スタッフ「赤塚」の記事

『THE CRAFTED』開催中!

みなさん、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。


8月6日より『THE CRAFTED』がスタートしております。本展示では、7名の写真家のフィルム写真を再編集したZINEシリーズ『THE CRAFTED』の発売記念した写真展になります。


7名それぞれのZINEの販売はもちろん、オリジナルプリントとは異なるオブジェとしての印刷物の楽しさを体験できるTシャツセット、トートバッグセットの販売もしております。



まずは展示・販売中の写真作品のご紹介。



伊島薫

伊島薫さんには「アメリカの匂い」がつきまとう。DFPは、伝説のカセットマガジン『TRA』や『zyappu』など、写真家の枠に収まらない活動をするクリエイターの原点を知りたいと思い、伊島さんの事務所の膨大な写真が眠るキャビネットを掘り起こした。発見したのは、伊島さんがプロになりたての頃に、雑誌の懸賞論文の賞品として旅したアメリカの写真。憧れのアメリカの雄大な大自然を撮りに行った伊島さんは、その風景を撮らずに反対側を向いて風景を見つめる観光客を撮影した。あたかもサスペンス映画のワンシーンのような不穏さが感じられる観光客の表情からは、40数年の時を超えて、「畏怖に値するアメリカの大自然の偉大さ」が漂ってくる。



井出情児

ロックフィルムの第一人者。唐十郎主宰の劇団・状況劇場の役者を経て、1967年頃から アングラ演劇や音楽の写真、映像撮影を手掛け、テレビ番組、プロモーション・フィルム の制作、撮影を担当。矢沢永吉、甲斐バンド、ARB、佐野元春、RCサクセション、鼓童、 YMO、Charなど日本の音楽シーンをリードするミュージシャン、シカゴ、サンタナ、 エアロスミスら国外のスター・ミュージシャンのフィルムを撮影監督。また俳優松田優作 から絶大な信頼を受けプライベート・フォトを撮り続けた写真家としても知られる。 その実績は日本映画技術受賞のほか、カナダ New Media Festivalプロミュージックビデオ部門グランプリ受賞、カンヌ MIDIM 長編音楽映像部門グランプリなど国外でも著名。




長濱治

雑誌全盛の60年代半ばから、今では夢のまた夢のような時代に100万雑誌と言われた『平凡パンチ』(現マガジンハウス刊)のヌードグラビアなどを撮影していた長濱治さん。大好きなBLUESをテーマに1989年からの4年間、アメリカ南部ブルーズのメッカにのべ10回撮影しに出かけて行った。No appoint No connection。強面のブルーズマンに怯むことなくCorn Whiskyを手土産にアタック。その情熱が初対面のブルーズマンたちの心に響いたのだろう。この時の写真をDFLがアップサイクルして2020年2月『Cotton Fields』をトランスワールドジャパン社から刊行。この写真集のスピンオフとして貴重なベタ焼きをデザインした。写真家の視線の先をうかがい知ることができる。




片岡義男

20歳の学生時代から文筆家として活躍し始めた片岡義男さん。数多くの作品を発表し続けて60年。もうひとつの顔が写真家である。片岡義男さんの写真に対しての考え方はいたってシンプルだ。レンズを被写体に向けた時、すでに五感は働いているわけだから、あとはどのタイミングでシャッターを切るか。つまり写真は六感であるという。また、東京の街は変化が大きい。変化とはそれまでなかったものを手にするためにそれまであったものを捨て去ること。捨て去られないうちに写真に撮っておくなら、捨て去られた後もずっとそれらの写真は問答無用に記録として残る。写真は変化の記録ともいえる。この『東京をたべた』は、まさに写真に対しての片岡ワールドを具現化した作品だ。




谷川俊太郎

谷川俊太郎さんは、言うまでもなく日本を代表する詩人である。ご自身も写真を撮り、写真家とコラボした書籍もたくさんある。今回、DFPがZINEにしてみたいと思ったのは、「この稀有な詩人は、若いころ何を見ていたのか?」ということだった。日本がまだ貧しかった頃、若い詩人はカメラのファインダーから世界をどのように観ていたのか?日々の生活の中で詩人はどんな瞬間を大切に感じていたかを、詩の言葉ではなく撮影した眼差しを通して追体験したいと思った。そんな訳で、谷川さんのクローゼットに眠っていた2眼レフカメラで撮影された膨大なネガの山から、谷川さん自身が選んだ写真が、数十年の時を経て日の目を見ることになった。



三浦憲治

YMO、広島出身の矢沢永吉、奥田民生などミュージシャンのLIVEコンサートなどの写真集を手がけている三浦憲治さん。これまで出身地広島をテーマにした写真を撮らなかった。それは広島をテーマにしたものは写真家にしても文筆家にしても立派な作品を残している。自分の写真では被爆地としての広島をテーマにすることは難しいと考えていた。それが「広島生まれなのだから広島をとってみたら」という友人の何気ないひと言がきっかけとなり8年ほど前から、今の広島を撮り始めた。被写体を動かして撮るのではなく、自らが動いて被写体を撮るカメラ小僧三浦憲治さん。ここには水を得た魚のように自分が感じた、戦後70余年の広島の今が、撮りたいミウラヒロシマが切り取られている。



渡辺達生

渡辺達生さんは、日本を代表する女性カメラマンである。雑誌「GORO」を初めとして、たくさんのメディアで五千人以上の美女たちの美しさを僕らに届けてくれた。DFPは渡辺さんの「プライベートで撮影した女性ヌード」を見たかった。仕事で数多くの女性を撮影し続けてきた写真家が行き着いた究極の「女性ヌード」は、決してグラビアに出てくる細身でスタイルのいい女性ではない。渡辺さんにとっての女性の原点は、子供のころに脇や乳房の下に手を入れるとちょっと湿った暖かさを感じる豊穣な母のイメージ。私家版で刊行した写真集から抜粋した「渡辺達生のミューズ」の写真は、現代の女性が失ってしまった大らかで縄文的な豊かさに満ちている。

写真作品は、プリントのみ・額装込みどちらでも販売可能です。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合せください(03-5368-7309)


