<TA CA Si>20-21 collection VOL.3

本日も閉店後の店内より、、、






今回は製作総指揮にSTAFF Matsuo(画像一番右)を迎えて撮影が行われました。



中々厳しい表情です。






そんな視線はお構いなし。



いいテンポで順調に撮影していきます。





非常にムードのある着こなし。






カメラチェックも入念に。







前回、前々回とご紹介してきた、<TA CA Si(タキャシ)>のスタイルサンプル。




いよいよ最後のご紹介です。




最後は以前のブログでもご紹介したコートです。




COAT

<TA CA Si(タキャシ)>ウールツイルタイロッケンコート
カラー:camel
サイズ:44 46 48
価格:¥55,000+税
商品番号:23-19-0924-984


ヴィンテージファブリックを使用した、やや起毛感のあるタイプ。



そうなるとインナーには光沢感のあるヴィンテージ感のあるイージージャケット。



小紋柄も相まって、古臭くなってしまいそうなところを、インナーのコットン素材のタートルネックであっさりとまとめています。



フロントジップのワーク感のあるブーツも雰囲気作りに一役買っています。



続いてこちら



COAT

<TA CA Si(タキャシ)>ブロックチェック タイロッケンコート
カラー:BROWN CHECK
サイズ:44 46 48
価格:¥57,000+税
商品番号:23-19-0923-984


こちらはブロックチェックのややほっこりとした印象のタイプ。



そのためくすんだピンクが特徴のフレアパンツに、茶のヒールブーツでシャープに、シックにまとめています。



お次は大迫力のこちら




COAT

<TA CA Si(タキャシ)>フェイクレザー タイロッケンコート
カラー:BLACK
サイズ:44 46 48
価格:¥57,000+税
商品番号:23-19-0925-984



今シーズン何度もこのブログで登場している”シンセティックレザー”



パワーのあるアイテムにはパワーのあるアイテムを。



ハンドペイントが施されたブルゾンに純白のペインターパンツ。



極めつけはドリッピングが施されたブーツ。


力技でまとめた迫力のあるスタイリングです。




最後はこちら



COAT

<TA CA Si(タキャシ)>マルチカラーストライプ タイロッケンコート
カラー:MULTI STRIPE
サイズ:44 46 48
価格:¥57,000+税
商品番号:23-19-0921-984



どこか懐かしさが漂うマルチカラーストライプ。



インナーは長短のレイヤード。



今シーズンの<TA CA Si(タキャシ)>のムードを象徴するかのようなスタイリング。



最後にやはり見せてくれました。




VOL.3まで続いた<TA CA Si(タキャシ)>スタイルサンプル。



いかがだったでしょうか。



今回ご紹介してきたスタイリングで使用したアイテムは、<TA CA Si(タキャシ)>1ブランドでの構成ではありません。



様々なブランドやテイストをミックスしたスタイリングです。



それが本来の



「セレクトショップ」




「インターナショナルギャラリー ビームス」




が持つ楽しさ、魅力だったり。



今回の撮影が非常に楽しく行えたのも、それを改めて感じたからかもしれません。





最後は指揮官も笑ってくれました。





下の画像をタップして頂くと、インターナショナルギャラリー ビームスのオフィシャルインスタグラムより、その他のスタイリングもご覧いただけます。







Yamaguchi


<TA CA Si>20-21 collection VOL.2

前回に引き続き、、、



今回も閉店後に行われた撮影から、<TA CA Si(タキャシ)>のスタイリングを交えたアイテム紹介、VOL.2です。





セットアップのご紹介だった前回、本日はカーディガンタイプのご紹介です。



早速こちら




CARDIGAN

<TA CA Si(タキャシ)>ドッキング シャツカーディガン
カラー:KHAKI BLACK
サイズ:44 46 48
価格:¥27,000+税
商品番号:23-11-1883-262


シャツ地のように軽いカーディガンに、光沢のあるベストをドッキングさせた、羽織るだけでファッションになるアイテム。



インナーに仕込んだブラックのシャツ、ややくすんだピンクが雰囲気のあるフレアパンツまできれいにつながります。





色違いがこちら




こちらは一転オールブラックでスタイリング。



ややゆとりのある首回りが特徴の、シンセティックレザーを使用したタートルネック、ヴィンテージファブリックを使用したブラックベースのストライパンツ、フロントジップの迫力のあるブーツで、オールブラックでも立体感のある仕上がりです。



続いてこちらのアイテム



CARDIGAN

<TA CA Si(タキャシ)>ジャカード カーディガン
カラー:RED BLUE
サイズ:44 46 48
価格:¥36,000+税
商品番号:23-13-0651-262

