rockarchive

Don Hunstein

photographer

Don Hunstein

ドン・ハンステインはセントルイスに生まれ育ち、故郷の大学であるワシントン大学を1950年に卒業。コマーシャルスタジオにて見習いとして働き、大きいフォーマットのカメラや照明の使い方を学んだ。カーネギーホールのビルにスタジオを構える著名な写真家のアシスタントとして起用され、ロケなども同行する中で、特に印象的だったのがブロードウェイ・ミュージカルのドレスリハーサルの撮影だった。それがきっかけで音楽に関わる写真を撮り始めた。有名なミュージシャンを前にしても落ち着いて仕事が出来るようになった頃、被写体の内面まで見抜き、それを映し出すことが出来るようになっていた。30年間に及ぶ彼のキャリアの中で、クラシック、ジャズ、フォーク、そしてロックのコンサートやレコーディング風景、ストリート、スタジオなど、様々な写真を撮り続けた。彼にはタイミングの良い場所にいる才覚があった。20世紀の最も重要なミュージシャンたちの、何百ものレコードジャケットやレコーディングセッションドキュメントを撮影した。大小のフォーマット、白黒、カラーなど、様々な条件に対応できるすばらしい写真家だった。

© BEAMS Co., Ltd.