コードバンのベルト

( BEAMS PLUS )

希少な馬尻=コードバンは

いつの時代も男の憧れ

コードバンのベルト

BEAMS PLUS

  • 艶やかに光り輝くような光沢に、滑らかかつしっとり手に吸い付くような触感……。若い時分はまぁずいぶんと女の尻も追いかけたモンだが、アイツに出会ってオイラ変わっちまったんだ。尻は尻でも「馬の尻」、オマエが好きだよコードバン!……なんだか変なテンションになりましたが、多くの革好きにとって憧れの対象であることは間違いないでしょう。馬の臀部(尻だね)からわずかな分量だけ採ることができる、「革の宝石」「革のダイヤモンド」ことコードバンです。で、ビームス プラスでコードバンといえば、真っ先に思い浮かぶのはオールデンという人も多いかと思いますが、「実は」な人気モノがこちらのベルト。まさに今回の百名品のコンセプトを象徴するような隠れ名品でしょう。普段はパンツにシャツをINしない人でも、きっとINしたくなる「見せベルト」です。
  • WHY?

    このクオリティでこのコスパ!

    隠れすぎ名品、見~つけた♪

    デザインはビジネスにもカジュアルにも対応する、極めてベーシックなもの。ですが素材が最大の個性であるコードバンに、小手先のアレやコレやは不要です。否応なしに立ち上がる色気と存在感ゆえ、むしろこのくらいベーシックでちょうどいいんですね。そして、これを自然にコーディネートに取り入れるには、シャツINが基本のビジネスシーンのほうが好都合!もちろん休日のトラッドなスタイルに合わせるのも一興ですし、同じコードバンの革靴とのコンビ使いなんか最高です。ちなみにコードバンのオールデンともなれば10万超は当たり前。ですが、コチラは驚きの1万5000円!ベルトとしては安くはないかもしれませんが、そのクオリティを鑑みれば文句なしに激安!と言っていいでしょう。ウマい話、意外とあるモンですね♪

    裏側にはビームス プラスのロゴに加え、「GENUINE SHELL CORDOVAN」の刻印も。さりげないですが、こんなところも満足感を与えてくれるポイントです。

( Staff Snap & Voice )

たかがベルトと思われるかもしれませんが、洋服好きだからこそ、ちらっと見えるレザーにもこだわりたいと思っています。

秦 拓也(ビームス プレス)

コードバンといえば、色気のあるツヤ。逆にあえて少し野暮ったいくらいの着こなしでベルトを生かしてみました。チノトラウザーでアイビーテイストに合わせるのもいいですね。

佐久間 直樹(ビームス プラス バイヤー)

BUSINESS : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS