スタッフ「長友 隆幸」の記事

今週の好評ブルゾンランキング、1位は!?

こんにちは。毎日コツコツ、継続は力になると思い込んで日々フォトログ頑張っています。

いつもお気に入り登録有難うございます。⇒(※https://www.beams.co.jp/staff/1712/?type=2

早速、タイトルの件をご紹介!随分涼しくなってきましたので、やはりブルゾンが気になりませんか?


こちらが、昨日までのブルゾンランキング(公式サイト内のランキングで画面キャプチャは昨日までのもの)

https://www.beams.co.jp/ranking/?type=P0&tree=18&label=0021&sort=-sum_amount_w

ちなみに上の商品は、ブログページ下部の【紹介アイテム】ですべてご覧頂けます。


その中でも、異彩を放ち店舗でも試着が多くなっているアイテムが、我らが大好き<Barbour(バブアー)>のカシミヤBEDALE SLジャケット。

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/blouson/21180223197/

<Barbour(バブアー)>の人気ロングセラーモデル<BEDALE SL>をベースに、イタリア老舗生地メーカー<PIACENZA>社のウールカシミヤ素材を採用。滑らかな手触りと高級感のある生地感が魅力です。従来のクラシックアウトドアな雰囲気と都会的なエッセンスが融合した自信作。タイドアップスタイルからカジュアルまで活躍する1着です。(公式サイト商品テキストより抜粋)


社内の人気ブロガー<小林 俊>(ビームス二子玉川)も店内トルソーで勧めています。

https://www.beams.co.jp/photolog/beamsf/41842/



同じブルゾンをビームス ハウス 六本木のブログではこのようにディスプレーしています。

https://www.beams.co.jp/blog/bhr/29898/



2店舗のスタイル、差がありますね。一方はジャケット&ニットスタイル、もう片方はジャケットなしのニットスタイル。ですが、どちらもタイドアップしている点が、昨年あたりからお勧めしているコーディネートです。ブルゾンだと一般的にはカジュアルでノーネクタイを連想されるお客様も多いかと思いますが、ボタンダウンシャツにタイドアップした上に、このブルゾンを羽織るだけで随分大人っぽくなるものです。しかも、皆様もお持ちのアイテムと合わせやすいのではないでしょうか。


その他に<Barbour(バブアー)>ですと、こちらからチェック出来ますので是非確認してみてください。⇒ https://www.beams.co.jp/search/?sex=M&label=0021&brand=000229&search=true

これから10月にかけて入荷するものは、店舗でも公式サイトでもご予約を承っておりますので、チェックしてみてください。⇒(予約受付中)

その中ではこちらのトレンチコートがおすすめです。色合いといい、生地の質感といい、素敵すぎます!https://www.beams.co.jp/item/beamsf/coat/21190358197/?color=68 入荷が待ち遠しいです。

Barbour / 別注 WHITLEY ウールトレンチコート
価格:¥120,000+税
商品番号:21-19-0358-197



そう言えば、店舗で人気ブロガーと紹介した<小林 俊>(ビームス二子玉川)。

https://www.beams.co.jp/staff/188/ 毎日情報更新しているので是非参考に、そしてフォローしてみてください。


こちらのご利用も是非お勧めです。https://www.beams.co.jp/news/816/



では、また次回お会いしましょう。

長友 (私も続々、更新中!)


ORDER JACKETと生地ファイル、そして拘り(想い出話を交えて)

こんにちは。久々のブログ投稿の長友です。コツコツ、フォトログやっています。


もうご存知ですよね!期間限定のダブルポイントが貰えるオーダーフェア開催中。ダブルポイントが付くオーダー期間は9月2日まで→今週末までですね。https://www.beams.co.jp/news/1068/

ページもアップデートしてクリエイティブディレクター中村がリコメンドする生地や、フェア開催店舗スタッフがお薦めする生地も紹介しています。→ https://www.beams.co.jp/photolog/?hashtag=1100 各スタッフ、なかなか個性もあって見応えあります。



タイトルの件は、さておき。メンズドレスウェアを取り扱うショップでこのようなファイルをご覧になられたお客様多いのではないでしょうか?オリジナルの袖もの(ジャケット&スーツ)の型と生地ラインナップをご覧頂けるんです。

あんなこんなジャケット、スーツって取り扱っていますか?のお声を掛けていただければすぐにスタッフがご紹介してくれるファイル。


僕も、店舗スタッフだった頃は何度も何度もページを捲ったものです。懐かしいなぁ。

BEAMS Fのオリジナルジャケットとスーツは自社管理体制でプロダクトしていて、拘りがつまった自慢のラインナップです。毎期、更に精度を高めようと店舗スタッフが接客で感じたり購入して感じた癖をアップデートすべく、シーズン終了時にはバイヤーにレポートアップ。その後中村や西口(Brillaの場合は無藤や高田)と社内の生産担当スタッフが工場サイドと話し合い確かめあって何度もサンプルアップするのです。この工程はかれこれ30年近く続けられていて、恐らく工場泣かせな業務かと思いますが、他のブランド様にはない姿勢に工場側も感服し真剣。だからこそ良いものが生まれ、コストパフォーマンスが高い製品になるのです。7年前ほど前までは毎年このレポートアップしていましたが、僕にとっても非常に有意義な作業でした。(※拘りポイントは24日に店頭配布された最新カタログでチェック出来ますよ。)



そんなオリジナルジャケット&スーツで今既に入荷しているものや、18AWこれから入荷予定の生地を一通り2日連続でチェックしてきました。


2つ気になる生地があったのですが、体型が大きく変わった事や気になる生地のモデルが欲しいダブルブレスト型ではなかったので、オーダーすることにしました。


フォトログで紹介しましたがこちらに決定!自分で採寸しちゃいました。



仕上がりが楽しみです。

ちなみに同じ生地でシングルジャケットをDe Petrilloにて展開中。https://www.beams.co.jp/item/beamsf/jacket/21160883380/


De Petrillo / POSILLIPO グレンプレイド+ペーン 3ボタンジャケット
価格:¥133,000+税
商品番号:21-16-0883-380


他におすすめオーダー生地、僕も紹介しています。→https://goo.gl/Brhio6

来月完成したら、アップします。


あっ、そうだ。ファイル是非ともチェックしてください。もちろん既製品も抜群に格好良いラインナップですから。

※フォロー&お気に入り登録、お忘れなく。

長友 



ヒットの予感18AW<タブカラーシャツ>

こんにちは。地味にフォトログ再開しています。

長友です。

さて、第二回目の【ヒットの予感18AW】シリーズ参ります。シリーズ化ということは前回が(※)好評だったからです。

タイトルの通り今回はタブカラーシャツについてです。

まずはイメージ!

