『TOMOKO YAMAGUCHI × BEAMS BOY mini exhibition』開催

2018.04.06

清澄な透明感が印象的な女性像と自然や日常をモチーフに描き続けているアーティスト山口智子。彼女が生み出す儚げな少女たちの表情や仕草は、一瞬にして心に残る普遍的な魅力があり多くのファンを魅了し続けています。

今回、アーカイブ作品をモチーフにしたスペシャルアイテムを「ビームス ウィメン 渋谷」にて発売します。彼女にとって作品は“誰かに宛てた手紙のようなもの”という思いから、“手紙”をキーワードにデザインを加えたポスターやポストカード、レターセットなどを展開します。また、それに伴いアーカイブ作品のミニ展示会を行います。

さらに、今年で誕生20周年を迎えた<BEAMS BOY(ビームス ボーイ)>とコラボレーションしたTシャツとトートバッグも合わせて発売します。

山口智子の世界観を体感しに、ぜひ「ビームス ウィメン 渋谷」へお越しください。

レターセット ¥2,000+税(便箋、封筒、シール)

ポストカード 各¥300+税

シール 1シート¥400+税

ポスター ¥4,000+税

TOMOKO YAMAGUCHI × BEAMS BOY
Collaboration Items

Tシャツ ¥5,800+税、トートバッグ ¥3,800+税

あなたに宛てた長い手紙

何かを『伝えたい』という気持ちに導かれて
文字を書いたり、絵を描く
SNSで沢山の誰かに『伝える』ことも、
手紙でたった1人の誰かに『伝える』ことも、
同じくらい丁寧に飾り気のない言葉を選べれば良いなと思う

今回のコラボレーションでは、そんな自分の作品や制作と繋がるものを作ろうと思いました。Tシャツには、絵を着るようなイメージでキャンバスの縁に塗った色そのままのフレームをつけてみたり、ポスターは横向きにして手紙みたいなデザインにしました。活版印刷という職人さんの手仕事にも近い手法と出会い、展覧会では触ることのない絵に触感を加えました。

『伝えたい』という気持ちを沢山込めて作ったアイテムたちを、手に取ってまた他の誰かにそっと『伝えたく』なって頂けたらとっても嬉しいです。

小さな声が届きますように。

山口智子 | プロフィール
兵庫県生まれ、東京都在住。2000年女子美術大学芸術学部絵画学科洋画専攻卒業後、BEAMS入社。<BEAMS BOY>レーベル担当として、接客販売に携わりながら、絵画制作・発表を続ける。 2016 年からは、<BEAMS BOY>の企画担当として、オリジナルウェアやテキスタイルのデザインを行っている。
主な展示としては、2017『それでも私たちは』(LA GALERIE DES NAKAMURA、東京)、 2011『一緒にしたり、別々にしたり』(LA GALERIE DES NAKAMURA、東京)、2007『木藤純子/山口智子』(ギャラリー小柳、東京)他。 主な仕事としては、YUKI『メランコリニスタ』(CDジャケット)、<BEAMS RECORDS> 『Cappuccino』シリーズ(CDジャケット)、長谷川町蔵著『あたしたちの未来はきっと』 (書籍表紙)他に作品提供。
最近では、ZINEや詩集制作にも力を入れている。
http://yamaguchitomoko.com/
@tomoko_yamaguchi

開催期間
2018年4月13日(金)〜4月22日(日)
開催店舗
ビームス ウィメン 渋谷
お気に入り