吉澤のアレ良い。その8

吉澤 大地 2020.04.20

こんにちは!


いつもビームス 町田のブログをご覧頂き、ありがとうございます!



さてさて。


本日は思い出深いこちらのアイテムをご紹介致します!





ALDEN×BEAMS PLUS/別注プレーントゥ オックスフォード
カラー:D.BROWN
サイズ:US5,5〜10,5
価格:¥84,000+税
商品番号:11-32-0410-339


私は雨が降ろうが、雪が降ろうがほぼ毎日革靴を履いておりまして俗に言う「革靴派」です。




そんな革靴の王様である<ALDEN>。




その中でもこちらは私が初めて買った<ALDEN>として愛着のある一足です。



それは2年前。。



それまで革靴なんてほぼ履いた事のない私でしたが「アメリカントラディショナル」と言えば革靴だ!という安直な考えの元、以前ご紹介した<ROWING BLAZERS>のホップサックブレザーを着てビームス プラス 有楽町へドキドキしながら買いに行きました。



ただ興味は持ったものの、何を買えばいいのか右も左も分からなかったので先輩スタッフに色々教えて頂き、「カジュアルに色々なものに合わせられる革靴」という事で選んだのがこちらでした。



深めのブラウンなので程良いカッチリ感。アイビースタイルだけでなく、ミリタリーやアウトドアなどにも幅広く応用出来る。



そして何よりアメリカンな雰囲気が楽しめるそんな革靴です。



最近は朝が苦手で家を駆け足で出る事が多く、ローファーやタッセルモカシンなどのスリッポン型が多くなっていますが、やっぱり履きたくなるのがこの靴の魅力なのでしょうか。。




前置きが長くなりましたがそんな魅力たっぷりのコチラを本日はご紹介していきます!


型は「バリーラスト」と呼ばれる<ALDEN>の中でも最もポピュラーな木型です。



1930年代に開発され、土踏まず部分のくびれがあまりなく、トゥ部分もやや丸みを帯びているので所謂ドレス系シューズと比べると野暮ったいアメリカンな雰囲気が楽しめます。


使用している革は「カーフレザー」。


生後6ヶ月以内の肌理の細かい子牛の革を使用する事で経年変化を楽しめるのがこのカーフレザーの特徴です。


また、カーフレザーは柔らかく履き易いのでレザーシューズに慣れていない方には特にオススメです。



そして何よりベーシックなデザイン故に先述致しましたがどんな格好にも合います。






定番のアイビースタイルには勿論相性良いですね。


こうしたプレッピーなアイテムが多い場合はブラックのシューズだと足元だけカッチリし過ぎてしまうのでこれくらいの色だと程よく軽さも出ます。




(ジャケットの着過ぎで他のスタイリングが秋冬のスタイリングになってしまいました。。)


こうしたマッキノージャケットなどと合わせるとアウトドアな表情に変わってくれるのでアメリカンカジュアルなスタイルと合わせても良いです。



ご紹介していたらまた履きたくなる衝動に駆られていますが、使い勝手の良いアイテムですので是非オススメです!



散々ここまで長ったらしく語って参りましたが<ALDEN>はラストや個体差がとても激しいのでサイズに不安のある方は休業明け後、店頭でご案内させて頂ければと思います。


精一杯の愛を語らせて頂きますので是非ご検討下さい。



ではまた。









↑こちらからフォローしていただくと、

イベント情報やスタッフのスタイリングがお気軽にご覧いただけます!




お気に入り、フォローして頂くと投稿を簡単にご覧頂けます。

↑こちらからスタイリング、フォトログも見ることができます。




是非、フォローをしてみて下さい。

○Instagram○