抱きしめたい

荒木 夏海 2020.04.07

こんにちは、こんばんは。

BEAMS JAPAN SHIBUYAの荒木です。

最近は天気がいいので洗濯物を干すのが気持ちいいですよね〜 おせんたくの歌を歌いながら日光浴がてら一つ一つ丁寧に干す時間も「生活」という感じがして好きです。

お洗濯といえば昔から疑問があったのですが、友人宅に泊りに行った時いつもバスタオルがフワッフワなお家ありませんでした? うちはいつも乾くとカッチカチになるタオルだったので(それはそれでめちゃくちゃ水分吸うから好き)、どうやってふわふわなバスタオルにしてるのか不思議でたまりませんでした!


今回はその謎を解くヒントにもなったこちらの商品をご紹介させていただきます。


おぼろタオル × BEAMS JAPAN / 別注 百年の極み フェイスタオル
価格:¥1,650+税
商品番号:56-73-0127-267

おぼろタオル × BEAMS JAPAN / 別注 百年の極み バスタオル
価格:¥4,400+税
商品番号:56-73-0126-267

これ、フワッフワです。過去に泊まったどの家のバスタオルよりもフワッフワです。

その秘密はこの糸の細さ!一般的なタオルに使用される約半分程度の細い糸を2本同時に使用し、さらにおぼろ独特のダブルパイル製法で織り上げているため、ボリューム感はそのままなのに信じられないほど柔らかくて繊細な触り心地になっています。そして何より、軽い…!!水分を含んだ重いタオルって、拭くとき地味にストレスだったりしますよね。この驚きの軽さと触り心地はぜひみなさんに実感していただきたいです!


ちなみに、おぼろタオルさんが公式サイトで教えてくれたバスタオルを洗濯するときのポイントをシェアさせていただきますね!


⑴洗濯はネットに入れて!

ネットに入れると繊維同士の摩擦を抑えて、パイルの引っ掛かりを防いでくれます

⑵干す前にパタパタしてパイルをほぐしましょう

ほぐし方は、タオルを2つ折りにして、少し強めに振るのが良いそう。

⑶直射日光を避け、風通しの良い日陰に干しましょう!

直射日光は殺菌力がある反面、繊維を硬くする要因になってしまうそう…(実家は完全にこれが原因のようです。笑)


毎日必ず1度は使うタオルですから、お気に入りのものと長く付き合って行きたいですね!


BEAMS JAPAN SHIBUYAでは、Instagramもやっています!入荷情報やリアルタイムな商品をお届けできますので、ぜひこちらもチェックしてみてください↓