次は展示会場・オンラインにて販売中の物販品のご紹介。



Zine ¥2,420(税込) ※各種限定500部

本展示に参加している7名の作家によるZine。展示に来た際はぜひお手にとってご覧下さい。



THE CRFTED BOX SET ¥22,000(税込) ※各種限定500部

7タイトル全てのZineがセットのスペシャルBox。

それぞれの作家のサイン入り。


 


 


 


 


Zine+Toteバッグセット ¥4,950(税込) 

ちょうどいいサイズ感のトートバッグは様々な場面で活躍してくれそうです。


 


 


 


 


 


 

 


 


 


 

Zine+Tシャツセット ¥7,700(税込) 

これからの秋の季節に活躍しそうなロンTは、1枚で着ても様になるデザインばかりです。


以上ご紹介でした。


会期は8月29日までです。

皆様のご来店、お待ちしております。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。




・Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております


Instagram→b_gallery_official


Twitter→@B_GALLERY


Facebook→@BgalleryBEAMS


HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY



・BEAMS JAPANに関しての情報をご覧頂く場合は、インスタグラムと店舗フォローがオススメです!


BEAMS JAPAN Instagram→BEAMS JAPAN


BEAMS JAPAN→店舗フォロー



次回展覧会「THE CRAFTED」のご案内

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

8月6日から始まります次回展覧会のご案内です。




Bギャラリー」では202186日(金)から829日(日)の会期にて、写真家7名のフィルム写真を再編集したZINEシリーズ「THE CRAFTED」の発表を記念した写真展を開催いたします。


・参加作家 : 伊島薫、井出情児、片岡義男、谷川俊太郎、長濱治、三浦憲治、渡辺達生

・開催期間:202186日(金) - 829日(日)


「失われつつあるフィルム写真の素晴らしさを、新しいカタチで伝えよう」アートディレクターと編集者の思いつきから始まった「Dear Film Project」。そのスタートは、長濱治氏がプライベートで4年にわたりアメリカのブルーズマンを撮影したフィルム写真を再編集した『Cotton Fields』でした。そして、この写真集からスピンオフとしてZINEを作るアイディアが生まれました。

THE CRAFTED」は、そのアイディアを拡大し、TOKYO CULTUART by BEAMSとコラボレートして、賛同してくださった7人の写真家のフィルム写真を掘り起こし、再構成して、クラフト的な32PZINE(各500部限定シリアルNo入り)にまとめたものです。

大量生産にはないハンドメイド感を大切にしつつ、デジタル・ネイティブ世代にも作家の視点のユニークさや、フィルム写真の奥深さを楽しんでもらえればと思います。

会場では、ZINEの他に、オリジナルプリントとは異なるオブジェとしての印刷物の楽しさを体験できるTシャツセット、トートバッグセットの販売も行います。

Dear Film project

Dear Film Project」は、過去、あまたの写真家がフィルムに収めてきた心震える一瞬を掘り起こし、再評価し、まったく新しいコンテンツとして創造する、というコンセプトでスタートしました。

フィルム写真には、光によってフィルムの銀が物質化されるという特性から生まれる独特の味わいや奥行き、風合いがあります。

フィルム全盛の時代、多くのカメラマンが自らの感性を拠り所にシャッターを切った素晴らしい写真は、発表・未発表を問わず、今も人知れず倉庫に眠っています。

Dear Film Project」は、フィルム写真が喚起する「スピリット」こそが、私たちが守り、残していくに値する文化であり、次世代へ伝えたい写真の可能性でもあると考えます。時を超える魂の宿ったフィルム写真の素晴らしさを再発見し、さまざまな新しいプロダクツを通して、次世代の人たちとも共有できれば、と考えています。

新型コロナウイルス感染症による来店時の注意事項

・入口にて検温にご協力をお願いいたします。

・入場時に手指消毒の徹底をお願いいたします。

・入場時はマスクの着用の徹底をお願いいたします。マスクを着用していないお客様は入店をお断りする場合がございます。

・咳、発熱、息苦しさ、だるさ、頭痛やのどの痛み、においや味がいつもと違う など体調のすぐれない場合は来場をご遠慮ください。

・店内混雑時にはスタッフの判断で入店を制限させていただく場合がございます 。予めご了承ください。

・店内では大きな会話をお控えください。

・店内ではソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。 ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。


・Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております


Instagram→b_gallery_official


Twitter→@B_GALLERY


Facebook→@BgalleryBEAMS


HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY



・BEAMS JAPANに関しての情報をご覧頂く場合は、インスタグラムと店舗フォローがオススメです!


BEAMS JAPAN Instagram→BEAMS JAPAN


BEAMS JAPAN→店舗フォロー


Kousuke Shimizu 個展 「RANDOM CRAZE」紹介②

みなさん、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

今回は物販品と作品のご紹介です。







今回の展示作品の中でも度々登場しているキャラクターがプリントされたTシャツ。

両面にプリントされた1枚は今の季節に重宝しそうです。







CHAOTIC DISCORD II。今回の展示作品のグラフィックもいくつか収録されています。ポップとダークが入り乱れた独特の世界観がカッコいいです。




Edition5 



Edition5 



Edition5 



Edition5 



Edition5 



Edition5 



Edition5 


Edition5 


Edition5 



Edition5 



Edition5 



Edition5 



Edition5 



Edition5 













木箱は全て一点物です。

ちょっとした収納にも使えますし、存在感のあるグラフィックでインテリアのアクセントになります。


以上、ご紹介でした。

作品は全て展示・販売中です!

気になるものがございましたら、Bギャラリー(03-5368-7309)までお問い合わせください。



Kousuke Shimizu 個展『RANDOM CRAZE』


会期 : 7月9日(金)~8月2日(月)


開催店舗:Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F)

※新型コロナウィルスの影響により、営業日や営業時間を変更する場合がございます。各店舗までお問い合わせください。


Kousuke Shimizu GRAPHIC DIY ARTIST/ART DIRECTOR 東京を拠点に活動。アナログコラージュ、シルクスクリーン、イラストレーション、グラフィック、半立体物など様々な手法を取り入れ作品制作を続ける。東京やベルリンなどで個展を開催するほか国内外のグループエキシヴィジョンにも参加。 これまで、atmos、BEAMS、COMME des GARÇONS、KIDILL、STUSSY(USA)など国内外数十ブランドに作品を提供。木村カエラ、04 Limited Sazabys、GLAYなどの全国ツアーグッズ、NEWS、乃木坂46、東映、MEDICOMTOY、サンリオなどとも作品を通じてコラボレート。雑誌や広告、MV撮影のアートディレクションも手掛ける。




・Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております


Instagram→b_gallery_official


Twitter→@B_GALLERY


Facebook→@BgalleryBEAMS


HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY



・BEAMS JAPANに関しての情報をご覧頂く場合は、インスタグラムと店舗フォローがオススメです!

