Ray BEAMS BEAMS BOY
今シーズンのおすすめアイテムのご紹介
PICK UP FASHION

今シーズンのおすすめアイテムのご紹介

2021.10.26

今回のおすすめは〈BEAMS BOY〉が〈BUZZ RICKSON’S〉に別注したミリタリーウェアをご紹介させて頂きます。

今回のおすすめは〈BEAMS BOY〉が〈BUZZ RICKSON’S〉に別注したミリタリーウェアをご紹介させて頂きます。

まずはアウターです!

BUZZ RICKSON’S × BEAMS BOY / 別注 B-15D

こちらは『B-15D』というモデルのジャケットをベースに別注。

数あるヴィンテージフライトジャケットの中で最も有名な『MA-1』のベースとなったのがこの『B-15D』というモデル。
そのため『MA-1』と酷似したディテールを持ちますが、大きな違いは襟のムートン製ボアです。
(※別注はフェイクファーです)

1950年代当時、戦闘機の発達によりヘルメットが大型化し、フライトジャケットの襟のボアが排除され、『MA-1』が誕生しました。

ということで今回の別注は『B-15D』のボア襟付きの暖かさ、可愛さも楽しめつつ、『MA-1』の気軽さ、長い期間着やすい利便性も兼ね備えたジャケットを作りました!

なんと襟が取り外し出来るのです!!
簡単に着脱出来ます!!

コーディネートも色々楽しめますね。

サイズ感はメンズサイズをベースにしているのでゆったりめのシルエットですが、
ネックや袖丈を調整し女性にフィットするサイズ感に変更しているので、小柄な私(152cm)も着れちゃいます。
またヴィンテージフライトジャケットのディテールを忠実に再現しつつも、
軽量で高機能保温素材の中綿を使用して現代的にアップデーしているのでとても軽くて実用的です。


続きましてこちらは『M-43』のジャケットをベースに別注。

BUZZ RICKSON’S × BEAMS BOY / 別注 M-43 ジャケット

胸に付いた大容量のマチ付きポケット、前立ての裏に付いた通称『ガスフラップ』と呼ばれる、
毒ガスを侵入させない防護服として密閉性を高める為のディテール等々、ディテールは忠実に再現しつつもサイズ感に拘りました。

メンズサイズの古着をベースに着丈や袖丈を短くし、
首回りは小さくして、大きめシルエットながら女性がストレスなく着られるようにモディファイしました。

ベースモデルは『PW』とステンシルされていましたが、
〈BEAMS BOY〉の別注は敢えて、Wの文字を無くし、『P』だけにし『PEACE』=平和の意味、願いを込めました。

また、ステンシルもブラックにし、古着にあるような薄くなったステンシルの雰囲気を再現してもらいました。


そして同じシリーズのパンツを作りました!
『M-43』のトラウザーをベースに別注してます。

BUZZ RICKSON’S × BEAMS BOY / 別注 M-43 パンツ

こちらもディテールは忠実に再現しつつ、34インチの大きめのサイズをベースに、ウエストは30インチにして、丈を短くしました。
太いシルエットでもスッキリ履ける、今着たいサイズ感に仕上がってます。

パンツのステンシルも勿論『P』にしてます。


そして、スペシャルなシューズもリリース。

『もしも〈BEAMS BOY〉がアメリカ軍に〈New Balance〉のトレーニングシューズを納入したら。』をイメージソースに〈BUZZ RICKSON’S〉監修のもとトリプルネームでシューズ製作。

New Balance × BUZZ RICKSON’S × BEAMS BOY / 別注 W327

クラシックな表情が人気の『327』のウィメンズモデルをベースに、コーデュラ社のリップストップ生地をメインに使用。

アッパーカラーはヴィンテージのフライトジャケットを基に色出ししたセージグリーン。

お馴染みのNロゴを同色のステッチワークで表現し、センターにはリフレクターを配し、シュータンにはこのコレクションの為に製作したスペシャルなミルスペックタグが取り付けられてます。

この日はバイヤーの浅山とお揃いでした!!

今年の〈BUZZ RICKSON’S〉は盛りだくさんのラインナップになってますので必見です。

小沼 千恵

BEAMS BOY バイヤー

勝手ながら、私の特にお気に入りの愛用品をご紹介させて頂いております。

 

 

SHARE

おすすめのキーワード