スタッフ「秀作」の記事

顔の伸縮とダウジングの棒と雰囲気の大切さの話。



じりじりと夏が顔を出す今日この頃。


最近健康診断に行きましたが身長が

わずかながらに伸びておりました。

今の身長を測定する機械は体重と同時に、

しかも自動で測定してくれます。

まだまだ伸びしろがあるんだなと。


ただ、他の人に聞いたら

どうせ顔が伸びただけだろう。

確かに。頭が尖りはじめたのでしょうか。

60歳になる頃にはカブトムシみたいに

なってしまうのでは…


今日から毎日壁に頭頂部を擦り付けようと思います。




さて、実は数日前

ビームス梅田のスタッフ大上と、とある場所へ。


スタッフ大上とは

剛腕と瞬発力で到底人類とは思えぬ動きをする

通称ブレイクダンス

をたしなんでいる。いや、もはやその道のプロ。

と言っても過言ではないほど。


実際、私も大上が両腕で体を支える技を

真似したところ、顔面が地面にめり込みました。

ここで0.5cmほどは身長が縮んだかと。




話は戻し、

大自然と戯れるため、いざ行かんと

現地集合にしていたのですが途中で大上より

一報が入りまして


「釣り竿が折れた」


何!?釣り竿が折れただと…




はい、そうです。

大上と釣りに行く予定をしておりまして、

そのメインイベントのスーパーメイン道具の

釣り竿が、なんと折れたと。



現地に着いてみてみると半分あたりから

まぁ、それは見事な折れ方をしておりまして

昔、流行っていた、宝を探す際のダウジングの

棒ぐらい直角に曲がっておりました。



そこで急遽、竹を拾ってき、ビニールテープで

巻きつけることに。それがまぁーうまくいき、

ようやく釣りがスタートできることに。




見てください。




この大自然の中、先ほどの釣り竿を待ち

プロのような佇まい。




自然は空気や日差しが気持ち良く、

日頃の疲れやストレスを解消してくれた気がします。



笹木も負けてられませんね。





さてさて、

二人を日差しから守ってくれているかつ、

大上、笹木御用達のOAKLEYのご紹介。


OAKLEY / 2023 Tour De France Radar Ev Path
サイズ:one size
価格:¥34,980(税込)
商品番号:11-42-0241-069

OAKLY / Hydra
サイズ:one size
価格:¥25,960(税込)
商品番号:11-42-0157-069


まずやっぱりつけてみて思うのが

フィット感ですね。顔周りにピタッと

フィットして動いても動いてもブレない。

軽さや、レンズの見えやすさももちろんあります。




あと夏は暖かいですが、虫がいるので、

まだまだ長袖が手放せないかと。


ARC'TERYX / Beta Jacket
サイズ:S.M.L.XL
価格:¥68,200(税込)
商品番号:11-18-1649-729

ARC'TERYX / Squamish Hoodie
サイズ:S.M.L.XL
価格:¥29,700(税込)
商品番号:11-18-1423-729

patagonia / フーディニ ジャケット
サイズ:S.M.L.XL.XXL
価格:¥15,950(税込)
商品番号:11-18-1796-403


この辺はおすすめなので

これからのアクティビティの為にも、

気分を上げる意味でも、

要チェックです。



さてさて、釣りの結果はというと






しっかり2匹釣れました。


それではまた次の機会に。



春を求めて…



春が近づいてきたと思ったら

寒くなって、天気が悪くなったり


皆様、体調は崩されてませんか?


このブログでは少し春を感じてもらおうかと

春らしいアイテムをご紹介させてもらおうかと

今回は色で感じてもらおうかと


まずは桜満開を彷彿とさせるこちら




Simon Fournier / サイドジップブーツ
カラー:ブラック/レッド
価格:¥82,500(税込)
商品番号:23-32-0055-940






いやいや、梅に近いよねのお声が聞こえそう

笹木、甲高、横広の足ですが

このヒール革靴とても足にフィットします。


かっこいいんですよね…


桜色はまだまだ続きます。




Seaward & Stearn / シルクリネンストライプ ネクタイ
サイズ:ワンサイズ
価格:¥19,800(税込)
商品番号:21-55-2392-793


首元から春を感じるのも良いかと!