BEAMS JAPAN Instagram→BEAMS JAPAN

BEAMS JAPAN→店舗フォロー


B GALLERY 赤塚


kousuke shimizu 個展 「RANDOM CRAZE」紹介①

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。


7月9日からKousuke Shimizu 個展『RANDOM CRAZE』スタートしております。


Kousuke Shimizuさんは、

様々な手法を取り入れた作品制作だけでなく、atmos、BEAMS、COMME des GARÇONSKIDILL、STUSSY(USA)など国内外数十ブランドへの作品提供。木村カエラ、04 Limited Sazabys、GLAYなどの全国ツアーグッズ、NEWS、乃木坂46、東映、MEDICOMTOY、サンリオなどとも作品を通じてコラボレート。雑誌や広告、MV撮影のアートディレクションも手掛けるなど幅広くご活躍されています。

今回の展示では、ダークな雰囲気のグラフィックにポップなキャラクターが登場していたり、ポップなキャラクターがメインビジュアルかと思えばキャラクターの表情がどこか不気味だったり、ポップとダークな要素が絶妙なバランス感で表現された作品をご覧頂けます。


では、早速ですが展示・販売中の作品を一部簡単にご紹介していきます。


こちらの作品のみ原画。写真上では、プリント作品にしか見えませんが、キャラクターのアウトライン、中の黒塗りまでしっかりと描きあげられています。

ぜひ実物でご覧下さい。


Edition5 プリント作品


複数の人形を組み合わせて作られた1点物の人形。


Edition5 プリント作品


Edition5 プリント作品


Edition5 プリント作品


Edition5 プリント作品


Edition5 プリント作品


Edition5 プリント作品


1点物の人形ランプ。2個で1セット。

ベッドサイドのランプとしていかがでしょうか。







1点物のソファー。クッションカバーなどはご自身で縫って作られているスペシャルなソファーです。本展示でも一際存在感があります。

既製品にはないスペシャルな



本展示で物販品などでも度々見受けられるポップなキャラクターが印象的なラグマット。Edition5、気になる方はぜひご検討ください!


今回のブログでのご紹介は以上になります。


作品は全て展示・販売中ですので、気になるものがございましたら

お気軽にお問い合わせ下さい(03-5368-7309)


次回も作品のご紹介をしていきますので、もしよろしければそちらもご覧下さい!


最後までお読み頂き、ありがとうございました。



Kousuke Shimizu 個展『RANDOM CRAZE』


会期 : 7月9日(金)~8月2日(月)


開催店舗:Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F)

※新型コロナウィルスの影響により、営業日や営業時間を変更する場合がございます。各店舗までお問い合わせください。


Kousuke Shimizu GRAPHIC DIY ARTIST/ART DIRECTOR 東京を拠点に活動。アナログコラージュ、シルクスクリーン、イラストレーション、グラフィック、半立体物など様々な手法を取り入れ作品制作を続ける。東京やベルリンなどで個展を開催するほか国内外のグループエキシヴィジョンにも参加。 これまで、atmos、BEAMS、COMME des GARÇONS、KIDILL、STUSSY(USA)など国内外数十ブランドに作品を提供。木村カエラ、04 Limited Sazabys、GLAYなどの全国ツアーグッズ、NEWS、乃木坂46、東映、MEDICOMTOY、サンリオなどとも作品を通じてコラボレート。雑誌や広告、MV撮影のアートディレクションも手掛ける。



・Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております


Instagram→b_gallery_official


Twitter→@B_GALLERY


Facebook→@BgalleryBEAMS


HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY



・BEAMS JAPANに関しての情報をご覧頂く場合は、インスタグラムと店舗フォローがオススメです!


BEAMS JAPAN Instagram→BEAMS JAPAN


BEAMS JAPAN→店舗フォロー




B GALLERY 赤塚


magma 個展 「SUMMER CHAIR 21」紹介②

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。


前回のブログに引き続き、展示作品のご案内です。






SUMMER STOOL 3

W415 D415 H430 mm

¥165,000(税込)

ポップな見た目のスツール。

実際に座ってみると安定感があり、座り心地は抜群。

2枚目の写真は店舗でも販売中のmagmaキーホルダーを什器ごとスツールの上に置いてみた様子。とても良い感じです。

座るだけでなくスツールの上に何かお気に入りのモノを飾ったり、植物を置いてみても良さそうです。








SUMMER CHAIR 1

¥132,000(税込)

W460 D500 H1000 SH485 mm


シルバーの座面が特徴的な椅子。

随所にアレンジが加えられたリメイク要素も良いアクセントになっていてカッコいいです。





SUMMER CHAIR 4

¥132,000(税込)

W430 D470 H860 SH450 mm


様々なシーンで使えそうなシンプルな1脚。

組み合わせ方にmagmaらしさを感じますが、トータルの雰囲気としては良い意味でmagmaらしさをあまり感じさせない椅子ですね。







SUMMER CHAIR 9

¥110,000(税込)

W530 D480 H650 SH405 mm

展示作品では少し変わったフォルムの椅子。

随所にホームセンターに売っている既製品の部品を組み合わせられていて、アンティークのモノとの素材感のギャップが良いです。






SUMMER HIGH STOOL 1

¥110,000(税込)

W330 D330 H760 mm






SUMMER HIGH STOOL 2

¥110,000(税込)

W330 D330 H760 mm


カウンターがあるカフェなどでよく見られる高さのスツール。

ポップな脚のカラーリングと座面にアクセントがあるところが良いですね。


以上、ご紹介でした。

会期は7月4日(日)までですので、機会がございましたら是非ご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚



magma 個展 「SUMMER CHAIR 21」開催中です

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。



6月9日よりmagma 個展 「SUMMER CHAIR 21」スタートしております。

本展示は2020年に閉店となった麹町カフェから譲り受けたアンティークチェアをmagmaがリメイクし、椅子を中心とした家具、約20点を展示・販売中。


簡単にはなりますが、展示・販売中の椅子・ランプのご紹介です。







SUMMER CHAIR 5

¥165,000(税込)

W410 D450 H860 SH445 mm






SUMMER CHAIR 7

¥165,000(税込)

W450 D520 H950 SH445 mm


本展示のリリースにも登場している2脚。

座面には、直接イラストが彫られていたり、木製かるたがアクセントとして組み込まれているなどシンプルな佇まいの中にもmagmaらしさが感じられます。







SUMMER CHAIR 6

¥88,000(税込)

W370 D460 H850 SH445 mm

アンティークの座面・背中部分と水色のポップな脚の組み合わせの椅子。

展示作品の中でも、要素としてはシンプルながら爽やかな水色が良いアクセントになっており、且つ座りやすさも兼ね備えています。

異素材を上手く組み合わせるmagmaのプロダクトのカッコよさを個人的には感じました。








写真左

SUMMER  STOOL 1

¥88,000(税込)

W365 D330 H450 mm


写真右

SUMMER  STOOL2

¥88,000(税込)

W365 D330 H450 mm


先にご紹介したSUMMER CHAIR5にもありましたが、こちらは座面に木製かるたが組み込まれたスツール。

アンティーク特有の雰囲気ある脚とポップな雰囲気の座面との組み合わせがmagmaらしさを感じます。








SUMMER FLOOR LAMP

¥198,000(税込)

W350 D350 H1280 mm


本展示の中では、ぱっと見で1番magmaらしさを感じる作品ではないでしょうか。

雰囲気ある支柱に、magmaらしいポップな差し色の円板がアクセントになっています。

電源となる配線が黄緑色なのもカッコいいです。

存在感あるランプなので、ご自宅ならインテリアのメインとして申し分ないと思いますし、

雰囲気が合えば店舗などの什器として使うのもよさそうです。



以上、ご紹介でした。

次回も、ブログにて作品に関して簡単にご紹介していきますので、良ければご覧ください。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。



Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚


「ギャラリーコレクション展」は5月30日まで!

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

「ギャラリーコレクション展」も後半に差し掛かりました。

前回のブログでご紹介した作品以外に追加で展示・販売しているものをご紹介致します。



酒井義人

1982年生まれ 北海道出身 東京都在住。

Instagramやギャラリーでの展示を中心に活動。





タイトル : 「無題」

作家 : 酒井義人

素材・技法 : 紙に油性マーカー

販売価格 : ¥18,700(税込)※額装込み




タイトル : 「新宿サザンテラス」

作家 : 酒井義人

素材・技法 : 紙に油性マーカー

販売価格 : ¥18,700(税込)※額装込み




タイトル : 「高円寺」

作家 : 酒井義人

素材・技法 : 紙に油性マーカー

販売価格 : ¥18,700(税込)※額装込み




タイトル : 「白金台5丁目」

作家 : 酒井義人

素材・技法 : 紙に油性マーカー

販売価格 : ¥18,700(税込)※額装込み


ドラゴンボールや戦闘ストーリーなどから影響を受け、現代の社会や街、人々から感じる存在感をその戦闘モードにアウトプットした表現の作品が印象的な酒井義人さんの作品4点を追加で展示・販売中。

酒井さんらしい世界観が満載の作品ですので、機会がございましたらぜひご覧ください。





黒川知希

1975年三重県生まれ。

2000年よりイラストレーターとして書籍、雑誌、ウェブ、ファッション等のメディアでアートワークを手掛ける。

また、2008年よりNANZUKAに所属。絵画の制作も行なっている。























 

作家 : 黒川知希

タイトル : 『routine』

素材・技法 : キャンバスにシルクスクリーン

販売価格 : ¥33,000(税込)※4点全て同価格


こちらの作品は2019年に制作されたシルクスクリーン作品。

ペイントだけでなく、幅広い表現が出来る黒川さんならではの作品だなと個人的に感じます。

絶妙な配色がかっこいいです。



以上、ご紹介でした。

ギャラリーコレクション展は5月30日までです。

皆様のご来店、お待ちしております。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚




「ギャラリーコレクション展」開催中です。

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。


51日よりギャラリーコレクション展がスタート致しました。

本展示では、これまでに展覧会を開催したアーティストなどのお預かり作品や今後の活躍が期待される作家を一堂に会し、展示販売しております。

今回のブログでは、展示作品のご紹介をしていきます。



作家 : 酒井義人

タイトル : Ordinary man

素材・技法 : キャンバスにアクリル絵具

販売価格 :110,000(税込)



作家 : 酒井義人

タイトル : My wife

素材・技法 : キャンバスにアクリル絵具

販売価格 : ¥110,000(税込)


ドラゴンボールや戦闘ストーリーなどから影響を受け、現代の社会や街、人々から感じる存在感をその戦闘モードにアウトプットした表現の作品が印象的なアーティスト酒井義人。

しかし、こちらのキャンバス作品はそういった表現とは違い、アイコニックなキャラクターが描かれたシンプルな作品です。



作家 : 谷川俊太郎・Oblaat × muilab

タイトル : 『あさ』

素材・技法 : muiボード

販売価格330,000(税込)


ポエトリーコレクティブのoblaatとのコラボレーションの下、muiボードを通じて、谷川俊太郎氏の「あさ」(詩集『ベージュ』/新潮社 収録作品)を表示しています。

