アルテックの別注「スツール 60」

( Artek × Johanna Gullichsen × fennica )

うるさ型も膝を打つ

語れるバックグラウンド

アルテックの別注「スツール60」

Artek × Johanna Gullichsen × fennica

  • 誰もが知る定番というのは必然的に人とカブりやすくなってくるもので、たまに人様の家にお邪魔したては、「このイス、ここんちも使ってるんだ……」という、納得と微妙な無念を誘う発見をしてしまうことも。そうなってくると“誰もが頷く名品でありつつ、他ではまずない特別仕様であれ”という、おそらく高級車ディーラーなら聞き飽きたであろう、ワガママ無理難題に行き着くワケです。そんな自分の「好き」に情熱を全振りしたような家具好きにも、自信を持って推せるのが コチラのナイス!な椅子です。
  • WHY?

    説得力のある

    別注内容とストーリー

    誕生は1933年。言わずと知れたフィンランド発の傑作、アルヴァ・アアルトが手掛けた“スツール60”です。本来はスタンダードな木製の座面を用いたシンプルデザインですが、フェニカはグッドカラーの張り地にて別注。実はこの生地、アルテックの創業者のひとり、マイレ・グリクセンの孫にあたる人物が自身の名を冠したテキスタイルブランド、ヨハンナ・グリクセンのもの。由緒正しい北欧デザインの代表作にその血脈たる素材を組み合わせたレトロモダンな逸品なのです。家具にはちょっとうるさい、目の肥えた来客たちの、「え、それどこの!?」なんてリアクションが目に浮かぶようじゃないですか!

  • DETAIL

    いつもは4本脚、でも今は3本脚

    これな~んだ?

    日本で目にするアルテックのスツールは、大半が安定感の高い4本脚のもの。しかし、フェニカではオリジナルに忠実な3本脚にこだわってオーダーしているのがさりげないポイント。クッションも内蔵されているので座り心地も向上しており、もちろんメイド・イン・フィンランドでオリジナルの「スツール60」同様にスタッキングが可能です。

    “L-レッグ”と呼ばれる、木材を直角に曲げる技術はアルヴァ・アアルトが開発したもの。狂いのない造型美はここでも健在です。

( Staff Snap & Voice )

自宅でも長年使っていて、脚の部分も焼けて良い色目になってきました。アアルトの椅子はスタッキング出来るので、場所を取りません。来客時にサッとコレを出せたら洒落てませんか?

長谷部 慎之介(ビームス プラス マーチャンダイザー)

ATHOME : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS