タグ「INDIVIDUALIZED SHIRTS」の記事

関西に風がやってくる?、、、

深夜1時。

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。()正志です。



まだまだ寒いですね。。。

出社時には、冬物コートがまだまだ活躍。

寒さ対策に加えて春にかけての

花粉対策と、この時期は特に苦手としている季節。

皆様は、いかがですか?....


そんな苦手?としている季節到来の中、関西エリアにも、こんな追い風が吹いて来た。。。




そうそう、毎年恒例?最近では年2回開催。

INDIVIDUALIZED SHIRTS のシャツオーダー会。

カスタムメイドシャツをお作り頂ける、パーソナルな部分が垣間見る事が出来る我々BEAMS PLUSの定番イベント。

もう、10年以上?は確実に開催されており、BEAMS PLUS STAFFは持っていない人はいない?はたまた既成サイズスペックでは合わないSTAFFはこのタイミングで個人オーダーをしているのです。


僕も、以前にも伝えたかもしれませんが、年1回は必ずオーダーを続ける事が義務?いや必然?

そんなこんなでクローゼットはパンパンな状態。


KANSAIエリアではやはり、こちらの定番生地を

今一度PUSHしたい....

正直言って僕がおススメしたいだけ....笑



「ピンポイント オックスフォード」

今更ながら、やはり一番手にとって着用頻度が高い生地の一つ。様々なカラーリングをご用意していますが、結局サックスカラーばかりを自然とチョイスしている....そろそろ他の色に浮気?

しそうになる?かもしれませんが....

細い番手で密に織られた、微光沢も感じられるオックスフォードクロス。最初のうちは、袖を通した際にドレッシーなアイテムとのコーディネートはイメージ出来るのですが、着用と洗いを繰り返す事で生じる綿独特の表面に出る毛羽が立つ風合い、ザラザラとしたタッチ感が魅力的なんですよ....

ドレスとカジュアルの双方を網羅してくれる優秀ファブリック。様々なオックスフォード生地を用意していますが、程よい生地の厚みと品のあるドレープ感も楽しめる見え方が何よりオススメポイントです。

そして、なにより透け感も少ないのが実際着用していて良い点だと思っている。



我々、BEAMS PLUS 25周年用として本国から生地チョイスしたトピックスがコチラ↓↓

チェックパターンが多いのも特徴でしょうか?....






他にも、大量なスワッチとサンプルがあるのですが厳選いたしました。


・60sムード感じるチェックの色彩

・インドマドラス?風のまるでガーゼ?

そんな絶妙なチェック配色

・オックス組織のストライプ


をまずはチェックして欲しいですね。


上記の生地イメージで

・ユニバーシティボタンダウン

・前立てあり

・Vステッチのポケット

・BOXプリーツ

・ラウンドカフ


まずは、この仕様?内容?で検討頂くのは如何でしょうか?...


ビームス 神戸では、日付変わって

本日からスタート致します。

17日迄開催しますので、是非お気軽にご来店ください。


ビームス 神戸の....


BEAMS PLUS フロアに是非お越しを....

関西風?のだししょうゆのように....

沼にハマるかも?....


では、次は3/22()深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 兄(広志)ついに関西ラウンドで?....

  弟(正志)毎年2着づつオーダー

  

YAMADA brothers


↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。




ンスタグラムも毎日更新スタート↑↑

こちらは、主に

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、気軽にフォローしてください。



おすすめの名物イベントです。その②



2/14(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。




何度かお話しさせて頂いている通り

通販サイトを割とよく利用しています。

先日、AIによる?おすすめ的メールが...

改めて見ると1人の人間の嗜好とは全く

思えない位に雑多な並びに。

先ずはリバプールの残虐王?という枕詞で

お馴染みのバンドのデラックス版CDの

お薦めに大笑い。あの禍々しいサウンドと

デラックス版の組み合わせとは...笑。

で、勿論他にもレゲエ、ジャズ等の作品も

ずらりと。書籍も現代美術、伝統こけし、

陶芸、写真、筆記用具関連と...本当に

全く一貫性の無い並びでした。何やねん。

で、1番末尾に気になる物を発見してしまい

そのままポチッと。詳細は後程に。



さて

今週もビームス プラス 丸の内にて

絶賛開催中のこちらから。




INDIVIDUALIZED SHIRTS

TRUNK SHOW

2/10(土)•11(日)•12(月)

17(土)•18(日)



マイ私物が目立つ位置に...


1週目はありがたくも連日盛況でした。

皆様ありがとうございました。

そしていよいよ2週目に。



今回も

オーダー例をいくつかご覧頂いて

インスピレーション源になれば!!


このイベント期間中には
比較的多めに

登場するワードがあります。我々は

喜んでご説明して盛り上がっています。


今回はそんなワードにまつわる内容を。




先ずは
『プルオーバー』

市場では半袖シャツに多く見られ

夏の印象強めですが...




実は長袖も良い感じです。

ベーシックだけれど少しだけ

変化球の雰囲気に。

既製品ではなかなか見かけません。

“隠れ愛好家”多数の仕様です。




『クレリック』

ストライプやカラー生地×白衿。

クレリックシャツと言えば

英国調で台襟が高めのシャツみたいな

迫力あるイメージでしたが



こちらのGOLF(=ラウンド)カラー

ならば一気に柔和な印象に。

洗いざらしのまま着ても良さそう。

タイが似合うのは勿論ですが、無しで

シンプルに着るのもGOODですね。

ちなみにクレリック仕様は衿のみや

カフスのみでも承り可能です。




『エッジステッチ』

衿やカフス周りのステッチ。

入る位置によって印象が変わります。


左:端ギリギリ位置のステッチ。

右:お馴染みの位置。




『シャツフロント』

先述のプルオーバーに加えて

前立て部分の仕様をお選び頂けます。


スタンダード






プレーン






画像はどちらも私(=丸襟愛好家)の私物。

同じラウンドカラー×シャンブレーでも

前立てのデザインが変わると別物みたいに

印象が変わります。


プレーン仕様はチェック柄等と

組み合わせると柄がきれいに見えるかも...

閃きました。今回、自分で試してみます!!





そして何と!

最後に私の新作発表??です...

前回オーダー分の上がり品が

このタイミングで到着しました!!




コンセプトは

“真夏に着る爽やか濃色長袖シャツ”


生地はリネン。とにかく色濃いめの物を

2種類選びました。爽やか???な訳が?


衿は小さめで台襟低め。

ネック、胴回りのサイズはいつもより

大きく。


古着スポーツシャツのイメージで

裾周りはスリット付スクエア型。


脳内でイメージしながらサイズを決定。

まずまずの仕上がりだと満足しています。


洗いざらしにして真夏に着用する日を

今から楽しみにしています...




といった感じで

店頭にはまだまだ他にも様々なサンプルが

並んでおります。それぞれにスタッフ達の

こだわりが隠されていたりいなかったり。


以上

やや駆け足気味に紹介しましたが

皆様のオーダーの際にご参考にして

頂けたら幸いです。

週末は当店のスタッフ一同

心よりお待ち致しております。


いよいよ当店は

2/17(土)•18(日)


そして関西エリアの皆様!!

お待たせしております。あともう少々。

ビームス 神戸

3/9(土)・10(日)・16(土)・17(日)


アポイント制になります。

是非お気軽にお問い合わせください。







私の

最近の...recently


冒頭の続きになります。

私は個人的にアメリカについて記述された

書籍を読むことが多いです。多面性を持つ

国から生まれた物が世界に与えた影響。

音楽や美術は勿論ながら多岐にわたります。

という訳で今回選んだのがこちら。


移民国家アメリカの歴史

貴堂 嘉之


移民国家の形成について、これまでの

白人視点とは異なるアプローチで述べた

著作。華僑や日系人問題についても

触れられています。興味深い一冊。




私の

最近の...recentlyその②


Augustus Pablo

“ORIGINAL ROCKERS”


前回こちらで紹介させて頂いた

Pabloの名作がまさかの復刻。

BEAMS RECORDSにて発売中です。


近々RECORDSレーベルにて

こちらについて一方的に熱烈に

語る予定です。




私の

最近の...recentlyその③


マイALDENカスタムの巻。

当初はクレープソール仕様でしたが

リッジウェイソールに交換。

Something Britishな気分に。

雨の日が楽しみ...コードヴァンですが。







まだ寒い日が続きますが、日の出時刻が

僅かに早くなったり、丸の内エリアに

来訪する野鳥の種類が増えたりと少しずつ

春が近づいている様な感じです。体調管理を

万全にしながら、季節の移ろいを楽しみ

ましょう。



では、また来週!!



