独創的な音楽性で世界を魅了するデヴェンドラ・バンハートのインストアライブ開催

2017.04.20

<BEAMS RECORDS>では2000年代以降のフリーフォーク・シーンのアイコンにして、今なお独創的な音楽性で世界を魅了するシンガー・ソングライター、デヴェンドラ・バンハート(Devendra Banhart)のインストアライブを開催します。

パット・メセニーをはじめスティーブ・ライヒ、カエターノ・ヴェローゾといった巨匠の作品をリリースする良質レーベル<Nonesuch>から昨年発表したアルバム『Ape In Pink Murble』(国内盤はワーナーミュージック・ジャパンより発売)は、色彩豊かなソングライティングと穏やかな歌声で賞賛を浴びました。

今回のインストアライブでは、ギターの弾き語りで自身の楽曲を中心に演奏する予定。前日の「ビルボードライブ大阪」、翌日の「ビルボードライブ東京」のバンド・セットとはひと味違う、より親密な雰囲気のライブになることと思います。本インストアライブ開催に合わせて、今では手に入りづらくなった初期作品のCDやアナログレコードも取り揃えます。

ぜひデヴェンドラ・バンハートの歌声を間近でご覧ください。

開催日時
2017年5月9日(火)19:15開場 19:30開演 入場無料
開場
「インターナショナルギャラリー ビームス(原宿)」B1 ウィメンズフロア テラス
東京都渋谷区神宮前3-25-15 B1F
※原宿通り側から直接ご入場いただけます。
※雨天の際は「ビームス レコーズ」(原宿)を会場とします。本WEBサイト上及び BEAMS RECORDS Twitterよりアナウンス致します。
主催
BEAMS RECORDS
協力
Billboard-Live / Warner Music Japan / DIS Inc.

2017年5月8日(月) ビルボードライブ大阪公演
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30

2017年5月10日(水) ビルボードライブ東京公演
1stステージ開場17:30 開演19:00

Devendra Banhart

テキサス州ヒューストン生まれの男性シンガー・ソングライター。ベネズエラで育ち、母親の再婚を機にロサンゼルスへと移住する。12歳から曲を書き始め、アメリカ国内をはじめパリにも住む経験を持つなど、世界各地を転々とする。
2000年頃からLA近郊でライヴ活動を開始し、2002年に1stアルバム『Oh Me Oh My…』をリリース。その後、2004年に『Rejoicing in The Hands』、『Nino Rojo』、2005年に『Cripple Crow』をリリースし、他から影響を受けることのないその美学で、神秘的、伝統的、かつサイケなサウンドを生み出す。
2006年のサマーソニックで来日を果たし、ビーチ・ステージでのトリ前を務めその存在感を印象づけた。2007年にリリースされた『Smokey Rolls Down Thunder Canyon』には、伝説的ミュージシャン:ヴァシュティ・バニヤン、リンダ・バーハックスが参加していたことも話題になった。
2009年にはWarner Bros.に移籍し、『What Will We Be』をリリース。2013年にはNonesuchレーベルへ移籍し『MALA』を、そして2016年に最新作『Ape in Pink Marble』と精力的なリリースを続けている。
2015年にはドイツの老舗美術書出版社<PRESTEL>から初のアートブック『I Left My Noodle on Ramen Street』を上梓するなど、多方面に活動のフィールドを広げている。

Devendra Banhart
『Ape in Pink Marble』
WPCR-17503 国内盤定価:¥ 2,592(税込)

お気に入り