WELFARE

Work Environment
『BEAMSに関わるすべての人が幸せであるように』 この創業以来の志は、「お客様はもちろん、お取引先様、スタッフ、その友人や家族に至るまで、関わるすべての人が幸せであるような会社を創ろう」という初代会長の想いから生まれました。その想いのもと、スタッフが本気で自分の生活を楽しみ、個性とパワーでファンに幸せを提供する。そんな集団になるために、BEAMSはワークライフバランスを実現する環境づくりを進めています。

環境

  • 月平均所定外労働時間

    全業界平均と比較すると若干多くはありますが、法律で定められた上限規制に則り、本部が厳しく監督しております。また、出退勤時間はシステムにより管理されているため、サービス残業の発生や事前申告制などによる曖昧な面は無く、法定通り100%残業代の支払いを行っております。

    ※全業界平均:厚生労働省「毎月勤労統計調査」より

  • 年間平均有給休暇取得日数

    誰もが同等に休むこと、個人が休みを前向きに捉える意識が根付いており、業界内では珍しいほど有休を取得しやすい社風だと思っております。

    ※全業界平均:厚生労働省「就労条件総合調査」より

  • 離職率

    離職率の低さはBEAMSの特長です。Happy life solution companyの一員として会社のミッションを理解し、高いレベルでエンゲージしているスタッフが多いからだと自負しています。

    ※全業界平均:厚生労働省「雇用動向調査」より

制度

  • 海外個人研修制度

    • パリ

    • バルセロナ

    • ニューヨーク・ロサンゼルス・
      サンフランシスコ・ボストン・
      シアトル

    • ヘルシンキ

    • 台北

    • ロンドン

    • ストックホルム

    • 北京・上海・杭州・香港

    • ミラノ・フィレンツェ

    • バンコクホーチミン

    • ソウル

    • ベルリン

    • コペンハーゲン

    • アントワープ

    • パリ・ロンドン・ミラノ・フィレンツェ ストックホルム・ヘルシンキ・コペンハーゲン ベルリン・アントワープ・バルセロナ
    • 北京・上海・杭州・香港 台北・ソウル・バンコク ホーチミン
    • ニューヨーク ロサンゼルス サンフランシスコ ボストン シアトル
    • パリ・ロンドン・ミラノ・フィレンツェ ストックホルム・ヘルシンキ・コペンハーゲン ベルリン・アントワープ・バルセロナ
    • 北京・上海・杭州・香港 台北・ソウル・バンコク ホーチミン
    • ニューヨーク ロサンゼルス サンフランシスコ ボストン シアトル

    ※年間40名

    「感性は人が動いた移動距離に比例して磨かれる」
    海外の新しいトレンドもスマホで簡単に知ることができる今だからこそ、リアルに本物に触れてほしい。社長のそんな想いから、海外の優れたショップや話題の場所のリサーチを目的としたプライベートな海外渡航に関して会社が援助費を支給する制度を設けています。
  • 自己都合勤務地変更制度

    配偶者の転勤や結婚、親の介護などにより、現在の勤務地に通勤できない地域へ転居しなければならない事情が発生した場合、配員計画を超えて、希望勤務地へ異動が可能です(ただし、直営店舗がある地域に限る)。
    店舗場所:東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫・広島
  • 保養施設

    社員同士に限らず、ご家族やご友人とも一緒に宿泊してレジャーを楽しんでいただけます。

    • KARUIZAWA
      KARUIZAWA

      BEAMS by the Green

      ゴルフ場に隣接し、広い庭でバーベキューが楽しめる緑豊かな立地の施設。

    • HAYAMA
      HAYAMA

      BEAMS by the Sea

      テラスにジャグジーが設置された、オーシャンビューの施設。

    • NASU
      NASU

      新光那須ロッジ

      鳥の鳴き声と森林浴が楽しめる安らぎのロッジ。近隣にはサファリパークやミュージアムなど、魅力的なスポット多数。

    • MAIKO
      MAIKO

      グランドウイング舞子高原

      ゲレンデが徒歩圏内にあり、プールや温泉大浴場など多様な共用施設を完備したリゾートマンションタイプの施設。

育児関連

ライフステージに関わらず、社員が十分に活躍できる職場環境を確保するため、ニーズに応じた制度の見直しや社内理解、浸透に努めています。

  • 男女比 (1710名)2023年11月現在

  • ママ社員比の推移2023年11月現在

  • 男性の育児休業取得率

  • 育児との両立を支援する制度

    • 結婚休暇
      結婚休暇

      結婚休暇を5日間取得することが可能です。また、結婚お祝い金が支給されます。

    • 配偶者
      出産休暇
      配偶者<br class="module-show-sp">出産休暇

      配偶者の出産に際し、1日休暇を取得することが可能です。また、出産お祝い金が支給されます。(※双方社員の場合は夫に支給)

