Ray BEAMS BEAMS BOY
フジロックフェスティバルに想いを馳せて
PICK UP EVENT

フジロックフェスティバルに想いを馳せて

2020.07.31

Instagramの機能『過去のこの日』で日常を振り返るのが最近の日課なのですが(笑)
ここ毎日上がってくる写真は、7月末に参戦していた夏の祭典“フジロックフェスティバル”のメモリーズ。

Instagramの機能『過去のこの日』で日常を振り返るのが最近の日課なのですが(笑)
ここ毎日上がってくる写真は、7月末に参戦していた夏の祭典“フジロックフェスティバル”のメモリーズ。

23年の歴史を持つ“通称・フジロック”の私の参加は、たったの3回ほどですが、
毎年濃厚で目まぐるしいハプニングやストーリーがあり、夏の始まりのゴングともいえるイベントでした。まさか今年、コロナという未知なる天敵の出現により、開催延期を余儀なくされてしまい、無念の思いでいっぱいなので、せめて、、想い出に浸らせてください。。

 

BEAMSでは、コラボレーションTシャツの販売、スタッフTシャツの制作など協賛させていただいており、現地で、着用してくださる方々を見ては、胸を高めてました。笑
限定Tシャツとともに、フジロックを楽しんでくださった皆様に感謝でございます。

もちろん、私もほぼ!毎日欠かさず着用してました!(滲み出る愛社精神〜笑)

日によっては、アーティストTシャツを着てしっかりと応援したりも。

(TempalayのバンドTは、フラッシュで光る画期的な仕様!!この時前から5列目くらいまで頑張って行ったなぁ。しみじみ)

 

また、Tシャツをご購入いただいた方々にはフジロックとコラボレーションしたスペシャルなショッパーをお配りしておりました。

これまた、会場で使ってくださってて感激。
私もめちゃくちゃ活用しました。なぜなら・・苗場の天気は非常に・・変わりやすいのです。。

雨、序ノ口フォト。ご覧の通りポンチョはマストアイテム!!!!
台風が直撃した年もあって、人生でこんなにずぶ濡れになったことない!っていう経験をしました。笑

あと、会場にてColeman × BEAMSのチェアーもよくお見かけしました。感謝です!

ちなみに!なぜ、こんなに鮮明な写真が残っているのかと言いますと!
毎年現地にてスナップをさせていただいておりました!
これまた、ご協力いただいた皆様に感謝しております。

2017スナップ2018スナップ2019スナップ

天候に振り回されながらではありつつ、現地の温度感が丸わかりなスナップ!
是非、ご覧ください〜〜!
(私自身も毎年コーディネートや持ち物の参考にしてました笑)

 

個人的には、雨ニモ負ケズ!で、フィルムカメラや写ルンですでも頑張って撮影しました!

撮ってもらった写真も。with TempalayのAAAMYYY♡

会場の雰囲気ばかりのお届けとなってましたが、広〜い会場なのに↑こうやって偶然友達に会うことや、海外の名だたるアーティストの貴重なパフォーマンス、いつも応援してるバンドのステージなどその場でしか味わえない音楽を、会場一体となって聴けることは、感動と興奮を持ち合わせており、一言で言ってしまえば“最高!”で、これこそがフェスの醍醐味だと思ってました。

フジロックのほかにも、“ITADAKI FESTIVAL” “ROCK IN JAPAN” “SUMMER SONIC” “SWEET LOVESHOWER”などにも足を運んでいた私は、音楽フェスを体感できない夏を過ごすことは、想定外すぎて、遣瀬なさと切なさという複雑な感情と共に、この夏の過ごし方を模索しております。。いや、“この夏”に限らず、『人が集うことで得られた充実感』を今後どう満たしたら良いのか。。どう提供したら良いものなのか。。
このままだと私は、自宅にて過去のフェスやライブ映像をひっそりと観て楽しむ形となりそうです。笑

コロナ禍によって新しい価値観が生まれ、今後の行動が変容していく中で、フェスの存在意義を改めて見出していきたいと、消費者・生産者の観点で強く思っている藤井でした!

藤井 早希子

PR

自宅での時間を有意義なものにするために、Amazonプライム、Netflix、Huluに続き、U-NEXTも契約しました!笑
オンラインの体制はバッチリ。

SHARE