BEAMS / 12ゲージ メッシュ カーディガン
サイズ:S.M.L.XL
価格:¥11,000(税込)
商品番号:11-15-1674-803


軽い羽織りものや、




B+TruckerMeshCap
サイズ:ワンサイズ
価格:¥8,800(税込)
商品番号:38-41-0206-017


メッシュキャップなんかも…


次は新緑の緑




:colon × International Gallery BEAMS / 別注 マルチストライプ ダブルポケットシャツ
価格:¥27,500(税込)
商品番号:23-11-0231-914




このシャツ笹木激推しです。




BEAMS PLUS / Mt. Parka Nylon Tussah 2.5L
サイズ:S.M.L.XL
価格:¥44,000(税込)
商品番号:38-18-0459-139


緑もさることながらパキッとしたオレンジもいいですね。



皆さんのそれぞれの春を見つけてみてください!



この時期の物欲のぶつけ所

春がたまに顔を出す季節になりましたね。


暖冬の影響で最近は熊が冬眠しなくなる現象もあるみたいです。

冬眠しない熊は凶暴になるとかならないとか…


さてそんな季節の変わり目。

何を買おうか悩む方もちらほらおられるのでは?


そんな時、笹木はよくシューズや、小物などを

購入し、物欲を満たしていることが多いです。


皆様に少々ご紹介を…



まずは足元のこちら



MERREL / Hydro Next Gen Moc
カラー:ブラック
価格:¥12,100(税込)
商品番号:11-33-0184-584





知ってる方はもうこの形をみれば…

だと思いますが今年は少々ソールやボリュームが違う。


人気の"Hydro"スタイルのまま、耐久性に優れたEVAフォームアッパー、柔らかく滑らかな使用感を実現したFloatMax(TM)フォームミッドソール。

さらにソールの厚みが増し、履きやすくなったテクノロジーの賜物。


またこのブランドはよくありますが、

プロセスの中でクリアな水を生み出す藻類バイオマスを活用したBLOOM(R)パフォーマンスフォームを使用して製造し、環境にも優しく。


環境のことを考え、アウトドアを楽しむ。

気持ち的な問題かもしれませんが、気持ちいいですね。



さてさて、こちらも気持ち早いですが使いたい時には

売れてしまっているのが、人気ブランドのさが。

お早めにご紹介します。




HOKA ONE ONE / HOPARA 2
カラー:ブラック
価格:¥20,900(税込)
商品番号:11-31-3764-417








こちらもHOKA ONE ONE

といえば皆様ご存知のことでしょう。


そんな人気ブランドからはこちらのこちら。


ハイキングシューズとサンダルが融合したような独自のデザイン。


水陸両用モデル。

これはとてもありがたいんです。

そして、

砂利の侵入を抑えながら排水を行える構造

これが個人的には嬉しいところで…

よく川や海、池などアウトドアを

楽しむことが多い夏ですが、砂利が入って、出しては洗って、足が地面にまたついてしまって…の繰り返し。


それを解決してくれるんです。

地味に嫌な体験だとおもうんですよね。


通常に使用する際は

歩行をフォローしながらサンダルのような通気性で快適な着用感があるので足に汗をよくかく、自分にはうってつけというわけなんですよね。



最後はこちら。




Hanes × BEAMS / 別注 Socks 2pieces pack
カラー:ホワイト
サイズ:ONE SIZE
価格:¥2,310(税込)
商品番号:11-43-0132-411


笹木の足元は365日200日は白ソックスと言っても過言ではありません。


定番なアイテムだけに安く、信頼の高いものを。


安心安全のHANESです。



昔靴下の洗い方を間違えて、

カチカチなブーメランみたいになったこともあります。



さてさて、いかがでしたでしょうか?


軽く参考程度にしていただければ幸いです。

また、数ある中でビームスのオンラインを覗いてくださり、ありがとうございます。



以上、笹木でした。

おすすめアウターなんですか?