ビームス プラス 丸の内

丹羽 望





< Instagram >



↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。





おすすめの名物イベントです。



2/7(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。




先日、東京は久しぶりの雪でした。

ワクワクしそうでしなかったり...

そして雪になると天の邪鬼な私には

正反対のイメージがふと浮かび上がり

その日に楽しむ音楽メニューに影響が。

さあ雪の東京で私が聴きたくなった

サウンドとは?!




さて、ビームス プラス 丸の内では

つい先日迄、スポーツコートフェアを

開催しておりました。連日のご来店

誠にありがとうございました。

で...本当に間髪を入れず怒涛の勢いで

次の催しが...







INDIVIDUALIZED SHIRTS

TRUNK SHOW

2/10(土)•11(日)•12(月)

17(土)•18(日)



そうです。

こちらもありがたくもご好評につき

長きにわたり継続させて頂いている

イベントになります。

アメリカを代表するシャツメーカーである

同社。期間中は豊富な生地やサンプルを

ご用意しております。


そのサンプルには?

クラシック〜スタンダード〜スリムという

フィットがあり、お好みに合わせて

オーダーを承ります。

→受注可能着数は同じサイズスペックで

2着からにはなりますが、全く異なる

雰囲気の2着を組み合わせてお楽しみ

頂けます。例えば白のオックスフォードと

ネルチェック等。また或いはお気に入りの

生地をベースに衿型を変えて2着とか?

まあとにかくお楽しみ頂けます!!



このイベントに合わせてスペシャルな

生地もご用意致します。


生地のラフな切り方がアメリカン...笑

詳細は店舗にお問い合わせください。



これは私見ですが...

このイベントではどなたもデザイナー的な

感覚でオーダーをお楽しみ頂けるのが

醍醐味かと思います。


通常なかなか商品化されていない

けれども、どうしても欲しい...

そんなお悩みをこのイベントでは

昇華させる事が可能です。


私の場合。

グレーのオックスフォードのシャツが

好み...でもスタンダードではない為

商品化はなかなか難しいのは承知。

大昔に一度だけ商品化に漕ぎ着けました。

が、ワンシーズンで幻に...

すみませんでした。

そこで

こうなりました...




ほぼ毎回グレーオックスフォードで

何らかのオーダーを続けています。




大好物はラウンドカラーですが

ボタンダウンカラーも勿論オーダーして

います。






同じボタンダウンカラーでも

ショートポイント版も良いですね。




ちなみにショートとロングを比較すると


かなり異なります。




そして

ポケットやカフスも選べるのも

楽しいポイントです。


私の最もフェイバリットなのは

“B”ポケット。


その名の通りボタン付きで絶妙な

隙間がペンと仲良し。



フラップ付きもあります。


名作シャツのデザインを彷彿と

させます。




カフスは私の場合ラウンド型一択ですが

実は他にも多数のデザインがあります!!

店頭でサンプルをご覧頂けます。





背中の仕様は?




画像のボックスプリーツの他に

サイドプリーツ/ノープリーツを

お選び頂けます。




見えない箇所にもポイントが。


名前が入ります。

アメリカの職人さんには解り難い名前で

大変かもしれませんが。笑



この様な感じで、微妙に変化を加えつつ

自己満足的に大いに楽しんでおります。



皆様もこんなシャツがあったら...

という何らかのイメージをお持ちでしたら

この機会に実現出来るかもしれません。


是非ご来店をお待ち致しております。

アポイントを承っておりますので

お気軽にお問い合わせください。



色々とお楽しみ頂ける

オーダーイベントになりますよ!!




私の

最近の...recently


雪の東京で私の脳内に鳴り響いた

サウンド。それは...


Augustus Pablo

オーガスタス•パブロ


ジャマイカの音楽家•プロデューサー。

鍵盤楽器奏者。主にヴォーカル無しの

インストルメンタルに名曲多数。

日本では教材として知られている

ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)をレゲエと

組み合わせた鬼才。独特のマイナー調の

音色と図太いレゲエのリズムの同居は

唯一無二。太陽が似合わないレゲエ。

ちなみに彼がピアニカで参加した

PRIMAL SCREAMの楽曲“Star”は

美しい名曲。是非!!


そう言えは私は彼の最期のライブを

幸運にも観る事が出来ました...

雪を見ながら思い出しました。




私の

最近の...recentlyその②


神宮前便り


ビームス ボーイ 原宿スタッフ

hinaco et louiseより。

ブラック×ロイヤルブルーのキュートな

シンクロニシティ。

そう言えば...

以前に米国大統領のスナップから

アイデアを得てロイヤルブルーや

パープル、ケリーグリーンのソックスを

商品化した記憶が...

鮮やかなカラーリングのソックスが

気になる今日この頃。

やはり彼女たちは自分に閃きを

与えてくれます。





私の

最近の...recentlyその③


お気に入りの本


“Tartans”  Schiffer 

全3冊


“TARTANS” Collins 

豆本


バイヤー陣に貸し出していた本が

戻ってきました。

全3冊の物はクラン(氏族)のタータンが

アルファベット順に収録されている

豪華版。


そして豆本は左にクランに関する解説

右にタータンというレイアウトで

コンパクトながらも美しい1冊。


タータンはやはり面白いですね。






春物が本格的に並び始めた途端に雪...

本当に目まぐるしい気候の変化です。

皆様、改めて体調管理を万全になさって

お過ごしください。


では、また来週!!



ビームス プラス 丸の内

丹羽 望





< Instagram >



↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。






INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER at BEAMS KOBE

深夜1時。

“山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。(弟)正志です。




皆様、お元気でしょうか?....

10月にかけても異例の残暑が....そんな予報が気象庁から先日発表されていましたね。季節は、足踏みしていますが着用している洋服は、フライング気味。そんな洋服好きな方々は共感してくれるのでは無いでしょうか?暑いのはもうそろそろ....勘弁....笑


そんなこんなで、我々のモチベーションを上げてくれるコチラのイベントご紹介を早速させてもらいます。明日から当店にて開催がスタート致します。




※以前ビームス 神戸で開催された画像を拝借↑

言わずもがなでしょうか?

BEAMS PLUSでは、長きに渡り欠かせないイベントとなっているINDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK  SHOW。既に、8年?9年ほど続いていますでしょうか?僕の記憶ですと....一貫して自社工場で生産されるMADE in USAのシャツメーカー。伝統的手法で作られ、自分好みの仕様・サイズでカスタム出来、その分愛着も湧き、個人的にも欠かせない?手放せない?そんなタイムレスでいて魅力的なメーカーがINDIVIDUALIZED SHIRTS。


そんな振り返りをしつつも、オーダーのおススメ柄や生地をPICK UP(個人的)



まずは、定番柄の一つであるブロックストライプ(ロンドンストライプは和製英語)等間隔で施される縦縞模様は、衣類だけでなく様々なカテゴリーでも採用されているクラシカルな柄であります。



個人的な柄の魅力・特性として夏時期や残暑がある秋口辺りに良く着用しています。その意図は単純明快でストライプ柄の視覚効果により汗染みが目立ちにくいからです。もちろんオールシーズン着用しても、全く問題ありません。汗掻きな方(僕?笑)には大変おススメなのです。本当に....




グレンプラッズ柄とのコンビネーションはご覧の通り。Vゾーンにも奥行きが出せるので定番柄だけに無限の可能性を持っていると改めて感じています。関西の皆様、このような柄はいかがでしょうか?....