BEAMS Fディレクター西口のinstagram(※こちら)より。是非フォローしてください。参考になる着こなしが盛り沢山ですよ。


実際に入荷している商品はこちら。↓


左から

BEAMS F / シャンブレー タブカラーシャツ
価格:¥14,000+税
商品番号:21-11-1046-563

BARBA / グラフチェック タブカラーシャツ
価格:¥28,000+税
商品番号:21-11-0611-607

ERRICO FORMICOLA / オックスフォードストライプ タブカラーシャツ
価格:¥25,000+税
商品番号:21-11-0781-264

ERRICO FORMICOLA / タッターソール タブカラーシャツ
価格:¥25,000+税
商品番号:21-11-0783-264


現在、公式サイトで取扱い中のタブカラーシャツ一覧→(※クリック)

ちなみにセール品でも少しございます。→(※クリック)


タブカラーシャツについては、80年代半ばから後半にかけて人気があった襟型で、昨今のクラシックスタイル復権によってアップデートしてきたスタイリングに欠かせなくなってきております。それを予感したスタッフやバイヤーが昨年あたりから徐々に自身のファッションに取り入れるようになり、今季は欠かせないアイテムとして今までにないほどバリエーションを揃えます。

昨年の冬のPITTI会場でのBrilla per il gustoバイヤー高田も、オリジナルのタブカラーを着用していました。



今期既に入荷しているものの中で、多くのショップがディスプレイに使用しているのが、<ERRICCO FORMICOLA(エリッコフォルミコラ)>のこちら。

商品番号:21-11-0783-264


ニットジャケットにジレとアーカイブ調のペイズリータイ。格好良いですね。こちらの使用アイテムはブログ下の(紹介アイテム)を御確認ください。


タブカラーと言えば、80年台後半から90年後半まで取り扱っていた英国のシャツメーカーがこぞって採用していたビエラ生地を思い出します。<PETER & MAGEE(ピーター&マギー)><ALEXANDER RADCLIFF(アレキサンダーラドクリフ)><JERMYN STREET SHIRT-MAKERS(ジャーミンストリートシャツメーカーズ)><Stephens Brothers(スティーブンブラザーズ)><BOWRING ARUNDEL(ボーリングアランデル)><CLEEVE of LONDON(クリーブオブロンドン)>などなど。私、45歳になりますが若手スタッフの多くが存在さえ知らないブランドかも知れませんが、同年から先輩スタッフ・上司には懐かしくてたまらないブランドだと思います。本当に、皆着ていましたら。着倒すほどに着ていました。

綾織りで起毛しているビエラの生地は、本当に温かくで丈夫で。少しくらいチクっとしても、それが英国らしくで我慢出来たものです。懐かしい・・・・

当時のビエラ生地のように起毛はしていませんが、懐かしくも有り目新しくも感じるタッターソールと、タブカラーシャツが18AWの【ヒットの予感】です。


今日は、少し尻切れ・・・・ですが、ここまで。

気に入って頂けたら、長友フォローとブログお気に入り登録お待ちしております。


ではでは。

公式サイト【BEAMS F】週間ランキング(予約商品編)

こんにちは。長友です。1週間続けていたブログが昨日途切れてしまいました。お話ししたい情報はまだまだあるのですが、今日は手短に!って言っていつも長くなるので本当に手短に。


予約商品先週のランキング→https://www.beams.co.jp/ranking/?sex=M&type=P1&label=0021&search=true&sort=-sum_amount_w

公式サイトでご紹介している2018AW新作の予約商品の先週ランキングの画面キャプチャ(スクリーンショット)です。

皆様早いですね。アウターが目立ちますね。

特にBARBOURは根強い人気。英国老舗ファブリックメーカーの生地を採用したクラシックBEDALEが格好良いですね。

Barbour / CLASSIC BEDALE グレンチェックジャケット
価格:¥68,000+税
商品番号:21-18-0220-197


適度にゆとりのあるオーセンティックなシルエットが特徴のオリジナルフィットが新鮮です。


現在、公式サイトで予約承り中のアイテムはこちらです。→

https://www.beams.co.jp/search/?sex=M&type=P1&label=0021&search=true,true


ブログ下部分の紹介アイテムでは、上の画面キャプチャの一部をご紹介しますね。店頭でも是非お問い合わせくださいませ。

皆、親切に案内して差し上げますので。

今日はこの辺りで。ではでは。

長友

公式サイトの便利な機能【タイムライン】をはじめよう

長友です。

いきなり画像から失礼します。この機能ご存知ですか?


気になるビームススタッフ、お好きなレーベル、近くのショップや特集ページや商品をフォロー(※商品の場合はお気に入り登録)してみましょう。フォローしたスタッフ、ショップ、レーベルの投稿情報をあなただけの【タイムライン】で随時チェックでき、あなた好みのタイムラインが出来上がるのです!

早速、僕のフォロー紹介と方法を伝授致します。

まずは僕がお気に入り登録しているアイテムです。勿論、BEAMS F(←クリックで商品一覧)やBrilla per il gusto(←クリックで商品一覧)の商品が並びます。


最近お気に入りした商品はこちらの軽量ダウン入りのHERNO(ヘルノ)コンビネーションブルゾンです。

HERNO / コンビネーション ライトブルゾン
価格:¥79,000+税
商品番号:21-18-0248-557

お気に入り登録するとオレンジに変わります。


次にフォローしているレーベルです。こどもビームス、BEAMS PLUS、EFFE BEAMSなども。レーベルページはこちら。→(※)

PC画面だとレーベル画像下右側をクリックでフォロー。


次にフォローしている店舗。僕の場合、メンズドレス取り扱い店舗全てと気になる店舗、自宅か近い店舗をフォローしています。店舗情報をここでもチェック出来るので、タイムラインに流れるのがいつも楽しみです。店舗はこちらから→(※) お好きなエリアに絞り混んで検索できますよ。


神戸が大好きで自分もかつて所属していた地区ですし、その後離れてから出来たビームス ハウス 神戸の情報はガツガツしてなくてさらりと見れるから好みなんです。ビームス ハウス神戸ショップ情報はこちらです。→(※)

