my vintage BEAMS

it'sok MURAKAMI 2018.10.15

ブログをご覧の皆様こんにちは。

it'sokこと村上でございます。

実は先月の18日に大阪梅田ルクアのビームス 梅田に異動いたしました。

先にご報告が遅くなりましたことお詫び申し上げます。申し訳ございません。

そこで心機一転。

梅田でもブログを更新していきたいと思い、ようやく投稿することができました。

ご来店いただいていますお客様の中にはご存知の方も多いですが、関西では古株のスタッフになります。そこでそんな古株のスタッフならではのブログができないか考えていましたら、周りからヒントをいただくことができました。

タイトルは〈my vintage BEAMS〉

シリーズとしてどこまで続くか分かりませんが、どうぞお付き合いくださいませ。

そこでシリーズ1回目となる今回は

1520年前当時のパンツといえば、〈INCOTEX(インコテックス)〉今も当時も人気でした。その当時のモデルは36番。

ただこの36番はヒップとモモ周りもたっぷりとあるテーパードモデル。平尻のわたしには全く合わず、その中でわたしに合うパンツを探した時に出会ったのが



この〈BERNARD ZINS(ベルナルド ザンス)〉のモデル名MATT


右はチャコールグレーのウール100%のフランネル

左はダークブラウンのウール85%カシミア15%


ヒップ周りが小さくて平尻のわたしにもぴったりフィット。そしてその美脚シルエットが気に入りました。


しかし、流れは変わりスーパースリムやら細身の流れの中でしばらく寝かせていましたが、最近のコーディネートにも組み込めるかと思い、先シーズンから再び登場させました。





MADE IN FRANCE



深い股上のノープリーツと裾幅22cmのタップリ目の膝下が当時も今もたまらなく好きなんです。丈は当時よりも2cm詰めてみました。

いかがでしょうか?

ひょっとしてお客様の中にも昔のお気に入りを寝かせている方も多いのではないでしょうか?

もしまた復活させることができないか?とお悩みの方はぜひご相談くださいませ。

なんとかできるかもしれませんよ。

ご来店は平日がおススメです。

梅田ルクア3Fでお待ちしています。



it'sok