小鹿田焼の陶器

( ONTAYAKI )

柳宗悦、バーナード・リーチが

絶賛した民藝

小鹿田焼の陶器

ONTAYAKI

  • 最近はおうち時間が長くなって、日々使う器に凝り始めた人も多いんじゃないでしょうか?そんな方にオススメしたい名品があります。フェニカがセレクト、別注する小鹿田(おんた)焼です。大分県日田市で1705年に開窯、以来10軒の窯元が一子相伝で製法を守り続けている小鹿田焼。柳宗悦やバーナード・リーチに絶賛された民藝の窯としても有名です。「飛び鉋」や「打ち刷毛目」と呼ばれる独特な装飾をもち、日常使いの器として古くから愛されてきました。
  • WHY?

    生活に馴染む

    土着的な美しさ

    なぜ愛されてきたのかといえば、まずは厚手で日常使いに適していること。また見かけはどっしりとしていながら、実際に持ってみるとそうでもない。この手取りのよさは、日用の器を焼いてきた窯ならではといえるでしょう。そして帯状のリズミカルな模様を描く飛び鉋、刷毛目を当てて模様を表す打ち刷毛目は、どちらもキレイすぎず土っぽい温かみがあります。すると和食にも馴染みやすく、心が落ち着いて毎日眺めても飽きない魅力があるんですね。

    坂本浩二窯にスぺシャルオーダーした深皿。煮物にサラダ、カレーライスなんかにも使える万能タイプです。

    同じく坂本浩二窯の器。小鹿田焼の伝統柄「飛び鉋(かんな)」が特長的な一皿。

  • DETAIL

    一つ使って小鹿田焼に

    目覚める人が続出

    フェニカでは色彩の美しいセレクト品や、バーナード・リーチの小鹿田焼をモチーフにした名陶工・坂本浩二のスペシャル別注品まで、さまざまな器を用意。思わずほっこりする素朴な表情、美しさは眺めてるだけでも楽しく、実際に使ってみれば愛着もひとしお。数がどんどん増えていくと、食卓がさらにおいしく見える。まずは気軽に湯のみから始めてみるのもオススメです。

    蓋物(左)、ピッチャー(右奥)、湯のみ(右手前)など、小鹿田焼の器を各種展開しています。

( Staff Snap & Voice )

20代前半。一人暮らしを始めて少し経った頃に、初めて民藝のお皿を購入したのが小鹿田焼のものでした。これには、私はあまり取り出さない細々したものを入れてます。

安武 俊宏(ビームス プレスチーフ)

ATHOME : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS