Ray BEAMS BEAMS BOY
女優・恒松祐里が身に纏う冬のニット20選
女優・恒松祐里が身に纏う冬のニット20選

女優・恒松祐里が身に纏う冬のニット20選

Knit Collection ―2021 Winter―

2021.11.11

今年もいよいよニットが主役の季節到来。
ベーシックからデザインコンシャスなトレンドニットまで、
今年のマストバイニットを20着厳選しました!
恒松祐里が着こなすニット群にご注目ください。

デザインニット

旬なスタイリングが叶うデザインニット。
表情豊かなラインナップなので、お好みのデザインをお求めください。

 

 

 

ベーシックニット

1枚持っておくと重宝すること間違いなしなベーシックニット。
今年は、着心地にこだわった<maturely>や<BEAMS BOY>のニット、
色鮮やかな<Ray BEAMS>のニットが揃います。

 

 

 

カーディガン

季節の変わり目に嬉しいニットカーディガン。羽織るだけで、スタイリングが完成します。
この時期ならではのふわっとした素材感のニットカーディガンはじめ、
ショート丈、ボリュームスリーブなど様々なバリエーションでご用意。

 

 

 

パターンニット

スタイリングに1点取り入れるだけで、存在感を放つパターンニット。
冬になると思わず着たくなるノルディック柄や、普遍的なボーダー柄が今年も揃います。
今季<Ray BEAMS>で一押しのオプティカル柄も登場します。

Thank You!

恒松祐里

つねまつゆり

1998年生まれ、東京都出身。2005年ドラマ『瑠璃の島』で子役デビュー。 映画『凪待ち』(19年)でおおさかシネマフェスティバル2020新人女優賞受賞。主な出演作にNHK大河ドラマ『真田丸』(16年)、映画『散歩する侵略者』(17年)、『虹色デイズ』(18年)、『アイネクライネナハトムジーク』(19年)、『スパイの妻』(20年)、『タイトル拒絶』(20年)、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(21年)、Netflixオリジナルストーリー『全裸監督 シーズン2』など。

 

SHARE