大人BEAMS発信。52人の「わたしが愛してやまない服とモノ」 Instagram Facebook Twitter Line

INSTAGRAM

フレア?それともプリーツ?初夏のスカートスタイル
フレア?それともプリーツ?初夏のスカートスタイル

EDITOR三尋木奈保のベーシックノート

フレア?それともプリーツ?初夏のスカートスタイル

好印象なきれいめスタイルで、働く女性から厚い支持を集めるエディター・三尋木奈保。ビームスで見つけた、私的好みのベーシックを発信する当連載。第4回目はスカートについて語ります。

Item01 : リネンフレアスカート

ボリュームスカートもタック入りで大人顔に

「素足にサンダルで過ごせる時季になると、私はほぼ毎日スカートをはいています。ロング丈でボリュームのあるスカートを揺らして歩くだけで、なんだか気分が上がるんです(笑)。華やかなスカート × シンプルトップスのバランスも、着こなしが決まりやすくて好き。こちらは、ハリのある地厚なリネン素材をたっぷり使ったドラマティックなシルエット。リネンのフレアスカートって甘くなりがちですが、大きくタックが入ったデザインで、ほんのりモードなニュアンスがあるのも気に入っています」

Item02 : サテンプリーツスカート

サンダルの季節こそ、ツヤ素材のプリーツを

「秋冬に大人気だったサテンのプリーツですが、夏にもおすすめです。こんなふうにぺたんこサンダルを合わせると、カジュアルな抜け感が出て着やすくなるんですよね。コットンやリネンといったドライな素材が多くなる時季、あえてツヤ感アイテムを入れると、着こなしがきれいめに持ち直す効果も。さらさらと風に揺れる細プリーツは、ウエストゴムで着心地がラク&涼しげなのも魅力です。私的には、上品なハチミツ色も好み。今回は赤みのあるブラウンニットで同系色にまとめていますが、黒トップスを合わせても絶対素敵!」

ほかにも気になる夏映えアイテム

これからの時季に心浮き立つアイテムを、三尋木奈保視点でリコメンド。

リネンブラウス & ブリーチデニム

「さらっと着られるノースリーブのリネンブラウスは、暑い時季のスタメンアイテム。ピンタック入りで、裾をアウトにしてもサマになるデザインならより重宝しますよね。ほんのりガーリーなブラウスには、くるぶし丈のデニムがやっぱり合います。洗いをかけた水色のデニム生地がさわやか」

ラフィアバッグ

「<MAISON N.H PARIS(メゾン・エヌ・アッシュパリ)>のラフィアバッグ、私も大好きで毎年愛用しています。決して子供っぽくならない洗練されたデザインは、このブランドならでは。着こなしがちょっとあっさりしそうなとき、ここのバッグを持つと全身のテンションがピリッと夏っぽく引き上がる感じ。おすすめです」

フリルスリーブプルオーバー

「扱いがラクなカットソー素材で、デザインはちゃんときれいめ。この手のトップスに目がない私……クローゼットに何枚かあると、すっごく安心しますよね。透けが気にならないしっかりした生地感 & 二の腕をカバーしてくれるフリル袖は、きちんとした着こなしにもフィットします」

紹介した商品はこちら

My Favorite

三尋木奈保の ‶暮らし回りのお気に入り〟

先日、人生初、あんこを自分で煮てみました!普段甘いものにはそれほど興味がないのですが、長引くおうち時間で体質が変わったのか……(笑)、甘くてハイカロリーなものを体が欲しているんですよねぇ。それと、こういうときこそ普段やらないような時間のかかるものをつくってみたい欲もありました。あんこもバターもたっぷりの「自家製あんバターサンド」は、クラクラする禁断のおいしさ!パンの種類を変えて、朝食に、おやつにと、せっせと楽しんでいます。

三尋木 奈保

三尋木 奈保 Naho Mihirogi

Editor

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

Photography_Keiichi Suto
Hair&makeup_Wakana Goto[ROI]
Direction_Miku Nishizawa[LVTN]

新着記事

BASIC CLOSET 〜ベーシックスタイル、私の場合〜
連載記事一覧

TOP