寒い日が続いてますね。

お久しぶりです。笹木です。



冬が嫌いな笹木。

何かアウターないかなと、

みんなにイチオシを聞いてまわりました。


ではさっそく…




BEAMS PLUSの担当STAFF藤井に聞いたところ…


こちら!




N-3B DOWN

男らしい、心くすぐるアイテムです。

こんな無骨なアイテムでも、ファーの取り外しや

サイズ感、ポケットの仕様変更などアップデートと

良いところを残した良いところ取りのアイテム




BEAMS PLUS / N-3B ダウン ジャケット
カラー:ブラック/ネイビー/オリーブ
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥52,800(税込)
商品番号:38-18-0373-139


中がダウンになっており、

表面の生地で風を防ぎつつも暖かい

冬に安心して着れる、頼れる相棒間違いなしです

今季は新色のネイビー推しだそうです




スタスタ…




BEAMSの担当、若手スタッフの正木のイチオシは

こちら!




WILD THINGS × BEAMS / 別注 Reversible Quilted Jacket
カラー:BLACK/CAMO NAVY/BLACK WATCH
サイズ:S.M.L.XL
価格:¥21,780(税込)
商品番号:11-18-1563-585


WILD THINGS

オニオンステッチが施され

したにドローコードがあり、今っぽい

絞りがきく着こなしも嬉しい点だそうです




なにより信頼と実績のプリマロフトで

取り扱いのしやすさと暖かさの両立




最後にリバーシブルで気分によって

色を変えれちゃうところも一石二鳥




さて最後にドレスの家城のおすすめは!?

これです!




QUATTROCCHI / B-3 ムートンジャケット Ⅱ
カラー:BEIGE/D.BLOWN/BLACK/
サイズ:44.46.48.50
価格:¥132,000(税込)
商品番号:23-18-0187-330


こちらも高級感あふれつつ

存在感もあるこちらのムートンジャケット



リアルレザーで暖かさはもちろん

この値段で販売できるのは奇跡!

イエキが言うキセキ





残念ながら年々価格も高騰しているレザーのアイテム

今年こそは!急いだ方が良さそうです!



さて、いかがでしたか?

十人十色のおすすめアイテムかつ、色が出ていて面白く、物欲も高まりましたね…


是非、この機会にお気に入りのアイテムを見つけてくださいね!

ARC'TERYXのフーディーについて

おはようございます。

こんにちわ。こんばんわ。

いってらっしゃいませ。おかえりなさいませ。

お久しぶりです。笹木です。


笹木この前、山に登ってきました。




そこまで高くない山でしたが、

程よい運動で気持ちよかったです。

割と冷え込んでいたので

Atom AR フーディーを着ていきました。

毎年笹木の冬を支える相棒です。


こいつの良きところが中綿。コアロフト。

というところにあります。

もちろんダウンも暖かいのですが

割とハードに、いろんな環境で使うものですから、

この中綿というところが私はかなり利点としてあります。


コアロフトの説明を致しますと、

皆さん聞き馴染みが多いのがプリマロフトではないでしょうか?

コアロフトは太さの異なるポリエステルファイバーをコイル状に加工し掛け合わせた短繊維。
複雑な空間構造が空気を溜め込み、高い保温性と復元力を生み出します。また、シリコンでコーティングされた繊維は濡れに強く、ロフトが潰れにくい構造から通気性と速乾性にも優れます。


とまぁこういう説明なんですが

簡単にいうと、プラス使った感想も含めてお伝えすると

・暖かい

・速乾性がある

・ダウンのような偏りや、取り扱いのしにくさがないので家で普通に洗濯できる

・水はけがいい

などなど

この上からシェルを着ちゃうと冬無敵です。

笹木のいつものスタイルです。




さてさて、そんな

Atom AR フーディーを説明してきましたが

今回、スタッフ三反田が着用しているのは




Atom Heavyweight Hoody。


こちら今季からネームを変更しており、

一見すると違いはないのではと。


変更点は中綿のコアロフトの量が変わり、多くなりました。つまり暖かさが増しました。そして胸のロゴが始祖鳥だけになり、アークテリクスの文字はフーディーの上に移動しました。