流れる文字をゆっくりとした気持ちで見ることができます。





作家 : 村上周

タイトル : SASTAINBLUE

販売価格85,800(税込) ※額装込み




作家 : 村上周

タイトル : MAKE BBQ GRILL AGAIN

販売価格85,800(税込)  ※額装込み



作家 : 村上周

タイトル : STANLEY KUBRICK’S

販売価格85,800(税込)  ※額装込み


目に映る街や風景をオブジェクトとして置き換え、独特なパースやスケール感を表現するアーティスト村上周。

遠目から見ると、手書きとは思えないほど綺麗に文字が書かれている点や、

マットの色と額の色が青で統一されている点などから見ても、

村上さんの細部にわたるこだわりを感じます。

上記写真のように壁に飾るのもいいですが、個人的には床に置いて、壁に立てかけるような形でラフに飾っても良さそうです。



作家 : 椋本真理子

素材・技法 : FRP

販売価格93,500(税込



作家 : 椋本真理子

素材・技法 : FRP

販売価格55,000(税込




作家 : 椋本真理子

素材・技法 : FRP

販売価格93,500(税込


ダムや水門、噴水、山などの人工的な風景をモチーフにFRP素材を用いて

作品を制作している椋本真理子。

既視感のあるモチーフでも、

FRP素材で制作されることで全く違った見え方や魅力を感じます。

サイズ感も小ぶりなので、

ご自宅でも飾りやすい作品です。




作家 : 牧田純

タイトル : 山火事だよ(わるいともだち)

素材・技法 : キャンバスにアクリル絵の具

販売価格 : 572,000(税込


ロックバンド<CAMISAMA>で歌とギターを担当。絵画にとどまらず、イラストやCDジャケットなどの分野でも幅広く活躍するアーティスト牧田純。

上の作品では可愛らしい動物のキャラクターが登場してますが、キャラクターの背景に広がる風景にはタイトル通り山火事が起きてます。

可愛らしい動物のキャラクターと、どこか毒っ気のある世界観のバランス感覚が個人的にはとても好きです。



作家 : 白根ゆたんぽ

素材・技法 : ミクスドメディア

販売価格 : 110,000(税込


様々な媒体を舞台にイラストを手掛けるイラストレーターの白根ゆたんぽ。

こちらの作品は電源があれば額の中がライティングされる仕様に。

また、中のコラージュとアクリル板のイラストが奥行きによってレイヤードされた状態になっているなど色々な仕掛けが魅力の作品です。



作家 : Kads Miida

タイトル : Lion&woman 憩』

素材・技法 : 紙にアクリル絵具

販売価格101,200(税込


自由である事、自然の一部である事" をテーマに生命力溢れる多彩な作品を創出するアーティストKads Miida。

こちらは、掛け軸を用いたイラスト作品。

個人的には、掛け軸に描くだけで気品のある印象になるので、とても不思議な魅力を感じます。




作家 : 菅原光博

タイトル : B.B.King 1978

B.B.King / 菅原光博 2名サイン入り

販売価格275,000(税込




作家 : 菅原光博

タイトル : Count Basie 1981

菅原光博サイン入り

販売価格201,300(税込


1972年からジャズ、ブルース、ソウル、レゲエ、ワールドミュージックを約50年間取り続けている写真家の菅原光博。

Bob Marleyが来日公演をした際には日本人で唯一撮影したカメラマンでもあります。

上の二枚は1950年代から晩年まで活躍されたブルース界の巨匠“B.B.King”、スウィング・ジャズの全盛期からビッグ・バンドをはじめ常にトップとして活躍し続けたアメリカ音楽界の巨匠“Count Basie”を撮影した作品。

菅原さんだからこそ撮れる写真であり、とても貴重な瞬間を捉えた作品になります。


以上、ご紹介でした!

何か気になる作品等ございましたら、お気軽にお問い合わせください(03-5368-7309)

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

B GALLERY 赤塚

Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚





CALMA by Ryo Okamoto 『PEOPLE FROM THE EUTOPIA』物販品紹介

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

今回は、展示会場にて販売中の物販に関してのご紹介です。





CALMA Type-A L/S

58-14-0183-218

¥13,200(税込)

フロントには展示タイトルロゴ、バックには展示のフライヤーにも採用されているビジュアルがプリントされた1枚。







CALMA Type-B L/S

58-14-0184-218

¥13,200(税込)

こちらもフロント、バック、袖にもプリントされた1枚。スポンサーが協賛しているかのように、様々なロゴが配置されたグラフィックが特徴的です。


























CALMA Tシャツ

74-91-7003-217

¥6,600(税込)

展示会場では、先ほど紹介したロンT以外にも半袖のTシャツ6種類を販売しております。これからの春先に向けて活躍してくれそうなプリントTシャツたちです。







CALMA CAP

74-91-7005-217

¥6,600(税込)

ツバの長いものと、短いもの。メッシュタイプなので、通気性も良く、カジュアルに被りたいシュチュエーションで活躍してくれそうです。





CALMA TOTE

74-91-7004-217

¥4,290(税込)

カラーは赤と黒。シンプルで癖がなく、縦幅もある程度あるので普段使いしやすそうなトートバックです。



CALMA シールセット

74-91-7007-217

¥2,530(税込)

バラ売りで販売しているステッカーがまとめて封入されたステッカーセット。このセットでステッカーが15枚入っているので、色んなものをカスタムできそうです。



CALMA グラス

74-91-7006-217

¥1,500(税込)

CALMAロゴが入ったグラス。意外と良い塩梅のグラスって中々ないので、個人的にはオススメです。



CALMA 冊子

74-81-7234-217
¥550(税込)

過去に作成された冊子。本展示でも展示している登場している作品、Believer Malachite、Believer Trilobiteに関しても紹介されています。是非お手に取ってご覧下さい。



CALMA ステッカー大

74-91-7009-217

¥220(税込)

CALMA ステッカー小

74-91-7010-217

¥110(税込)

写真では紹介しきれないほど、豊富な種類のステッカーも販売しています。展示に来た際の記念に購入頂くのにオススメです。



以上ご紹介でした!