そして、何より今回イベントトピックスの生地がこちら↓↓



ここ数シーズンのカスタムオーダー会には、メーカー様のご厚意でTOPICS生地を用意して頂いており、お客様からも非常に好評があります。


そして、今回は今は無き「DAN RIVER」社のデッドストック生地を数量限定にて用意しています。某B社への生地提供など、言わずもがなでしょうか?....


「DAN RIVER」


「某B社」

INDIVIDUALIZED SHIRTS


3社の関係性は切っても切れない?

そんな事を思っている次第です。


僕のおススメはちなみに↓↓

こちらからチェックしてみください。




さて、男性・女性の方もMADE in USAの虜?

それとも?....


では、次は10/6(金)深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 

       兄(広志)元気でやってるのかな?....

   弟(正志)自分は元気です。




YAMADA brothers


↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。



ンスタグラムもやっています。

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、フォローしてやってください↓↓


2023 秋冬 SPORT COAT Fair Part.1?、、、



深夜1時。

“山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。(弟)正志です。




早速ですが、こちらは既にご確認頂けましたでしょうか?昨日UPのカリスマ柳井ブログでも紹介が有りましたのでチェック済みの方も多いはず....

あれやこれやと、企画が目白押しです。是非、9/2、9/3はビームス 渋谷にお越しください。



と、今回ブログは、恒例のあのイベントご紹介Part.1。



あれ?なにやら景色が違う。そうなんです、今回の「SPORT COAT Fair」はビームス 神戸からスタートしています。Mr.IVY Manもイベント準備などの手伝いで3日間在籍しておりました。ビームス 神戸のインスタグラムライブでもイベントについての紹介をしておりますので是非チェックしてみて下さい。



今回のイベントでは、画像をご覧の通り

「TWEED 祭り」


圧巻のバリエーションの中から、23年秋冬スポーツコート フェア イベント目玉TOPICSバンチとおススメ柄を3つPICK UPさせていただきました。

※価格のお問合せはビームス 神戸迄




イギリス スコットランドのカントリーツイードジャケット生地では老舗であるファブリックメーカー「LOVAT」。ツイード発祥地であるHAWICKにて設立。エステートツイードと呼ばれる英国貴族や領主が狩猟用として自分の領土の証として作成されたチェック生地。自国(イギリス)での激しい気候に耐えうるような、がっしりとしたウェイト(重量)、また狩猟用として身を守るためにカモフラージュ出来るようアースカラーを主とした色彩で構成されているのが特徴です。聞き慣れないかもしれませんが、ラバット社はイギリスのツイード生地メーカーの中ではあらゆる有名マーチャントから絶大なる信頼を持ち、各社に提供されています。Mr. IVY MANも太鼓判を押すほど。その中でも、「チェビオット」「エトリック」コレクションは必見です。

まずは「エトリック」バンチより...




スポーティングツイードの最高峰とされる2021年にコレクションバンチも新たにリニューアルした「エトリック」最も、重厚感あるウェイト感が特徴で目付640gmsと、迫力満点のグラマラスボディ。味わい深い、まさに本物を体感できる魅力的バンチ。ブラウンベースにグリーン更にはベージュ?などのコンビネーションで構成されたチェック生地に心を打たれており、現在個人的に検討中。笑 洗いざらしのチノトラウザーズに合わせてみたいと直ぐにイメージが浮かび、コーディネートの妄想が膨らんでしまいます....




そしてもう一つ「チェビオット」

チェビオットツイードは、ホームスパンの4代ツイード生地として世界的に名を知られております。イングランドとスコットランドの境の産地であるチェビオットヒルズ産のシープ羊毛を原料として織られた生地の事。暖かみと、ハリコシを感じられる唯一無二のファブリックである。ラグやブランケットなどにも使用されているようです。そんな、中から個人的にはカントリーサイドにはピッタリなこちらをオススメしたい。ベージュオリーブの様な?ヘリンボーン織りにパープル・ブルー・オレンジ・レッドのコンビネーション。グレースラックスやデニム・チノでのスタイリングも相性抜群。その分、足元に持ってくるシューズのバリエーションも増えますので、このチェック柄をチョイスしています。


さらに、さらに、今年もコチラをご用意。





もはや説明不要?の「FOX BROTHERS」

今回もディレクターズカットと呼ばれる各テーマごとにパターンが決められ、ストーリー豊かなファブリックを提案される。ここ数シーズン当店でもオーダーが集中するコレクションとなります。そんな中からおススメは、コチラのツイードです。アイルランド北西部に位置するドニゴール地方から産出される、ドネガルツイード。ユニークな斑点模様が特徴の温もりある風合いが魅力。ベースの色と相反した不揃いのスラブ糸の平織りが特徴で、紡毛糸を使って織られています。より、カジュアル感が出るスポーティな装いにコーディネートしやすいバンチだと考えます。僕なら、迷わずコーデュロイトラウザーやデニムトラウザーズを合わせてニットタイでしょうか?....


最後にコチラ↓↓




最早、イベントに於いて定番バンチに君臨している「W.BILL」

ツイード好きな方は、真っ先にこちらを思い浮かべる程に当店では認知度は年々高くなっています。

「VINTAGE SHETLAND」

「CLASSIC SHETLAND」

ウィリアムビルのシェットランド羊毛に於いては、抜群の軽さ、まるでスポンジの様なふっくらとした肌触りが魅力的です。ツイードの中でも1番繊度が極めて柔軟なんです。前回私も、こちらのツイード生地をオーダーしています。このグレンプラッズ以外にもおススメがありますが....実際に足を運んで、バンチを手に取りパラパラと生地スワッチを見るのが楽しいんです。様々な想像をさせてくれます。




舞台は変わり、9/9(土)から9/17(日)当店にて開催致しますのでご都合の合う方は是非遊びに来てくださいね。※写真は、前回2022AWイベント時



次回のPart.2では、新型やサイズシルエットについて....お話し出来ればと。


では、次は9/8(金)深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 

       兄(広志)遂に遂にオーダーか?....

   弟(正志)どこで開催しようとオーダーか?


YAMADA brothers



↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。



インスタグラムもやっています。

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、フォローしてやってください↓↓


当店インスタグラムにUPしている

「TRADMEN CHANNEL」も是非チェックしてみてください↓↓



アメリカントラディショナルスタイルのお供に、、、



深夜1時。

“山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。(弟)正志です。


早速、本日のお勧めアイテム紹介をさせてもらいますね。コチラです↓


BEAMS PLUSのアメリカントラディショナルスタイルのカテゴリーに於いて、必ず店頭にラインナップさせて頂いているINDIVIDUALIZED SHIRTS。1961年の創業以来、テーラーシャツのファクトリーとして物作り。頑なにMADE IN USAを貫き、由緒正しき伝統的なシャツメーカーとしてBEAMS PLUSとしても長きに渡り、お取り扱いさせて頂いています。年2回の周期でカスタムオーダー会を当店で開催されている為、普段店頭で販売されているアイテム紹介を中々出来ずじまいでありました。そんな時に、こちらのニューモデルがリリース。



INDIVIDUALIZED SHIRTS × BEAMS PLUS / 別注 Pinpoint Oxford Regular CollarButton Shirt

カラー:WHITE、SAX

サイズ:14.5、15、15.5、16、16.5、17

価格:¥33,000-(税込)

商品番号:38-11-0662-597





新しい襟型で店頭に出るのは久しぶり?ではないでしょうか?随分前には、ラウンドカラーやプルオーバーボタンダウンスタイルでの取り扱いはありましたが、「レギュラーカラー」は見なかったような....我々BEAMS PLUSの重衣料に於けるドレスシャツの提案として、ご用意しているのは周知の通りですが、ボタンダウン型(ユニバーシティモデル)のみでの現状ラインナップに加わった事は個人的にも嬉しい限り....メーカー様が独自に襟型ネームを作成しており、こちらは「5S」と呼ばれる「The Traditional Collar」 」採用したオーセンティックカラーモデルをBEAMS PLUSがチョイスしています。剣先の絶妙な長さ、襟腰の高さなど、EARLY 60sスタイルを踏襲したBEAMS PLUS テーラーラインのスポーツコートとの相性は言わずもがな....細かなディティール(仕様)も修正を加えています。