主な変更点はこちらです。


ちなみにフードを開け閉めする際に、首元のファスナーに3箇所ほど引っ掛かりを感じる部分があるかと思いますが不良品ではございません。

勝手に開かないように少し引っ掛かりができています。

昔のモデルにはありません。




そして笹木も買いました。

使ってみたレビューは、朝夜の冷え込みの激しい日、運動がない外での時間などにはとてもいいです。少しAtom ARよりボリュームもあり、暖かさも増しました。

冬の相棒になりそうです。

しかし登山にはAtom AR フーディーの方が通気性が良い気がしました。運動量が多い山では暑すぎるかなと。雪山やもう少しハードめだと使い分けで活躍してくれそうですが。




追加でNuclei Pantも購入したのですが、こいつがまぁ〜暖かい!むしろ暑い笑でもサイドのジッパーで着脱と通気は早くできるので、軽さと暖かさの最強パンツで冬の相棒になること間違いなしです。

これはコアロフト(TM)コンティニュアス素材の断熱素材が腰から膝まで80g、膝下には60g入っており、暖かさと軽さの最適なバランスを実現しており、お尻と膝の部分はゴアテックスで補強されています。



そんなこんなで山の写真をどうぞ。





 


めちゃくちゃいい景色でした!

最後に関連商品詳細載せておきますね!


ARC’TERYX / Atom Heavyweight Hoody
サイズ:S.M.L.XL
価格:¥44,000(税込)
商品番号:11-18-1437-729


ARC’TERYX / Nuclei Pant
カラー:ブラック
サイズ:S.M.L.XL.XXL
価格:¥38,500(税込)
商品番号:11-24-1278-729

アークテリクスについて③



お久しぶりです。

おはようございます。こんにちわ。こんばんは。

いってらっしゃいませ。お帰りなさいませ。


笹木です。


  

やっと α SV についてお話しできますね笑

この α SV フラグシップモデルという事もありまして

色んな機能が搭載され、一段階、二段階もパワーアップしています。

フラグシップモデルの意味は簡単にいうと

そのブランドを代表するモデルということですね!


  

さて、まずα SV を語る上でGORE-TEX®️はGORE-TEX®️なんですが

GORE-TEX®️ PRO が搭載されています。PRO!?

そうなんです。PROが付くんです。

おいおい、また知ってそうでふわっとしてたことでてきたなぁ…

なので是非この機会に知ってもらえると!



でも読んで字のごとくプロユースの人にも使ってもらえるコアな

高い性能を搭載しているGORE‐TEX®️アイテムです。


まずは耐久防水性・透湿性・防風性・耐久性


これらが他のアイテムより上がっております。

GORE‐TEX®️ PROのページでも紹介されていますが

「極限を征する」

  

と打ち出されてました笑カッコイイ…


なので、アウトドアのスペシャリストやコアなアウトドア愛好家向けの製品がほとんど。

登山は勿論、クライミング、フリーライディング、アイスクライミングといった、なかなか

思い立ってすぐ行動や、やってみることができないようなアクティビティや環境にも対応してくれます。


 

あとで α SV のお話をしますが、


正直、普段のシティに使うのはオーバースペックなのでオススメはしません。

そこまでの機能性はいらないということです。なので場面場面でのおすすめもご紹介していきたいと思います。

ただ、笹木自身もα SVを購入しましたが、購入理由や

BEAMSの1スタッフとしての意見もお伝えしたいので後程お聞きください。

  

そもそもGORE-TEX®️ PROの誕生は2007年。

当時はGORE-TEX®️ Pro Shellという名前で登場しました。

一般的な横ばいの一定の運動量のハイキングや登山と違い、

バックカントリーやクライミングの激しい動きからの止まるような

いわば 静 と 動 が激しい、心拍や体温変動が激しい活動、

状況が悪い元手のクライミング、氷点下のもとの何日で、などを

ターゲットに作りだされました。


いわばすごい環境でも戦える最強のアイテムってところですね!



