リラックスムード溢れる一着。待ってました。

いつもご覧いただきありがとうございます。

深夜一時。All Night BEAMS PLUSの時間です!!


先週は沖縄、そして今週からまた辻堂に。

文字に起こすと海大好き人間みたいですが、夏でも海に入らないインドア派。海は見る派です。

そして今週から辻堂では【JUTTA NEUMANN NEW YORK】のイベントが開催中。


BEAMS PLUSのイベントではないですが、ニューヨーク生まれのレザーサンダルという点ではBEAMS PLUSとも好相性。


【MOTO】の武骨なレザーサンダルとはまた違った魅力に惹かれます。レザー、カラーなどお選びいただけるスペシャルなイベントですので是非見に来てみてください。

BEAMS PLUSのイベントが立て続いている中でのこの魅力的なイベント…。気持ちに財布がついてきません…。


ということで本日はこちらをご紹介。


BEAMS PLUS / MIL Easy Cotton Linen
カラー:SAND,ORANGE
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥26,400(税込)
商品番号:38-24-0281-874

さっきと同じ写真やんけ!とディレクターMZOにツッコまれそうですが、JUTTA NEUMANNと合わせたこのパンツ。

個人的にはBEAMS PLUS 2024spring&summerの中でもイチオシのパンツです。


素材には良質なコットンとして有名なエジプシャンコットンと、リネンを混ぜた生地を使用しています。

近くで見ると太&細の二種類の糸が見えます。


これにより凹凸が生まれてサラッとした肌当たり。

さらにタンブラー加工を施すことでフワッと柔らかい仕上がりです。一見するとジュートのような見た目ですが肌当たりは抜群に良いです。


ラフな雰囲気がありつつ、軽く・柔らかく・抜群の通気性。

見た目と着心地の両立した一本です。


シルエットは【MIL EASY】型。


OVER PANTS型と似ていますが、サイドポケットのフラップや膝のプリーツがなくストンと落ちるシルエットです。また、バックポケットもありません。


こちらがオーバーパンツ型


サイドから。


裾のドローコードを絞ると…


こんな感じです。




最後に全身。

今シーズンのメッシュカーディガンと合わせてリラックススタイルにしてみました。

そして、共生地のジャケットもご用意がありセットアップも可能。


なかなかパンチのある雰囲気に仕上がります。


カラーは2色展開でSAND,ORANGE。


こっちは夏になったら買おうと思います。

シンプルなトップスに、あえて柄物と合わせて強烈なスタイルにも。想像が無限に広がります…


さて、いかがでしたでしょうか?

個人的に最近エスニックファッションに興味があるので、こういった雰囲気のパンツは待ってました。笑

インディアンジュエリー、ブロックプリント・バティックなどBEAMS PLUSのエスニック要素の強いアイテムと合わせて春夏らしくいきたい一着。オススメです。

それではまた来週。最後までお付き合いいただきありがとうございました。


スタイリングやビデオなどブログ以外のコンテンツも更新しております!


投稿が表示しやすくなりますので是非、「フォロー」をよろしくお願い致します! 


BEAMS PLUS ロードショー 第203夜

この時間は、私の独断と偏見で、アメリカに(BEAMS PLUS)纏わる映画を新旧問わず紹介していきたいと思います。

では、早速。


こんばんは。BEAMS PLUS ロードショーへようこそ。

ナビゲーターを務めさせて頂きます、コヴです。

今宵も、新旧問わずアメリカ(BEAMS PLUS)に纏わる映画をご紹介。

第203回目はこちら


『現金に体を張れ』(1956)

監督:スタンリー・キューブリック

出演:スターリング・ヘイドン / コリーン・グレイ / ヴィンセント・エドワーズ / ジェイ・C・フリッペン / テッド・デ・コルシア / マリー・ウィンザー

あらすじ:

刑務所から出たばかりのジョニー・クレイは競馬場から売上金を強奪する計画を仲間5人と立てていた。しかし仲間の妻に計画を聞かれた事で思わぬ方向に事態が動き出し……

この作品はスタンリー・キューブリックのハリウッド映画第1作目であり、ケイパー映画の代表作の1本でもあります。

ケイパー映画とは犯罪映画の一種で、仲間を集めて強盗や盗みをする事を描いている作品の事で、有名なのは『オーシャンズ11』とか『ハートブルー』、『レザボア・ドッグス』等の作品ではないでしょうか?

今作はケイパー物でもかなり初期の作品でありストーリーはシンプルで、画面も白黒なのでスタイリッシュでかなり見やすい作品だと思います。

1つのきっかけで計画が思わぬ方向に動いてしまい、どの様な結果になるのかは是非、ご自身で確かめて頂ければと思います。

それではいつも通り衣装を見ていきたいと思うのですが、どうしても白黒ですとディティールや生地の感じが分かりにくい為、今週はお休みにしたいと思います。


ここからはここからはBEAMS PLUSのアイテム紹介です。


ビームス プラス / フィールド コート シャンブレー キャンバス
カラー:カーキ、ブラウン
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥66,000(税込)
商品番号:38-18-0470-791

こちらは1970年代から1980年代のフィールドジャケットをベースにしたアイテムです。ミリタリーモチーフの襟の収納フードや背面のセンタープリーツのディティールと、フロントのアウトドアモチーフのフラップ付きの4つのポケットワーク等、各ディティールが上手くミックスされたコートに仕上がっています。

使用している生地は先染めの糸を使用したシャンブレー生地で、製品にする前に生地の時点で揉んだり叩いたりして使用感や柔らかさを出す加工をかけ、その後に製品にしている為に独特の風合いが出ています。

写真だと分からないのですが、カーキの方はシャンブレー生地の織り方による光沢感が出ていてとても面白い表情だと思います。

サイズバランスはアウターらしいゆったりとしたバランスですので、今の時期ならインナーダウンやニットを着て着用出来ますし、春先はシャツの上に軽く着て頂く事も出来ると思います。

落ち着いたカラーではありますが、重くならず春にピッタリなアウターだと思います。

こちらも既に店頭に入荷していますので、生地の光沢感や柔らかさ、軽さを手に取って確かめて頂ければと思います。


それでは『現金に体を張れ』お楽しみ下さい。

コヴ

柄・配色・素材に心打たれたモノとは?、、、

深夜1時。

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。()正志です。



関西エリアでも大盛況であった「SPORT COAT Fair」が無事に終了。ご来店くださった多くのお客様に感謝しています。ありがとうございました。

そして、そして、もう間も無くコチラがスタート致します。↓↓色々な意味でハードスケジュール?笑 そんな事をお客様から言われる事がありますが今年はBEAMS PLUS 25周年なので....盛り沢山なんです。笑

今シーズンは当店で様々なイベントがあるので今後も楽しみにしていてください....


当店では数年ぶりの開催です。当イベントを楽しみにしていた方々も多いはずです。是非、お誘い合わせの上ご来店頂ければ嬉しいです。


少しばかりイベント告知を挟みつつも....


本日はBEAMS PLUSの気になるアイテムをPICK UP....