ベースパターンは、以前から展開している「STANDARD FIT」を継続。

修正を加えた胸ポケット仕様はV字のステッチが走る「Vステッチ」を今回採用。某老舗B社へのオマージュなのか?....通常ボタンダウン仕様は、ボックスプリーツですが今回はサイドショルダープリーツ。レギュラーカラーやワイドスプレッドに多い仕様でボックスプリーツ同様に肩回りの動き易さは言う事無し....襟芯地やカフも通常よりも固い芯地を入れています。着丈は、BEAMS PLUS仕様で2.54センチ(1インチ)長く設定しております。



「ガンレットボタン」は無し。よりクラシックな表情を醸し出す細かな修正部分は、お好みが分かれる所だと思いますが、ガンレットボタンを殆ど留めないカフスボタンのみを留める私はありがたい....笑 ちなみにガンレットボタンを色々と調べてみると、様々な諸説があって正確な答えが無いので是非皆様ディグして見て下さい。ちなみに、袖丈詰めが発生した場合に剣ボロ部にボタンが付いていると、ホール(かがり)の兼ね合いで修理出来ない時もあるので、私は無い方が助かるという結論に....笑 皆さんの意見も是非聞きたい所です。生地は定番の「ピンポイントオックスフォードクロス」。滑からなタッチと程良い光沢感、中肉ほどの厚みが良いのです。



これぞお手本というようなスタイリングを当店STAFF坂本が合わせていました。

是非、チェックをお願いします。



お次は、襟型・素材違いの2型を続けてご紹介。


INDIVIDUALIZED SHIRTS × BEAMS PLUS / 別注  Great American Oxford Button Down Shirt

カラー:WHITE

サイズ:14.5、15、15.5、16、16.5、17

価格:¥31,900-(税込)

商品番号:38-11-0660-597



メーカー様独自で開発した「グレートアメリカンオックスフォード」は1950年代から60年代のヴィンテージ生地を再現しているようです。しっかりとした打ち込みが感じられ、織りの目の存在感は言う事無し。まさにアメリカンクラシックムード感じるオックスフォードクロス。襟型はユニバーシティボタンダウンを採用しており、羽根のロールがとにかく美しい。古き良きボタンダウンシャツ(アメリカ製)をお探しの方には真っ先におススメしたいモデルなのです。洗いざらしでの着用も良いのでは?....



私なら、今気になっているBEAMS PLUSのスモーキングジャケット(ブラックウォッチ)をチョイスして、アイビーテイストとの組み合わせ。極力、オーセンティックのように見えて、実はハイブリッドなアイテムを組み合わせるのが格好良く見える。※個人的主観




INDIVIDUALIZED SHIRTS × BEAMS PLUS / 別注 Heritage Chambray Button Down Shirt

カラー:SAX

サイズ:14.5、15、15.5、16、16.5、17

価格:¥33,000-(税込)

商品番号:38-11-0661-597


コチラも独自開発した「ヘリテージシャンブレークロス」メーカー様にご用意を頂き、お声の多かったシャンブレー生地。

所々、ムラ糸の表情ある柔らかな風合いが楽しめる唯一無二の存在感。実は、当店で開催されているカスタムオーダー会では必ずと言って良いほど常に需要があるファブリックです。諸々の諸事情で、中々ご用意が出来なかったシーズンもありましたのでお探しだった方にはお早めにご試着をおすすめしたい....







古き良き伝統を守りながら生産を続ける

シャツメーカー。

「INDIVIDUALIZED SHIRTS」

是非、お試しくださると嬉しいです。


では、次は6/16(金)深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 

       兄(広志)是非、ブレザーのお供に

   弟(正志)是非、トラディショナルウェアのお供に


YAMADA brothers


↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。


インスタグラムもやっています。

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、フォローしてやってください↓↓


アカウント名→@yamadamasashi



変わらないディスプレイ

〜BEAMS PLUSの日曜大工Do it yourself〜





こんにちは、Mimotoです。

今日は久しぶりにこちらのイベントのお知らせ。久しぶりといっても一年に一度はかならず開催出来ている事もあり、ご存知の方も多いと思います。

〜INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER EVENT〜

ビームス プラス 有楽町の前、ビームス プラス 丸の内 時代からず〜〜っとご好評頂いているイベントですね。もうかれこれ10年以上は続いているBEAMS PLUSでも欠かすことの出来ないmade in USAを体感出来る数少ない機会。

コチラももうお馴染み⁉︎

このイベントが始まるおよそ一週間ぐらい前から、皆さまへイベント告知を始めさせて頂いています。そして、同じタイミングでビームス プラス 有楽町のウィンドウディスプレイもこの内容に変わります。毎度毎度、ディスプレイに関してはその内容・構成を踏襲せずに新しい試みで楽しんで頂けるコトをモットーにしているBEAMS PLUSの日曜大工なのですが…このイベントに関しては色々考えてみたのですがコレがとてもしっくりきています。

今や、歴代ビームス プラス 有楽町 のディスプレイ衆はこのディスプレイは目をつぶってでも出来るかと(笑)

とにかく、有楽町でこのディスプレイが見れるというのは、そろそろ春も近づいてきた事でもありますね。オーダーイベント続きと同時にいろんな洋服が毎日の様に入荷⁈しているみたいですし、もちろんオーダーイベントの方も何やら気になるファブリックが用意されているとの事。

今年こそは我慢と言いつつ、やっぱりオーダーしてしまう(笑)不思議と新しい発見・楽しみがあるのもこのイベントの醍醐味、もしお時間あればビームス プラス 有楽町、ビームス 神戸まで〜。





Mimoto

袖を通せば、もしかして....

深夜1時。

“山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。(弟)正志です。



スポーツコートフェアが今年も大好評で終了したと思えば、慌ただしくも今週の土曜日(日付変わって本日)にインディビジュアライズドシャツのカスタムオーダーイベントが開催されます。開催期間は、2/25(土)、26(日)、3/4(土)、5(日)の4日間となっております。BEAMS PLUSの春のイベントが盛り沢山です。最早、お祭り?笑 くらいのイベントラッシュで、僕達STAFFのお財布事情も....汗 といいつつも、スポーツコートフェア同様に、毎回STAFF達でシャツの生地スワッチを見ながらコーディネートや生地の雰囲気をチェックし、様々な妄想をして最終的にオーダーをしてしまう魅惑のシャツオーダー会....お好みの生地やシルエット・ボタン・ポケット・襟型・芯地の厚さ・刺繍etc。パーソナルなオーダーを楽しめる貴重なイベントであると認識しております。
そしてここ数シーズンは、メーカー様のご厚意もありイベントのみでオーダー出来るトピックス生地も用意しております。それがこちらです↓↓



今年も、トピックスアイテムが目白押しです。笑


先ずは、「グレートアメリカンオックスフォード」INDIVIDUALIZED社が所有している膨大なアーカイブの中から1950年代のオックスフォード生地を現代的に再現したとされる生地のようで、BEAMS PLUSで定番展開しているケンブリッジやピンポイントオックスフォードより厚みがある生地ウェイトが特徴です。グレートアメリカンと呼ばれるだけに、これ以上は無い。という自信さえも伝わってくる表情の良さも魅力的です。以前(随分前)は確か生産中止のアナウンスがあったような....そんな事を気になりつつも、サンプルをいざ確認すると撃沈。笑 以前展開していたグレートアメリカンオックスフォードとはまた違う?絶妙な生地感に。。。当時所有していた物と比べると分厚すぎず、薄すぎないところも良い。(山田調べ)レガッタオックスフォードと比べるとやや厚みある?同じくらい?というような感触を個人的には感じています。最初は、ゴワゴワとし硬さのある印象がありますが着用と洗いを繰り返すごとにどんどん身体に馴染んでいく過程も楽しめる生地では無いでしょうか?とてもオススメのファブリックですので、是非オーダー時にチェックしてもらえると嬉しいです。



