豊富な生地・襟型が揃う<MARIA SANTANGELO>によるシャツのフルオーダー会

2018.05.07

1953年にイタリア・ナポリで創業し、今もなお当時の伝統的な技術を守りながら作られるシャツに定評のある<MARIA SANTANGELO(マリア サンタンジェロ)>
この度、本国よりフィッターのヴィンツェンツォ・ロマニュオーロ氏を招き、お客様の体型に合わせたシャツをお求めやすい価格でフルオーダー頂けるイベントを開催します。
ドレスからカジュアルまで1800種類もの生地と、17種類の襟型という豊富なバリエーションをご用意。特別な一枚をお作り頂ける、この機会に是非ご来店下さい。

豊富な襟型

定番のレギュラーカラーはもちろん、17種類の襟型をご用意

選べるハンドポイント

ハンドポイントを4箇所、5箇所、10箇所、フルハンドから選択可能

価格

4箇所ハンド ¥33,000(+税)〜
5箇所ハンド ¥37,000(+税)〜
10箇所ハンド ¥46,000(+税)〜
フルハンド ¥53,000(+税)〜

納期

2018年8月中旬以降のお渡し予定

開催日
2018年5月18日(金)・19日(土)
開催店舗
ビームス ハウス 丸の内

オーダー事例紹介

今の雰囲気にあった衿型に、サックスブルーのグレンプレイドを

「前回ビームスFで開催された<MARIA SANTANGELO>オーダー会の際に作ったシャツです。衿型は様々な種類がある中で、今の流れでもあるレギュラーカラー、生地はサックスブルーのグレンプレイド柄を選びました。衿型と生地だけでもかなりのバリエーションの組み合わせが選べ、本当に好きなシャツが作れるというのがオーダーの魅力だと思います。ハンド箇所はガゼット、アームホール、ボタンホール、ボタン付け、剣ボロかんぬきの5箇所です。」

ビームスF 具志堅 政頼

2018年春夏シーズン スタイリング特集

お気に入り