BEAMS PLUS / 4B Double Breasted Linen Mesh Plaid

カラー:OLIVE

サイズ:SMLXL

価格:¥ 55,000-(税込)

商品番号:38-16-0422-803


BEAMS PLUSでは、最早定番モデル?に君臨している4つボタンダブルブレステッド。実はここ数シーズンでもBEAMS STAFF(PLUS CREW含む)愛用者も急増しており嬉しい気持ちですね....

フロントボタンは閉めず、良い意味開放的な?リラックスムード漂う?着こなしが決めてでは?とそんな事を勝手に妄想している。






ここでは、ニューポートとゆう呼び名をグッと堪え「4つボタンダブルブレステッド」と呼ばせてもらいますね....

ラペル幅や形、ラペルの返り位置、ボクシーな4つボタン2つ掛けlate50s〜early60sの所謂アメリカントラディショナルスポーツコートをサンプリングにしている。勿論オリジナルパターンをそのまま復刻するのでは無い....





現代に於いて、着やすい生地選定とクラシックな柄をモダンな見え方にしたりアップデートする部分はBEAMS PLUS アイテムの特徴。全体のシルエット調整も言わずもがなでしょうか?....



ちらっと裏側も映してみましたが、改めて....

背抜き仕様に前身部分が接着芯のスタイルである事。BEAMS PLUSのテーラーラインと違う点である。読んで字の如く、「接着した芯地」ということ。肌に1番近い裏地と表地の間に入れており、形の成形を保持したり....シワを隠したり....見えない部分ではありますが重要なパーツである。

生地自体の着用感の軽さが出るのも言わずもがなですね....


そしてこのアイテムで1番気に入ったポイントは

「生地チョイス」である。



ん?入荷当初?平織り強撚糸ウールファブリック?

はたまたダークマドラス風のコットンファブリック?そんなポールに吊られビニールがかったスポーツコートを横目にソワソワとしていると....



良い意味で、自分の予想を裏切る

「リネンファブリック」での提案。

素材の特性上、軽さやシャリ感など何となく想像できると思うが、羊毛使いなハリコシある

ツルっとした雰囲気もあったり....

近くでよって見ないと、わかりませんでした。笑

が、当初入荷して生地に対する率直な感想です。

編み目もはっきりした所謂メッシュ調なのですが、

糸染によるプラッズの奥行きも楽しめる雰囲気....

も魅力的ですよ。


そんなこんなで珍しく自分のスタイリングです。


力が入ってない、気の抜けたムードがまた再燃。

KANSAI仕様?....いや関係ない?笑

インナーの長袖Tシャツとアランニットベストも購入ホヤホヤ。結構このやる気を感じないVゾーンが自分らしい?笑 いや、今シーズンは多くなる?

そんな予感....


では、

次は3/8()深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 

   兄(広志)は、カーディガン感覚

      弟(正志)は、今シーズンはタイドアップせずリラックスした装いに



YAMADA brothers




ブランド初となる至極のカスタムオーダー会 ~BATONER “Heavy Weight Cashmere”~

夜更かしの皆さま、こんばんは。

木曜日深夜担当のカリスマYANAIです。




さて、本日はすぐ本題に。。

このブログと同時に公開されている『プラジオ』の特番!!MZOとサミュエル金子のAll Night BEAMS+には

ゲストとしてBATONER 代表兼デザイナーの奥山氏に登場頂きました。



プラジオを聞いて頂いた後は・・・

是非、ビームス プラス 原宿に。。

まずは触って、着て頂きたい至極の一着がオーダー頂ける本イベント。




本日はそのイベント概要についてご紹介をさせて頂きます。




BEAMS PLUSが取り扱いしているニットブランド“BATONER”。

ニットの聖地でもある山形県で様々なブランドやアパレルメーカーのニット製品を手掛けてきた

奥山メリヤスのファクトリーブランド。

デザインやシルエットだけでなく、糸や編み地・・・ニットの根幹から研究をし続け、

その表現方法はまさにニットの魔術師。(と、勝手に呼んでいます笑)

気張ったデザインではなく、あくまでも“日常的”“普遍的”なニットウェアを常にアップデートさせて製作し続けています。




そんなデザイナー奥山氏に今回依頼したのは

『超贅沢にカシミアを使用したカウチンセーター』

実は・・・以前にプラジオ出演頂いた際、奥山氏に『BEAMS PLUSの別注でどんな物が良いのか』と質問したところ

『極端なニットウェア』という回答が。

BEAMS PLUSのチーム内、店舗スタッフを交え、振り切ったアイテムにするには・・・

と考えていく中で

BEAMS PLUSらしくクラシックなニットアウターでもある『カウチンセーター』

BATONERだからこそ実現できる『ヘビーウェイトカシミア』

そのキーワードから今回のカウチンセーターが実現しました。




ヘビーウェイトカシミア・・・

実はブランドでも定番的にリリースしているシリーズの一つであり、

サミュエル金子も愛用中の贅沢なアイテムがあります。

今回はそんなヘビーウェイト仕立てのカシミアニットを

カウチンセーター用にエクスクルーシブとして製作してもらいました。

BATONERの通常のコレクションでは糸を6本取りしているところを



 


本来のカウチンセーターのざっくりとした表情を表現する為にも

カシミアを10本取りして編立たまさに超ヘビーウェイト仕様。

カウチンセーターのあの安心感あるウェイトや表情は再現しつつ・・・

上質なカシミアによる『着心地の軽さ』『滑らかな肌触り』が実感できるモデルに仕上がりました。

とにかく・・・着心地が圧倒的に良い仕上がり。




そんなカウチンセーターのオーダーフェア、何がオーダーなのかと言うと

豊富なカラーバリエーションの中からお選び頂ける内容となっています。

その数60色以上・・・多すぎる・・・

これだけ色があるととにかく悩ましく、

他人と被りたくないと思いつつも、

あの色も良いなぁと他人が選んだ惹かれたり・・・

それだけ色選びには悩まされるかと思います。(笑)