みなさまのご来店お待ちしております。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚


CALMA by Ryo Okamoto 『PEOPLE FROM THE EUTOPIA』開催中です。

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。


4月2日よりCALMA by Ryo Okamoto 『PEOPLE FROM THE EUTOPIA』がスタートしております。

今回の展示はBギャラリーとしても珍しいコンセプチュアルな作品を展示・販売中。





Title : CALMA 文書2021

Sold Out



Title : Message Skull HEAD


上記写真のCALMA 文書2021を見ながら作品を見るとアートに馴染みのない方でもどういう想いでつくられているかを確認しながら鑑賞頂けます。






Title : Carrier

バイクをベースとして様々なモノがレイアウトされた作品です。乗り物をベースとした作品は見たことがないですが、バイクに対して色々なモノが絶妙なバランス感で配置されています。












Title : Carries imagination Tuiki copper ware

ヘルメットにスポンサーのステッカーが沢山貼られているように直接描かれています。

ただステッカーを貼るのではなく、実際に描いて再現するという細かいディティールにこだわりを感じます。是非店頭でご覧下さい。



Title : Fukusuke neon sign

かなり巨大なフクスケのネオンサイン。

展示物の中でも一際存在感があり、神々しく光るフクスケを見ているとご利益がありそうです。





Title : Believer Malachite





Title : Believer Trilobite

岡本さんが集めた厨子の中に孔雀石、三葉虫の化石が納められた作品。

厨子を用いるだけで、格式高く、また歴史あるものという風にも見え、見ていて不思議な感覚になります。





Title : All you need is life No.1〜No.6(No.1のみNot for sale)

スーツケースに牛皮のカスタマイズがされている作品。

アルミ素材と個体差のある牛皮の新鮮な組み合わせが魅力的です。

また個体識別番号として牛の耳に付けられる黄色いタグ・耳標をモチーフとしたタグにはRYO OKAMOTOと牛皮のカスタマイズを手掛けたSHOICHIRO IBUSHIと記載されています。







Title : Paper Uniform


Title : Paper Uniform small

バイクの選手が着るユニフォームを紙をベースに表現された作品。

紙をベースにしていることで本来のユニフォームに見られるようなしっかりとした素材感ではなく、どこか和の要素を感じます。実際にこういった感じのユニフォームがあっても面白そうですね。





Title : Spear

川で魚を捕る時などに使われるヤス。

ヤスの先端付近にはCALMAの文字が刻印されています。


以上、ご紹介でした!

何か気になる作品がありましたら是非、店頭でご覧下さい。

次回のブログでは店頭で販売している物販品をご紹介します。

最後までお読みいただきありがとうございました。


Bギャラリー赤塚

Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚

次回展覧会 CALMA by Ryo Okamoto 『PEOPLE FROM THE EUTOPIA』のご案内

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。


今回は次回展覧会のご案内。

4月2日より、CALMA by Ryo Okamoto 『PEOPLE FROM THE EUTOPIA』がスタート致します。

岡本はロンドンにて美術を学んだ後に、日本、アメリカ、オランダにて作品を発表。2018年に未来の部族の生活様式および表現行為をコンセプトとした<CALMA>を立ち上げ、バイク、立体、平面、インスタレーションなど多様な手法を用いて作品をするアーティストです。

<CALMA>について岡本が「博物館で鑑賞する部族とは、遠い異国の密林の民であったり、あるいは数千年前の人類の記録をいいます。しかし、今を生きる我々もまた未来の鑑賞対象であるはずです。今、この時代をどう生きたか?何を作り、何に重きを置き、何に問題定義して生きたのか?さまざまな事に思いをはせて作っております。衣 / 食 / 住 / 移動 / 信仰 / 対象 / 音楽や、時には医療に及ぶかもしれません。」と語るように、<CALMA>には博物学のアプローチが作品のコンセプトに用いられています。移動手段の道具としてのバイク、物資の保管庫としてのアルミニウムスーツケース、狩猟のための道具としての銛、衣服としてのレーシングスーツ、信仰対象として厨子にはいった鉱物、架空の未来部族の営みと芸術的・装飾的な行為の”記録”を様々なメディアと手法を用いて作りあげています。

近年、<CALMA>は作品の発表場所として、地方の旅館やホテル、店舗などを作品の展示場所として選んでいます。ホワイトキューブのような非日常の空間ではなく、日常と地続きである空間で未来の部族の作品を展示することで、鑑賞者に現代を生きる私たちの生活様式や自然環境を際立たせ、私たち人類が長い歴史の中で変えてきたもの/変化したことと、決して変えることがないこと/変化することがないことを意識させるとともに、未来の私たちについて思いを馳せることをうながします。


「CALMAとは未来の部族表現を現代におきかえたアートです。博物館で鑑賞する部族とは遠い異国の密林の民であったり、あるいは数千年前の人類の記録をいいます。しかし、今を生きる我々もまた未来の鑑賞対象であるはずです。今、この時代をどう生きたか?何を作り、何に重きを置き、何に問題定義して生きたのか?さまざまな事に思いをはせて作品を作っています。

衣 / 食 / 住 / 移動 / 信仰 / 対象 / 音楽や、時には医療に及ぶかもしれません。時と場所に合わせてそれぞれの<CALMA>のあるべき作品を表現しています。

現代では今を生きる部族のあるべき姿を作品展示し、未来では部族の資料としての博物館展示されるような世界観をめざしています。

重要視すべきは絵に描いた未来ではなく、地球環境という膨大な時間の中で生き抜いてきた生物や道具をアップデートし未来につなぎ飛躍させることだと信じている。まだまだ人が介入できていない宇宙が地球の中にあることを人間が軽視しているように感じます。人はまだ空中で生活はしていませんし、水中でも生活していません。新しい発想や物は混ぜることで産まれ、生物は混ざることで強くなります。人という特徴を最適化して生きられるような、そんな世界を感じるアートが作れないかとカルマの世界観を部族という目線で構成しています」ー岡本亮


開催期間 : 2021年4月2日(金)〜4月25日(日)

開催店舗 : ビームス ジャパン5階


※新型コロナウィルスの影響により、営業日や営業時間を変更する場合がございます。各店舗までお問い合わせ下さい。


岡本亮 / Ryo Okamoto

1977年 兵庫県生まれ。

1995年 18才ENGRAND,LONDON1995-2000美術留学

1996-1997年 Camberwell Art College LONDON Foundation CourseART SCHOOL ALASKA1000㌔川下り・全行程野営。自然、民族への興味が深くなる。

