BEAMS PLUSBEAMS PLUS


Bangle / Ring


HARRISON JIM ×
BEAMS PLUS

「どんなにトレンドが移り変わっても、その時々のスタイルのアクセントとして着け続けられる。それがナバホジュエリーの魅力ですね。今、お薦めしたいのは、ハリソン・ジムの作品。さまざまな技法を巧みに操りますが、最近はナバホの伝統的な手法であるトゥファキャスト(石灰質の柔らかい石に、デザインを描いた型を作り、そこに熱して溶かしたシルバーを流し込む)での作品を多く製作しているアーティストです。素材に強いこだわりがあって、手に入れやすい市販のシルバープレートを使うのではなく、インゴットシルバーという銀塊を溶かして自前で銀板を作る、昔ながらの工程でジュエリー製作をしています。彼の作品を取り扱うようになったのは1年くらい前から。デザインに空間を取り入れるのがとても上手く、作品が洗練されていることに強く惹かれたからです。今回の別注は、私が個人的に好きな1940~50年代に流行したコンテンポラリーなインディアンジュエリーのイメージを伝えました。出来上がった作品は、アート作品のような美しい曲線と絶妙な間がとてもモダン。それでいて華奢ではなく、手にずっしりとくる重厚感なのもいいですね」

ビームス バイヤー / 若松 智之BEAMS BUYER / TOMOYUKI WAKAMATSU

No matter how much the trends change, Navajo jewelry will always be used as an important accent piece in fashion. Currently our strongest recommendation is Har- rison Jim. A master of many tech- niques, this artist has been using the traditional Navajo practice of tufa-casting (drawing a design on soft carbonized stone and then pouring silver into the mold) to make many of his pieces. He has a strong obsession for materials; instead of buying commercially available silver plates, he uses an old process of melting ingot silver to make his own silver plates. It’s been about a year since <BEAMS PLUS> started carrying his prod- ucts. He has an eye for spatial relationships and design, which you can’t help but be pulled into. For this season’s special-order, I asked him to design my favorite contemporary Indian jewelry that was popular in the 1940’s and 50’s. He came back with a refined art- work-like design. It has exquisite curves and spaces, yet instead of being delicate and fragile, it has a strong, heavy feel to it.