The Little Big Things

着こなしをアップデートする小物たち。

Ray BEAMSRay BEAMS


Boots


Ray BEAMS

「“New Elegant”。これが今シーズン打ち出した〈レイ ビームス〉のテーマです。エレガントと聞くと、華やかでドレッシーな装いを連想されるかもしれませんが、私たちが提案するのは、相反する要素をミックスした、型にはまらないエレガントスタイルです。クラシカルな印象のテーラードジャケットだったら、サテンやシフォンといった上品な素材にパワフルなレオパード柄を落とし込んだトップスをインナーにしてみたり、ラメ入りのニットやスカート、発色の良いベロアを取り入れてみたり。エレガントだけどエッジーなアイテムを合わせて、ちょっとポップなレイヤードにすることで新鮮になると思います。スタイリングの仕上げにはぜひ、華やかさ、上品さ、芯のある強さ、そういった女性の魅力を引き出してくれるポインテッドトゥのシューズを!ポイントは色や素材感で意外性を出すこと。ブラウンのワントーンコーディネートにゴールドのブーツ、ネイビーのセットアップに黒ではなくて、あえて白のパンプス、光沢のあるサテンパンツにハラコのシューズ・・・・・・など、シューズ選びでも遊んで欲しいですね」

レイ ビームス ディレクター / 長塚 理紗Ray BEAMS DIRECTOR / RISA NAGATSUKA

<Ray BEAMS>’s theme this sea- son is “New Elegance”. When you hear elegance, you prob- ably think plain and classic. Instead, we propose a new kind of elegance without rules or boundaries. We suggest styles that mixes opposing elements - like mixing a classic tailored jacket with a chiffon or satin top, or layer in a strong leopard print. You can also pair them with glittery knit sweater or skirt, and even a brightly colored vel- vet. Adding one edgy or poppy item to a classic style updates it to a fresh look. Top it off with pointed toe shoes to bring out the feminine side. The trick is to choose colors and textures so it adds an element of surprise to the outfit. For example, try pair- ing gold boots with a one-tone brown look, or choosing white pumps over black when wearing all navy. It can also work with textures; pair shiny satin pants with matte calfskin shoes. I hope girls have fun playing around with their footwear options.