    • 出産休業
      出産休業

      法令通り、産前6週間および産後8週間です。健康保険組合より、「出産育児一時金」および「出産手当金」が支給されます。また、出産お祝い金が支給されます。

    • 育児休業
      育児休業

      法令(2歳まで)より延長し、子が満3歳に達する日まで休業することが可能です。また、休業中は育児休業給付金が支給されます。

    • 短時間勤務制度
      短時間勤務制度

      法令(3歳まで)より延長し、子が小学校3年生終了時まで、現行一日の所定労働時間を最低4時間まで短縮可能(拘束5時間)です。

    • 短時間勤務
      利用者の
      評価・
      昇格制度
      短時間勤務<br class="module-show-tab module-show-sp">利用者の<br>評価・<br class="module-show-tab">昇格制度

      成果に見合った評価を受けることで、評価・昇給・昇格において時短勤務者にとって不利になることのない正当な評価制度を実施しています。

    • その他
      その他

      外部事業者との提携により、託児・ベビーシッターサービスの補助金制度や、育児用品購入・レンタル割引、育児相談デスクの利用が可能です。

VOICE

男性育児休業取得者の声
ショップマネージャー
滝沢一喜(入社9年目)
※所属・入社年数は取材当時のものです。
Q.育児休業取得までの経緯を教えて下さい
今までに二度取得しているのですが、一度目は長女が二か月の頃でした。妻には長女が産まれる前から育児休業の取得に関して相談をしていました。出産から二カ月弱は妻の実家で育児を行い、その後妻が自宅に帰ってきてから、育児休業を二週間程度取得しました。二回目の取得は次女が産まれた時です。一度目の取得時と同じように、里帰り出産から一か月後、自宅に戻ってきたタイミングで二ヶ月間取らせて頂きました。
Q.育休を取る事に対して、周りのスタッフのサポートはどうでしたか?
何年か前から、男性スタッフが育児休業を取得する例が増えているのを感じていました。お世話になった先輩スタッフも取得していたので、男性の育児休業に関しては、周囲からもポジティブな印象がありました。その時の上司が「絶対取った方が良いよ!」と後押ししてくれたのが印象に残っています。取得にあたり、必要な事務作業も関係部署の方が丁寧に対応してくれたので、不安解消に繋がりました。その時担当してくれた方から「育児休業を取ってくれたら奥様もより安心出来ると思いますよ」と声を掛けて頂いて嬉しかった事を覚えています。
Q.育児休業を取得するに当たり不安はありましたか?
育児休業に対して、私は周囲からかなりポジティブな印象を受けていたので、正直大きな不安はありませんでした。ただ二回目の取得時は、ショップマネージャー(※1)を務めていたのと、二か月間取得する予定だったので、「仕事が溜まってしまったらどうしよう」「顧客様の対応が出来ないな」という少し複雑な気持ちはありました。でも実際は、育児休業に入る前に本部や店舗スタッフと連携を取って、きちんと業務の引継ぎが出来たので不安はすぐに解消できました。
  1. (※1)店長。
Q.育児休業中の間はどのように過ごしましたか?
二回目の育児休業を取得した時、取得後すぐに次女が高熱を出して一週間程入院をしました。常に妻か自分のどちらかが病室に付き添い、まだ2歳になっていない長女の面倒も見なくてはいけない状況でした。無事に次女が退院した時、妻と2人で「本当に育休を取っていて良かったね」と話したことを覚えています。仕事をしていると、なかなか家族と触れ合う時間は確保しづらいと思います。育児休業を取得した事で、色々なハプニングはありながらも、育児と家事を分担しながら、楽しく過ごす事が出来ました。
Q.育児休業を取得して得た事や感じたことはありますか?
私は育児休業を取得し、家族でこどもの成長を見守る時間はとても貴重なものだと感じました。育児においての苦労やストレスに対して、少しだけですが理解を深める事が出来たのではないかと思います。また、育児休業を取得するにあたって、周囲の方々が前向きにサポートしてくれたので、復帰後の仕事へのモチベーションも上がりました。

SUPERVISOR'S COMMENT

スーパーバイザー川崎学

滝沢さんが2回目の育児休業を取得するとき、本人はショップマネージャーを担っていたため、正直悩んだと思います。ただ「周囲に迷惑をかけてしまう」という発想では、育児休業取得のさらなる前進には繋がりません。責任ある役割を担っているスタッフだからこそ、積極的に取得して欲しいと思い、チームや組織の成長にも繋がると信じてサポートしました。
滝沢さんの後に続くサブショップマネージャーが複数名おり、各々がすでにショップビジョンや戦略を率先垂範できる環境でした。なので代表者を一人決めるのではなく、ワンチームとして店舗を運営できるようサポートしていきました。本部側が事前の業務の引き継ぎに入ることで、本人とサブショップマネージャーの不安解消にも繋がったのではないかと思います。なによりも、店舗スタッフ全員が前向きにサポートできる風土になっていることが、各々が考えて行動するきっかけとなり、個人の成長にも繋がっています。
今後も責任や立場関係なく“あたりまえ”として、育児休業の取得がより浸透していけばと考えております。様々なライフステージがある中で、育児という貴重な時間をご家族と一緒に経験できるスタッフがもっともっと増えて欲しいです。