1997-1999年 Saint Martins Art College / Painting Course

1999年 21歳IDEE SHOP pacific TOKYO 企画個人展 「moon light tent」

翌年 同場所IDEE SHOP pacific TOKYO 企画個人展 「オオカミにはならない犬」

2002年 輸入雑貨 輸入直売/卸店EINSHOPを立ち上げ運営責任者、管理、仕入れ、デザインを取り仕切る。

2007年 6店舗の運営後、経営を退く

2009年 仕事の量を減らしARTへ取り組む時間を見直す

2010年 SUNDAY ISSUE 合同展示会 渋谷 東京

2012年 GIVE LIFE TO BRAID LINE 企画個人展 神戸/兵庫

2012年 “Lazerz!” Compound Gallery. Portland/OREGON/USA 2012年

Usuary Black but White PEN 『Fundamentals』boy TOKYO

2013年 “Oto e Salon BAND”live performance.(MIYAUCHI YURI/KOTA 

EZAWA/RIE TAKAHASHI) boy Tokyo

2013年 Gallery ON THE HILL / HILLSIDE TERRACE TOKYO

2014年 建築家谷尻誠 : SUPPOSE主催 「THINK45」出演

2015年 “BELIEVER”MiDori.So,2 galllery TOKYO
2016年 MONO JAPAN ロイドホテル アムステルダム

2017年 WSMA(ワズマ) 木造校舎現代美術館

奈良
2017年 CALMA by Ryo Okamoto OFFICE CAMP 奈良東吉野

2018年 CALMA by Ryo Okamoto ART FLAT 東京

2018年 CALMA by Ryo Okamoto スパイス研究所 新潟

2018年 CALMA by Ryo Okamoto Ash#1 1 GOODNEIGHBERS 鹿児島

2019年 CALMA by Ryo Okamoto 旅館大村屋 佐賀

2019年 RADIO CALMA 森道市場 愛知県

2019年 CALMA by Ryo Okamoto Ash#12 ホテルニューシノ 鹿児島
2020年 CALMA by Ryo Okamoto Ash#13 RHYTHMOS 鹿児島

Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚

「Sculpture No.1/ Shiro Ao by Hiroshi Iguchi」物販品紹介

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

本日は「Sculpture No.1/ Shiro Ao by Hiroshi Iguchi」のご展示会場にて販売中の商品のご紹介です。












Sculpture No.1 Tシャツ 

Color : White,Black

Size : S,M,L,XL

¥5,500(税込)

Item No.74-04-0031-891

本展示のメインとなるSculpture No.1/人形のグラフィックがワンポイントで刺繍されており、これからの春夏にオススメの1着です。



Sculpture No.1 zine

¥880(税込)

Item No.74-81-7233-891

本展示のメインとなるSculpture No.1/人形に関してのzineになります。

人形の写真は勿論のこと、ラフスケッチや打ち合わせの風景なんかも載ってますので、展示に来た際に1冊いかがでしょうか。



くらわんか碗


左側 くらわんか碗 子

Size : S

¥3,080(税込)

Item No.74-91-7002-891


真ん中 くらわんか碗 婦

Size : M

¥3,410(税込)

Item No.74-91-7001-891


右側 くらわんか碗 夫

Size : L

¥3,740(税込)

Item No.74-91-7000-891


毎日使えるような飽きのこないフォルム・デザインが魅力の「くらわんか碗」

実際に手に取ってみると分かりますが、高台にかなり重量があるため、置いた時の安定感や高台の高さが現代で使われているお碗とは少し違うのが特徴です。

また、こちらのくらわんか碗には「くらわんか碗無期限保証」が付いており、日常的な使用で壊れた場合にも、往復の送料を自己負担すれば一回に限り無償で新しい商品と取り替えてくれるサービスです。

こういった有難いサービスも付いているので、ずっと長くご使用頂けるようなお碗です。

保証サービスには、白青のWEBでのユーザー登録と購入時の包装箱(印付き)が必要となります。

サービスに関しての詳しい詳細は下記のリンクにてご確認下さい。

↓↓↓↓↓↓

https://shiroao.jp/kurawanka/


以上ご紹介でした。

会期は3月28日までです。お時間の合う方はぜひお越しください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚



「Sculpture No.1/ Shiro Ao by Hiroshi Iguchi」開催中です。

みなさん、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

3月5日より、「Sculpture No.1/ Shiro Ao by Hiroshi Iguchi」がスタートしています。

本展示は愛媛県砥部町で採れる良質な砥石「伊予砥」と「伊予砥」を原料として240年受け継がれてきた「砥部焼」の産業の可能性を探るプロジェクト「Shiro Ao」とデザイナー井口弘史による新しい試みを紹介している展示になります。




「Sculpture No.1/人形」

Color : 青白磁(せいはくじ)

¥11,000(税込)

※商品に関しての注意事項

・型を使用せず、職人さんが1点1点、手で制作されているため、形や色味に個体差があります。

・商品のお渡しは会期終了後のお渡しとなります(店頭受け取り又はご配送)





「Sculpture No.1/人形」

Color : 鈞窯(きんよう)

¥13,200(税込)

※商品に関しての注意事項

・型を使用せず、職人さんが1点1点、手で制作されているため、形や色味に個体差があります。

・商品のお渡しは会期終了後のお渡しとなります(店頭受け取り又はご配送)


この「Sculpture No.1/ 人形」のデザインは井口さんが手掛けており、愛媛では縁の深い十六日桜から着想を得てデザインされています。

※十六日桜(いざよいざくら)

旧暦1月16日に咲くといわれる早咲きの桜。

愛媛の地に縁が深く、「めづらしや、梅の蕾に初桜 うそのやうな十六日桜 咲きにけり」と正岡子規に詠まれたように、家族円満、健康長寿の象徴として、古くから多くの歌が残されています。


それを砥部で独自の活動を続けている池田麻人さんが実際に作るという流れで今回のメインとなる人形が生まれました。



青白磁(せいはくじ)


鈞窯(きんよう)


色味は青白磁と鈞窯の2種類。

青白磁は色味は基本的に個体差は肉眼で見てもあまり感じませんが、美しい品のある色味です。形だったり、線の表情だったりは微妙に違うので、青白磁の場合はその辺の好みで選ぶのもいいかもしれません。