次にショップスタッフ。さまざまな地区や一緒に働いたことのあるスタッフを先輩、後輩問わずバイヤーまで幅広く紹介しています。→※こちらよりMEN/WOMENを絞りこみ、名前をご存知なら検索して見てください。勿論、ショップを絞り混んでからも名前が分からない場合は探せますよ。ちなみに僕の2ページ目は女性ばかりです。


勿論、いつも楽しくストイックに業務に邁進する姿が格好良いPR安武もフォローしています。あえてリンクは紹介しません。ためしに探してみてください。


次にニュースページ。気になるイベントや告知をフォローできます。こちらから探せますよ。→(※)


スマホのトップページだとこちらの箇所のことです。


最近ブログで紹介したCINQUANTAのMORE VARIATIONのイベントもフォローしています。業務柄、来期や翌年に見返すことが多いので。お客様だとフォローしておくとお気に入り登録した履歴が確認出来るんで便利なはずです。あの店舗のあのイベントいつまでだったっけ的に、使えます。

https://www.beams.co.jp/news/1058/



そんなフォロー機能を活用すると、タイムラインがそれぞれのお客様ひとりひとりに出来るんです。スマホだと左上の(タイムライン)をクリック(タップ)すると確認出来ます。ちなみにフォローした何かの情報更新があると赤丸で知らせてくれます。パソコンだと右上です。



最近の僕のタイムライン。

早速(フォロー)して【タイムライン】始めてみませんか?

僕のタイムラインで、最近の強烈にインパクト大だったのがこちらのタイムライン。→https://www.beams.co.jp/styling/brilla_per_il_gusto/82954/



来週は少し忙しく、後半は実家のある宮崎に帰省しますのでフォトログ(※)中心になっちゃいます。

ではでは。

(SALE)夏の終わりは来年に向けて

昨日始めた【ヒットの予感18AW】シリーズブログ、お気に入り登録ありがとうございます。好評だったようで、ご機嫌さんなので今日もブログお付き合いください。長友です。

少し、最近長文でしたので今日はちょっと短めに。ちなみに、今日のブログは画像が2枚しかなく(※こちらをクリック)を押さないと楽しめません。


今日は、夏ももうしばらくで終了。ってことは、セール商品も8月をもってほぼ終了。大半の商品が次に出会えるのは来年。ですので今のうちにいかがでしょうか?


皆、大好き<LARDINI(ラルディーニ)>。時代の流れを捉えた提案が毎回素晴らしい。来年以降も使えるジャケットやジレなど、まだございます。→(※こちらをクリック)

次に<PT01(ピーティーゼロウーノ)>。パンツというアイテムをファッショナブルなものに変革させた代表的なブランド。→(※こちらをクリック)

続きまして、<Drake‘s(ドレイクス)>。数年前にネックウェア以外のトータルアイテムを展開するブランドへと成長。インスタグラムも注目したいおすすめブランドです。一覧→(※こちらをクリック)

最後にコート一覧。このアイテムは秋にも使える質感の商品が充実。→(※こちらをクリック)


ちなみに一番上の画像で西口が着用しているのは、<LARDINI(ラルディーニ)のカシミヤジャケット。カタログにも掲載されました。

商品番号:21-16-0246-115


全サイズとまでは言えませんが、このようにまだ名品がございます。是非ともこの週末にチェックしてみてはいかがでしょうか。

お盆休みの方も多いかと思います。異常気象の猛暑日が続きますね。どうぞまめな水分補給、ご自愛くださいませ。

あっ、すみません。最後にポロシャツいかがでしょうか。→(※こちらをクリック)


長友

ヒットの予感18AW<MACKINTOSH>

題して、ヒットの予感シリーズ始めようと思います。気の向くまま勝手にすみません。

長友です。

そんなタイトルでスタートするシリーズ第一弾は皆様ご存知MACKINTOSH(マッキントッシュ)です。

商品番号:21-19-0355-118

今日現在サイト上ではSOLDOUT表示となっていますが、近日中には入荷予定です。

この画像を見て、えっ何かの間違いじゃないのと思われているお客様がいるのなら、かつてはゴム引き(ラバーライズ)素材のコートのイメージからでしょう。勿論今もブランドでは生産していますが、現在は、よりタウンユースでファッショナブルなコートが充実しています。


デニムです。ステッチ効いてます!トレンチです。これだけでアズーロエマーロな一品です。別注です。

画像寄ります。

詳しくは、BEAMS Fアシスタントバイヤー芹沢が解説しています。→https://www.beams.co.jp/blog/beamsf/26478/


プリーツパンツ、モックネックニット、フェアアイルニット(←これに関してはまた後日)ガンクラブやグレンプレイド柄のジャケット、タッセル&ビットローファー、ネッカチーフ、キャンバススニーカーなどとコーディネートが色々浮かびます。


その他の別注MACKINTOSHはこちら。別注MACKINTOSHの全てがご覧頂けます。https://www.beams.co.jp/search/?label=0021&brand=001026&q=%E5%88%A5%E6%B3%A8&search=true

商品番号:21-19-0353-118


商品番号:21-19-0352-118


商品番号:21-19-0343-118


こちらのガンクラブチェックのステンカラーコート。昨日のCINQUANTA同様に、僕のハートを射止めたものです。サンプルが到着してすぐに袖を通しちゃいました。ややシルエットも大きめで柄もさることながらダンディーです。

エクリュカラーのコーデュロイパンツを合わせたくなります。ちなみに昨日のCINQUANTA→(※)の上にボタンを掛けず羽織っても格好良いと勝手に思っています。


いかがでしょうか?勝手に【ヒットの予感シリーズ】。お気に召されたらお気に入り登録お願い致します。好評でしたら継続しますね。

では、昨日ブログの<CINQUANTA(チンクワンタ)>情報解禁をお楽しみに。

長友

<CINQUANTA>スタッフが本気で勧めるレザーブランド

こんにちは。長友です。来週からフォトログも再開します。今日もブログお付き合いください。ネクタイとスーツスタイリングのブログいかがでしたでしょうか?