そしてこちらも数年ぶりの登場だと認識している「ビッグギンガムチェック」私もこのマスが大きいギンガムチェックシャツを以前にオーダーしており、しばらく見ていなかったのでなんだか新鮮に感じてしまいます....個人的には嬉しい復活?ではあるので、久しぶりに着用してみたい気分にも....
今回3色でのご用意をしており、グリーン×ホワイトが中でも一押し。どれも、今までカスタムオーダー会では無かったカラーバリエーション。以前のビッグギンガムチェックは、ネイビー・ブラックのみでの展開....そんな嬉しいニューカラー。生地は、程よい光沢感と滑らかな肌触りが特徴のピンポイントオックスフォード。本国でも最も需要があるコチラは、ドレスとカジュアルの両刀使いとして、アメリカンスタイルを表現出来る唯一無二のテキスタイルです。



そして、最後はこちらのクラシックな表情が魅力の「マドラスチェック」※数量に限りがございます。その点は、ご了承ください。

アメリカントラディショナルに於いて、永久に夏の定番とされるシャツ生地。着込むほどに、色が落ち

美しく擦れていく風合いが最大の持ち味である。独特のマドラスの風合いを、独自に研究されたようなんです。色移りせず、マドラスの様に色が擦れていくような生地を開発したのがこちらなのです。ドレス仕立てのカジュアルウェアとして....早く夏を迎えたい....そんなムードを感じさせるアイテムです。そして数あるバリエーションの中でもおすすめは、イエローベージュベースのチェック柄。


なんとも独特な配色が個人的にグッと刺さり、シアサッカースポーツコートのインナーに着用してショーツとの組み合わせを妄想中....



トピックス以外にも、たくさんの生地スワッチからお選び頂けますので、お楽しみくださいませ....こちらはスタッフの過去オーダーモデルがズラリと....会期中は、STAFFオーダーサンプルもご覧いただけますので併せてチェックしてみてください。





袖を通すと、貴方もヤミツキになる事間違い無し。是非、お待ちしております。


では、次は3/10(金)深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 

       兄(広志)マドラスチェックは言わずもがな。

   弟(正志)グレートアメリカンオックスフォード。

YAMADA brothers



↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。


余談ですが、最近インスタグラムを再始動致しました。良かったらお気軽にフォローしてみてくださいね↓↓↓

@yamadamasashi


運命の発表日、、、

深夜1時となりました。

「山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS」

金曜日深夜は山田兄弟が隔週で、

皆様にビームス プラスの魅力をお届けします。




どうもこんばんは、山田(弟)です。

早速ですが、こちらはもうご覧頂けましたでしょうか?

若干、固い表情をしている2人でしたが....




当店のインスタグラムライブの一コマです。

BIG BOSS (鈴木)と私が

珍しく2人メインで出演させて頂きお話させて貰っています。笑

プラジオでは、べらべらと話すのですが、

元々、人前に出るのが苦手な僕はやはり終始ダメダメ。笑

BIG BOSS(鈴木)がいてくれたおかげもあり、なんとか....

アーカイブに残しておりますので、是非チェックしてみて下さい。


そうなんです、話しは少し逸れましたが、あの恒例?

イベントのお話しをさせて頂いていたのです....


というのがコチラなのです↓↓



さあ、皆様この時期がやって参りました。


ここ数年前までは、年1回のオーダー会ではあった

アメリカ ニュージャージー州、シャツファクトリーメーカーである

「INDIVIDUALIZED SHIRTS」のカスタムオーダーイベント。

※アポイント制になりますのでご注意ください

お問合せは、当店までお願い致します。


現在は、年2回のペースで開催をさせて頂いており、

数百種類の生地バリエーションと会期毎の「シーズントピックス」生地もご用意し、

毎回開催がある毎に、スタッフ含め盛り上がるイベントなのです。


開催期間は、

ビームス プラス 有楽町

10/1、2、8、9、10 


ビームス 神戸

10/15、16、22、23


となります。



既に、ご存知の方は多いと思いますが、改めて....




お客様の体型に合わせ、

「フィッティングモデル」「生地」「ボタン」「襟型」「カフ」「ポケット」「芯地」

を選んで頂き、オンリーワンな1枚のシャツをお作り頂けるのです。


既製品のサイズだとネックサイズや肩回りや身幅、袖丈など....

惹かれる魅力がありながらも、購入を断念される経験は誰しもあるはず....

そんな、痒い所に手が届くのが正にBEAMS PLUSに於いて

恒例である「INDIVIDUALIZED SHIRTS」のカスタムオーダーイベントが解決してくれるのです。


そして、本日は数々の生地バリエーションの中から

「今シーズンのトピックス生地」についてご紹介。


※トピックス生地に関してはオーダー数量が決まっている為、

先着順となり、上限に達した場合はご用意が出来ませんので

予めご了承頂ければ幸いです




「RIGID DENIM / CHAMBRAY」

皆が大好きなデニム・シャンブレー。笑

これは、僕達含むリスナーの方々も共感頂けるかなと。

クローゼットみても様々なブルーグラデーションのシャツがラックに並んでいるはず....笑


「究極のアメリカンヘリテージ」をコンセプトに

開拓時代に労働者のドレスシャツのように使われてきたシャンブレー・デニムを

シャツメーカーならではの視点で選んだ生地がコチラです。


まずは、「RIGID CHAMBRAY」

僕達当店メンバーも待ってましたという位、気持ちがとんでもなく上がっています。

早速、サンプルを着用。


有楽町のSTAFFも実は、何度か「シャンブレーファブリック」

で何かいい雰囲気の生地がないか?と

代理店様のメイデンカンパニー様へ打診していた程。笑

STAFFが一番オーダーを入れたい生地が

コチラなんです。笑


アメリカンドレスシャツメーカーが提案される、少しザラつきが感じられる手触りのシャンブレー。

同メーカーが長きに渡り、展開されていた「HERITAGE CHAMBRAY」と比べるとそれとはまた違った

光沢感もありムラ感もあるファブリックです。


本来のシャンブレーが持つ、アメリカンな土臭さと無骨さを感じつつも、

ドレスシャツメイキングで仕上げられる「INDIVIDUALIZED SHIRTS」ならではの

決してワークシャツでは味わえないようなアプローチです。


コーディネートが楽しめ、オールシーズンでの着用と汎用性の高さ、

秋冬は、紡毛のツイードやフランネルのスポーツコートとのタイドアップスタイルに合わせたい。

肝心の春夏には、袖捲りしてカジュアルでスポーティなスタイリングに

取り入れたいですね。




「RIGID DENIM」

リジットと命名されている生地らしい未洗い特有の手触りが楽しめる

ブラックデニムでご用意。

過去に展開のあった、VINTEGE DENIMと比較すると、薄くしなやかな

表情がこれまた良いのです。


デニムの変身開花に期待したい気持ちと、「ブラック」という僕たちには

新鮮に感じる素材提案が心くすぐられます。


デニム、シャンブレー共にサンプルはボタンダウン仕様ではありますが、

タブカラーやラウンドカラーなどの襟型で、カスタムしても

良いと思いますので、コーディネートするアイテムを妄想しながら

各箇所を決めていくのも楽しみの1つなんです。




カスタムシャツテーラリングの魅力にヘリテージな素材の組み合わせ。

欲しい、欲しい、欲しい....笑

そんな僕らの心の声が出てしまう程。


続いて....



「BOLD STRIPE」
テーマは、シティーレジャー
インスピレーションは、

アメリカを代表する某サーフフォトグラファーが写した

1960年代のカリフォルニアをイメージしたそうです。


特徴は何と言っても配色の妙。ではないでしょうか?

春夏らしい、軽快なムードは言わずもがな。

青い海や白い砂浜をイメージさせられるような

コントラスト。サーフボードやレインボーパラソル等、カラフルな

配色のデザインソースとなっており、ライトウェイトなコットン素材も

相まって、抜群の仕上がりとなっています。


実際、サンプルを見た時に頭によぎったのは、そうそうあれです。

あの洋書に載っていた、あのロックバンドでは無いでしょうか?




