大人BEAMS発信。52人の「わたしが愛してやまない服とモノ」 Instagram Facebook Twitter Line

INSTAGRAM

EDITOR三尋木奈保のベーシックノート<br>夏の「リネン」と「ラミー」。 今年は女っぽさを意識して
EDITOR三尋木奈保のベーシックノート<br>夏の「リネン」と「ラミー」。 今年は女っぽさを意識して

BASIC CLOSET 〜ベーシックスタイル、私の場合〜

EDITOR三尋木奈保のベーシックノート
夏の「リネン」と「ラミー」。 今年は女っぽさを意識して

好印象なきれいめスタイルに、働く女性からの厚い支持が集まるエディター三尋木奈保。ビームスで見つけた私的好みのアイテムを紹介する好評連載。第4回目は、夏の定番、麻素材とのつき合い方について。

Item01:リネン パフスリーブワンピース

‟よそいき”にも対応する 大人の美シルエットがお気に入り

「爽やかなリネン素材は、この時季になると着たくなる定番ですよね。今まではシャツやパンツなどシンプルなアイテムが主流でしたが、今年はちょっぴり女っぽいデザインで‟映え”を意識したい気分です。こちらのワンピースはそんな気持ちにまさにぴったり! 大きめのパフスリーブがロマンティックな一着です。身頃のフォルムがまた、なんとも絶妙に大人っぽくて。ウエストが高い位置で軽く絞られ、裾に向けてなだらかに広がるシルエット。リネンのワンピースはバサッと広がるギャザーシルエットが多い中、こちらはもっと大人っぽい雰囲気なのが新鮮。きれいめに見せたい夏のお出かけシーンでも活躍しそうです。リネンながらハリ感があり、シワが気になりにくいのも高ポイント」

Item02:ラミー&リネン セットアップ

程よく甘く、程よくリラクシー。麻素材の新しい表情を楽しんで

「ラミーとは麻素材の一種で、表面に独特の光沢感がある生地のこと。こちらは細番手の上質なラミーを贅沢に使用したトップスとリラクシーなリネンパンツのセットアップ。袖と身頃にラッフルを寄せたプルオーバーとワイドパンツの組み合わせが新しいなぁ、と手に取りました。麻のリラックス感がありながら、デザインはほんのり甘いというバランスが魅力。暑い日も、涼しくラクな着心地で、見た目はしっかり映えるのってうれしいですよね。(反対に、いくら涼しくても地味になっちゃう着こなしはテンションが下がります…!) 上下で着たときのバランスがしっかり計算されているので、裾アウトで着るプルオーバーがルーズに見えない点も優秀です」

ほかにもおすすめ! 夏を彩る注目アイテム

2WAY バッククロスワンピース

「ウエストにねじりを入れたVネック側と、シンプルなクルーネック、前後2WAYで着られるお得なワンピース。セルロース繊維を混紡したシャンブレー素材で、光の当たり方次第でほんのり玉虫色の光沢が出るのも素敵です。小物のアレンジでオンオフどちらにも活躍!」

ラミーロングスカート

「上でご紹介したセットアップのトップスと同素材。ウエストゴムでギャザー入りですが、サイドが広がりすぎないよう仕上げてあるので、すっきり軽やか。ラッフルプルオーバーと組み合わせてもバランスよく着られます。まろやかなクリームイエローも今年らしい注目カラーですね」

フラットトングサンダル

「<ATP atelier(エーティーピー アトリエ)>と<MAURO DE BARI(マウロ デ バリ)>、どちらもフラットサンダルが大人気のシューズブランド。私も愛用しています。今年はやっぱりトングタイプが欲しい! 上でご紹介した麻素材の服とも相性抜群です」

My Favorite

「今、とっても気に入っているメイクアイテムは<CHANEL>の『レ ベージュ フリュイド アンルミネール ベル ミン』。ハイライト効果のある乳液状のフェイスカラーなのですが、ツヤ感がものすごく自然で上品! マスクをしているとリップの華やかさに頼れないので、肌のツヤ感って大事ですよね。こちらを頬骨の高いところに薄くなじませると、元々の素肌が自然に発光しているような錯覚効果が! 表情がぐっと元気に見える気がします♡」

三尋木 奈保

三尋木 奈保 Naho Mihirogi

Editor

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

Photography_Keiichi Suto
Hair&makeup_Harumi Kanbe
Direction_Miku Nishizawa[LVTN]

新着記事

BASIC CLOSET 〜ベーシックスタイル、私の場合〜
連載記事一覧

TOP