Vaporize was launched in 2001 under the supervision of James Iha,
guitarist of THE SMASHING PUMPKINS.
The brand name derives from the British band FLEETWOOD MAC’s song “Vapor Flower”.

2019-20 AW is themed around ‘GOTH’ that emerged in the 1970s as a sub-genre of
post punk and alternative rock. The collection has a new wave feel, built on a base of an androgynous and
degenerate mood of the mid-80s/early 90s of the likes of The Cure, Depeche Mode, and Bauhaus, with a
touch of the VAPORIZE signature grunge and punk essence. The collection of cropped tops and
fitting trousers in a smoky palate is joined by bespoke orders of leather shoes and bags.

スマッシング・パンプキンズのギタリスト、ジェームス・イハが監修を手がけるブランドとして2001年にスタート。
ブランド名は英国バンド、フリートウッド・マックの詞『Vapor Flower』に由来し、
ファッションと音楽を融合させたコレクションを展開。

2019-20年秋冬のテーマは1970年代に誕生したポストパンクやオルタナティヴロックのサブジャンル“GOTH”。
中でもザ・キュアー、デペッシュ・モード、バウハウスをはじめとした80年代中期から90年代初期のどこか退廃的で
中性的な雰囲気をベースに、〈VAPORIZE〉のアイデンティティであるグランジやパンクのエッセンスを加えた、
ニューウェーブを感じさせるコレクションです。 ショート丈のトップスやジャストサイズのボトムス、
スモーキーなカラーリングが特徴のオリジナルコレクション以外にも、レザーシューズやバッグなどの別注アイテムも揃えました。