BEAMS F Brilla per il gusto International Gallery BEAMS Instagram Facebook Twitter Page Top

About Us

ビームスが思う理想の男性像

"MR_BEAMS"とは、ファッションをきちんと理解しながらも、
自分の価値観で服を選べる
"スタイルをもった人"のこと。
と同時に、決して独りよがりではなく、
周りのみんなからも「ステキですね」と思われる、
そのスタイルに"ポジティブなマインドがこもった人"のこと。

今回立ち上げたオウンドメディア#MR_BEAMSには、
私たちビームスが考える理想の大人の男性像と、
そんな理想の彼が着ているであろうステキな服、
そしてMR_BEAMSになるために必要な
洋服にまつわるポジティブな情報がギュッと詰め込まれています。

本メディアを通じて、服の魅力に触れていただいた皆様に、
ステキで明るい未来が訪れますように……。

服には身につける人の 精神性が宿る

服には身につける人の 精神性が宿る

ビームス メンズドレスのプレス・安武俊宏が“いま気になる人”と語り尽くす対談連載。
第1回のゲストは片岡鶴太郎さん。俳優や芸術家など、多彩な顔で知られ、
お笑いタレントしても長らく活躍してきた“人生の先輩”に、
生き方の美学、洋服への愛を語りつくしてもらいました。

引き算して丁度いいを見つける。 それが自分らしいバランス感覚

片岡 安武さん、久しぶりにお会いするので、今日は絵を持ってきました。暑中お見舞いです。こちら、どうぞ。

安武 ホントですか? 嬉しい。かき氷の絵ですね。めちゃくちゃイイじゃないですか。

片岡 この絵、じつは指で描いてるんですよ。

安武 だからかぁ。柔らかなタッチでとっても好みです。

片岡 洒落た額にでも入れて飾ってみてください。

安武 夏の思い出が増えました。お気遣い、ありがとうございます! 今日は連載1回目のゲストとして、鶴太郎さんと話したいと思い、お声がけさせていただきました。

片岡 安武さんとはもう、出会って5〜6年ぐらい? 当時の僕は、自分で服を選んでコーディネートできるようになりたいと思っていた時期。縁あってビームスに声をかけたら、安武さんを紹介してもらえて。そこからビームスに通うようになり、「こういうコーディネートの仕方もあるんだぁ」といろいろ教えてもらい、今日に至るっていう。いつもありがとう。

安武 こちらこそ、楽しくやらせてもらってます。「太いパンツ、穿いてみます?」「面白いニット、着てみます?」。こんな風に提案すると「いいね!」と、鶴太郎さん、柔軟に受け入れてくださるので。

片岡 歳を重ねるほど、ファッションそのものを楽しめるようになったのは、安武さんのおかげ。なんでもトライしたいと思う性分なんです。楽しみたいから。『オレたちひょうきん族』時代からヒヨコに扮した「ピヨコ隊」だったしね。

安武 勉強になります(笑)。今日改めて聞きたかったのは、鶴太郎さんの生き方の美学についてです。

片岡 なかなかムズかしいテーマですねぇ。

安武 俳優や芸術家、近年はヨーガだったり、表現者として多彩に活躍中なのは承知しています。根っこにある想いは何でしょう?

片岡 ちょっと抽象的に表現すると、バランスかなぁ。ずっとバランス感覚は大切にしたいと思っています。自分を表現者とするなら、生き方、そのすべてに美意識を持っていたい。暮らしもそう。だから食べるものや身の回りのもの、服にもこだわりたい。自分で決めたことをやり抜くのはなかなか大変。でも、やり続けることは大切だと思っていて。

安武 鶴太郎さんと接していると、いつも柔軟で軽やかだなぁと感じます。その一方で、ストイックだなぁとも思っています。

片岡 それはありがとう(笑)

安武 自分らしいバランス感覚って、どんなところに表れていると思いますか?

片岡 引き算することですかね。引き算の美学を大切にしてます。

安武 興味深いです!

片岡 私、画家や書家としても活動させて頂いておりますが、例えば日本画を描く時は墨だけで濃淡を付ける、『たらしこみ』という技法を使うのですが、極力無駄な手を省く様に心がけており、いかに手を少なくするか。絵を描ける様になると足算したくなりがちなのですが、完成をイメージしながら60%、70%で抑えます。

安武 服のコーディネートにも通じる気がします。

片岡 全体のバランスを見ながら引き算する。この気持ちは暮らし全般で大切にしています。食事もそう。僕の場合、5年ぐらい前から食事は朝一食。健康にもいいし、ヨーガ実践者なのでこのぐらいがちょうどいい。腹7分目という感覚を持っておくと、筆を置くタイミングもわかるし、すべてのベースになる。

安武 わかる気がします。僕は洋服の人間なので、今日もコーディネートを考えているとき、首にスカーフを巻くので足もとはすっきりさせようと思い、素足でローファーを履き、色数も絞っています。腹7分目……言語化してもらうと確かになぁと思います。

片岡 安武さんから学んだ洋服のコーディネートも、引き算するように心がけていますよ。

選ぶ服の半分はレディース。 自分らしさってナンだ?