今日は、タイトル通り<CINQUANTA>(チンクワンタ)>に関して。


50、と書いてイタリア読みです。イタリアでは50はなかなか良い説目の数字で好まれるみたいです。年齢で言うと50歳は期も熟したナイスミドルといったところでしょうか。

前置きはさておき、写真です。


男心をくすぐるアイテムばかりですね。そうです!レザーアウターのブランドです。かれこれ15年ほどお取り扱いしています。ミリタリーアイテムやライダースジャケットを得意とし、企画力に富んだ長年注目し続けている屈指のレザーブランド。

アーカイブ等からヒントを得て、別注などにも取り組んでいます。

上の画像はほとんどがバイヤー(西口・高田)やプレススタッフ安武、昨日紹介した大島です。

店頭や公式サイトに継続展開品や今季18AW新作が入荷し始めましたので、スタッフもこぞってリコメンドしています。

ひとまずフォトログからどうぞ→https://www.beams.co.jp/photolog/?hashtag=2032

スタイリングはこちらよりどうぞ→https://www.beams.co.jp/styling/?hashtag=2032


特に目を引くのはこちらではないでしょうか。

商品番号:21-18-0134-837

ホースレザーでムートン使い、でも重すぎず分厚すぎずが好評。BEAMS Fディレクター西口の私物はこちら。同ブランドinstagramで紹介されました。

https://www.instagram.com/cinquanta_official/


素敵ですね!


なぜ本気でスタッフが勧めるのかは、単純明快。格好良いし、そのバリエーションも豊富で自身で欲しいスタッフが多いからでしょう。

僕はボーナスまで在庫が間に合うか分かりませんが、妻にこちらを買いたいと許可を得たいと思います。

商品番号:21-18-0243-837

担当業務の兼ね合いでEC撮影をした際に、懐かしさと新鮮さが入り交じり身震いしました。※本当に

<BEAMS F>40th ANNIVERSARY ITEMです。何かと話題になりそうです。かつて取り扱っていた軍ものを得意としているブランドのスタッフ私物を参考に制作したものです。


次にこちらを。

商品番号:21-18-0239-837

こちらもBEAMS Fアニバーサリーアイテム。15年近く前に取り扱っていて当時多くのスタッフやお客様に好評でした。ドライビングブルゾンは通常袖先がリブ仕様が一般的。でも、ニットやシャツがもたつかないようにカフ仕様に別注していました。
名品を現代のサイズ感にアップデートして甦らせました!

ドライビングブルゾンを他にもう1ブランド当時は展開して、カーゴパンツやドライビングシューズ(ARFANGO.CARSHOEなど)などとおすすめしていたのが懐かしい。

とにかく、圧巻のバリエーションです。いかがでしょうか?

明後日10日(金)は更に新しい情報を以下の部分に追記して解禁お知らせ致します。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

8月10日(金)【情報解禁】

https://www.beams.co.jp/news/1058/ MORE VARIATION開催


今回、別注品をはじめ通常取り扱いのないカラーリングや素材のアイテムをご用意したモアバリエーションイベントを開催します。
人気のライダースジャケットや、<ビームスF>の40周年を記念し、復刻したドライビングブルゾンもイベントに合わせた特別なカラーリングが登場。

MORE VARIATION商品はこちらです。

CINQUANTA / 別注 ムートン ダブルライダースジャケット
価格:¥199,000+税
商品番号:21-18-0236-837

CINQUANTA / ナッパレザー ダブルライダースジャケット
価格:¥148,000+税
商品番号:21-18-0233-837

CINQUANTA / 別注 スエード ドライビングブルゾン
価格:¥110,000+税
商品番号:21-18-0238-837

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

お楽しみに。


BEAMS F公式アカウントfacebookも地味にアップしています。詳しくはこちらよりどうぞ→https://www.facebook.com/beamsf1978/


長友

レジメンタルタイの勧め

こんにちは。今日もブログです。都内は雨、明後日木曜日あたりの都内は、台風直撃だとか。

何より西日本豪雨で被害にあわれたかたに想いを馳せます。


さて、昨日はスーツスタイリングの話題⇒https://www.beams.co.jp/blog/brilla_per_il_gusto/28236/今日はネクタイのお話。



クラシック復権により、ここ数年続いているネクタイのトレンド"レジメンタルタイ"。クラシックなクラブタイやアーカイブ的な色柄のものなど、様々なバリエーションをラインナップ。2018AWシーズンはクレストタイも豊富にお取り扱い予定です。


レジメンタルタイのスタッフ情報をフォトログから一同にご紹介致します。→https://www.beams.co.jp/photolog/?hashtag=5080


スタッフのレジメンタルタイを取り入れたスタイリング一覧はこちらより→https://www.beams.co.jp/styling/?hashtag=5080


十人十色、同じようなネクタイでも合わせるジャケットやスーツ、シャツ、シューズまで様々ですね。中にはワークジャケットやサファリシャツもありますね。

その幅広いスタイリングが可能なのが、レジメンタルタイの魅力。

そんな中から、同じ部署の彼のスタイリングをご覧ください。メンズドレス部門のヴィジュアルマーチャンダイザーの大島拓身です。

彼の投稿はこちらより確認出来ます。⇒https://www.beams.co.jp/staff/113/

色んな情報を発信していますので、フォローしておくと良いと思います。

上段右と下段右のネクタイは同じ。ニットジャケットにアーミーパンツ、ガンクラブ柄のジャケットにデニムパンツ。同じタイでもまったく違いますね。

個人的には上段のチェックジャケットに<Barbour(バブアー)>のブルゾンに太目のパンツとデザートブーツのスタイリングが好みです。

ちなみに18AWのBARBOURオイルドジャケットは、現在公式サイトでご予約承っております。⇒https://www.beams.co.jp/item/beamsf/blouson/21180129197/ 


デザートブーツは似寄りのものだとこちらです。⇒https://www.beams.co.jp/item/beamsf/shoes/21320106232/



そんな彼も好みそうなレジメンタルがこちら。

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/suit/21445980380/


このネクタイだけで、ブレザーやチノを連想させますね。

その他ですと、こちら。⇒https://www.beams.co.jp/item/beamsf/suit/21446003380/  ヘリンボーンとジャカード織りから形成されるWEB限定のネクタイ。ご要望ございましたら、店舗への取り寄せも可能です。ちなみに私がセレクトした生地です。


これなんかは、完全に僕の大好物です。近々スーツを購入しようと思うのですが、その目当てのスーツにコーディネートしたいなと思います。

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/suit/21445936380/


イタリア・コモ湖のシルクを採用したちょっとスモーキーな配色がたまりません。

機会があれば、購入するスーツとの組みあわせ紹介しますね。

セールでも残り僅かではありますが、在庫がございます。⇒https://www.beams.co.jp/search/?sex=M&tree=3016&beams_shop=66&q=%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB&search=true

こちらも是非、ご活用ください。



では、また次回。

長友


この記事のお気に入り登録は、名前の下。宜しければ名前をクリックして僕もお気に入り登録してみてください。

MY BROOKS BROTHERS STORYにディレクター西口が!

