BEAMS的ナゴヤの巡り方 A BEAMS GUIDE TO NAGOYA

知る、遊ぶ、楽しむ Know,Play,Have Fun ”魅力ある”ナゴヤ白書知る、遊ぶ、楽しむ Know,Play,Have Fun ”魅力ある”ナゴヤ白書

名古屋・豊田・みよしエリアを愛する
8名のキュレーターから集めた
〝ナゴヤ自慢〟なスポット。
ナゴヤがもっと好きになる、
BEAMS的ナゴヤの魅力をさぁ、ご賞味あれ!

CURATORCURATOR

  • 森正博さん
    [ビームス ハウス 名古屋店長]
  • 宮原和也さん
    [名古屋グランパス]
  • 平野岳志さん
    [愛知トヨタ]
  • 村瀬実希さん
    [月間KELLy副編集長]
  • 緑黄色社会
    [アーティスト]
  • 武部敬俊さん
    [LIVERARY代表]
  • 水野勝さん
    [BOYS AND MEN]
  • 長澤メイさん
    [モデル・タレント]
01

StanDining やまびこ
スタンダイニング ヤマビコ

森正博

名古屋の立ち飲み文化の
先駆者になったお店!

15時から飲める立ち飲み店として連日大盛況。選べる3種盛り合わせ(750円)と赤星ビール(640円)がお気に入りで、仕事帰りやジム帰りに立ち寄っています。様々な人と出会える場所なので面白い話につながることも!(森)

- address
名古屋市中区栄3-8-102
- tel
052-262-4300
- open hours
15:00〜24:00(LOは23:00)
- holiday
日曜
02

あいちトリエンナーレ2019
なごのステーション
アイチトリエンナーレ2019
ナゴノステーション

森正博

昔は八百屋さんだった!
リノベした建物も見どころ

8月1日(木)から10月14日(月・祝)まで開催される「あいちトリエンナーレ2019」。まちなか会場の一つ、円頓寺商店街近くにある「なごのステーション」は、トリエンナーレに関する情報交換や地域の人との交流場所にもなっています。(森)

- address
名古屋市西区那古野1-23-9
- tel
052-971-6111
(あいちトリエンナーレ
実行委員会事務局)
- open hours
12:00〜17:00
- holiday
不定休
03

Le Supreme.栄生本店
ル シュプレーム.サコウホンテン

緑黄色社会
peppe(Key)

モチモチ&サクサクの
衝撃的な美味しさ!

コンクールで数々の受賞歴を持つオーナーが考案するパンはどれも間違いない美味しさ。独自の製法で作った人気のクロワッサン「クロアソンアンヴェルセ」(216円)は、バターの香りと軽い食感がクセなる! みなさんファンになる味です!(peppe)

- address
名古屋市中村区栄生町7-8
- tel
052-471-3667
- open hours
8:00~19:00
- holiday
月・火曜(祝日の場合は翌日休)
04

三ツ山猫ストア
ミツヤマネコストア

村瀬実希

名古屋の魅力が詰まった
オリジナルコッペパン

覚王山の日泰寺裏にある、週3日のみオープンする隠れ家的なカフェ。覚王山・本山・東山・猫洞エリアの魅力を伝えるため、近隣の人気店とコラボしたラインアップが魅力。「和菓子ocoboのアイスコッぺコッペパン」(450円)がおすすめです。(村瀬)

- address
名古屋市千種区田代町
四観音道東116-11 丸美ビル2F
- open hours
10:00〜18:00(LOは17:00)
- holiday
火~金曜
(イベント開催時は土・日・月曜以外も営業)
05

ノンノン
ノンノン

緑黄色社会
小林壱誓(Gt)

味、店の雰囲気、人の良さ
どれもがお気に入り!

