ビルケンシュトック、ギザ。

FUZIO 2017.05.17

どーも、こんばんは。

FUZIOです。


昨日に引き続き、ビルケンシュトックのご紹介。今回はギゼ。ビルケンシュトックを代表する大人気モデルです。


ビルケンシュトック ギゼ
カラー:ブラック
サイズ:40.41.42.43
価格:¥8000+税
商品番号:92-33-0037-074

今まで、ビルケンシュトックのESDについてお話をして来ましたが、ここで改めてビルケンシュトックの魅力について少し触れようと思います。

ビルケンシュトックは1774年、ドイツにて誕生しました。1774年ですよ、日本で杉田玄白が解体新書を出した年ですよ。随分と長い歴史のあるブランドです。

ビルケンシュトックには健康をサポートする為の様々な工夫がされています。ご存知の方も多いと思いますが、ビルケンシュトックと言えばコルクソール。何気なく見ていたこのソール、実は5つの層から出来ています。コルクだけじゃないんです。


一番上からご説明します。足裏が触れる部分ですね、ここにはスウェードレザーが採用されています。足裏は一日でコップ一杯分の汗をかくと言われています。吸水性の高いスウェードレザーのお陰で快適さをキープしてくれるのです。

そしてその下、目の詰まったジュート素材です。所謂、麻ですね。通気性や吸汗性に優れていて、足裏の温度を調整してくれています。

更にその下には、真打登場、コルクです。正確にはコルクとラテックス(ゴムの木から取れる液体)を使用したビルケンシュトックのオリジナル素材。非常に長持ちするんです。そして、履く人の圧力によってどんどんと馴染んでいきます。

コルクの下には再度、ジュートの登場。上層部とは少し違う、目の粗いジュートが採用されています。

そして最後はアウトソール。


耐久性に優れた強化ゴム。この独特な形状は滑りにくくする為。無駄にウネウネしてる訳じゃないんです。


ソール、すごい拘りですよね。


次いで、フットベッドのご説明。


まずは爪先。


足指の付け根辺りに配置されたこちらの凸。五本指に理想的に体重がかかるようになっていて、正しい歩行を促してくれます。

そして、土踏まずに沿うように膨らみがあります。


足をしっかりと支え、正しい姿勢で立つようにサポートをしてくれています。

最後はヒールカップ。


大きめに設計されたヒールカップ、踵が常に真っ直ぐになるようにサポートをしてくれます。これまた正しい姿勢で立てるようにする為。


靴全体に、履く人の健康をサポートする工夫で溢れています。

何気なく見ていたビルケンシュトックのサンダル、改めて深く掘り下げて見てみると、グッと魅力が高まりました。

という事で、今年は買おう。


では、おやすみなさい。