2022年、お気に入りのスタイリング達。< また逢う日まで >

2022.12.16

ご覧いただいている皆様。


いつも私の投稿をご覧いただきありがとうございます。


街はクリスマスムードで溢れる中、少し早いですが2022年の振り返り。

個人的にお気に入りのスタイリングをご紹介出来ればと思います。


(画像のスタイリングは後ほど…)


少し長くなりますが、ご興味をいただければ幸いです。


まずは春夏シーズンから。




四つボタンのブレザーにLポケットのスラックス。

ネクタイはトレピエゲのウールタイ、柔らかさを合わせてハンカチを刺したVゾーン。

本当は華奢なコインローファーで合わせたかったのですがそれでも気に入っています。




続いてはこちら、シアサッカージャケット×ボタンダウンシャツ×リーバイス501にタッセルローファー。

王道のスタイリングをシンプルに合わせました。




ネイビースーツスタイル。

ストライプのレギュラーカラーシャツにプリントタイ。

鮮やかなタイが浮いてしまわないようにターコイズブルーのシャツで馴染みが良い様に合わせてみました。




またまた四つボタンのブレザー。

インナーにはライラックのラコステの鹿の子ポロを。

この色本当に気に入っています。

フレンチなアイウェアをかけ、ポロのボタンを全締め。少しナードな雰囲気を意識しました。


続いて秋冬編。




ベージュのスーチングスタイル。

タッタソールのタブカラーシャツ、茶のサイドゴアブーツ、ブラウンのレジメンタルタイ。

色を拾わずにニュアンスで合わせたポケットチーフ。

統括テーマは"どことなくヨーロピアン"。

秋冬の中で一番楽しみだったスタイリングです。




フランネルのブレザー×ウエスタンシャツ。

オーセンティックなスタイルですが、黒のタートルネックカットソーをポイントに組み合わせました。

タイもチーフも入れない紺ブレスタイルはなんだか自然体な気がして好きです。




古着で購入したスメドレのボーダーニットをベージュのスーツに。

ニットタイ、タブカラーはボタンを外し、ブラックスウェードのサイドゴアブーツ。

"スーツを愉しむ"スタイリングをイメージし、好きなベージュ×ブラックの配色で合わせました。



他にも気に入っているスタイリングはありましたが、写真が撮れていなかったりと今回は割愛。


今年は特に洋服熱が高かった気がします。

(毎年高いですが、右肩上がりの熱量です、、、)

手持ちの洋服が少ない中、こんな服が欲しいな、あんな風に着てみたいなと考えていれば一年はあっという間でした。


洋服のセオリーやファッションの時代背景等、勉強不足を痛感しまだまだ知識とスタイリング力が乏しい中ではありますがそれでも今年も洋服を楽しめた気がします。


今までのスタイリング達は私が歳を重ねた時に「あちゃー」と感じるのか「良いやん」と感じるのか、楽しみではあります。

高確率で"あちゃー"な気がしますがそれも良し。



長々とお付き合いいただきありがとうございました。


総括するとこれからも洋服を楽しみたい、その言葉に尽きます。

機会があれば皆様の素敵な洋服のお話も是非お聞かせください。



それでは皆様、また逢う日まで。