気前のいいマスターが営む老舗で、昔から通っています。昔ながらのあんかけスパゲッティ「サンジェルマン」(750円)は、玉子の中にマッシュルームとオニオン、ピーマンがたっぷり入っていて、ボリューム満点です。(小林)

- address
名古屋市千種区鍛萱場2-12-27
- tel
052-722-0007
- open hours
7:00〜夕方頃
- holiday
日曜
06

カフェレストONE’s
カフェレストワンズ

宮原和也

クラブハウスが近いので
みんなで一緒に行きます

赤味噌を使ったスタミナ満点の「ミソ味の焼肉定食」(970円)をはじめ、ハンバーグやドリアなどの手作りメニューが揃うカフェレスト。マスターが育てる野菜なども使われていて、元気になる食事が楽しめます。名古屋グランパス選手との遭遇率高し!?(宮原)

- address
みよし市黒笹町前田21-3
- tel
0561-36-0858
- open hours
7:00~19:00
(水曜は~17:00)
- holiday
日曜
07

豊田市民芸館
トヨタシミンゲイカン

森正博

銀行の名残が見られる
明治建設の洋館も必見!

充実した民芸品展示を入館無料(特別展は有料)で楽しめます。四季折々の顔を見せる平戸橋公園の中にあり、特に素晴らしいのは茶室から見える矢作川の景色。時間を忘れてのんびり過ごすことができますよ。(森)

- address
豊田市平戸橋町波岩86-100
- tel
0565-45-4039
- open hours
9:00~17:00
- holiday
月曜(祝日の場合は開館)
08

西町散歩
ニシマチサンポ

村瀬実希

街一帯が会場になっていて
様々なコラボが見られます

奇数月の第3土曜に開催されるマルシェイベント。「ランチバスケット」(2,000円)は、毎回変わる店舗を巡り、特別メニューでランチセットを作るという遊び心が面白い。7月20日(土)は「鯱の大祭典」とのコラボも見られるそうです!(村瀬)

- address
豊田市西町一帯
- open hours
奇数月の第3土曜10:00~15:00
09

七福堂
シチフクドウ

長澤メイ

ここのかき氷を食べると
地元に帰ってきた!と実感

昭和24年頃にできた甘味処で、一年中手作りの枡つき餅を味わえます。夏になるといつも食べるのが「宇治みるく金時」(620円)。別添えの白玉(+70円)は、モッチモチ!で、抹茶と練乳との相性も最高です。(長澤)

- address
名古屋市中区大須3-41-7
- tel
052-241-5286
- open hours
12:00~19:00(LOは18:30)
- holiday
火・水曜
10

TT″ a Little Knowledge Store
トド アリトルナレッジストア

村瀬実希

センスも遊び心も◎
星が丘が文化発信地

名古屋のおしゃれな人たちに外せないカフェ。管理栄養士が作る体に優しいランチや、スイーツ、ナチュールワインのみを扱ったお酒のセレクトも良い感じ。人と人の“繋がり”を大切にしたイベントなども開催しています。チーズケーキがお気に入り!(村瀬)

- address
名古屋市千種区星が丘元町16-50
星が丘テラスEAST3F
- tel
052-753-5147
- open hours
11:00〜23:00
(フードLOは21:00、
ドリンクLOは22:30)
※ランチは〜14:00売切次第終了
- holiday
無休
- hp
11

うなぎのやっこ
ウナギノヤッコ

BOYS AND MEN
水野勝

人情味が溢れる
大須らしいお店です!

創業大正9年、うなぎをメインに幅広い和食が食べられる老舗です。ここへ来たら必ず食べるのは「ひつまぶし」(3670円)。皮はパリッ、身はふっくら! こだわりの出汁をたっぷりかけて食べるのが◎。(水野)

- address
名古屋市中区大須2-30-1
- tel
052-231-0021
- open hours
11:30~14:00 16:30~21:00
※日・祝日は11:00〜15:00 16:30〜21:00
- holiday
月曜
(祝日の場合は営業、翌火曜休)
12

とよた大衆芸術センター(TPAC)
トヨタタイシュウゲイジュツセンター
(ティーパック)

武部敬俊

廃校や旧・旅館などを
使った
アートプロジェクトが
進行中!