お好きなボディを選んで頂いた後は

シルバーかブラスゴールドのどちらかをお選び頂けます。

少しヘリテージなクラシック面にするならブラスゴールド、

クリーンにまとめて頂くならシルバーがおすすめです。




早速・・・

サンプルも上がってきたので原宿スタッフに試着してもらいました。

BATONER好きのスタッフと言えば・・・



若手のSTAFF SAKINO





ネイビー(サイズ2)のサンプルを着用。

スウェットパーカーの上から羽織り、アワードジャケット的な着こなしに。

リラックス感あるサイズ選びでニットアウターらしいスタイリングに。

因みに・・・デザイナー奥山氏のリコメンドカラーがこちらのネイビーカラーにシルバージップ。




続いてBATONERの愛用者でもあり、別注企画も生み出しているリチャード佐藤。





彼にはキャメルカラー(サイズ1)のサンプルを着用。



リチャードらしいピタッとしたサイズ感。

SAKINOとは違い、ジャストサイズですっきりと見せるのも漢らしいルックスに。




そしてビンテージカウチンセーターの愛用者でもあるサミュエル金子も試着。

サミュエル金子のイチオシカラー、サックス(サイズ4)を着用し、海を思わせるカラーとキャップでコーディネート。

ビンテージのカウチンセーターでも見られるサックスであり、『海』をイメージしてサックスをオーダーするとのこと。





と、ブログを書いている内にビームス プラス 原宿の店内ではイベントのレイアウトが完了。





いよいよ明日2/23(金)からスタートし、3/3(日)まで開催いたします。

もし近くお立ち寄りになられた方は、試着だけでも・・・このスペシャルな一着に袖を通して頂ければと思います。

BATONER×BEAMS PLUSの『極端』なスーパーヘビーウェイトカシミアを使用したカウチンセーター、

本当に素晴らしい一着に仕上がりました。




そして2/23の20:30~はビームス プラス 原宿のInstagram公式アカウントよりInstagram LIVEも開催いたします。

今回のカウチンセーターのオーダー会について配信いたしますので、

お時間ある際は是非ご覧下さい。



また、今回はオンラインショップでも一部のカラーを期間限定でオーダー頂けます。

もし不明点があればお気軽にビームス プラス 原宿へお問い合わせください。




少し気が早いですが・・・今年の秋冬に向けて至極の一着を。








カリスマYANAI 





インディアンジュエリー放浪記 其の八十六 「イベント集中拠点・神戸」

みなさん、こんにちは。

いつも通りの温かい目で、今回もよろしくお願いします。


次のフェアはビームス 神戸です。22年9月のリミテッドストア以来の開催になります。今回は初日と2日目途中まで、(兄)広志が店番を務めます。とりあえず残り画像をざっくばらんに。




Jason Takalaの14金メイズブレスレットは3本ご用意できました。お探しの方はぜひお早めに。




ビンテージホピの名古屋フェアでの画像です。何やら1番古いのが忽然と姿を消したとか…




Jock Favour渾身のナジャネックレス、愛おしい重厚感はぜひ直にお確かめを。



神戸はイベントが立て込んでいるので、準備がトラブルなく済み、無事に初日を迎えられるよう願っております。願いつつ、ボクはしばしアメリカ・サウスウエスト放浪へ。

現地で何か思い付いたら、また綴ります。


コヴァ ヤジー


おすすめのモダン化された定番です。



2/21(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。



先日、お茶の水のレコード店さんに

お伺いしました。ワンフロアの中に

恐ろしい位に幅広いカテゴリーの作品が

並んでいて、いつもチェックする際は

莫大なエネルギーを費やします。

レゲエ→スラッシュメタル→ジャズという

流れですっかりヘトヘトになりました。

で、〆にジャーマンエクスペリメンタルを

見たらば...信じられない様な物が...





さて今回はこちら。



Barbour × BEAMS PLUS / 別注 BEDALE New Barbour Tech Classic Fit
カラー:ブラック、ベージュ、オリーブ
サイズ:36、38、40、42
価格:¥59,400(税込)
商品番号:38-18-0246-232




Barbour〈バブアー〉別注モデルです。

ブランドについてはもはや説明不要かも

しれません。英国の老舗メーカーで

ロイヤルワラントも付与されている程。

(英国王室御用達ですね。)

名作モデルが多数あり、世界中で愛されて

います。ちなみにビームス プラスでも

お馴染みのブランドが、バブアーとの

コラボレーションモデルを発表した事も

ありました。

常に進化を続ける老舗だと思います。



今回紹介するモデルは定番名作である

ビデイルをベースにした物になります。

昨年に引き続き今年も展開です。




ビデイルと言えば...

エレガントなコーデュロイの衿。




ジャケットの上に羽織れる着丈。




可動域の多いラグランスリーブ。









カジュアルは勿論、ドレススタイルにも

マッチするモデルになります。



余談になりますが...

古着店さんを覗くと、ビデイルの見事に

経年変化した物が数多く並んでいて

長きにわたる人気ぶりが伺えます。



そんな定番モデルをビームス プラスの

フィルターを通して、更に着易く進化

させました。



先ずは生地。バブアーと言えば?

ワックスドコットンが代名詞的ですが

こちらはワックス無しの生地になります。


バブアー社自らが開発したもので

軽量で尚且つ撥水性を実現しました。

その名も“Barbourtech”

軽くてドライなタッチのバブアー。

昔ならば想像出来ない様な感じです。



しかも裏地のハウスタータンは

メッシュに変身しています。


と、かなりアップデートしましたが

優美なデザインはそのままです。

今までと変わりないフィーリングで

コーディネートして頂けます。



そしてフィットについては

クラシックフィットを採用しており

かなり着易くなっています。



カラーリングは今シーズンは

新色ベージュを加えて3色展開に。

新色は春らしい軽やかな印象です。


これまでに見られなかった新鮮さ。

新たにお選び頂くのに最適なカラーです。



当店のyouth達は2人共、新色を着用。

それぞれカジュアルとドレスのスタイルを

表現しています。


坂本



フェアアイルベストと

タータンパンツのスタイル。

ストライプタイをアクセントに。



河野


ブラウン系チェックのスーツスタイル。

ブリティッシュ〜アメリカンな感じ。

ダブカラーシャツ&ストライプタイが

渋いですね。




そして...

お待たせ致しました。

最後にはブラックカラー愛好家 

約1名...






ミニマムなブラックもやはり良いですね。

カラーリングによって雰囲気が変わります。


以上の通りに

スプリングコートの様にこなせて

尚且つスポーティーなニュアンス。

やはりビデイルはおすすめです。

是非ご検討ください。





私の

最近の...recently


冒頭の続きです。

ドイツのいくつかのバンドはロック〜

前衛ジャズ〜現代音楽を交差させた感覚を

持ち、その独自の音楽性は世界中の

アーティストに影響を与えています。


そのひとつがGURU GURUというバンド。


上:“UFO”

下:“The Incredible Universe of…”


画像上(黄色)のデビュー作は

10分以上の長尺曲4曲のみという極端さ。

酩酊状態でUFOの離着陸を表現した曲を

含むロックの極北作。(1970年作)

で、何と新作が登場。軽やかでPOPな

デザイン。サウンドも良い意味でPOP。

酩酊ゼロながら、クセありワザありな

サウンド。まさか2020年代に新作を

出すとは...やはりドイツのベテランは

ヤバい。アツい。マチガイナイ。





私の

最近の...recentlyその②


先日2/14...

神宮前にて幸せな時間を過ごしました。


ビームス ボーイ 原宿の面々と。

saqui,sae et hinaco !

いつも有難うございます。

我が荒んだ魂の浄化と救済。





私の

最近の...recentlyその③


忘れた頃にやって来る海外からの

宝物。


“Clans&Tartans”  Collins

タータンチェックのミニガイド。


上にタータンの図案があり

下にクラン(氏族)の由来等の解説。

読み解くのが楽しみです。




今回この文章を書いているのが火曜日。

実はかなり気温が上がり、一体今はいつの

季節なのか?身体のセンサーがぐらつき

大変です。で水曜日からは真冬の寒さが

復活と...天に試されている気分ですね。

皆様、この極端な気候の変化にはどうか

改めてお気をつけてお過ごしください。




では、また来週!!



ビームス プラス 丸の内

丹羽 望





< Instagram >



↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。







時期を問わない万能着

まいど!

グラマラス藤井やで!



先週末までビームス 神戸にて開催しておりました、SPORT COAT fair。

初めてお会いする方や、そして馴染みの方々、御来店有難うございました!

