Collection

<BEAMS GOLF>は今年で10周年。 これからも新しいゴルフカルチャーを創り続けます。

2021.03.15

<BEAMS GOLF>10年の歩みはまさに日本のゴルフカルチャーの変化と共に歩んできた歴史そのものです。その集大成としてアメカジやアウトドアのテイストを取り入れたORANGE LABELでは”American Golf Life Shop BEAMS GOLF”を新たなテーマに掲げ、アメリカのストリートファッションとゴルフを融合させたスタイルを発信していきます。 現在カリフォルニアを中心とする米国西海岸では、ゴルフはサーフィンやスケートボードと同じように気軽に楽しむスポーツです。日常をシームレスに趣味を楽しむライフスタイルこそ人生を豊かにする唯一無二の方法。だからこそ<BEAMS GOLF>は今まで以上に気軽に気負いなくゴルフを楽しんでもらえるゴルフウェアを提案していきます。

注目してもらいたいのがスプラッシュ柄

80年代から90年代のストリートファッションをイメージさせるアーティスティックなスプラッシュ柄を大胆にデザインに取り込みました。少しレトロな雰囲気もあり、遊び心をくすぐられるデザインは街でもゴルフ場でも着ることができます。また、昨今のストリートシーンのトレンドでもあるルーズなシルエットになっていますが、袖や腰回りはプレー中の動きやすさを考慮したパターンによるデザインが施されています。

セットアップで増すストリート感

今年のマストアイテムであるコーチジャケットとショートパンツを組み合わせることでストリートなムードをさらにアップさせてくれます。現代的な仕様にアップデートされたコーチジャケットは日常的なシーンのファッションと相性がよく、トレンド感を高めてくれるアイテム。もちろんクラブハウスで軽く羽織るなど様々なシーンで活躍してくれます。

テンションが上がるチェッカーズフラッグ柄

チェッカーズフラッグ柄も現在のリバイバルヒットのなかストリートシーンを代表するパターンの一つ。4色のチェッカーズフラッグ柄を組み合わせたマルチポロシャツはこれまでのゴルフウェアの概念を大きく覆すデザインです。躍動感あふれる大胆なデザインと組み合わせるのはこれまたストリートファッションシーンでは今や外せない<Dickies>の別注パンツ。やや太めのシルエットは定番のワークパンツのシルエットで、機能は吸水性・速乾性に優れた”クールマックス”素材でゴルフ仕様にアップデートしたもの。トレンドのややルーズな着こなしをゴルフにも取り入れてほしい。

ネオンカラーは今年のファッションの基軸

かつてのL.A.発のフィットネスブームに始まり、近年多くのデザイナーズブランドも注目するのがビビッドなネオンカラーのウェア。ストレッチ性が高く着心地の良さで人気のダンボールニットにロゴをエンボス加工したプルオーバーパーカはシンプルなデザインだからこそデイリーに取り入れることができます。チェッカーズフラッグ柄のパンツやスカートを合わせればストリート感がさらに増して、レトロかつモダンな着こなしができます。

伝統的なゴルフスタイルを踏襲しながらシルエットや色使いで現代性を表現したスタイルを提案するPURPLE LABELの2021年春夏シーズンでは”Twosome elegant style”をテーマに掲げ、“チームウエア”という大人のゴルフスタイルを提案。遊び心を持ったさりげない“合わせ”が、モダンアスリートらしい着こなしを演出してくれる。

わかる人にだけアピールしたい大人的チームウェア

綺麗なブルー系のまとめられたコーディネートのポイントはメンズの襟裏とレディスウィメンズのスカート。色味だけでなく、さりげない部分にバイアスのボーダー柄の生地をあしらうことで大人っぽさを演出。ボーダー柄部分は光沢感があり、モダンかつエレガントな雰囲気を醸し出してくれます。

上品さとエレガントさを表現

赤を差し色に使った”Twosome elegant style”をテーマにしたコーディネート。メンズのアウターは吸水速乾機能に優れたフィールドセンサー素材を用いたブルゾンでスポーティなデザインながら大人っぽさを感じるシルエットが特徴。またウィメンズのストライプのフルジップニットジャケットは軽量で撥水機能も持ち合わせた優れたアイテム。一枚あるだけで様々なシーンで活躍してくれる万能アイテムです。合わせのポイントはシャツとスカートの色を合わせるさりげなさでチームウェアを演出。