YACCO SHOW ー Let’s enjoy my Dream Box!ー

2016.12.12

Bギャラリーでは初となる、“表参道のヤッコさん”ことスタイリスト・高橋靖子の展覧会を開催します。1960年代にフリーのスタイリストとして日本で初めて認可されたのち、1971年にロンドンに渡り山本寛斎のショーを、そして翌年にはジギー・スターダスト期のデヴィッド・ボウイのステージ衣装のスタイリングを手掛け、一躍有名になった高橋靖子。様々なミュージシャンや俳優たちとのクリエイティブな関係によって世界中を駆け巡り、歴史に残る数々の素晴らしい仕事を残した彼女は今もなお第一線で活躍し続けています。

本展では忌野清志郎、布袋寅泰、中村達也といったロック・ミュージシャンたちのステージ衣装をはじめ、携わってきたCMや広告などの関連資料、自らが出演するTV映像のほか、親交の深い人たちとの愛のこもった思い出深い宝物など多岐にわたって展示します。また、会期中には隔週で豪華ゲストをお招きし、トークショーを開催予定です。 70年代より様々なファッション、カルチャーを日本に紹介してきたビームスと時を同じく、かたや国を越えて時代を創ってきた高橋靖子の足跡を紹介する、素晴らしい機会となります。どうぞご期待ください。

「皆さま、この展覧会は私のスタイリスト歴50年間のびっくり箱です。時代が変化しながら流れているなかで、いつも、もがきながら、楽しみながら生きてきた自分自身を発見して、ワクワクしています。ジェネレーションを超えて、いっぱい楽しんでいただいて、エナジーとイマジネーションの交歓ができますように。ぜひ、びっくり箱をのぞきにきてください!」 — YACCO

高橋靖子(たかはしやすこ) / スタイリスト

1941年生まれ。茨城に育つ。早稲田大学政経学部卒業後、大手広告代理店でコピーライターとして働いたものの、原宿のセントラルアパートにあった広告制作会社に魅入られ転職、スタイリストに。毎週末、クリエーターたちが集まる大規模なパーティーを催し「表参道のヤッコさん」として知られた。フリーランスのスタイリスト業として確定申告の登録第1号に。70年代からデヴィッド・ボウイの衣装を手掛けるなど、多くのロック・ミュージシャンとともに時代を駆け抜ける。70代の現在も現役として広告を中心に活躍、最近は北野武、山﨑努、リリー・フランキーらのスタイリングも担当した。著書に『表参道のヤッコさん』(河出書房)、『わたしに拍手!』(幻冬舎)、『小さな食卓』(講談社)などがある。
facebook.com/takahashi.yasuko.3
twitter.com/yacco_takahashi

開催期間
2017年1月14日(土) ~ 2月12日(日) 11:00〜20:00
開催場所
Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F)
レセプションパーティー
日時:2017年1月13日(金)18:00~20:00
トークショー
Vol.1
日時:2017年1月19日(木) 17:00~18:30

ゲスト:リリー・フランキー(イラストレーターなど)

Vol.2
日時:2017年1月28日(土) 17:00~18:30

ゲスト:野宮真貴(歌手)

Vol.3
日時:2017年2月12日(日) 17:00~18:30

ゲスト:Char(ミュージシャン)

会場 : Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F)
予約定員制 : 先着30名様 ※ご予約はBギャラリーまで
お気に入り