ヘルプという形で2,3日の店立ちでしたが、それぞれの思い描くイメージと擦り合わせながらオーダーを考える時間は僕自身も楽しかったです。

次は、、インディアンジュエリーフェア。

これまた、楽しみなイベントです。

是非、ビームス 神戸へ!


では、そろそろ始めますか。

第22回、グラマラス藤井のAll Night BEAMS PLUS!


まずは、先週のプラジオ プレイバック!



(画像をタップもしくはクリックで番組ページに飛べます!)


なんとなんと、、

sage de cret デザイナーの千田さんが出演して下さっております!

(毎シーズンといいますか、いつも御協力ありがとうございます!)


今シーズンも別注させて頂いているパンツやショーツにまつわる話や

インラインモデルから、バイヤー2人が気になるアイテムの話など

内容は盛り沢山となっております!

そして、千田さんがすっかりプラジオ慣れされているのも見どころです。笑


ということで、そろそろ本題!

今週、僕から紹介するのはコチラ!




BEAMS PLUS / Sports SHT-JAC Bright Nylon
カラー:シルバー、グリーン
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥22,000(税込)
商品番号:38-18-0461-791



BEAMS PLUS / Sports SHT-JAC Nylon Print
カラー:レッド、ネイビー
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥30,800(税込)
商品番号:38-18-0462-791

BEAMS PLUSより。

軽アウター、中間着、シャツ、、色んな役割を果たしてくれそうなシャツジャケットの紹介です。




このシャツジャケットのデザインは

70年代のヴィンテージウェアにあるナイロンジャケットから採用されております。

毎回このようにブログで書いたりと、商品について調べていて思いますが

当時のアメリカでは本当に色んな種類の洋服が作られていたんだと感心します。

このモデルもそうですが、当時はどんな人がどんな合わせをしたんだろうと考えるだけで楽しいですね。





シンプルなデザインだからこそ光るのが

このポケットとステッチワーク。

ホワイトステッチで囲われた大きな一つの枠の中に、フラップポケット。

あまり見ないデザインだから尚更面白い!


ちなみに、、

ハンドウォーマーポケットはございません。

シャツとしての潔さ、と捉えて頂ければと思います。笑




そして、シンプルながら細かいディテールも。

シャツジャケットには欲しくなる袖口のアジャスターボタン。

春先の風がまだ冷たい時期、コレを羽織って袖口を締めておけば風の侵入も防げます。

同じ型で、生地と柄が異なるモデル。

まずは無地の方から。




コチラは光沢のあるナイロン生地となっており

ジッカー染色と呼ばれる技術で染められております。

これがどういうものかと言うと、、

ローラーに生地を巻きつけ、もう一方のローラーでその生地を巻き取ります。

その間に染料に潜らせながら染めていき、また元のローラーに巻き戻す。

それを交互に繰り返すことで均一に染まる技術だそうです。


確かに、、このナイロン生地は全くムラがない。




次に、柄の方を。

コチラはナイロンタフタ生地にモナリザジェットプリントを施しております。

もはや、BEAMS PLUSにおいて外せないプリント技術。






やはり、この柄域や色調の細かさはモナリザプリントならでは。

では、スタイリングサンプルを。

まずは僕から。




スポーツシャツジャケットを、ストレートにスポーティに。

このスクールテイストを感じられる(コーチジャケットのようなイメージ)雰囲気が、ワイドなチノトラウザーズとニューバランスなどとナイスなマッチングに。

個人的に、アメリカンカジュアルの王道っぽくて好きなスタイリングになりました。


そして、生地柄違いのモデルは

マンマミーア田口に着てもらいました。


この着こなし、僕とは正反対です。笑


ここで、田口さんからのコメントを。

『ダークトーンのスポーツジャケットの柄を活かす為にインナーはブラックのニット。

そして、ジャケットに相反する素材感とカラーリングのデニムペインター。

特に加工の入ったデニムがスポーティーなジャケットを際立たせてくれます。』


僕が若々しさで押したとすれば

田口は、渋さで語るタイプ。

それだけ洋服としての幅が広い証拠。

春に向けて、見逃せないアイテムの一つ。


百聞は一着に如かず。


では、、

そろそろ締めに向かいましょうか。


当ブログの締めコーナー!

その名も『シメメシ』


今回は、コチラです!




博多華味鳥 梅田店 / 唐揚げ御膳

価格:¥1,100(税込)


「今日の昼ご飯メンバー、多いなぁ。」

だいたい4名以上になると、華味鳥行くか!となります。


色々メニューもあって(福岡発祥チェーンのお店だけあって、もつ鍋も美味い。)迷うところもありますが。

ここの唐揚げは、とってもジューシーで美味しいんです。

5個くらいあって、食後は大体お腹いっぱい。


で、問題はそこではなく。

ここで食べて頂きたいのは、いか明太。

なんとなんと、おかわりし放題。

柚子の香りが効いており、パクパクと口に運んでしまう。。

コレ用に御飯をおかわりしてしまうのは、言わずもがな。。

是非、複数人で梅田でのランチを探す際はオススメでございます。


来週の『シメメシ』は何処へ??


また来週、お会いしましょう!


グラマラス藤井

BEAMS PLUS 放送部、絶賛活動中!

無料配信アプリ 『stand.fm』をダウンロードしていただき、【プラジオ】で検索いただくとご視聴いただけます!

↓↓

月曜日〜金曜日のAll Night BEAMS PLUS がこちらから一挙にご覧いただけます!

↓↓

ヒッコリーストライプを連想させる素材使い

【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】



ビームス 二子玉川のTAKAHIROです。

今週も【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】が始まりました〜!

是非、最後までお付き合いください。

今週はこちらを。




BEAMS PLUS / Painter Pants Cordlane
カラー:BROWN、BURGUNDY、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥24,200(税込)
商品番号:38-24-0246-791

BEAMS PLUSのペインター パンツ シリーズと言えばデニムを始めヒッコリーやキャンバス、ヘリンボーンといったワークパンツらしいヘビーデューティーなファブリックでリリースしてきましたが、今シーズンはトラディショナルな雰囲気さえ感じる『コードレーン』でリリースしております!

正にワークパンツ"らしからぬ"清潔感、清涼感溢れるファブリック。



『コードレーン』と言えば、

春夏のアメリカントラディショナルスタイルには欠かせない代表的なファブリック。

スーツやスポーツコート、トラウザーズを連想させ、BEAMS PLUSでも数多くのアイテムをリリースしてきました。

生地は経糸に先染めの糸(画像ではBURGUNDY)、緯糸に白糸を使用し平織りで織り上げられた細かいストライプ柄、縦方向の畝が特徴的。




清潔感や清涼感がありつつも縦方向に凹凸感がある為、肌への接地面積が少なくドライタッチで夏場でも快適な着心地。

「ヒッコリーストライプを連想させる素材使い」

「ワークパンツにトラディショナルなファブリックの落とし込み」

が当時には無かったBEAMS PLUSらしいアップデート!




