと理解しながらも、
自分の価値観で服を選べる
"スタイルをもった人"のこと。
と同時に、決して独りよがりではなく、
周りのみんなからも「ステキですね」と思われる、
そのスタイルに"ポジティブなマインドがこもった人"のこと。

今回立ち上げたオウンドメディア#MR_BEAMSには、
私たちビームスが考える理想の大人の男性像と、
そんな理想の彼が着ているであろうステキな服、
そしてMR_BEAMSになるために必要な
洋服にまつわるポジティブな情報がギュッと詰め込まれています。

本メディアを通じて、服の魅力に触れていただいた皆様に、
ステキで明るい未来が訪れますように……。

The Great Lauren①

a fashion odyssey | 鶴田啓の視点

The Great Lauren①

 

華麗なるローレン。

ローレンって誰?ソフィア・ローレンではない。もちろん彼女も抜群に華麗だけど。16回目の「a fashion oddyssey」は、ここでいよいよ御大のご登場となる。ラルフ・ローレンである。

ファッションに少しでも興味があるのならば、(この50年の間に)ラルフ・ローレンからまったく影響を受けていないという人はほとんどいないであろう。それほどの世界的デザイナーである。彼の話をする前に、ちょっと別の話を。

発端は僕の友人・AさんのSNSに上がってきた一足のスニーカーだった。そのスニーカーは某・スポーツブランドの新作で、手を使わずに足だけのワンタッチで着脱が出来る斬新なデザインだが、それを見てAさんは強烈に「ダサい」と思ったらしい。まぁ、そんなのは好みの問題で、誰にでもある話なのだが、Aさんは「なぜ私はこのスニーカーを必要以上に強くダサいな、と思ってしまうのか」と自問自答で投稿を締めくくっていた。このエピソードはAさんが便利スニーカーに対して向けた批判でもなんでもなく、「人はどういうときにダサいと思うのか?」という心理分析の如き思考に溢れていて非常に興味深かった。以下、SNSのメッセージ機能を通じて僕がAさんとやり取りした会話の一部である。ちょっとご覧いただきたい。

鶴田(以下T):この靴を見て「ナンセンスなギャグ」だと思えればカッコ良く感じるのかもしれませんね。Aさんは「たしかに便利そう!楽!」と思ったからダサく感じてるとか。データバンクとかマイクロペーサーもそうですけど、機能しない機能にロマンを感じるのかもしれません、特に男性は。軍モノはミニマルな機能性を備えていますが、街では「実際には戦闘しない」という点でナンセンスなファッションアイテムです。
A:「機能しない機能」へのロマンはまさにダンディズムとか粋ですよね。僕はもう、そういうのが嫌いになりつつあるんですが(嫌いたいと思ってるんですが)それでもこのスニーカーをダサいなと思う気持ちが残ってます。
いま思ったんですが、ノームコアって、そういう男性的なダンディズムやコンテクスト遊びみたいなものへの冷ややかな批判だったのかも?
T:そうですね、ノームコアは機能性(肉体的だけではなく、そこに精神を割く暇があるならクリエイティブに没頭したら?という時間的機能性)を重視した一部の真性クリエイティブの特権的ファッションだったんですが、一般の人も真似をし始めて「どうしたら、無頓着に見えるか?」に頓着し過ぎた結果、パラドックスに陥りましたね。そこから発展して「ちょっとダサいくらいがいい」に今は落ち着いた様子です。
A:こういう話はとても面白いですね。
米国は欧州の歴史の厚みにコンプレックスがあって、洋服にしても特にメンズは英国を中心にした洋服や着こなしの持つ複雑なコンテクストに元々アンビバレントな感情がありますよね。ラルフ・ローレンのようにそのねじれた憧れをむしろ中心的なコンセプトへと昇華して再構築するブランドへの評価と、そういうコンテクストをほぼ無視するスポーツウェアやノームコア的なファッションへの愛情と誇り(と開き直り?)の両方が(米国には)あるように見えます
世間でノームコアが終焉して「ちょいダサ」に移行していることは、あくまで後者の領域ですよね。そのへんのリサイクルショップで売ってそうな、「洋服」のコンテクストに乗らない服をあえて着るみたいな。「洋服」の欧州的コンテクストにはそもそも乗らないぞ、という。
伝統やルールを知ったうえでコンテクストを遊ぶ、という前者のようなファッションの楽しみ方は、いまや超ニッチな趣味の世界になった気がします。ビームスはずっと前者(BEAMS FもBEAMSも)をやってきて、コンテクスト遊びの達人だったわけですよね。少なくともメンズは。それとも「ちょいダサ」も実は前者の領域で、なんらかのコンテクストがあってみんなそっちに戻ってきたのだろうか。仮にそれがあったとしても「洋服」という伝統ではなくて、60年代から90年代の「カルチャー」のコンテクスト遊びですよね。そういう意味では、BEAMSにはBEAMS Tやカルチャートもあるし全方位ですね。
T:ノームコアはともかくとして「ちょいダサ」は、やはりコンテクスト遊びの流れに乗ってると僕は思っています、個人的には。Aさんが言うように、その辺に売ってる古着、つまり価値がない(低い)ものを着る、本気で探さないと手に入らないヴィンテージではなくレギュラー古着を着る。これって、自分のすぐ上の世代が否定した価値を自分たちで再発見するという意味で、脈絡(コンテクスト)の刷新なんですね、きっと。これは1950年代ロンドンにテディボーイが出現したのは前々世代が着ていたエドワーディアン時代の古着が比較的安く手に入ったから、という背景とちょっと似てるように感じます。ちょっと前に流行った「ダッドシューズ」や「ダッドジャケット」=「おじさんが着てそうなダサいジャケットやスニーカー、トレーナー」を20歳の子がオーバーサイズで着る感覚が、どこまで意識的なものだったか分かりませんが、やっぱり直前(10年前)の世代が「ダサい」とレッテルを貼りつけた2~30年前のアイテムを自分たちの脈絡でファッションにする、というのは昔からのサイクルでもあるんですよね。近年ではそのサイクルが異常に加速していますが。
A;これは凄く分かるわ。僕も直前(10年前)の世代である80年代的なファッションとか音楽とか、もう触れだけで身が縮こまるくらい嫌いだった。フュージョンとかこの世で一番ダサい音楽だと思ってました。いまはもうそんなことないですが、あまりに強い嫌悪感だったのでいま考えるとあれはどうしてだろうと不思議なくらいです。

以上、やり取りの中から一部を抜粋してみた。ちなみにAさんは洋服屋ではない。たしかに洋服は好きだが(BEAMSでたくさん買い物をしてくれている)、アパレル専門でも何でもなく一般的なデザイン会社を経営している。しかし、デザインを生業にする人ならば当然のように備わっている社会学的な視点が、このコメントには多分に含まれているように思う。

 

と、ここでラルフ・ローレンの話題がほとんど出てこないまま、「The Great Lauren②」へと続く…(笑)。この会話からラルフ・ローレンへ繋がるかどうかは、読んでみてのお楽しみということで。

Share

Other Posts

もっと見る

Related Post