MY BROOKS BROTHERS STORY


こんにちは、長友です。

今日はちょっとしたNEWSの紹介です。ちょっとしたと言っても、その想いが詰まった内容です。


タイトルでも分かりますが、かのBROOKS BROTHERSサイトに弊社BEAMS F ディレクター西口が登場しました。

http://www.brooksbrothers.co.jp/200th/stories/detail-16.html?isSp=1


大人への第一歩を踏み出させてくれたブランド

当時とほとんど変わっていない それが良いなと思います

自分の中では絶対切っても切り離せない


そのような内容の取材形式です。

動画も是非ごらんください。⇒https://www.youtube.com/watch?v=luxzqlA45Fc&feature=youtu.be


18AWシーズンに取扱いを致しますが、ネクタイは既に店頭に入荷済です。近日中に一部ボタンダウンとブレザーも入荷予定です。

公式サイトではネクタイが近日中に紹介される予定です。待ちきれないお客様は、近隣のメンズドレス取扱い店舗までお問い合わせ下さいませ。


僅かですが、入荷予定商品を以下に抜粋して紹介致します。

品番:21110898190



品番:21110903






長友

※良かったらお気に入り登録をお願いします。

解説動画でバイヤー西口がリコメンドする靴(ローファー編)

こんにちは。

随分前に下書したまま公開するのを忘れていました。

中村動画の中で西口がリコメンドしているローファーです。


























商品番号:21-32-0003-232

商品番号:21-32-0007-232

物凄く柔らかくて春夏にさらっと履いて頂けるローファーです。いかがでしょうか?


<BEAMS F>40周年を記念した特別復刻シューズのルーツ

こんにちは。長友です。先週の靴のブログご覧頂けましたでしょうか。

(先週ブログ:この暑い時期ならではのスリッポンシューズ)

今日は、同じように<BEAMS F>40周年を記念した特別復刻シューズをご紹介致します。

言わば、先日の続編とでも言いましょうか。。。。


1989年10月に発行された雑誌BRUTUSの表紙です。

その中にこの【<BEAMS F>40周年を記念した特別復刻シューズのルーツ】が隠されています。


その前に、弊社クリエイティブディレクター中村のこちらのブログをお読みください。

こちら→https://ameblo.jp/beams-class/entry-12356681772.html

そうです。今日ご紹介するのは、こちら。

CROCKETT & JONES / 別注 GAVIN カーフ エプロンフロントローファー

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/shoes/21320138502/


CROCKETT&JONESのエプロンローファー。何故、エプロンと称するかはその形をご覧頂き想像ください。


先ほどのブログの中で、弊社中村はこう説明しております。

アンラインドで甲に飾りのないシンプルなスリッポンです。私がこの靴を始めて見たのはBEAMSでバイトを始めた80年代中頃。当時先輩たちが履いていた英国の伝説のブランドCROLLA(クローラ)のスリッポンでした。当時先輩たちがデニムやテーパードしたプリーツパンツに合わせていたクローラのスリッポンは、英国のデザイナーズブランドなど全く知らなかった新人の自分にとって、とてもインパクトのある靴でした。(中略)その数年後、ロンドンにあるPOULSEN SKONE(ポールセン スコーン)のレディーメイド(既製品)の靴をBEAMSが日本で初めて展開することになり、そのサンプルの中にクローラとラストもデザインも全く同じスリッポンがあったことから、「クローラのスリッポンは実はポールセン スコーンが作っているのではないか」という憶測が社内で起こりました。当時クローラのスリッポンはスタッフの間でとても人気があったので、BEAMSで展開するポールセン スコーンのコレクションの中に、このエプロンフロントのモデルは当然入ることになります。因みに、クローラのスリッポンだけでなく、当時のポールセン スコーンのレディーメイドの中にはEDWARD GREENのDOVERと全く同じUチップもありました。その後、BEAMSで初のポールセン スコーンのビスポーク オーダー会が開催されるのですが、当時来日していたJOHN CARNERA(ジョン カネーラ)とGEORGE GLASGOW(ジョージ グラスゴー)に「何故他のブランドとそっくりなモデルがポールセン スコーンのレディーメイドにあるのか」と質問したところ、「我々はビスポークの靴は自分たちで作るが、レディーメイドは他のファクトリーで作っている」という答えでした。つまり、ビスポークシューメーカーのレディーメイドや様々なブランドのオリジナルの靴は自社工場ではなく、ノーザンプトンの量産のできるファクトリーで作られていて、ポールセンスコーンの場合はエプロンフロントはクロケット&ジョーンズ、Uチップはエドワード グリーンで作っているという事をその時始めて知ることになります。(中略)

今では英国靴の裏事情は、靴マニアでなくても洋服や靴が好きな人であれば誰でも知っているようなことですが、80年代中頃のファッション業界ではほとんど知られていませんでした。60年代に誕生し、BEAMSではクローラ→ポールセン スコーン→クロケット&ジョーンズと、80年代から90年代の英国ブームを経て2018年に復活したこのシューズ。単に昔のモノを復刻させただけでなく、あくまでも今の流れに合っていることが復刻に至った理由です。

アメリカの雰囲気を持つ英国靴で、今のイタリアの服にも合う。まさに、今の流れに合う靴であることは間違いありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

29年前のその雑誌のページはこのような文言が並びます。


堅牢で実用性に富んだ英国の靴

名実ともに正解の最高峰に位置する

・・・・・・と、このページ内で英国靴を称しています。


この復刻シューズに魅了されたスタッフも多いのです。商品ページのフォトログもこのように充実しています。



BEAMS F ディレクター西口のスタイリングも多様です。

https://www.beams.co.jp/styling/beamsf/53895/


https://www.beams.co.jp/styling/beamsf/64130/


https://www.beams.co.jp/styling/beamsf/76938/



中村の説明にあるように

単に昔のモノを復刻させただけでなく、あくまでも今の流れに合っていることが復刻に至った理由です。

アメリカの雰囲気を持つ英国靴で、今のイタリアの服にも合う。まさに、今の流れに合う靴であることは間違いありません。


ですね。


この暑い時期ならではのスリッポンシューズ、他にスエードもございます。

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/shoes/21320139502/


この暑さが終わり、残暑→初秋にも良いですね。

それでは、また。


長友

50%OFF~のジャケット一覧

昨日は夏のローファーやエスパドリーユをご紹介した、長友です。

(昨日ブログ:https://www.beams.co.jp/blog/beamsf/27446/ )

本日は、セールがスタートして約3週間。ファイナルセール(※今なら複数点購入でセール品は更に10%OFF)がスタートして約10日。


まだ、ございます!