トップボタンはスナップボタン、前開きはジッパーフライのスタイルを踏襲。




リベットで補強しややラウンドしたフロントポケット。

右側のポケットにはコインポケットを施しています。




サイドシーム、バックヨーク部分はワークウェアと言えばの力強い三本針(トリプルステッチ)も健在。

強固でタフな雰囲気を演出し、男心をくすぐるディテールの一つ。

着用を繰り返す毎で生まれるステッチ周りのパッカリングもお楽しみ下さい。




ペインターパンツらしいややラウンドしたバックポケット。

同色のカンヌキ止めがやや控えめな印象です。




ペインターパンツと言えばハンマーループ+スケールポケットのディテール。

スケールポケットを残しつつハンマーループを省略する事で「THE ペインターパンツ」感が無いところもポイントの一つでしょうか。






 


岩瀬はヘンリーネックTシャツにエンジニアジャケット、ペインターパンツを取り入れた漢らしいワークスタイル。

スペリー トップサイダーのブラウンをモカシン感覚でコーディネートに取り入れたのもポイントです!






初登場のビームス往年スタッフ板山。

社内では"どこにでも板山"と言われるほど、色々な情報をリサーチから得ていた情報通。

インディゴ染めリップストップを採用したミリタリースモックに、ペインターパンツのスタイリング。

「インディゴ」×「ペインターパンツ」で板山らしいワークスタイルを表現しています。


それでは今週の『ニコタマガールズ 〜BEAMS GOLF 編〜』

今回はビームス 二子玉川と同じ玉川髙島屋S・Cの5FにあるBEAMS GOLFに潜入!




BEAMS GOLFのショップマネージャー 小澤と私。

BARACUTA G9(ゴルフブルゾン)にゴルフクラブ、、(失笑)

是非ゴルファーの方はBEAMS GOLFも要チェックです!


それでは今週はこの辺で。

来週の【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】もお楽しみ〜!

おやすみなさ~い。


TAKAHIRO


毎週月曜日〜金曜日のAll Night BEAMS PLUSがこちらから一挙にご覧いただけます↓↓


スタイリング、ブログ、フォトログ日々更新してますので、是非フォローよろしくお願い致します!!

ハードツイスト×シルク×カーディガン

いつもご覧いただきありがとうございます。

時刻は深夜一時。All Night BEAMS PLUSの時間です!


今週はお休みをいただき、沖縄に行ってまいりました。

THE 観光地をしっかり巡ってまいりました。

気温も高く、先日紹介したスウェットも大活躍。

(全く沖縄感無い写真ですが…)

そんな本日はこちらをご紹介。


BATONER × BEAMS PLUS / 別注 SILK CARDIGAN
カラー:OFF WHITE,BLACK
サイズ:1,2,3
価格:¥35,200(税込)
商品番号:38-15-0194-905

毎シーズン別注させていただいている【BATONER】より、今シーズンも素晴らしいアイテムが入荷。

昨年までは強撚糸を使用したドライタッチなハードツイストコットンニットでしたが…

今年はなんと、シルク100%です。


シルクで作った強撚糸。ハードツイストシルク。

コットンの強撚糸同様ドライなタッチ感は残しつつも、シルク独特のヌメり…というか滑らかさも感じられる仕上がりです

吸・放湿性に優れ、冬暖かく・夏涼しい。

さらに保湿性があり肌触りが良い。

すなわち、薄着になっていくこれからの季節にうってつけな素材!!


シルクといえば皆様ツルッ!テカッ!サラサラッ!な生地を思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかしこちらは不均一な糸を強く撚って編んでいるため、ムラのあるカジュアルな仕上がり。

このように、シルクという上質な素材をカジュアルに楽しめる贅沢なカーディガンです。


釦も洒落てます。


そんな贅沢なカーディガンということで、思いっきりリラックスしたコーディネートに振ってみました。


スウェットパンツに合わせてパジャマ的イメージのスタイルも、このカーディガンならラフになりすぎません。

あと、着てみるとめっちゃ軽い。コットンニットよりも格段に軽いです。そして柔らかい。裸で着たいくらい着やすいです。


BLACK

本当に私より年下か怪しい。でお馴染みのスタッフ飯島。

オールブラックでカッコよく着ています。

バンドカラーシャツという選択肢。さすがです。このBEAMS PLUSのシャツは何年も着てもはやチャコールグレーと化しています。そんなラフな雰囲気にもバッチリ合います。

ダークトーンのコーディネートも非常にイイですね。


シルクの上質さをカジュアルに楽しめる大人のカーディガン。オススメです。

それではまた来週。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

古めかしいけど、新しい。

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。

こんばんは。(兄)広志です。

週中に我が推しハコは、今年一発目の公式戦。ACL初タイトルに向けて、挑んだアウェイは、キューウェル監督初陣。攻撃的な布陣から、幸先良く先制、追加点と楽しませてくれる展開も、後半は厳しい時間が続き、アディショナルタイムに痛恨の失点を喫し、引き分け。

予想出来た、守備の課題も露呈し、どう修正していくかも見物。来週のホームは勝利の後押しをしたいと思います。

そして中3日の、J開幕戦は、JLEAGE開幕元年の再現カードが控えている。うずうずが止まりません。良いスタートを期待。


さて、今週はこちら。



BEAMS PLUS / Slab Knit Polo Cotton Ramie
カラー:BLACK,MUSTARD,SAX
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥17,600-(税込)
商品番号:38-12-0024-156



BLACK


MUSTARD

SAX


ごくごくベーシックなニットポロは、生成り?ベージュ?のナチュラルな風合いの糸と色糸の編み地が特徴的。メランジ調とも言いましょうか、その交差による表面の見え方は、表情豊か。ざらっとするタッチ感もラミーと呼ばれる麻と、綿の混紡で、涼しげな様子が、表現されている。


裏側の透け感もお判りいただけるでしょう。


BLACK

MUSTARD

SAX

生地自体はまるで、ザクザクと呼ばれたSWEATをイメージしてしまう。

ツィードのような生地感を、ニットで表現したような特徴のある編み地。後にごま塩のSWEATでお馴染み、前立てや、ポケットふちに使われているような生地感が、私の食指を擽られる。

グッとその表情がアスレチック感を演出してくれ、ポロスタイルとの組み合わせが個人的に萌えポイント。

さらに燻んだ色合いも相まって、50〜60年代の日常着ムードでアメリカンダディ感も満載なのが魅力。




ではあるものの、襟、袖、裾と、リブに構成されたラインが、よりスポーティーな印象を加えており、スポーツコートのインナーに程良いアクセント。編み地とスポーツコートの生地の組み合わせは、色々と楽しめそう。

私は、もっぱら一枚着で。長袖は嬉しいポイント。

是非お試しいただけると嬉しいです。

YAMA

BEAMS PLUS ロードショー 第202夜

この時間は、私の独断と偏見で、アメリカに(BEAMS PLUS)纏わる映画を新旧問わず紹介していきたいと思います。

では、早速。


こんばんは。BEAMS PLUS ロードショーへようこそ。

ナビゲーターを務めさせて頂きます、コヴです。

今宵も、新旧問わずアメリカ(BEAMS PLUS)に纏わる映画をご紹介。

第202回目はこちら


『理由なき反抗』(1955)

監督:ニコラス・レイ

出演:ジェームス・ディーン / ナタリー・ウッド / サル・ミネオ / ジム・バッカス / アン・ドラン / コーリイ・アレン

あらすじ:

ある街に引っ越してきたばかりの17歳のジムは集団暴行事件の容疑者として警察に連行されてしまう。その警察署でジュディ、プレイトウの二人と出会う。翌日、編入した学校で不良集団のボスに目を付けられ危険なレースをする事になってしまうが……

言わずと知れたクラシックな作品で、どちらかというと内容よりも劇中のジェームス・ディーンの衣装が語られる事が多いと思います。

しかし作品としてちゃんと十代の家族への思い、反抗心、周りに対する見栄なんかをしっかり描いている作品で、ジェームス・ディーンのその後の事もありますが、今の時代にも語り継がれる作品だと感じました。

正直、主演のジェームス・ディーンはこの時、年齢が20代中盤で10代には見えづらく、ナタリー・ウッドもこんな大人びた10代いないだろと思って調べたら、こちらは本当に17歳で逆にビックリしました。

ここからはいつも通り衣装を見ていきましょう。

何と言っても注目の衣装はジェームス・ディーンではないでしょうか?前半ではツイードの様なジャケットにブラウンのスラックスの様な物を履いて、一応学校に行く恰好をしています。

そして後半はもう既にアイコンと化している赤いブルゾンにデニムパンツのスタイルです。

このデニムパンツに関してはBEAMS PLUSでも以前、この映画を参考にビッグブランドとのダブルネームで別注モデルを出したので覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

とてもシンプルな格好で真似が出来そうなのに絶対に出来ない、このジェームス・ディーンのサイズバランスで、ジェームス・ディーンの雰囲気でしか着る事の出来ない恰好なんだと今回改めて思いました。

他にも、不良グループのメンバーも全員レザージャケットを着ていて格好良いのですし、このメンバーたちが履いてるデニムパンツはどこの物なのかにも注目すると、スタイルも含めてその前の年に作られたあの映画を参考にしているのかな?とか想像出来て面白いと思います。


それでは今週のBEAMS PLUSの商品紹介です。

今週はこちらです。




ビームス プラス / スウェット プルオーヴァー
カラー:オートミール、アッシュ、グレイ、ブラック、ピンク、マスタード、グリーン
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥16,500(税込)
商品番号:38-13-0192-103

旧式の編み機を使い編み上げた、日本製のヘビーウェイトな裏毛の生地を使用しています。この旧式の編み機は極端に編む速度が遅く1日で編める量は少ないのですが、その分柔らかく膨らみのある生地に仕上がっています。

通年で使いやすいように裏起毛ではなく裏毛仕様なので冬はもちろん、春先にも活躍する1枚です。

サイズバランスは少しゆとりを持たせているのでボタンダウンシャツとの重ね着も出来ますし、Tシャツの上に着ても適度なバランスで着て頂けると思います。

自分はスウェットパーカーを1枚で着るのがあまり好きではないので、シャツと重ね着が出来るこのバランスはとても良いと思っています。

カラーは7色でベーシックな色から、ペールトーンの春らしい色まで揃っているので、今の気分で選んで頂くのが良いのではないでしょうか?

因みに自分はピンクを購入しました。

こちらも既に店頭に入荷していますので、生地の柔らかさ、発色の良さを手に取って確認して頂ければと思います。


それでは『理由なき反抗』お楽しみ下さい。

コヴ



春の気分は足元から

時刻は深夜1時



こんばんは

佐久間です。


都内では急に暖かくなったり、寒くなったりとあまり経験したことのない気候に戸惑っています。

ただ、気分は徐々に春モードへ。

そこでまずは足元から春気分へ移行してはいかがでしょうか。


今からすぐに取り入れられるソックスを2型ご紹介いたします。

まずはこちら。



BEAMS PLUS / 2 Tone Stripe Socks
カラー:ベージュ、オレンジ、グリーン、ネイビー
価格:¥2,200(税込)
商品番号:38-43-0042-479

シンプルな2トーンのボーダーソックス。

こちらは履き口のみをリブにすることで、ピンと伸ばして着用しても良し。または少し下ろしてクシャッとさせても良しなソックスです。



イメージはショーツ合わせで着用するとマリンムードを高められるかと。

とは言え、履き口は2重のリブになっているのでホールド感は強めです。



白い部分を綿カスの残ったナチュラルカラーに。

また、消耗しやすい足先とかかと部分はコーデュラナイロンを使用することで耐久性も備わったソックスに仕上げました。



僕は昨年の春夏からヘビロテ中。


オレンジは今年に入って購入。


比べると洗濯しているので漂白されて白くなっているのがわかりますね。

雰囲気も変わってなんだか得した気分です。



オレンジはブラウンとの相性も良いですね。

挿し色として、ソックス選びが楽しくなりそうです。



続いて今シーズン初登場のこちら。



BEAMS PLUS / Pinstripe Rib Socks
カラー:イエロー、ブルー、レッド、ブラック
価格:¥2,750(税込)
商品番号:38-43-0045-479

先程とは打って変わって鮮やかなカラーリングが目を惹くソックスです。



無地にも見えるピンストライプ(マイクロボーダー)を採用。

カラーに関してはビンテージのヨットパーカーから着想を得ています。

スタイリングのアクセントになる3色+モダンなブラックの4色展開。



比較的ローゲージで編み立てられたこちらは、通気性があり、ゆるめほ履き心地。

このぐらいざっくりと編まれている場合、足先に縫い目のゴロつきが気になるので、そこに対応すべくハンドリンキングを採用しています。

これによりつま先部分の縫い合わせも気になることがなく、カジュアルながらどこか品のある面持ちに仕上がったと思います。





履き口から4センチほどは裏側にゴム糸を使用しているので、特に伸縮性があります。

これはリブもキツくありません。

先程のソックスもですが、BEAMS PLUSのソックスバリエーションでは、長過ぎず短過ぎずな長さなんです。

女性や男性も通年問わずショートソックスを履く人も多いので。

サイズはフリーサイズ(25〜27センチ)ほどです。

どちらもそこまで大きくないので25センチの女性スタッフも愛用してもらってます。






いかがでしたか。

ふと靴を脱いだ時にも気分の上がるソックス。ちょっとした贈り物にもおすすめです。



では今週のワンショット。

息子の2歳のバースデー。

ですが、あいにく家族で体調不良でダウン。。。

自宅でこじんまりとお祝いしました。

元気になったら連れ回したいと思います。


では、今夜もありがとうございました。










『BEAMS PLUSは眠らない』










明日もお楽しみに!










佐久間でした!

インディアンジュエリー放浪記 其の八十五 「熱煮え報告」

みなさん、こんにちは。

いつも通りの温かい目で、今回もよろしくお願いします。


今年もナゴヤ編は、高めのテンションで充実した滞在でした。




煮えたぎる「味噌煮込みうどん」、着いたらコレで一汗かいてナゴヤ気分を一気に高めます




2月2日(金)時点でのボロタイの状況、この後サザン最終盤〜ナゴヤ前半を経て、現在となると…




盛況なフェアスペースでは、いったい誰がスタッフなのか判らなくなるのがお決まり




ビームス プラスは「金髪」に「赤」を着るのが最近の主流?なのか…




馴染みの方が次々とお見えになり、ボクは、ジュエリーをご覧になっている横から厚かましく口出ししたりして、愉しく絡ませていただきました。いつもありがとうございます。

名古屋フェアは18日(日)までです。ぜひお見逃しなく。

次の神戸フェアや、来週からの渡米へ向け、ぼちぼち準備にかからないと…


また綴ります。


コヴァ ヤジー


※ビームス プラス サザン=ビームス 辻堂


おすすめの名物イベントです。その②



2/14(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。




何度かお話しさせて頂いている通り

通販サイトを割とよく利用しています。

先日、AIによる?おすすめ的メールが...