豊田市が主催する市民主催のアートプロジェクト「Recasting Club」の活動拠点として、営業を終えたビジネス旅館を再利用して生まれた“TPAC”。「あいちトリエンナーレ2019」開催期間中は、足助のカフェ「WORK BENCH Coffee Roasters」が期間限定カフェをオープン。(武部)

- address
豊田市小坂本町4-7-18
(旧・波溝屋旅館)
- tel
0565-34-6631
(とよた市民アートプロジェクト
推進協議会事務局)
- hp
recastingclub-toyota-art.jp

※活動日のみオープンのため詳しくは
ウェブサイトを確認

13

呑み処 大大大
ノミドコロ ダイダイダイ

武部敬俊

独創的な店内空間が
刺激溢れる夜を演出!

名古屋界隈のラッパーやDJ、ミュージシャン、アーティストらが夜な夜な集うカルチャーの巣窟的な居酒屋。生地から作るピザ(写真は「ほうれん草のピザ」1,000円)や、和食、韓国・台湾料理と、幅広いメニューラインアップが魅力。(武部)

- address
名古屋市千種区今池1-6-13
今池スタービル1F
- open hours
19:00~翌2:00(LOは翌1:30)
- holiday
木曜(不定休あり)
14

CONTENTS nishimachi
コンテンツニシマチ

村瀬実希

Risoのパンは優しい味で
近くにあったら通いたい!

空き家だった建物をリノベーション。1階にはベーカリー「Riso」と、カレーが美味しいカフェ「リトルクックー」、2階には豊田のロックバンド・TURTLE ISLANDの活動拠点「橋ノ下舎」と、おばんざいが美味しい「コレカラ食堂」が入っています。(村瀬)

- address
豊田市西町2-8
- open hours
Riso: 火〜土曜 8:00〜18:00
Little Cockoo: 
月〜土曜 7:30〜17:00
コレカラ食堂: 
火〜金曜 11:30〜16:00
- holiday
店舗により異なる
15

豊田市美術館
トヨタシビジュツカン

平野岳志

この夏開催される
クリムト展も楽しみです

谷口吉生氏設計のダイナミックかつモダンな建物は、外からは全く見ることができないのに、敷地内入ると目の前に一気に広がるので壮観! 約1年間、改修工事で休館していたため、今夏は久しぶりに出会うことができます。(平野)

- address
豊田市小坂本町8-5-1
- tel
0565-34-6610
- open hours
10:00~17:30
(入館は~17:00)
- holiday
月曜(祝日は除く)

森正博さん
[ビームス ハウス 名古屋店長]

名古屋生まれ、名古屋育ち、
名古屋大好き。
自身のコンセプトは
Born in Nagoya Live in Nagoya Die in Nagoya。

宮原和也さん
[名古屋グランパス]

名古屋グランパス所属、ポジションはミッドフィールダー。試合や練習で訪れる名古屋・豊田・みよしの情報をお届け。

平野岳志さん
[愛知トヨタ]

Jリーグ開幕以来名古屋グランパス一筋!趣味のランニングや街散策では、東山公園~平和公園~星ヶ丘エリアを巡るのが好き。

村瀬実希さん
[月刊KELLy副編集長]

大学時代から現在まで人生の半分以上を名古屋で暮らす。ケリー編集部歴は気付けば10年超の副編集長。

緑黄色社会さん
[アーティスト]

愛知県出身&在住の4ピースバンド。秋より全国ツアースタート!名古屋は11月30日(土)愛知・名古屋市公会堂にて開催!

武部敬俊さん
[LIVERARY代表]

名古屋市在住の編集者。東海圏のローカル&カルチャートピックを発信するウェブマガジン「LIVERARY」を仲間たちと共に立ち上げ、運営。

水野勝さん
[BOYS AND MEN]

東海地方出身・在住の男性メンバーで構成したエンターテイメント集団「BOYS AND MEN」のリーダー。

長澤メイさん
[モデル・タレント]

名古屋市出身。ASOBISYSTEM所属。ファッション、ビューティーなど幅広いジャンルや媒体で活躍中。

大名古屋展大名古屋展
「大名古屋展」公式サイトへ