お買い得で今年も来年の春夏も活躍するジャケット。しかも50%OFF~を見てみましょう。

https://bit.ly/2LxGaZH 



先ほどの一覧をクリック頂くと分かりますが、今現在公式オンサイトで取り合っている50%OFF以上のテーラードタイプのジャケットは、なんと約35種。

夏らしい清涼感のある素材から明るいカラーや、今の流れを踏破した英国調の柄物まで豊富です。

こちらなど、いかがでしょうか?

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/jacket/21161512731/



春夏のブラウンカラーは地味で重ためな印象を受けやすいため、懸念されがちですが毛38% 絹34% 麻28%のため、かすり調で早春から晩秋まで活躍する生地です。

多くの媒体で活躍されているDAVIDさんも愛用中です。


https://www.beams.co.jp/photolog/69/25488/


話は少しそれますが、LARDINIの2018年秋冬の新作も続々入荷中です。

https://www.beams.co.jp/search/?sex=M&type=P0&label=0021&brand=000952&search=true

この画面一覧だけ見ても、次節の傾向が分かりますね。

定価商品に関しては、店舗での「ご試着・お取り置き」、オンラインショップでの「お取り寄せ」サービスの再開されました。

是非、ご利用くださいませ。

まだ、経験されていないお客様はこちら。⇒https://www.beams.co.jp/news/816/


では、また次回。

長友

この暑い時期ならではのスリッポンシューズ

こんにちは。長友です。

蒸し暑い灼熱の日が続きますね。


そんな時には、スリッポンタイプの靴を楽しみたいものです。


Brilla per il gustoページでご紹介しているスリッポン一覧です。

https://www.beams.co.jp/tag/ltop_180410_brilla/


そんな中から僕のお勧めはこちら。


20年近く前にBEAMS F で取り扱っていた、George Cleverleyのクラシックローファーと呼ばれているローファーです。この写真の靴は、私の私物ですが40周年を迎えたBEAMS Fレーベルから復活展開されています。多くの先輩も愛用し、今なお愛され活用している往年スタッフも数多くいますが、若い世代のスタッフにも支持されています。


こちらのように多くのスタッフがご紹介しています。

アシスタントバイヤーの芹沢もこのように、足元を掲載していますよ。

https://www.beams.co.jp/photolog/beamsf/27834/


商品ページの情報はこんな感じです。

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/shoes/21320136949/

卓越した技術力で世界中に名を馳せる、英国発祥の老舗シューズブランド<GEORGE CLEVERLEY(ジョージクレバリー)>より、<BEAMS F>40周年を記念してベストセラーが特別に復刻しました。ビスポークモデルだったクラシックローファーを90年代前半にレディメイドで世に広め、<BEAMS F>定番のシューズとして人気を博していた当時のディテールを忠実に再現しています。高い耐久性を生む英国靴ならではのグッドイヤーウェルテッド製法に、足を優しく包み込むアンラインドカーフを採用することで質実剛健を体現。ビスポーク由来の美的感覚を宿した、世代を越えて愛される傑作です。


良いですね。


他に、個人的に狙っている夏シューズがございます。しかもセール中です。

<ART OF SOULE(アートオブスール)>のエスパドリユです。https://www.beams.co.jp/item/brilla_per_il_gusto/shoes/24310003868/?rid=921

夏らしいカラフルな同タイプのシューズが多い中、シックで落ち着いたカラーのストライプが魅力です。今のうちに買っておかないとなくなりそうな予感です。今なら税込みで¥4.406。他商品と複数点数購入するとセール品は、更に10%OFFのファイナルセール中ですので、更にお買い得です。




今日はこの辺りで。

また明日お会いしましょう。


長友

【18SS傾向】業界の旬からスタンダードとなったネクタイ

こんにちは。

久しぶりですが、温かくなって参りましたね。皆様、お元気でしょうか?春の準備は整いつつありますか?

さてさて


今日は春夏シーズンネクタイ傾向を話題に。

この2年~3年で随分とクラシックなジャケットスタイルやスーツスタイルが席巻するようになり、その前兆としてはヴィンテージ調のネクタイが注目されはじめていました。

そこから遡ると、クラシックスタイルはあまり注目を浴びず飾り気なウェアやアクセサリーやシューズが話題となり、時代をリードしていたように思います。

その反動から、いわゆるクラシックの業界人がより正統なムードを追い求めるようになり、ヴィンテージやアーカイブ等の歴史を元に今一度本来の姿を取り戻そうというムードが高まって行ったのは、弊社クリエイティブディレクター中村のブログやfacebook、もしくは様々な紙媒体他メディアでご存知の方も多いのではないでしょうか。

ヴィンテージ調やアーカイブタイプのネクタイは今も色調や柄の種類がアップデートされながら、様々なサプライヤーからプレゼンされ実際に商品となり、店頭に並び好評頂いています。

出だしから蘊蓄っぽくてすみません。(まだ続きます)

そして、それと同じように注目され実際に店頭で大人気の種類がブロックタイプのレジメンタルタイです。弊社では【段落ち】レジメンと多くのスタッフが"昔から"読んでいます。昔から?

私も私なりに歳を重ね2サイクル位の時代をリアルに経験していますが、私より世代の上の先輩、上司はリアルに80年代を経験しこの"昔から"あるこの種のネクタイを必ずと言って良いほど購入していました。現に私も何本も購入したものです。今でも、店頭にあると気分上々になるのです。

始めにご紹介した写真は中村のイタリア出張時のものです。Stile Latinoのウールギャバジンスーツに色が立ちすぎないように配慮されたシャツとの組み合わせ。※instagramからお借りました。


正統派な本来のクラシックスタイルが見直されてきているのは始めにお伝えしましたが、実は地味に必ず毎年取り扱っているこの段落ちレジメンタルネクタイ。

上記のようなムードに注目し始めた業界人が一昨年辺りから増え始め、生地サプライヤーからの提案は少ないながらも着用するファッショニスタ達が出張シーンで気になり、弊社では取り扱いを更に増やしておりました。そしてBEAMSの店頭ではもはや定番に。