改めて見ると1人の人間の嗜好とは全く

思えない位に雑多な並びに。

先ずはリバプールの残虐王?という枕詞で

お馴染みのバンドのデラックス版CDの

お薦めに大笑い。あの禍々しいサウンドと

デラックス版の組み合わせとは...笑。

で、勿論他にもレゲエ、ジャズ等の作品も

ずらりと。書籍も現代美術、伝統こけし、

陶芸、写真、筆記用具関連と...本当に

全く一貫性の無い並びでした。何やねん。

で、1番末尾に気になる物を発見してしまい

そのままポチッと。詳細は後程に。



さて

今週もビームス プラス 丸の内にて

絶賛開催中のこちらから。




INDIVIDUALIZED SHIRTS

TRUNK SHOW

2/10(土)•11(日)•12(月)

17(土)•18(日)



マイ私物が目立つ位置に...


1週目はありがたくも連日盛況でした。

皆様ありがとうございました。

そしていよいよ2週目に。



今回も

オーダー例をいくつかご覧頂いて

インスピレーション源になれば!!


このイベント期間中には
比較的多めに

登場するワードがあります。我々は

喜んでご説明して盛り上がっています。


今回はそんなワードにまつわる内容を。




先ずは
『プルオーバー』

市場では半袖シャツに多く見られ

夏の印象強めですが...




実は長袖も良い感じです。

ベーシックだけれど少しだけ

変化球の雰囲気に。

既製品ではなかなか見かけません。

“隠れ愛好家”多数の仕様です。




『クレリック』

ストライプやカラー生地×白衿。

クレリックシャツと言えば

英国調で台襟が高めのシャツみたいな

迫力あるイメージでしたが



こちらのGOLF(=ラウンド)カラー

ならば一気に柔和な印象に。

洗いざらしのまま着ても良さそう。

タイが似合うのは勿論ですが、無しで

シンプルに着るのもGOODですね。

ちなみにクレリック仕様は衿のみや

カフスのみでも承り可能です。




『エッジステッチ』

衿やカフス周りのステッチ。

入る位置によって印象が変わります。


左:端ギリギリ位置のステッチ。

右:お馴染みの位置。




『シャツフロント』

先述のプルオーバーに加えて

前立て部分の仕様をお選び頂けます。


スタンダード






プレーン






画像はどちらも私(=丸襟愛好家)の私物。

同じラウンドカラー×シャンブレーでも

前立てのデザインが変わると別物みたいに

印象が変わります。


プレーン仕様はチェック柄等と

組み合わせると柄がきれいに見えるかも...

閃きました。今回、自分で試してみます!!





そして何と!

最後に私の新作発表??です...

前回オーダー分の上がり品が

このタイミングで到着しました!!




コンセプトは

“真夏に着る爽やか濃色長袖シャツ”


生地はリネン。とにかく色濃いめの物を

2種類選びました。爽やか???な訳が?


衿は小さめで台襟低め。

ネック、胴回りのサイズはいつもより

大きく。


古着スポーツシャツのイメージで

裾周りはスリット付スクエア型。


脳内でイメージしながらサイズを決定。

まずまずの仕上がりだと満足しています。


洗いざらしにして真夏に着用する日を

今から楽しみにしています...




といった感じで

店頭にはまだまだ他にも様々なサンプルが

並んでおります。それぞれにスタッフ達の

こだわりが隠されていたりいなかったり。


以上

やや駆け足気味に紹介しましたが

皆様のオーダーの際にご参考にして

頂けたら幸いです。

週末は当店のスタッフ一同

心よりお待ち致しております。


いよいよ当店は

2/17(土)•18(日)


そして関西エリアの皆様!!

お待たせしております。あともう少々。

ビームス 神戸

3/9(土)・10(日)・16(土)・17(日)


アポイント制になります。

是非お気軽にお問い合わせください。







私の

最近の...recently


冒頭の続きになります。

私は個人的にアメリカについて記述された

書籍を読むことが多いです。多面性を持つ

国から生まれた物が世界に与えた影響。

音楽や美術は勿論ながら多岐にわたります。

という訳で今回選んだのがこちら。


移民国家アメリカの歴史

貴堂 嘉之


移民国家の形成について、これまでの

白人視点とは異なるアプローチで述べた

著作。華僑や日系人問題についても

触れられています。興味深い一冊。




私の

最近の...recentlyその②


Augustus Pablo

“ORIGINAL ROCKERS”


前回こちらで紹介させて頂いた

Pabloの名作がまさかの復刻。

BEAMS RECORDSにて発売中です。


近々RECORDSレーベルにて

こちらについて一方的に熱烈に

語る予定です。




私の

最近の...recentlyその③


マイALDENカスタムの巻。

当初はクレープソール仕様でしたが

リッジウェイソールに交換。

Something Britishな気分に。

雨の日が楽しみ...コードヴァンですが。







まだ寒い日が続きますが、日の出時刻が

僅かに早くなったり、丸の内エリアに

来訪する野鳥の種類が増えたりと少しずつ

春が近づいている様な感じです。体調管理を

万全にしながら、季節の移ろいを楽しみ

ましょう。



では、また来週!!



ビームス プラス 丸の内

丹羽 望





< Instagram >



↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。





変進開花をもう一度

まいど!

グラマラス藤井やで!



関西に転勤して、あと少しで半年が経とうとしております。

その中での大きな変化の1つといえば、、


(おやつをガジガジと噛んでる最中、可愛い!)


実家に帰る回数が増えた事ですね。

(他にも勿論ありますが!)

愛犬とのふれあいが、本当に癒し。笑

どんな時間でも、毎回嬉しそうに出迎えてくれるので僕はデレデレです。


では、そろそろ始めますか。

第21回、グラマラス藤井のAll Night BEAMS PLUS!


まずは、先週のプラジオ プレイバック!



(画像をタップもしくはクリックで番組ページに飛べます!)


アレ!?後ろにいるのは。。

ということで、先週は“代打の神様”ことキヨケンが登場しております。

最早、RUGGEDMENよりも出演してるんじゃないか?というところですが

同じ店舗というのもあり、会話のテンポも上々です。笑

リッシュン調査団(先週のウィークリーテーマより。)の皆様、調査の進行具合は如何ですか??

そろそろ新しい洋服が欲しくなる頃では。。

ということで、本題です!

今週、僕から紹介するのはコチラ!