話脱線するんですがGORE-TEX®️の名前の由来ってお伝えしてなかったような…

もちろんGORE社の名前がきているんですが、設立した人がウィルバート(ビル)・ゴアや

ジェネヴィーヴ(ヴィーヴ)・ゴア、息子のボブ・ゴアからわかるように名前からきてます。



さて、話を戻し、PROが進化した点は頑丈さ・透湿性・ストレッチ性


まずは頑丈さ 

GORE‑TEX PRO most rugged technology(モスト ラギッド テクノロジー)


簡単にいうと引き裂きや摩耗強度など厳格な基準を満たしたものだけが採用される、

これまでに開発された中で最も頑丈な GORE-TEX ファブリクスを使ってますよという事。


そして透湿性では、

GORE‑TEX PRO most breathable technology(モスト ブリーザブル テクノロジー)

これも簡単にいうと極めて優れた透湿性を発揮し、軽量化にも成功しています。

細かく話すとこれまでは 40 デニール以上のテキスタイルでしか

満たすことができなかった基準を、30 デニールでも実現しています。


これあとで少し触れますがこのデニールの話もそうなんですが、重さや薄さを生み出すことって

数字がちょっとしか変わってない様に見えるんですがそれってすごく大変で努力、研究がいる事なんです。


そして新たに開発されたのがストレッチ性です。

GORE‑TEX PRO stretch technology(ストレッチ テクノロジー)

最大 20% の伸縮性がある GORE-TEX ファブリクスの開発に成功しつつ、高い頑丈さや透湿性を維持しながらです。


クライミングウエアに求められるのは、

次の一手を掴むための身体の動きを妨げないストレッチ性と、

ゴツゴツした岩肌やハーネスなどとの摩耗に負けない頑丈さの両立が大切なんです。

そこで、肩周りに「GORE‑TEX PRO ストレッチ テクノロジー」を採用しつつ、

摩耗が懸念される部分に「GORE-TEX PRO モスト ラギッド テクノロジー」を採用することで、

両立が保たれたギアが完成するわけです。

 

また、バックカントリーの厳しい環境化においても優れており、

登山でたくさん汗をかいた後は身体を極端に冷やしてしまう可能性があるため、

「GORE‑TEX PRO モスト ブリーザブル テクノロジー」で

しっかり防風・透湿することで、ウエア内を快適に保つことができるんですね。


この三つの最高が合わさって1つの新たな最強が生み出される。

それがGORE‐TEX®️PROなんです!

なんかかっけぇぇ…男性の方なんかはこういうのたまらなくないですか?笑


しかもサステナビリティにも配慮してまして、

染色方法から見直し、水を約45%削減。

どういうこと?って感じだと思うの詳しく話すと染色の方法を変えて水の節約をしているんです。

今後、表生地にリサイクルナイロンが加わる予定だとか…

また、それだけ耐久性の強いものを作るのも、ひとつのものを長く使い廃棄するものを減らすことにつながるから。

そしてそれが、自然環境に与える影響を減らす、

サスティナビリティの哲学につながるからという考えを持っているんですよね。



さてさて話を戻すとこの α SV

3年以上の年月をかけて開発された、従来の常識をくつがえす理想の

ハードシェルジャケットは、1998年に初代「アルファ SV ジャケット」として発売されます。

1998年のリリースから数えて、2020年のモデルで9代目。

初代から変わらぬコンセプトのもと、時代に合わせてリデザインを繰り返し、

その時々のベストな形を更新して進化し続けてます。

最近だと剥離の原因を油汚れに強く、耐油性が向上しました。



その中でも一番の功労といえるのが止水ジップの開発じゃないでしょうか?

