大人BEAMS発信。52人の「わたしが愛してやまない服とモノ」 Instagram Facebook Twitter Line

INSTAGRAM

EDITOR三尋木奈保のベーシックノート<br>夏から秋へのシフトは、『涼しげなニュアンスカラー』がいい理由
EDITOR三尋木奈保のベーシックノート<br>夏から秋へのシフトは、『涼しげなニュアンスカラー』がいい理由

BASIC CLOSET 〜ベーシックスタイル、私の場合〜

EDITOR三尋木奈保のベーシックノート
夏から秋へのシフトは、『涼しげなニュアンスカラー』がいい理由

好印象なきれいめスタイルに、働く女性からの厚い支持が集まるエディター三尋木奈保。ビームスで見つけた私的好みのアイテムを紹介する連載が、大好評につき今シーズンもスタート!第1回は、夏と秋を上手につなぐ色使いについて。

みなさん、こんにちは。エディターの三尋木奈保です。今シーズンもこちら「大人BEAMS」で連載がスタートしました。新しいおしゃれを見つけてもらえたらうれしいです。

さて、早いもので8月もあと少し。夏から秋への端境期、着るものに悩みますよね。私の場合、まずはコットンやリネンなどナチュラルなアイテムを少しずつ減らして、素材もシルエットもきれいめな方向へシフトします。そして、『涼しげなニュアンスカラー』を選ぶことも大事! オフホワイトやエクリュ、チャコールなど、無彩色のクールな色味は、見た目はひんやり涼しげながら、たとえば半袖でもどこか落ち着いた、秋への気配をほんのり感じさせてくれるのです。

今年の夏は、去年と同じく、いえ、去年以上に心も体もストレスフルでしたよね、だれにとっても。涼しげなニュアンスカラーでカームダウンして、心おだやかに次の季節へ向かいましょう。

Item01:シャンブレータイトスカート

「きちんと女っぽい」が叶う タイトシルエット

ピシッとキレのいいIラインの長めタイト。夏のあいだはギャザースカートばかりはいていたから、このシルエットがとっても新鮮に映ります。はいた瞬間、心地よく背筋が伸びました。これはしばらく忘れていた感覚! シャンブレー織りならではのニュアンスのある色合いもポイント。黒とグレーをブレンドしたような奥ゆきのあるトーンは、涼しげでシック。夏から秋へ、スムーズにシフトできそうです。きれいめタイトには、フェミニンなブラウスがぴったり。こちらもハリ感のあるアイボリーがクールさを備えているので、「女っぽくて涼しげ」なのがいい感じです。

Item02:スキッパーシャツ

「裾アウト」スタイルも、このシャツならきれいめに

大人のきれいめスタイルは長らく「トップスの裾はボトムにイン」が主流でしたが、このところじわじわと「トップスアウト」が流行の兆しです。雑誌でモデルの撮影をするときも、当初トップスインのつもりで考えていたコーディネートを、現場で「裾アウトしたほうが今っぽいね」と変更することもしばしば。でも、きれいめ派にとっては「ずるっとだらしなく見えそう」という心配もありますよね。私もそんなモヤモヤを抱えていたところ、「裾アウトしてもきれいめ」な一枚を発見しました! このスキッパーシャツ、立体的なフォルムがとにかくきれいに計算されていて、ロング丈でもずるっと見えないんです。実際に着てみるとわかるのですが、前に向かって落ちるサイドスリットの角度で、裾が少しだけシュッと内側に入るんですよね。どばっと広がらないから、大人っぽくモードな雰囲気が出せます。しっかりしたポリエステルウールで、フォルムがきれいにキープできるのもいい。まろやかなオフホワイトに、淡いブラウンのパンツを合わせて、心が落ち着くようなクリーンな色合わせを実践してみました。

Item03:シルク五分袖ニット

ひんやりなめらかなシルクで季節をつないで

9月に入っても夏のTシャツのままだと、なんとなーく気後れしますよね。薄手のシルクニットは、まだ暑さが残るけれど秋を感じたいこれからの時季に、まさにぴったり。こちらは極細の上質シルクを丁寧に編み立てた一枚。やや透け感がありますが、シアーまではいかない手前の風合いが絶妙に女っぽく、体が華奢に見える気がします。素肌に直接着るとひんやり気持ちいい! タートルネックは、あえて折り返さずにくしゅっとたるませると雰囲気が出るし、五分袖なのもこの先インナーとしても長く使えます。すみずみまで気の利いたこの手のシルクニット、季節のはざまになると、デミルクスビームスには必ずそろっているんですよね。かゆいところに手が届くラインナップがさすがだなぁ、といつも感心! シンプルなアイテムだから、ボトムはドラマティックなサーキュラースカートで華やかさを足して。

ほかにもあります! 季節シフトにちょうどいい「きれいめアイテム」

サテン ドルマンスリーブブラウス

ネック周りに細かくギャザーが施されたフェミニンブラウス。身頃は上品な光沢のサテンが華やかだけど、襟ぐりや裾は異素材リブで、こなれた表情に。肩先にちょこんと落ちるドルマンスリーブで、夏のうちから涼しく着られそうです。手洗い可能なのもうれしいポイント。

ポプリン ボリュームスリーブブラウス

大好きな<AK+1(エーケーワン)>の新作。甘いシルエットのブラウスを、気負いなく着られる素材とディテールに振るセンス、さすがです。シワが気になりにくい高密度なポプリン素材で、袖口部分のみジャージー風のリブ素材。今っぽいメリハリが効いた一枚です。


三尋木 ちょっと須藤さん、こんな連載始まっちゃってどうするのよ~(笑)
須藤  恐縮です…(汗)。俺、ただの裏方なのに…!
三尋木 いやいや、素敵なご自宅がいろんな雑誌に取材されていて、有名人じゃん♡
須藤  いじめないで~~~!
三尋木 まあまあ(笑)。ところで須藤さんちは、リビングにグリーンが多いのが印象的。
須藤 大好きなアアルト(20世紀を代表するフィンランドの建築家)が設計した家を見ていると、植物と共生しているものが多くていいなぁ、と。それがイメージソースかな。
三尋木 なるほど。フローリングの感じや和の要素もアアルトっぽいもんね。グリーンはどんなところで買うの?
須藤 世田谷の<山手苑>や<ガーデニングステージ>に毎週のように通ってるよ。園芸屋さんにいると仕事の疲れが癒されるんだよね~。おかげでどんどん増えちゃったよ。どんだけ疲れてるんだ。
三尋木 大きいひとつをドーン、じゃなくて、大小いろんなサイズ、いろんな種類のグリーンがあるから味わい深い雰囲気が出てるのかしら。
須藤 そう。アートを飾るのが好きなので、植物もアート感覚で部屋の随所に配置してます。
三尋木 小さいグリーンでいいからお気に入りの鉢に入れて、少しずつ数を増やしていくとよさそうだね。まねしてみます!

 

三尋木 奈保

三尋木 奈保 Naho Mihirogi

Editor

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

Photography_Keiichi Suto
Hair&makeup_Harumi Kanbe
Direction_Miku Nishizawa[LVTN]

新着記事

BASIC CLOSET 〜ベーシックスタイル、私の場合〜
連載記事一覧

TOP