BEAMS PLUS / MIL Smock Indigo Rip Stop
カラー:スミ、インディゴ
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥28,600(税込)
商品番号:38-18-0166-791

BEAMS PLUSより。

これからの時期に重宝するスモックパーカーを紹介させて頂きます。


知っている方は知っているでしょうが、、

これこそOne of my most favorite item。

今回のブログを書くにあたって、僕とミリタリースモックの出会いが何時か調べたところ

このアイテムのデビューシーズンに購入しようとしながら、その時は完売。

再入荷時に購入した事を思い出しました。笑



(これが、買ってすぐの写真。一年半ほど前??)




スーパーヘビーローテーションを経て

ここまでの変進開花、八分咲きくらいまではきたのかも。




タグの後ろも、このように。

このスモックを紹介する際に、僕の着ている物を比較対象としてお見せした時は

大体の方に驚かれます。

(海外の方には、アメージング!と言われたことも。)




日光下で重ねると、こんな感じ。

アタリの出方が分かりやすく表れております。


型は、U.S.NAVYのミリタリーウェアから着想を得たものになっております。

特徴的なのは、フロントの大ぶりなポケット。

そして裾と首元にある太めのドローコード。




ポケット中にポケット。

これも、毎回のように紹介しておりますが

今回も漏れなく。


そんな定番アイテムをなぜ紹介するのかというと、、

僕の予想のつかない新色がデビューしたから、なんです。


その名も、スミ。

スミクロ、ではなく、スミです。

それが、コチラ。




元のインディゴリップストップ生地に対して

上から更に乗っけた、というところ。




なので、裏を見るとこんなに違います。




右がスミ、左がインディゴ。

こうして比較すると全く違う色ですよね。



更に比較すると、こんな感じ。

何だか幸せなインディゴ写真に仕上がりました。


合わせるなら、どうするかな?ということで

僕なりのスタイリングサンプルを。



この日は、SPORT COAT fairがビームス 神戸にて絶賛開催中ということで

秋冬にオーダーしたアイテムと組み合わせながら。

スタイリングも幾つかUPしているのですが、最近はスポーツコートをカジュアルに着こなす方法を考える日々。



冬ならば、スウェットなどを合わせるのが自然かと思われますが

春先ならば、コットン生地の軽さが丁度いい。

(厚みも控えめなので重ね着にはピッタリですよ。)

フードや首元のドローコードなどのディテールが十分な変化を加えられるのもオススメする理由の1つ。


一枚で着ても、重ねて着ても。

脇役も主役もこなす、バイプレイヤー。

インディゴとは異なる、スミならではな変化を楽しみたいと思います。


百聞は一着に如かず。


では、、

そろそろ締めに向かいましょうか。


当ブログの締めコーナー!

その名も『シメメシ』


今回は、コチラです!




うどんの司 たかと 本店 / かき揚げうどん

価格:¥780(税込)


冒頭の通りでございますが

先日の帰省時に訪れたのは、児島の名店。

この日は小雨の降る寒い日。

優しい出汁のうどんを食べたいと思いまして。。

厨房がオープンになっているのですが、揚げたてをすぐに提供して下さってます。

おかげで最初はサクサク、出汁を吸って柔らかくなった後も美味しい。

手打ちのうどんは讃岐うどんほどのコシではなく、少しだけ柔らかめ。

それがまた美味しいんですよね〜。。


そして目的のものが、実はもう一つ。



そう、おでんです。

どれでも一本ずつ ¥110(税込) という良心的な価格。

思わず、欲張って5つも選んでしまいました。。

この中でも1番は、、大根ですかね。

味が染みに染みていてホクホク、心まで温まりました。

児島を訪れる方には、本当にオススメです!


来週の『シメメシ』は何処へ??


また来週、お会いしましょう!


グラマラス藤井

BEAMS PLUS 放送部、絶賛活動中!

無料配信アプリ 『stand.fm』をダウンロードしていただき、【プラジオ】で検索いただくとご視聴いただけます!

↓↓

月曜日〜金曜日のAll Night BEAMS PLUS がこちらから一挙にご覧いただけます!

↓↓

2-pleated trousers expressed in polyester

【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】




ビームス 二子玉川のTAKAHIROです。

今週も【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】が始まりました〜!

是非、最後までお付き合いください。

今週はこちらを。



BEAMS PLUS / 2 Pleats Trousers PE Twill
カラー:OYSTER、SAND、GREEN、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥17,600(税込)
商品番号:38-23-0094-791

今シーズンもBEAMS PLUSのラインナップから様々な2プリーツ トラウザーズが入荷しております。

既にブログでも2本紹介させていただいており、バリエーションの豊富さが伺えます。

そして今回紹介する2プリーツ トラウザーズはテキスタイル、化学素材メーカーである〈小松マテーレ〉製のポリエステル100%ファブリック。




コットン100%のガシッとした生地の表情とは裏腹にポリエステルならではの軽快さや光沢感、トロっとしたドレープ感が魅力的。

ニュアンス的なカラーであるOYSTERやSANDはチノトラウザーズのCEMENTやKHAKIをよりマイルドにしたカラーリング。

プレップスタイルにも映えそうなGREEN、NAVYを加えた計4色展開です。



生地はしっかりと綾目が立ったポリエステルツイル。

経糸には綿糸と同等な風合いを表現するポリエステルスパン糸を使用し、緯糸にはストレッチ性を兼ね備えたポリエステル弾性糸を使用しています。




(左:コットンツイルトラウザーズ、右:ポリエステルツイルトラウザーズ )

一見した限り見分けがつかないぐらいの色のトーンでありながら、コットンライクな生地の表情や程よい肉感、コットン100%には無い伸縮性も兼ね備えたいいとこ取りな一本です。








2インプリーツ仕様にコインポケットのディテールや傾斜をつけたアメリカンポケット、バックポケットの両玉縁の仕様等オーセンティックなディテールを踏襲しています。





木村はモナリザプリントを施したセーリングジャケットにNAVYの2プリーツ トラウザーズ、足元はIVORYのスペリー トップサイダーを合わせマリンスタイルを演出。

ハーフジップスウェットの着こなしも◎








益留は光沢感が目を引く新型のクルーザージャケットにOYSTERの2プリーツ トラウザーズを取り入れクリーンな雰囲気で纏めています。

裾のドローコードをギュッと絞り、Tシャツを覗かせた彼らしい着こなしで。








私はSANDをKAHKIのチノトラウザーズと見立てて、ネイビーブレザー×チノトラウザーズ的な王道のスタイリング。

同じようなアイテムでも素材感を変えるだけでグッと新鮮に感じていただけるはずです。



是非、2プリーツ トラウザーズのバリエーションとして、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?


それでは今週の『ニコタマガールズ』を。

先週もお伝えしましたが、世界各地から買い付けたヴィンテージアイテムを販売するショップ「PART OF NATURE(パート・オブ・ネイチャー)」のPOP UP SHOPを2月14日(水)迄、ビームス 二子玉川にて開催しています。

そんな中、、週末に店頭立ちしてくださったPART OF NATUREの鈴木さんとパシャリ。




ビックリするほど愛嬌があり、メンズスタッフは終始心躍っておりました(汗)

普段はPART OF NATURE 表参道で勤務されているそうです。

お立ち寄りの際には是非お声がけしてみてください!


最後は鈴木さんの技術が凝縮されたフラワーデザインでお別れを!!



来週の【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】もお楽しみに〜!

それでは!



TAKAHIRO