当時はフラップ付きのジッパーしかなくアークテリクスがYKKと共に開発。

その年のアウトドア製品の展示会で業界に衝撃を与えたそうです。

真っ先に注目されたのは、むき出しになったファスナー。

ゴア社のレインテストの厳しさを知る業界関係者は、揃って

「こんなファスナーでテストをクリアできるとは信じられない」と口にしたらしいです。

アウトドア業界と共に驚きを見せたのは、ファッション業界で、

それまでカッコ悪くてとても好き好んで着られるものではなかったアウトドアシェルを、

ここまでスマートにしたブランドとして、

アークテリクスの名がファッションの世界にも知られるきっかけになりました。


これでα SV、arrowのリュックが誕生するわけですね。



他にアークテリクスの発案で誕生し、現在のスタンダードになったものが、

袖口のフィッティングに使われるハードカフで、以前はボディと同じ生地に

面ファスナーを縫い付けていたものを、水を含まない素材に面ファスナーを圧着する形になりました。

これが生地が水分を含んで面ファスナーの付きが悪くなるのを解消し、見た目もかなりスマートになりました。


また、シームテープへのこだわりもすごく

当時は22㎜幅がスタンダードだったシームテープを細くすることに取り組み、

結果として発売時には、18㎜から現在ではわずか8㎜幅を実現しています。

ここまで幅にこだわる理由は、透湿性のないシームテープを貼る範囲が広いほど、

ジャケット自体の透湿性が低下するから。またシームテープにはストレッチ性はないので、

動きやすさを確保するためには、少しでも貼る面積が狭いほうがいいんですよ。



しかしこの方法は非常に特殊で高度な縫製技術を要するため、

他のメーカーが何度チャレンジしても成功しなかったそうです。

8㎜シームテープの使用は、アークテリクス独自の技術です。

そういった仕事の凄さや製品の高いクオリティは自社工場をもち、生産過程を直接コントロールできるところです。

自社工場以外での生産は、アークテリクスの製品だけを生産する専用の設備を持った協力工場で行なわれ、

1枚のジャケットに対して分厚いファイル1冊分にも及ぶ仕様書が用意され、普通なら指定されない、

見えない部分を縫製する糸の色にまで細かく指示がされます。

こうすることで、自社工場をそのまま再現した生産環境を、外部の協力工場につくることができるそうです。



「259時間、190行程」。


「アルファ SV ジャケット」1着をつくるためにかかる時間と行程です。

そのひとつひとつに、正確で高度な技術と、それを継続する技術者のモチベーションが求められます。


α SV ジャケットって、1着のジャケットとして決して安いものじゃないですよね?

でも、これだけの技術と時間、手間をかけて作られることがわかると、充分納得できる金額のように思えます。

多くのブランドとアークテリクスの製品が違うのは、アークテリクスがそれ以上に大切にしていることがあり、

笹木が好きなのもそういった信念や思いで作られる製品に、心動かされ、かつ信頼できるからなんです。

なのでこうして皆様にもおすすめできるということなんです。


是非、触る機会があれば、商品の表から裏側までしっかり見て貰いたいです。

めちゃくちゃ綺麗です。人間の手で作られていない様にも思えます。

これだけの最強要素と思いが詰まっているとそりゃ買ってしまいますよね。

事実、笹木も愛用しております。




α SV 24kカラー




BETA SL


ただα SVですが、

6時間ほどの雨に打ち続けられた時の中の湿気具合や数時間の歩行、運動にも耐え、文句ないシェルでした。

ただ、街中でサクッと着るようなものではないかなと思います。リアルな所zeta LT、beta LT、betaなどでいいんじゃないかと。

がっつりな方にはα SVとは別に、beta ARぐらいでも十分だと思います。

生地のハリ感やごつさはやっぱりあると思うので…まぁそれがあるから過酷な環境下に耐えれるんですけどね笑

服が好きやお洒落、またこのブログでアークテリクスの思いを感じ、購入するなら私はありかと!

 

そのほかのシェルやパーカーなど使用用途がそれぞれケースバイケースなので

考えながらもそれを選ぶ楽しさを感じてもらいたいですね。



それでは長くなりましたがここまでにしておきます。

今回もここまで読んでくれた皆様、ありがとうございました。


関連商品載せておきますので是非、参考にしてみてください。


ARC'TERYX / Alpha SV Jacket
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥121,000(税込)
商品番号:11-18-1407-729

ARC'TERYX / Beta LT Jacket
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥66,000(税込)
商品番号:11-18-1413-729

ARC'TERYX / Beta AR Jacket
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥84,700(税込)
商品番号:11-18-1408-729

ARC’TERYX / Arro 22 Backpack
サイズ:22L
価格:¥33,000(税込)
商品番号:11-61-0280-729

ブログ内に記載の価格は、記事公開時のものであり、変更する可能性がございます。