タグ「タブカラーシャツ」の記事

<SEALUP>こばスタイリング25

こんばんは

ビームス 二子玉川の小林です。




本日は私のスタイリングをご紹介。




ネイビーでまとめたスーツスタイルに。<SEALUP>のベルテッドコートを合わせました。




立体的なタブカラーとポルカドットタイが新鮮なVゾーン。

フロントボタンを閉めても襟のロールが綺麗に出るのが、良いスーツの証。




ネイビーソリッドに同色のアイテムでベーシックかつタイトにまとめたスーツスタイルに対して




オーバーサイズのベルテッドコートをウエストを絞ってメリハリをつけて着用しました。


最小サイズが多いガリガリボーイの私ですがコートに関しては46を着用。




ラグランスリーブで柔らかな生地と仕立てだからこそオーバーサイズでもサマになるんですね。



<SEALUP>ヘリンボーンベルテッドコート
カラー:GREY/NAVY
サイズ:42〜50
価格:¥125,000+税
商品番号:21-19-0387-343




<SEALUP>のヘリンボーンバルカラーコート。柔らかくも、ズッシリと本物感のあるヘビーウェイトの生地はBEAMS別注。


特別な<SEALUP>です。




ラグランスリーブにベルテッド。更に少し長めの着丈。今の気分にぴったりのアイテム。




ウェイトのある生地にヘリンボーン柄。非常に英国的な雰囲気のある生地を柔らかく仕上げました。




私の様にスーツスタイルにはもちろん。




ジャケットパンツスタイルにも。


ブリティッシュな生地で柔らかい仕立て。

「無骨なのに色っぽい」

この相反するテイストを絶妙な塩梅でMIXした最高のコートを是非。





そして11/15(木)〜11/25(日)の期間でアウターフェアを開催致します。


本日ご紹介した<SEALUP>も対象。


一部対象外もございますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせください。


それではご来店お待ちしております。




お気に入り、フォローして頂くと投稿を簡単にご覧頂けます。

ヒットの予感18AW<タブカラーシャツ>

こんにちは。地味にフォトログ再開しています。

長友です。

さて、第二回目の【ヒットの予感18AW】シリーズ参ります。シリーズ化ということは前回が(※)好評だったからです。

タイトルの通り今回はタブカラーシャツについてです。

まずはイメージ!

BEAMS Fディレクター西口のinstagram(※こちら)より。是非フォローしてください。参考になる着こなしが盛り沢山ですよ。


実際に入荷している商品はこちら。↓


左から

BEAMS F / シャンブレー タブカラーシャツ
価格:¥14,000+税
商品番号:21-11-1046-563

BARBA / グラフチェック タブカラーシャツ
価格:¥28,000+税
商品番号:21-11-0611-607

ERRICO FORMICOLA / オックスフォードストライプ タブカラーシャツ
価格:¥25,000+税
商品番号:21-11-0781-264

ERRICO FORMICOLA / タッターソール タブカラーシャツ
価格:¥25,000+税
商品番号:21-11-0783-264


現在、公式サイトで取扱い中のタブカラーシャツ一覧→(※クリック)

ちなみにセール品でも少しございます。→(※クリック)


タブカラーシャツについては、80年代半ばから後半にかけて人気があった襟型で、昨今のクラシックスタイル復権によってアップデートしてきたスタイリングに欠かせなくなってきております。それを予感したスタッフやバイヤーが昨年あたりから徐々に自身のファッションに取り入れるようになり、今季は欠かせないアイテムとして今までにないほどバリエーションを揃えます。