迷わず、半袖プルオーバーのボタンダウン仕様でオススメしたい、

ボールドストライプ。

中でも、GREEN×WHITEカラーがオススメです。

チノショーツにキャンプモックモカシンシューズとの組み合わせなんて

いかかがしょうか?....


BROWN × BEIGEカラーは、CAMP COLLOR(開襟)をチョイスして、リネンパンツなどに

合わせてアダルトなムードで着用してみても面白

い。






まだまだ生地はたくさんありますが....



是非、店頭でご覧頂ければと....


そして、そして、、

イベント会期中の平日に

あと1回、当店インスタグラムアカウントから

インスタライブも行いますので是非、

そちらもチェックして下さい。






ビームス プラス 有楽町にて


10月1日(土)からキックオフ。


そして、ワールドカップ サッカー

 日本代表

 選手選考発表は、


来月

11月1日(土)運命の時、来たる。



では、次は10/14(金)深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 

       兄(広志)は、洗いざらしで、インディゴシャンブレー

   弟(正志)は、スチームかけて、インディゴシャンブレー

        

YAMADA brothers




↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。

Start Soon、、、at BEAMS PLUS YUURAKUCHO

深夜1時となりました。

「山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS」

金曜日深夜は山田兄弟が隔週で、

皆様にビームス プラスの魅力をお届けします。




どうも、こんばんは山田弟(正志)です。

最近は、仕事終わりの日課になりつつ「ある事」

を行っています....

家で夜な夜なスポーツコート(ジャケット)とシャツとネクタイ、更にはチーフとVゾーンの研究?笑 

自分の中では遊びをしています。

新鮮に見えるような組み合わせを、一人で

「あーでもない」「こーでもない」

と深夜にコソコソとやっていると、先日奥様に変な目で見られて挙句の果てには

部屋を出る前に、ため息をつかれた日もありました。笑


そんな危機感を覚えながらも、気にせずに楽しもうと思っています。

山田家のデッドゾーン話しはさておき....


今日は商品紹介はございません。

あのイベントのお話しに....



既に、当店のインスタグラムで配信されていた

あのメーカーのカスタムオーダー会について....

BEAMS PLUS 有楽町の看板スタッフが熱く

語ってくれています。

まだ、見られていない方は是非コチラも

チェックをお願いします↑↑



年1回のお祭りといえば....

そう、INDIVIDUALIZED SHIRTSの

CUSTOM ORDER EVENT。

いつも、3月に当店にて開催されているので

もう知ってるよ。そんな顔が見えない遠い所から

聴こえてきそうですが、少しお付き合いくださいね。




今年も、日付変わって本日の3/5(土)、6(日)

3/12(土)、13(日)の4日間で当店にて

スタート致します。 

毎年言える事ですが、嬉しくも初日からSTAFFは、バタバタする事もあるのです。笑

お客様と色々な組み合わせをお話しする時間が

楽しかったりしますよね。


インディビジュアライズドシャツは、既に

ご存じ?かと思いますが改めて....

BEAMS PLUSに於いても長きに渡り、

スポーツコートに合わせられる

ホワイト、サックスカラーのボタンダウンシャツを

展開をさせていただいています。

カスタムテーラー部門に於いては、

全米ではシェア率がトップの

アメリカン高級シャツテーラーです。




お客様のスタイルに合わせ、

独自のサイズを選び、お好みの生地、

お好みの襟型や、ポケット、カフ、前立て、

芯地etc....

刺繍なども入れられる正に、自分だけの

1着が作れる魅力的な、カスタムオーダーイベント。



こちらは、山田(弟)の

私物オーダー品の一部です。
既成品では、どうしてもネックサイズやスリーブレングスが合わない私は、毎回オーダーをし続けて

います。左右のスリーブの長さを変えたりしています。

年々、増え続けて、今はもう30着くらい所有しています。笑

数年前は、あと数十枚程ありましたが、体型の問題で....笑


普段、BEAMS PLUSでは展開しないような

自分らしい好みの襟型や柄をチョイスして

良く着用しています。



そして、今回のスペシャルなファブリックが

コチラ↑↑

ここ数シーズン、何かしらのトピックス生地をご用意して頂いております。

いつも通りに、画像は少しだけ....笑



アメリカを支えた労働者たちにフォーカスを当て、

「AMERICA WORKED」と題したコレクション。

ニューヨークをイメージさせる地下鉄道、NEW YORK CITY SUBWAYの

路線図から着想を得た生地ラインナップとなっています。

ちなみに、NEW YORK CITY SUBWAYは、世界で最も古い公共交通機関として、

1904年の開通当時から現在まで、ニューヨーカーたちの「移動」を支え続けています。

何より、カラフルなラインで構成されたカラーリングが魅力的に映ります。

個人的には、数年前にアメリカのニューヨークに遊びにいった時の事を思い出せてくれます。


有名なグランドセントラル駅を始めたとした、現代のニューヨークでも主要駅となる駅は、

その性質故に多くの路線が乗り入れられるそうなんです。

「SUBWAY STRIPES」の4つの生地は、乗り入れ路線のカラーリングを取り入れ、

主要駅の名を冠しています。




今回は、この左上のグリーン×パープルストライプorブルー×ブラウンストライプの配色が

個人的に気になっており、只今検討中....笑

どうゆう風にコーディネートするか?一番大事な部分ですので色々と妄想をしている所なんです。笑


そして....

最後にこちらも....



INDIVIDUALIZED SHIRTSとニューヨークの生地メーカーが共同開発したデニム生地もご用意。

ワークシャツなどに使用されていたヴィンテージデニムを忠実に再現したファブリックや、

前回のカスタムオーダーフェアでも好評であった「ヘリテージ シャンブレー」ファブリックもご用意。

どちらも、オーダー数量に限りがありますので、お問い合わせは当店までお願い致します。


BEAMS PLUS YUURAKUCHOUで....



まもなく、「キックオフ」


では次は3/18(金)深夜1時にお会いしましょう。

p.s.  

       兄(広志)は、暫く着ていない、、、

ワークシャツばかり

   弟(正志)は、シャツはほとんどINDIVIDUALIZED SHIRTSオーダー品


皆様、お待ちしていますね。


only this one!

enjoy clothes!!


YAMADA brothers



↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。

定番であり続けるコト

先日の休日、家族でテレビを見ていました。

ある飲食企業の人気商品を、超一流と呼ばれるシェフの方々が辛口にジャッジする…。

この番組が好きでよく見るのですが、企業のこだわりや開発者たちの思いが垣間見えるところが大好きでついつい見入ってしまいます。自分も口にしたことのあるあの定番料理も、実は密かに改良されていたのか!など、

企業努力に関心してばかり。


今度また行ってみよう!という気持ちになります。



さぁ、本日も始まりました

《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》。


BEAMS PLUSメンバーが日替わりでお届けする《All Night BEAMS PLUS》をご愛読頂いている方は、是非フォローボタンをよろしくお願い致します。


さて、ご覧頂いているオンラインショップの各コンテンツでは、色んなスタッフが新作のラインナップを紹介してくれています。

新しいアイテムを手にした時の高揚感や、何とスタイリングしようか考えている時もまた楽しい時間でもありますよね。しかし、BEAMS PLUSでは、シーズンが変われどトレンドが変わっても、店頭に並び続けているアイテムも数多く存在します。


今日はそんな定番アイテムからこちらのご紹介。


BEAMS PLUS / リネン コットン 5ゲージ ケーブル クルーネック ニット
カラー:WHITE・KHAKI・PINK・YELLOW・OLIVE・NAVY
サイズ:S〜XL
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-15-0123-048

メンズショップの定番

BEAMS PLUSファンにはお馴染みのケーブル編みのクルーネックニット。私達は“ケーブルクルー”と呼ぶことが多いですね。

アイビーのムードを感じるメンズショップには、必ずと言っていい程ラインナップされているアイテムです。

BEAMS PLUSはこのケーブルクルー、春夏・秋冬シーズンで素材を変えてラインナップしている商品であり、ネイビーブレザーやボタンダウンシャツと同じように、毎シーズン店頭に並ぶ定番品です。


しかしそんな定番アイテムであるケーブルクルーも、シーズン毎に若干の変化があるのはご存知でしょうか?