なおかつ、さらりと合わせやすく様々なカラーリングを取り揃えていますので、是非とも店頭でチェックして頂ければと思います。

80年代のアメリカンブリティッシュのイメージでイエローやオレンジ、グリーンなどの色使いが当時のイメージです。

BEAMS Fディレクター西口やその他のスタッフ投稿からもご紹介しますね。


http://www.beams.co.jp/photolog/beamsf/17686/


http://www.beams.co.jp/photolog/beamsf/23163/


http://www.beams.co.jp/photolog/beamsf/26443/


イタリア出張のディレクター西口、前回の冬のPITTI展示会にて。


中村と西口の2ショット。少しニュアンスは違うネクタイですが世代が違えど今まさに気分なのが伝わりませんか。



中村は違うジャケットにアズーロエマーロでまとめています。格好良いですね。



中村はメディア向けのプレゼンでも熱く語っておりました。


https://ameblo.jp/beams-class/entry-12335772966.html

私も店頭の様子をご紹介しています。JOHN COMFORTの段落ちレジメンタルです。

http://www.beams.co.jp/photolog/beamsf/23265/

このように力説リコメンドなネクタイ、試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに本日こちらのスタイリングコンテンツが公式サイトにアップされました。


定番から今の流れを踏襲した最旬まで、
ビジネスシーンの主役となる"スーツ"と"ジャケット"のお薦めスタイリングをご紹介しています。ぜひ参考に。http://www.beams.co.jp/special/2018SS_Recommended_Styling/Jacket_Suit/

ちなみにこのブログでご紹介したタイプの段落ちレジメンタルは以下の紹介アイテム欄で一部掲載しておきます。


では、またの機会に。

宜しければフォローください。

http://www.beams.co.jp/staff/1712/?type=2

長友





在庫が無いときの凄い新サービス

新サービスがスタートします!


本日3月1日(木)より在庫が無い時の救世主的サービスが大幅に拡大します。店舗に行ってそのお店に在庫がない場合、オンラインショップでサイトに在庫がない場合、皆様大いに経験されたことありますよね。

詳しくは、こちらのニュースページに詳細がございます。→※クリック


一例として、何百も生産取り扱いしていないスーツの場合としてご紹介致します。


オンラインショップでこちらのスーツを見つけたとします。もしくは仮に店舗を訪れた際に気に入ったディスプレイのスーツをサイトで確認したとします。

例)品番:21171030264

そんなとき、自分の欲しいサイズを店舗在庫から取り寄せて購入することが出来るのです。先ほどの品番のスーツ、私もフォトログでおすすめしてますが、かなり多くの店舗スタッフがリコメンドしていますのでおすすめ度合いの高さを感じます。


丸の内の高橋、新宿の芹沢、二子玉川のコバシュンなどなど。

さっ、本題へ。

欲しいサイズが50というサイズだとして在庫を確認するとサイトには在庫がない。困ったもんだ。お店で一度試着して着用感も把握してるし、いずれ購入予定で下見の際にお直しをする場合の採寸値もメモで貰ってる。でも、仕事が忙しくてまたお店に行ける機会がない。

そんなとき、救世主的このサービスを活用って訳です。

こんな流れです。→→→→→→



最後の決済ページまでサクサク行けちゃいます!


ここまでが取り寄せ購入までの流れ。凄い時代になりました。


ちなみにもっと凄いのは、オンラインショップで購入ではなく、商品ページから取り置きが出来ること。イメージは以下のような感じです。例として、先ほどのサイズ50のショップ在庫のお取り置きしたい時のイメージ。


ショップで試着する】をクリックして


ご希望の色とサイズをクリックします。


【この条件で検索する】をクリックして、お目当ての店舗にサイズがあれば申し込めます。


例)ビームスFで、【試着申し込みへ】をクリックするとこのような画面になります。


【試着を申し込む】※60分以内はキャンセル可能です。これで申し込みは完了。その後マイページにて申し込みの受け付け状況が確認出来ます。そちらの詳細はこちらです。詳しく説明されていますよ。→※詳細はこちらです。

手前味噌ですが、素晴らしい!オムニチャンネルです真骨頂です。

全般に関して詳しくこちらで説明しています。


http://www.beams.co.jp/news/816/

お店では、ご来店時在庫がなくても、オンラインショップの在庫をお取り寄せが可能に。更に、店頭にてお支払い後、商品はご自宅まで配送いたします。これ便利ですね。→詳細


また機会があれば再度ブログで紹介致しますが、試しにトライしてみませんか?

スーツじゃなくても、シャツやパンツやバッグでも良いと思います。自分がお客様なら是非とも活用したいサービスです。

追記)弊社アプリWeBEAMSでもご紹介しております。https://app.beams.co.jp/feed/detail?id=1752



では、また。

NAGATOMO

PITTI展示会でバイヤー西口がスナップされた靴の正体

こんにちは。NAGATOMOです。

今回も、NAKAMURA NOTE動画が更新されましたので、その中からタイトルの靴を紹介します。


今回も、このブログの主役はBEAMS Fディレクター西口。白黒でもスタイリッシュさが伝わりますね。

早速、その話題をご紹介しましょう。


パンツが徐々にゆったりしたシルエットが多くなる中で、足元も徐々にリラックスしたものが求められるようになっています。

この流れでドローストリング(ウエスト部分が一部ゴムだったり、ひも付きだったり)が出てきている中で注目される足元。

それは、レザーサンダルやエスパドリユ・・・・・。スニーカーが駄目!ということではなく、マッチングとしてはこのタイプが時代の気分・・・という話。

そんな昨年の夏のPITTIで、表現したのが西口の上記のタイプ。良い感じですね。

PITTI会場でスナップされ、数多くの写真が様々なSNSやサイトで世界中に拡散されておりました。


その靴が、こちら。(左のストライプ)

商品ページもございますので、是非ご覧くださいませ。⇒詳細はこちら。

皆さま、動画で中村やBrilla per il gustoバイヤー高田も登場しますので、(※こちらから)チェックしてみてください。


高田おすすめのサンダルも色気もあり、格好良いですよ!

