沖縄の再生ガラス

徳永 2018.07.20

皆様こんにちは。


毎日、暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

そんな暑い毎日を、少しでも涼しく過ごせるアイテムが入荷しましたのでご紹介します。



清天工房のコップは、沖縄県の読谷村で作られています。


ガラスの空き瓶などを原料にし、手吹きによって作られる器は、一つ一つ色や大きさが微妙に異なり、温もりを感じるガラスです。


こちらの小鉢と小皿は、沖縄県那覇市で製造。こちらも、再生ガラスを素材として、使用しています。口吹きならではの表情と厚みが特徴です。


別々に使ってもいいですし、カップ&ソーサとして、セットで使うのもオススメです。


どちらも再生ガラスですが、雰囲気が違う所も面白いですね。


ガラスを使って、暑い夏を涼しく感じてみませんか?


BEAMS JAPAN5F

Tokunaga Shiori