さり気ない改良


こちらの写真は、私の私物を含めた3枚。

左から、2022→2021→2020年モデル。


ケーブル編みの目地が立った、5ゲージのケーブルクルー。

生地寄りだと、こんな感じ。

WHITEが2022年モデル

オレンジが2021年モデル。

グリーンは2020年モデル。


実はシーズンによって素材や糸の太さが異なるんです。


まず2022年モデル(WHITE)と2021年モデル(ORANGE)


見た目はさほど変化はないのですが、混率を見ると

2021【コットン60%/ヘンプ40%】

2022【コットン47%/リネン53%】

と、コットンを上回る比率でリネンが用いられているんですね。

なので触っていただくとよりリネンのシャリ感を感じていただけますし、若干糸にも光沢を感じます。


さらには2020年モデルと比較すると…


2020(GREEN)は【コットン100%】。

コットンニット特有の柔らかさ・風合いが感じられるだけでなく、実は編み地の幅がこの時はやや太め。


なので今シーズンモデルは編み地が細やかな分、春夏らしい爽やかな印象でややスタイリッシュに。


さらにはリブに化繊を混紡することにより、伸びにくくなっています。

GREENがリブもコットン100%

WHITE・ORANGEは化繊混紡。

着用を繰り返したこちらを見ると、若干差が出ているのが分かります。


このように、ずっと変わらない定番アイテムもあれば、さり気なく改良が加えられている定番アイテムもある。


それがBEAMS PLUSですね。


定番だからこそ、幅広いスタイルに

さて、私物を出してしまい少しややこしくなってしまいましたが…

改めて、今シーズンは以下6色のカラーバリエーション。



同色系でまとめたスタイリングも。





アクセントカラーとしても




季節が進んだら一枚でサラッと着るのも


定番だからこそ、流行り廃りなくスタイリングに取り入れて頂けるアイテムです。


是非色々楽しんで頂ければと思います。


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみください〜!



吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》

Dress×Military Chino Trousers ~KAPTAIN SUNSHINE~

夜更かしの皆さん、こんばんは。

木曜日担当のJUNICHI YANAIです。




日々秋物の入荷ラッシュに比例し、物欲が増す日々ですが・・・

先日、入荷してきたアイテムの中で、今から?オールシーズン使えるオススメの商品が店頭に並びましたのでご紹介させて頂きます。



KAPTAIN SUNSHINE / Scottish Sideseemless Trousers
カラー:カーキ
サイズ:30,32,34
価格:¥40,700(税込)
商品番号:38-24-0115-086


先日、サミュエル金子がKAPTAIIN SUNSHINEのM-47ミリタリーパンツをご紹介していましたが、

本日はドレストラウザーズとしても使えるセレモニーパンツをご紹介させて頂きます。

パッとスタイリングを見た時は至ってベーシックなワイドチノトウラザーズではありますが・・・

KAPTAIN SUNSHINEらしいデザインソースのチョイス。




ミリタリーアイテムの中でもよりドレス要素の高いスコットランド連隊のセレモニーパンツ型を採用しています。

スコットランド連隊のセレモニーパンツと聞くと、本来はタータンチェック柄をイメージしますが・・・

よりデイリーユース向けかつ取り扱いがしやすいチノ生地で表現されています。

因みにこちらの生地・・・サミュエル金子が紹介していたM-47カーゴと共生地

KAPTAIN SUNSHINEの提案するアイテムで先ず気になるのは『どんな生地なのか?』

肌触りや色合い、やはり高品質な原料を使用している分、毎回ファブリックの素晴らしさには驚かされます。



独特な色合いはブリティッシュカーキの様な濃いめのベージュ。

しっかりとした綾目のコットンツイルはまるでデッドストックのミリタリーチノの見た目。

ドライな見た目とタッチ感なのに・・・滑らかさを感じさせてくれるのはやはり上質な生地だからでしょうか。

とにかく画像だとなかなか伝わり辛いのが悔しいですが・・・チノトウラザーズがお好きな方は絶対に満足して頂けるはずです。



サイドアジャスターもセレモニーパンツらしいディテールの1つ。

ある程度ジャストサイズで選んで頂ければ、基本はこのサイドアジャスターのみで十分腰骨に引っ掛かります。

とは言いつつ、やはりベルトループがあればよりサイズ選びの可能性も広がります。

ここはブランドのアップデートでしょうか。サイドアジャスターでノーベルトなフォーマルスタイル、よりホールド感・ファッション性を持たせるベルトスタイル。どちらも楽しめる腰回りのデザインです。





スコットランド連隊のセレモニーパンツソースと言えば・・・

やはり特徴的なのはそのワイドな丸みがあるシルエットです。

実はサイドの縫い目がなく、サイドシームレスとなった作りです。

サイドがシームレスになる事でやはり変わるのはシルエットの出方。

縫い目によるテンションが掛からず、綺麗なワイドストレートのシルエットバランスが出ます。



この着用した時のシルエット・・・やはり着用者が一番実感できるはず。

生地同様にこちらも実際に着用し、履いて頂くのが一番ですが・・・とにかく本当に綺麗なワイドストレートです。



そして裾の処理は・・・

もちろんこちらもセレモニーパンツと言えばのシングル仕上げ。



BEAMS PLUSの取り扱いあるチノトウラザーズでもシングル仕上げは新鮮!?に感じます。

シングル仕上げによるハーフまたはワンクッション生まれる足元、生地も相まって決して野暮ったく見えません。



今までとはまた違った顔を見せてくれるKAPTAIN SUNSHINEのセレモニーチノトラウザーズ。

スコットランド連隊のセレモニーパンツをベースに、KAPTAIN SUNSHINEらしい上質な生地使い、ディテールのアップデートを加えた最高の一本です。

セレモニーパンツという事で、しっかりセンタークリースを入れ、タックインスタイルでドレスチノ的な履き方も良いですし・・・

わざと洗いざらしにし、ミリタリーチノらしく履いても良いのかと。

デザインソースと生地の選定がよりコーディネートの楽しさを引き出しくれます。




チノトラウザーズ好きな方・・・マストバイな一本です。







と、本来はここで終了するのですが・・・

またしてもイベント告知をさせて頂きます。

お気づきの方も多いかと思いますがSPORT COAT&WILLIAM LOCKIEのオーダー会を終え、

その後すぐこちらのイベントが開催されます。



INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW

未だにMADE in USAを貫き、ドレスシャツからカジュアルシャツまで、お好みの生地・フィッティング・襟やカフ等の仕様を選べるイベントが開催されます。







先程のスタイリングで着ていたシャツも実は7年前のオーダー会で初めて作ったオックスフォードのボタンダウンシャツ。

今までは既製品で満足していたものの、やはり自分の身体に合ったシャツに袖を通すと改めてオーダーの良さを実感します。

ネックサイズ、袖丈、着丈、カフのテンション・・・しっかり自分の身体に合ったオックスフォードのボタンダウンシャツが欲しいと思い、オーダーした1枚です。



アメリカントラディショナルとして欠かせられない『SPORT COAT』、秋冬の寒さを凌ぎ、Vゾーンに華を持たせる『WILLIAM LOCKIE』のニットウェア、それらに合わせられるシャツと言えば・・・やはりお決まりは『INDIVIDUALIZED SHIRTS』のTRUNK SHOWではないでしょうか。

様々な用途に合わせ、生地から仕様等、お好みのオーダーシャツがお作り頂けます。

もちろんスポーツコートに合わせるドレスシャツだけでなく、自分が着用している様なTHEなボタンダウンシャツもオーダー頂けます。

更に今回のTRUNK SHOW開催にあたり、BEAMS PLUSエクスクルーシブの生地をご用意しております。

もし気になる方は・・・こちらのオンラインページでご確認下さい。




新作入荷とイベントラッシュ、何だか目移りばかりですが・・・物欲と一緒に秋冬シーズンを楽しみます。





JUNICHI YANAI

ENGINEERED GARMENTSよりパンツ2選!