商品番号:24-33-0004-506

動画VOL.3もUPされました。合わせてご覧頂けると嬉しいです。


N@GATOMO

解説動画でバイヤー西口がリコメンドする靴

こんにちは.NAGATOMOです。


ご存知のお客様もそうじゃないかたもいらっしゃるかも知れませんが、毎期好評の弊社クリエイティブディレクター中村達也の通称”NAKAMURA NOTE”。今季も動画を製作しました。

司会進行はPRの安武です。詳しくは安武のブログでも御覧頂けますが、その中でも私からは、BEAMS Fディレクター西口がおすすめする18SSリコメンドシューズの紹介です。

動画ページや弊社公式サイトページは、ブログの最後にご紹介致しますのでどうぞ最後までお付き合いください。

ですが、動画のスクリーンショットのみで紹介します。

こちらの扉絵が、クリエイティブディレクター中村。いつもエレガントです。




早速、どうぞご覧ください。






















隣で聞いているBrilla per il gustoバイヤー高田も見入ってますね。

最後の中村のコメントにも納得。これぞ、時代性のあるクラシックですね。
実はこの靴、以前のブログでスタッフが声を揃えておすすめするであろうと説明したものです。詳しくは⇒こちら。

もっと詳しい画像も御紹介致します。


商品番号:21-32-0138-502

OEM経験で培われたバランス感覚がクロケット&ジョーンズ最大の武器”。これぞCROCKETT&JONESの強み。

フル動画はこちらよりご覧頂けます。⇒詳細はこちら。

宜しければ、弊社公式オンラインサイトや店舗にて事前ご予約も承っております。


N@GATOMO

再値下げアイテムを発掘

こんにちは。NAGATOMOです。


早速、行きます。

Brilla per il gustoブログでご紹介しましたが、今回はBEAMS Fよりお届け。


タイトルとこの画像で分かりますね。更に値下げしたアイテム(※先週1/11~)のご紹介。


BEAMS Fの再値下げアイテムはこちらです。(→詳細) 公式サイトで在庫ありだけで絞り込むと、こちらです。(→詳細)

店舗別で絞り込んでみて行きましょう。(※各店舗で取り扱う公式サイト展開品番)

ビームス ハウス 丸の内で公式サイトで展開品番で絞り込むと、こちらです。(→詳細) ビームス F(→詳細) ビームス銀座(→詳細) ビームスEX 横浜(→詳細) ビームス ハウス 神戸(→詳細)

このように気になるお近くの店舗の取り扱い商品を検索できます。<こだわり条件で検索する>の中から店舗を選んで頂き、気になる商品をクリック→商品ページで取扱いショップをクリック→カラー・サイズを選び、検索。

これで、気になる商品のご自身のサイズの有無が分かります。(前日の在庫データですので、詳しくは店舗までお問い合わせくださいませ)。

そんな中で、来年以降も活躍するであろうネルチェック生地のオリジナルITALY生産のシャツがおすすめです。


こだわり条件で、ブランドで検索なんかも出来ますので是非探してみてはいかがでしょうか。Sealup(シーラップ)HERNO(ヘルノ)Barbour(バブアー)MACKINTOSH(マッキントッシュ)PT01(ピーティーゼロウーノ)JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)など気になりますね。

宜しければ15日に投稿したブログも合わせてチェックしてみてください。(→詳細)


N@GATOMO(←インスタグラムみたいなフォトログ毎日やっています)

Buyer's recommend !2018Spring&Summer items

こんにちは。NAGATOMOです。

既にご存知のお客様も多いかと思いますが、まだまだ真冬な時期ですが店舗もオンラインサイトでも少しずつ春物新作が入荷しております。



例えば、季節に関わらず使いやすいバッグや人気ブランドなど様々な種類が入荷しています。

既に入荷しているこれらのアイテム以外に、少し先の入荷商品って気になりませんか?店舗ではipadを利用してご要望が有れば次の2018SSシーズンのアイテムをご紹介しています。

特にご要望が多い人気ブランドやバイヤー陣リコメンドアイテム、新ブランドはちょっと気になりますよね。そこでこちらの公式サイトで、一部ではございますが先に商品ページでご覧頂けるようにしているのです。

1月2日の私のフォトログでご紹介致しましたが、上の画像はサンプル品を着用した西口、高田、大島、安武です。彼らについてはPR安武のブログでチェックしてみてください。

予約商品の検索方法は→PC・スマホ画面右上の虫眼鏡のようなデザインの検索窓から、商品タイプ(予約商品を選択し)→レーベル(BEAMS F もしくは Brilla per il gusto)で検索可能です。

2つ以上のレーベルを複数選んで検索出来ませんのでまずはBEAMS Fからご案内。

BEAMS F←クリック

Brilla per il gusto←クリック

そんな中で私がご予約ページの撮影に立ち会った際に一番ぐぐっときたのがこちらの<LARDINI(ラルディーニ)>のジャケットです。


マーカシミヤのダブルブレスト・メタルボタンジャケット←クリックで商品ページ。

これは、ハンギングしてるだけでその趣は格別。サンプル品が沢山並ぶ一際存在感を放っています。

バイイングしたディレクター西口のスタイリング、参考にしてみてください。


ライトブラウンに馴染むマスタードカラーのサマーニットも素敵ですね。フロントボタンを敢えて留めずに、選んだ足元のシューズに合わせたリラックスした雰囲気。勿論、シャツのニットタイもOK.

西口のコメント←クリック

控え目にコメントしてますが、実は本気で惚れ込んでいます。そんな会話が最近デスク近くで聞こえてましたから。

ちなみにエスパドリユは今期から取り扱う新ブランドの<Don Quichosse(ドンキーショス>です。


フランス政府が認定した現存遺産企業に登録される名の通ったブランド。なんと税込11,016円。商品ページはこちら


西口、高田、安武のスタイリングを撮影したのはメンズドレス部門ヴィジュアルマーチャンダイザー大島です。

彼もサンプル品を着用しています。


こちらから、どうぞ。

http://www.beams.co.jp/styling/beamsf/52535/

大島が撮影したBrilla per il gustoバイヤーの高田のスタイリングも充実しています。


詳しくはこちら

ブログの下書き時点ではご予約承り中だったのですがジャケットのT-JACKETもパンツのGiabs ARCHIVIOも店頭に少しずつ並び始めてるようです。

Giabs ARCHIVIO→http://www.beams.co.jp/item/brilla_per_il_gusto/pants/24230027348/

安武のスタイリングもご案内したいのですが、随分長くなりましたので反響あれば続編で。

一部だけのご紹介でしたが、このように様々なアイテム、ブランドが充実しています。宜しければ先ほどの予約商品一覧で今一度確認してみてください。


追伸)昨日ブログでご紹介したPITTI情報ですが、PR安武がブログでご紹介しております。

詳細はこちらからご覧頂けます。


では

NAGATOMO