2022.09.30
お知らせ

ビームスのサステナビリティにまつわる記念日「つづく服。の日」制定1周年、サステナビリティ経営方針を推し進める取組やサービスを発表

BEAMS AT HOMEの最新刊の発売や、衣料品回収の開始、子供服のリメイクイベントの開催、再生可能エネルギーの導入など、事業のあらゆるレイヤーにおいてより良い選択をさらに一歩進めていきます。

株式会社ビームスが、服にまつわるサステナビリティを多角的に考え、語り、取り組みをさらに一歩進めていくことを約束する「つづく服。の日」を制定(一般社団法人 日本記念日協会にて認定登録)してから2年目に入る今日、新たにスタートする取組やサービス、並びに1年間継続して発信してきたコンテンツをご紹介します。

「つづく服。」・「つづく服。の日」とは

ファッション業界はサステナビリティにおいて多くの課題を抱えています。ビームスでは、事業・バックオフィス・コミュニティとの繋がりにおいて、自然環境・資源・エネルギー・心身のウェルネスなどにおける持続可能性と、ビームスと関わる全ての人の幸せを改めて意識したサステナビリティ経営方針を掲げています。ファッションを楽しむ人の暮らしにおけるサステナビリティを提案することは、セレクトショップとしてこれまで数多くのライフスタイルを日本のマーケットに提案してきたビームスに課せられた大きな役割であると考え、「つづく服。」プロジェクトを2021年6月に発足いたしました。

そして2021年9月29日を「つづく服。の日」(つづく=9、ふく=29)と定め、お客様と共に身の回りのモノのライフサイクルを考える記念日として一般社団法人 日本記念日協会に申請し認定登録されています。

9月29日(木)発売『BEAMS AT HOME For Wellness In Life』

ビームスで働くスタッフの暮らしにフォーカスしたシリーズ『BEAMS AT HOME』の最新刊として、書籍『BEAMS AT HOME For Wellness In Life』を2022年9月29日(木)に発売します。

シリーズ第7弾となった約3年ぶりの最新刊は、個性豊かなビームススタッフのウェルビーイングやライフスタイルにフォーカス。時代の変化と共に関心が高まった住まいや暮らし方を、写真満載の全480ページで紹介します。アイテム選びや地球にやさしい部屋づくり、捨てない暮らしのアイデアなど、ファッションを愛するビームススタッフだからこそ行き着いた、現代的かつ等身大のライフスタイルの実例を集めました。

・概要
『BEAMS AT HOME For Wellness In Life』
発売日:2022年9月29日(木)
価格:1,800円+税
出版社:宝島社

詳細はこちら

店舗にて衣料品回収をスタート

お客様が不要になった衣料品の回収を実施します。

株式会社JEPLANが運営するプロジェクト"BRING”と提携し、この秋よりお客様が不要になった衣料品の回収を実施します。実施対象店舗にお持ち込み頂いた衣料品は、BRINGによって回収、再資源化され新たな衣料品や繊維製品に生まれ変わります。

実施対象店舗
ビームス 二子玉川、ビームス 吉祥寺、ビームス 立川、ビームス 町田、ビームス 武蔵小杉、ビームス 辻堂、ビームス 大宮、ビームス 梅田、ビームス 神戸、ビームス 広島、こどもビームス、ビーミング ライフストア by ビームス たまプラーザテラス店、ビーミング ライフストア by ビームスららぽーと 立川立飛店、ビーミング ライフストア by ビームスららぽーと TOKYO-BAY店、ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店、ピルグリムサーフ+サプライ、ピルグリムサーフ+サプライ 京都
開始日
2022年秋(日付未定)

BRINGとは

BRINGは株式会社JEPLANが運営する、「リサイクルしたい人」と「リサイクルしたい企業」をつなぐプロジェクトです。 使わなくなった服の回収を行い、BRING独自の技術で服の原料に再生し、再び服にまで何度も循環させるサーキュラーエコノミーを社会に実装しているブランドです。
https://bring.org/pages/recycle

リメイクイベントを代官山の「こども ビームス」で開催

サイズアウトが早いこども服。幼少期の思い出が詰まったお洋服をなかなか捨てられないお客様やパパ・ママスタッフのリアルな声から、思い出のこども服を新しく蘇らせるリメイクイベントを企画。10月22日(土)、23日(日)の2日間限定で「こども ビームス」にて開催します。

本イベントでリメイクを施すのは、スタイリストであり2児の母であるハンドメイドブランド〈lusikka(ルシッカ) 〉のデザイナー sandii。“lusikka”は、フィンランド語でスプーンを意味し、アイテムを手にしたお客様に“スプーンひとさじのしあわせが伝わりますように”との想いを込めて、デザイナー本人が丁寧にひとつひとつ蘇らせます。 リメイクしたアイテムには〈こども ビームス〉オリジナルデザインのくるみボタンをつけてお渡しします。ボタンの取り外しができるので、お洋服のボタンにしたりゴムを通してヘアアクセにしたりとご自身でアレンジが可能です。

今後は、〈ビームス 工房〉や〈BEAMS COUTURE〉との取り組みも企画中です。

『REMAKED BY Kodomo BEAMS 〜〈lusikka〉に相談しよう〜』
開催期間
2022年10月22日(土)、23日(日)
開催時間
10時〜17時
場所
「こども ビームス」
リメイク料金
1,500〜4,500円ほどの予定
お渡し
1ヶ月〜2ヶ月
※アイテムやオプション内容によって変わります。

lusikka(ルシッカ) とは

スタイリストであり2児の母であるsandiiが手がけるブランド。旅先でみつけたヴィンテージの布や、かわいらしいボタンやパーツなどを使い、“こどもの手にわたったときに、こどもとママがうれしくなるもの” をひとつひとつハンドメイドで制作。

物流センターで使用する電力を再生可能エネルギーにチェンジ

2022年9月1日より、東陽町の物流センターで使用する電力について、“テクノロジーの力で、より環境価値の高いエネルギーを、魅力的な価格と驚くほど親身なサービスで世界中に提供する”というミッションを掲げるオクトパスエナジーと契約しました。 ビームスの事業のあらゆるレイヤーにおいてより良い選択を心がけるというサステナビリティ経営方針に従い、“グリーン”なエネルギーをセレクトし、お客様にお届けする全ての商品が経由する物流拠点の運営を見直しました。今後は両社で協業し、ライフスタイルに合った電気の使い方や環境価値の高いエネルギーという選択肢をビームスのお客様へも提案していきます。具体的なキャンペーンなどの詳細は後日発表します。
オクトパスエナジー公式サイト

つづく服。ウェブサイトにてコンテンツを随時公開

「つづく服。」のウェブサイトでは、ビームスのスタッフにフォーカスし、身近な実例の中にある等身大の理念と行動を、ファッションを楽しむ多くの人へご紹介するコンテンツを公開しています。日々の暮らしに取り入れるアイデアや、洋服を永く愉しむための知識やこだわりなど、個性豊かなスタッフが、様々な角度からサステナビリティと向き合い、語ります。

「#つづく服」で広がる、ファッションの新しい提案を随時更新

「ビームス公式サイト」で全国のスタッフが、スタイリング、フォトログ、ビデオ、ブログ等で、商品やファッションにまつわる提案をするスタッフ投稿にて、ハッシュタグ機能を利用した取り組みを行っています。「#つづく服」が付いた投稿では、古着、長年の愛用品、これからも着続けたいアイテムなど、ビームススタッフが考える、未来につづくファッションの様々なアイデアを紹介しています。

#つづく服 スタイリング
#つづく服 フォトログ