rockarchive

Johnny Dewe Mathews

photographer

Johnny Dewe Mathews

ロンドンで生まれ、ヨーク近くのベネディクト修道僧が運営するアンプレフォース・カレッジに入学。1970年には中央ロンドン総合技術学校にて建築を学び、卒業後はアメリカや中米を移動しながら、長期にわたる古代サポテカ寺院の発掘に携わる考古学者の為の住居の設計と建築をした。1971年には建築家としてニューヨークに移住。その頃アンディ・ウォーホルの「ファクトリー」に出入りする沢山の人々に会ったが、保守的だったためその世界にはまだ飛び込まずにいた。イギリスに戻る直前、ルーカス・サマラスのセルフポートレイトの写真展に感銘を受け、1972年にロンドンに戻ってすぐアーティストやファッションデザイナー、ロックスターの写真を撮り始める。2年後、アーティスト、パトリック・プロクターは当時「ナショナル・ポートレイト・ギャラリー」のディレクターだったロイ・ストロングにジョニーを紹介し、1974年にはそこで個展を開催。その後30年間は水彩画と油彩画をメインに活動し、世界各地で個展をしているが、写真家としての活動も続けている。

© BEAMS Co., Ltd.