鈞窯は色味の個体差が分かりやすく個人的にはオススメです。綺麗に色が出るものから、グラデーションのような色の出方もするなど表情豊かです。







会場では、試作品も展示してありますので、そちらも合わせてご覧頂くのがオススメです。














また、上記写真のように会場内では、制作の様子をご覧頂ける映像もあります。

今回の「Sculpture No.1/ 人形」は型を使用せず、池田さんが、1つ1つ手で作っているのも魅力なのですが、実際に出来上がっていく様子が見れる映像ですので、

ぜひ合わせてご覧下さい。


以上ご紹介でした。
次回は、今回紹介出来なかった物販品をご紹介していきますので、よろしければそちらもご覧下さい。


Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚




次回展覧会 『Sculpture No.1 / Shiro Ao by Hiroshi Iguchi』のご案内

皆様こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

3月5日よりスタート致します次回展覧会のご案内です。



Sculpture No.1 / Shiro Ao by Hiroshi Iguchi

 

開催期間:202135日(金)- 328日(日)

開催店舗:Bギャラリー

160-0022 東京都新宿区新宿3-32−6 ビームス ジャパン5    

電話番号:03-5368-7309

 

Bギャラリー」では<Shiro Ao>ディレクションのもと、井口弘史のデザイン、池田麻人(龍泉窯)によって製作された「Sculpture No.1」の展示販売を35日(金)から 328日(日)の会期にて行います。

 

Sculpture No.1』は一点一点手づくりによるため、ひとつとして同じものはありません。十六日桜から着想を得たデザインは、どんな場所にもなじみ、そっと見守ってくれる、そんな存在として大切に飾って置きたい一品です。 

 

2021年のデビュー後はじめてとなる本展は『Sculpture No.1』のひとつひとつの違いを楽しみながらお選びいただける貴重な機会です。また、初公開となる制作過程の試作やスケッチの展示、限定グッズの販売なども予定しています。 是非この機会にご来場ください。

 

新型コロナウィルスの影響により、営業日や営業時間を変更する場合がございます。各店舗までお問い合わせください。

 

井口弘史プロフィール

デザイン集団「ILLDOZER」を経て、2001年より自身の作品制作を主とする活動を始める。音楽とビジュアルの密接な関係性を意識した独特な世界感のグラフィックが特徴。クリエイティブシーンの一翼を担いながら音楽、ファッション、書籍などを中心に様々なメディアでアートワークを展開し続ける。作品集「CULT JAMBARTSTOKYO CULTUART by BEAMS)など。

 

Shiro Ao

『白青』は愛媛県砥部町で採れる良質な砥石「伊予砥」とそれを材料として240年受け継がれてきた「砥部焼」による産業の可能性を探るプロジェクト。誠実なものづくりを続けてきた産地の伝統に敬意をはらいながら、地域に根ざした持続可能な産業を目指している。

Bギャラリー赤塚

Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚

戸田真樹 個展 「Fixation Ward」紹介④

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

会期も残り4日となりました。

今回は、店頭にて購入後、すぐにお持ち帰り頂けるドローイング作品を再度ご紹介致します。

会期中にドローイング作品のラインナップも変化していき、数も沢山あるのでご紹介出来ていないものからピックアップしてご紹介します。



A5サイズ : ¥5,000+Tax


B5サイズ : ¥6,000+Tax


B5サイズ : ¥6,000+Tax



B5サイズ : ¥6,000+Tax



A4サイズ : ¥7,000+Tax



B5サイズ : ¥6,000+Tax



A5サイズ : ¥5,000+Tax




A5サイズ : ¥5,000+Tax



A4サイズ : ¥7,000+Tax



B5サイズ : ¥6,000+Tax



B5サイズ : ¥6,000+Tax



B5サイズ : ¥6,000+Tax



B5サイズ : ¥6,000+Tax



A5サイズ : ¥5,000+Tax


※本ブログにて掲載した作品は

全て購入後すぐにお持ち帰り頂けます。

代引きも対応可能ですので、

気になるものがありましたら、

B GALLERY(03-5368-7309)までお問い合わせください。


以上ご紹介でした。

ご紹介した以外にも、展示会場ではドローイング作品は沢山ございますので、お気に入りの1枚をぜひお探しください。


会期も残り4日。
展示をご覧頂ける機会も残りわずかとなりますので、機会がありましたら、店頭にてご覧くださいませ。


最後までお読み頂きありがとうございました。

Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚

戸田真樹 個展 「Fixation Ward」紹介③

みなさま、こんにちは。

Bギャラリー赤塚です。

今回はキャンバスの油絵作品のご紹介です。

キャンバスに描かれた作品は、ドローイング作品や紙への油絵作品とは違い、キャンバスのサイズ感が大きいことで、表現できる範囲も広くなり、油絵の細かなディテールやインパクトが強く出ています。









ドローイングや紙への油絵作品のようなカジュアルな要素がある作品も戸田さんらしさが出ていて好きですが、やはりキャンバスの上に描かれる油絵に関しては1つ1つの作品にかかっている労力や世界観の表現もより際立っている印象ですので、ぜひ実物を見て頂きたいです。

キャンバスの油絵作品だと個人的には下記作品たちがオススメです。


TITLE:001

¥150,000+Tax



TITLE:005

¥120,000+Tax



TITLE:006

¥150,000+Tax




TITLE:007

¥120,000+Tax



TITLE:009

¥120,000+Tax




TITLE:010

¥120,000+Tax



TITLE:011

¥120,000+Tax




TITLE:012

¥120,000+Tax




TITLE:013

¥120,000+Tax




TITLE:014

¥90,000+Tax


以上ご紹介でした。気になる作品などございましたらBギャラリー(03-5368-7309)までお問い合わせくださいませ。 


また、戸田真樹 個展 「Fixation 

Ward」の会期が2月14日まで延長となりました。

機会がございましたら、ぜひ店頭にてご覧下さい!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


Bギャラリー赤塚

Bギャラリーでは展示の様子をSNSにて投稿しております。

↓↓↓

Instagram→b_gallery_official

Twitter→@B_GALLERY

Facebook→@BgalleryBEAMS

HPでは最新の展覧会情報などがご覧いただけます→B GALLERY

Bギャラリー赤塚