安武 もう少し、洋服の話を掘り下げてもいいですか?

片岡 もちろんです。

安武 バランス感覚って歳を重ねる中で変わってきたと思いますか?

片岡 変わってきましたね。若い頃はスタイリストさんに「色をいっぱい使いたい」「色合わせを面白くやってくれない?」とお願いし、それはそれで面白かったけれど、いまこの年齢でやったらうるさい。冒険はしつつも、全体のバランスを大切にしています。絵を描くようになり、色そのものに対して、自分の色ができてきたんじゃないかな。65歳にしてやっと。

安武 素晴らしいと思います!

片岡 さらに話すと、ご存じのように僕はいま、身長と体重に合わせてレディースの服をメインに着ている。今日のコーディネートもすべてレディース。ハイブランドの古着がメインです。

安武 わぁ、どこのブランドの服ですか?

片岡 ジャケットは<VERSACE(ヴェルサーチ)>、セーターは<Jean-Paul GAULTIER(ジャン=ポール・ゴルチエ)>、パンツは80年代の<HERMES(エルメス)>です。体を絞っているのでメンズのXSでもサイズが合わないっていうのもあるけど、当時の服はデザインや色が豊かで、改めていま、面白いなぁと思っていて。「レディースでも似合う服、たくさんあると思いますよ」って提案してくれましたよね?

安武 ひと頃、ビームスの服でも半分ぐらいレディースを選んでくれました。

片岡 ” 別の世界”に引き込んでもらった。パレットにいろんな色を持っている。安武さんの良さはここに尽きると思うなぁ。

安武 ありがとうございます(笑)。役者として洋服を着るとき、心がけていることはありますか?

片岡 自分の我を通さない。この気持ちを大切にしているかな。作品は僕ひとりのものではないので、監督やお衣装さんと話し、役に合う衣装を選んでもらってます。例えば、刑事役のとき。「奥さんならどんな服を選ぶ?」と聞き、「じゃあ、これにしましょう」と選んでもらいます。

安武 役になりきるわけですね。ドラマや映画で鶴太郎さんが着てる衣装、不思議と着せられてる感がない気がしてました。

片岡 それはありがとう。お衣装さんの力です。刑事役の時は刑事の格好のまま家に帰り、朝起きたらその格好でまた現場に行きます。役者の仕事をしてる時は私服を着るっていうモードはないかな。

安武 役に入り込むわけですね。

片岡 私服を挟むと、スイッチが淀むような気がしてるのかもしれない。服って単に着るものではなく、身につけると精神性が宿ると思うので、その気持ちに包まれていたくて。ドラマの時はそういたいんでしょうね。役を離れても同じような感覚なので、洋服は僕にとってとても大切なものです。

安武 鶴太郎さん、ホントに服が好きなんだと思います!

片岡 どうかな、でもそうありたいなぁとは思ってますね。

安武 最後に聞かせてください。いま、これからチャレンジしたい服はありますか?

片岡 気になってるのは民族衣装。(ケータイを見せながら)モンゴルの衣装とか、アフリカの衣装とか。見てください。みんな、ものすごく眼がイキイキしてると思いませんか?こんな着こなしができる60代、70代になれたらなぁと思ってますね。いろんなファッションを楽しみたい!

安武 まだ若造ですが、僕も頑張ります。

片岡 そうそう、最後にいいですか? いま、雑誌のモデルをやりたいと思っていて。僕みたいな背が低くてブサイクな男でも大人な服が着れますよ……と提案してみたい。若い頃、一度、<MARITHE + FRANCOIS GIRBAUD(マリテ+フランソワ・ジルボー)>のパリコレのランウェイに立ったことがあるので、自信はありますよ(笑)

安武 ……ん? その話、聞かせてください!

Profile

  • 片岡 鶴太郎

    片岡 鶴太郎 Tsurutaro Kataoka

    片岡 鶴太郎 Tsurutaro Kataoka

    1972年、片岡鶴八師匠に弟子入り。
    以降、バラエティ番組を足掛かりに人気者となる。
    芸人にとどまらず、幅広いキャラクターを演じる役者として、そして画家、書家、プロボクサー、ヨーギー、ヨガインストラクターと幅広く多方面で活躍中。

    「片岡鶴太郎展 顔 ~faces~」
    日程:8月29日(土)~10月25日(日)
    会場:広島県三次市 奥田元宋・小由女美術館

    第3回 片岡鶴太郎の『鶴やしき』
    『冬だ!師走だ!しわ坊主!』
    日程:2020年12月12日(土)開催予定
    会場:浅草 花劇場

Photo / 80percent photos
Text / Hiroyuk Konya
Creative Direction / Shinji Mochida

Share