時刻は深夜1時



こんばんは。

ビームス プラス 原宿の佐久間です。

いつもご清聴ありがとうございます。


先日ふと赤信号で停まっていた際に横を見ると綺麗な富士山が見えました。

綺麗な景色に思わず1枚。



さて、世はクリスマスイブですね。

プレゼントに関しては先週の放送をチェックしてみて下さい。



今夜は自分も皆さんもきっと大好きなブランド

ENGINEERED GARMENTS より

パンツを2型ご紹介させて頂きます。


まずはこちら



ENGINEERED GARMENTS PAINTER PANT Corduroy
サイズ:XS,S,M,L
価格:¥33,000+税
商品番号:11-24-2867-334


大きなバックポケットやハンマーループ。



ツールポケットという



(僕は座っている時に便利なポケットとして活躍しています。)



いかにもペインターパンツ「らしい」ディテール


そしてこの「らしい」ペインターパンツに


一見アンマッチなコーデュロイ素材のフュージョン


ライトブラウンカラーのコーデュロイ素材は

8ウェールというペインターパンツを想像すると細畝な印象。


ただ、この掛け合わせにより、ザ・ワークイメージのペインターパンツも


あら不思議。アウトドアライクな雰囲気に様変わりします。


既に水洗いされているので最初からこなれた表情を楽しんで頂けます。



そしてよく見ると


5ポケットジーンズを想像するコインポケットも



トリプルステッチですが、ステッチ糸も生地と同色なので目立ちません。



フロントのシンプルなデザインを5ポケットコーデュロイパンツと捉えても面白いですね。




もう一型もおすすめです。



ENGINEERED GARMENTS FA PANT Double Cloth
サイズ:XS,S,M,L
価格:¥42,000+税
商品番号:11-24-2866-334

FA(フレンチアーミー)パンツのモデルは前シーズンに引き続きピックアップ


ブランドでは定番ファブリックのコットンダブルクロス


ダブルクロスとは表と裏と別々の組織で織られた生地です。


表生地と



裏地で織りが異なることがわかります。



まさに2枚の生地を張り合わせたかと思わせる重厚感です。


フラップ&マチ付きポケットが主張強めな印象。



後ろポケットもフラップ付きです。



膝部分にはアクションプリーツが入ります。



一見とっつきにくいデザイン。


ですが、履いてみると不思議


案外「やり過ぎていない」デザインかなと。


シルエットも先程のペインターパンツと比べてややスッキリしています。



カラーもブラックであれば取り入れ易い1本だと思います。


どちらのパンツもウエスト部分にドローコードが付いているのでベルトレスで着用可能です。





勿論ベルトループも付いているのでお好みに合わせてご使用頂けます。


僕はもっぱらベルトレスに頼りがちです。。。(ホントに便利なんです。)


裾もドローコードが付属

絞ってシルエットの変化も楽しめます。

不要であれば抜いてしまってよいと思います。





スタイリングです。


まずは自分がペインターパンツのMサイズを着用しています。



ペインターパンツを軸にワーク&アウトドアなスタイリング


ウールリッチの別注ジャケットにWAREHOUSEのスウェット、ブラックシャンブレーのワークシャツをレイヤード



最近はアースカラーにブラックやグレーなどのモノトーンカラーを加える事が多いです。







普段のスタイリングが武骨過ぎるな。と感じる方は是非モノトーンカラーをポイントで加えてみると解消するかもしれません。



続いて丹羽がFAパンツのLサイズを着用しています。



丹羽らしいタイドアップしながらもカジュアルなスタイリング


チーフとタイのさり気ないペイズリーの柄合わせ。



上下ブラックのモノトーンカラーでも素材が異なっていたり、



シャツのホワイト×グレーが重たく見え過ぎない秘訣かと思います。





いかがでしたか。

年内の放送も残ると事あと1回。


リクエストなどあればお気軽に聞かせて下さい。

その際はペンネームもお忘れなく。笑


今夜も『BEAMS PLUSは眠らない』


是非、明日もお楽しみに!


佐久間でした。



(↑こちらをクリック)

接客予約サービス始まりました。

お客様のご都合がよろしい日時をご選択いただき、当日は担当スタッフがお客様のご要望を伺いながら、アイテムのご紹介やスタイリング提案をいたします。

是非ご利用ください。



(↑こちらをクリック)

"All Night BEAMS PLUS"

始まりました!!


スタイリングやフォトログも定期的に更新しています。


↓フォローして頂くとそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォローを宜しくお願い致します。

そしてお気に入り(いいね)押して頂けるとお気に入りの一覧からも見ることが可能です。

是非そちらもご活用下さい。


AMERICAN INDIAN JEWELRY FAIR と INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER

ビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。


まずは、年明けにスタートしたこちらのイベント。

ついに、こちらのお店でも開催です。



迫力のバリーエション。







ビームス プラス 原宿と言えど、このイベントでないと見れないこのバリエーション。

圧巻です。


そして、


先週末開催していたINDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER。ビームス 神戸で開催します。




私は、先週ビームス プラス 有楽町にて、『MOJITO FIT』をORDER済み。出来上がり非常に楽しみ。


東西のビームス プラス で今週末もお客様が楽しんでもらえるイベント開催します!

ちなみに、3/18,/19の二日間は、ビームス 神戸にBUYER SHIBAが店立ちし、皆様のカスタムオーダーのお手伝いをさせてもらいます。

アメリカントラディショナルの話や、INDIVIDUALIZEDの話、はたまた色んな商品の話と是非この機会に聞いてください。

次の取り組みの話も聞けるかも・・・。


そして、ビームス 原宿も新たにリニューアル、


今回のリニューアルも、あっと驚く店内模様。新商品がずらっと並んだ店内は、きっと欲しいものが見つかるはず。

個人的に毎回楽しみにしている場所のコンセプトは今回『トイレ』。

『トイレ貸してください』で、きっとその場所に連れてってもらえるはずです(笑)。


ちなみに、私も欲しいもの見つけました!強いて言わせてください。

階段下にあるDENIM。必ず、チェックしてくださいね。



MZO






INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER FAIR @ ビームス プラス 有楽町

ビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

今日はこちらです。


本日から、スタートしています。

お好きな生地から、衿型、サイズ、ポケット等。




半袖、長袖、プルオーバーと。形も選べる、自分の好みのサイズで作れるというのも、このイベントの人気なポイントです。


このサイズだけど、袖がちょっと長いんだよなーとか、そんなストレス解消出来ます。

私の場合、普段は大体Sサイズを着用してるんですが、首が細くて・・案外細い割に肩幅がある方だったり・・。

中々既製の物だとビシッとくるネックサイズがないんですが、このイベントで作ったB.D.Shirtはネクタイを巻く時にしっくりきてます。

お気に入りは、クラシックフィットで、ネックサイズをきついぐらいのサイズでカスタム。ベーシックなオックスフォード。


今週末と、来週末はビームス プラス 有楽町で開催スタート。

3/18からは場所を関西に移しビームス 神戸、4/1からはビームス 広島で開催します。


STAFFがお客様へのカスタムオーダーをサポートさせて頂きます。

ご興味、お越しのご予定のある方は、ご連絡ください。


ビームス プラス 有楽町 2017年3月4日(土)・5日(日)、3月11日(土)・12日(日)

ビームス 神戸 2017年3月18日(土)~3月20日(月・祝)、3月25日(土)・26日(日)

ビームス 広島 2017年4月1日(土)・2日(日)、4月8日(土)・9日(日)


ビームス プラスで取り扱いある、 MOJITO が提案する「ヘミングウェイが愛したオープンカラーシャツ」もカスタムオーダー可能です。

ベーシックなギンガムシャツや、ストライプ、、いや今年はストライプでカスタムします。



MZO