昨年の冬のPITTI会場でのBrilla per il gustoバイヤー高田も、オリジナルのタブカラーを着用していました。



今期既に入荷しているものの中で、多くのショップがディスプレイに使用しているのが、<ERRICCO FORMICOLA(エリッコフォルミコラ)>のこちら。

商品番号:21-11-0783-264


ニットジャケットにジレとアーカイブ調のペイズリータイ。格好良いですね。こちらの使用アイテムはブログ下の(紹介アイテム)を御確認ください。


タブカラーと言えば、80年台後半から90年後半まで取り扱っていた英国のシャツメーカーがこぞって採用していたビエラ生地を思い出します。<PETER & MAGEE(ピーター&マギー)><ALEXANDER RADCLIFF(アレキサンダーラドクリフ)><JERMYN STREET SHIRT-MAKERS(ジャーミンストリートシャツメーカーズ)><Stephens Brothers(スティーブンブラザーズ)><BOWRING ARUNDEL(ボーリングアランデル)><CLEEVE of LONDON(クリーブオブロンドン)>などなど。私、45歳になりますが若手スタッフの多くが存在さえ知らないブランドかも知れませんが、同年から先輩スタッフ・上司には懐かしくてたまらないブランドだと思います。本当に、皆着ていましたら。着倒すほどに着ていました。

綾織りで起毛しているビエラの生地は、本当に温かくで丈夫で。少しくらいチクっとしても、それが英国らしくで我慢出来たものです。懐かしい・・・・

当時のビエラ生地のように起毛はしていませんが、懐かしくも有り目新しくも感じるタッターソールと、タブカラーシャツが18AWの【ヒットの予感】です。


今日は、少し尻切れ・・・・ですが、ここまで。

気に入って頂けたら、長友フォローとブログお気に入り登録お待ちしております。


ではでは。

六本木 本日のLARDINIと着こなし(2017春夏商品紹介)

六本木よりこんにちは、北角です。




前回のTAGLIATORE(タリアトーレ)から今回は、


同じくイタリアを代表するブランドであるLARDINI (ラルディー二)を店内中央でまとめてご紹介しております。




今回も簡単ではございますが、着こなしのポイントなどをご一緒に書かせて頂きます。



まずはジャケットから。選んだのはプレーンなネイビーのダブルブレスト。




今年らしいポイントとしては、英国調のチェックを使ったクレリックシャツに加えて、




話題のレジメンタルタイでタイドアップする事で、例えばお持ちのプレーンなネイビージャケットの着こなしを今シーズンらしくアップデートする事が出来ますよ。



続いては、


こちらのスーツの着こなし。






引き続きの流れである英国調の流れから、スーツでは外せない柄であるグレンチェック。




昨シーズンより様々な襟型が登場した中から目新しいタブカラーシャツをセレクトし、




全てのアイテムが柄があるパターンonパターンで。すでにご存知の方も多いかとは思いますがポイントは、柄のピッチ(大きさ)をずらして合わせる事でまとまります。



今回使用しましたジャケットやスーツ以外にも、




ジレを含めて様々なバリエーションをご用意。


お時間あれば一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?



皆様の東京ミッドタウンへのご来店お待ちしております。

ビームス ハウス 六本木 TEL 03-5413-7690 北角










NEW ARRIVAL ~BARBA~

こんばんは。VMDを担当している大島です。


随分久しぶりにブログを更新させて頂きます。



2017年になり、まだまだ冬物でお勧めしたい商品もございますが

皆様が大好きであろう<BARBA(バルバ)>が入荷してきましたので、そちらを紹介します。




詳細画像をご覧下さい。


まずはクレリックタブカラーシャツです。

ネクタイのノットを立ち上げ、エレガントな見え方を演出出来る重要なディテールです。





BARBA ロンドンストライプ クレリックタブカラー
カラー:ネイビー
サイズ:37、38、39、40、41、42
価格:¥29,000+税
商品番号:21-11-2193-607


続いて、少しハリのあるオックスフォード生地を使用したラウンドカラーシャツです。

ワイドやセミワイドよりも、少し柔らかい雰囲気を演出出来る襟型で、様々なスタイリングにコーディネート出来ます。





BARBA オックスフォード ラウンドカラー
カラー:ホワイト、サックスブルー
サイズ:37、38、39、40、41、42
価格:¥29,000+税
商品番号:21-11-2192-607



今回ご紹介したシャツは2016秋冬に入荷し大好評だったモデルで、前立て付きになり再入荷致しました。


勿論、生地のクオリティーや作りは申し分ありません。

是非店頭でご覧下さい。