今シーズン見逃せないショート丈のアイテム。



<TA CA Si(タキャシ)>ではカーディガンタイプでリリース。



ロング丈のシャツにシャープなボトムスでまとめて素直にスタイリング。




こちらも素直にロングシャツで。


しかしボトムスはルーズにすることでまた違った印象に。


全体的にボリュームなあるスタイリングですが、カーディガンの丈感、ジャガード織りのクラシックな雰囲気が全体を上品にまとめてくれます。




いかがだったでしょうか。



今回はどちらも、普段のコーディネートにプラスするだけで新鮮な気分にさせてくれるアイテムに仕上がっていると思います。



今回がVOL.2となった<TA CA Si(タキャシ)>のアイテム紹介。



撮影やブログを書いていて改めて、「程よくトレンドを感じる」、「コーディネート映え」のするブランドだと感じています、



洋服を作る以上トレンドを無視することはできません。



そして人や物事に影響されることも。



すべてがオリジナルな人間なんていません。



トレンドを横目でちらりと見つつ、それを咀嚼し、オリジナルに。



自身に影響与えてくれるすべてのモノにリスペクトを込めて。



次回はVOL.3です。




下の画像をタップして頂くと、インターナショナルギャラリー ビームスのオフィシャルインスタグラムより、その他のスタイリングもご覧いただけます。






Yamaguchi


<TA CA Si>20-21collection

とある日の閉店後、、、








とある撮影風景、、、








カメラを操るのは当レーベルのオフィシャルインスタグラムの撮影を一手に担うSTAFF Kishida







モデルを務めるのはSTAFF Suzuki





















プレスルームにある今シーズンの<TA CA Si(タキャシ)>のサンプルアイテムを使用したルックの撮影を行いました。












そんなルックの中から<TA CA Si(タキャシ)>20-21 AW COLLECTIONと題して、様々なスタイリングをご紹介。



今回はVOL.1です。






JACKET

<TA CA Si(タキャシ)>1B JK SOLID
カラー:GREEN RED
サイズ:44 46 48
価格:¥48,000+税
商品番号:23-16-0833-262


PANTS

<TA CA Si(タキャシ)>FLARE PT SLD
カラー:GREEN RED
サイズ:44 46 48
価格:¥29,000+税
商品番号:23-23-1265-262

<TA CA Si(タキャシ)>が得意とするスーチングのアイテム。




そしてトレンド感のあるカラーアイテム。



深めの前合わせ、低めのゴージ位置、ドレープ感のあるサキソニーツイル。



非常にファッションムードの高いアイテムになりました。



中に着たシンセティックレザーを使用したシャツ型のブルゾンとの素材のコントラストが良く映えます。




色違いがこちら



こちらも非常にドラマチックなカラーリング。



使用している色数自体は多くありませんが、アイテムそのものが持つ魅力を最大限生かしたミニマルなスタイリングです。







続いてこちら




JACKET

<TA CA Si(タキャシ)>P/O V NK JKT
カラー:BROWN BLACK
サイズ:44 46 48
価格:¥49,000+税
商品番号:23-18-1635-262

PANTS

<TA CA Si(タキャシ)>FR/SLIT TRS
カラー:BROWN BLACK
サイズ:44 46 48
価格:¥32,000+税
商品番号:23-23-1321-262


先シーズン、ファッション感度の高い方を中心にご好評いただいたプルオーバージャケット。



今回はよりトレンド感のある素材にアップデートして入荷しています。







”シンセティックレザー”




以前までのブログでも、今回のブログでも度々ご紹介している素材。



”サスティナブル”という言葉が叫ばれるようになった昨今、本格的なトレンドアイテムとして今シーズン欠かせない素材です。



しかし、少し立ち止まって考えてみましょう。



そもそも「サスティナブル」や「シンセティックレザー」という言葉やマインドは、決してトレンド(流行)になるべきではない気がしてきます。



もっとベーシックな素材として、人々の生活に根付いていくために、<TA CA Si(タキャシ)>は振り切ったファッションアイテムとして提案しています。



逆説的に感じるかもしれませんが、、、



「着ていて楽しい」



それが大前提な気がしています。



そして何かを提案する為に、何かを否定することが無いように。



実際に店内にはカーフやコードバン、極めつけはエキゾチックレザーまで、様々なリアルレザーアイテムを展開しています。



僕もレザーアイテムは大好きです。



そんなアイテム達と同列に、<TA CA Si(タキャシ)>は提案しています。



特別なものではなく、あくまでファッションアイテムとして。



伝わりにくい表現ですが、、、



「フツーに」



そしてその中に確かに感じるマインドを隠しながら、、、



話が長くなって止まらなくなりそうなので本日はこの辺で。



次回以降もVOL.2と続いていく予定ですのでお楽しみに。




下の画像をタップして頂くと、インターナショナルギャラリー ビームスのオフィシャルインスタグラムより、その他のスタイリングもご覧いただけます。





Yamaguchi


The power of LOVE ーMANOLO BLAHNIK ー

季節は秋を迎え、少しづつ食欲が増し、朝はお布団から離れ難くなって参りました。

今年はなんだか春と夏がぽっかりと抜け落ちてしまったかのようですが、寒くなってくると自ずと次の季節へと気持ちが進んでいきます。

「秋は何を着ようかなぁー」「そうだ靴はどうしよう・・・」とぷかぷかと思っていたところに、「これは!!」と思っていた素敵な靴達が届きましたので、ご紹介させて下さい。


International Gallery BEAMS でも、長いご縁となる<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>から、新たなコレクションが到着しております。




「BAYLOW」

インド起源の「チンツ(更紗)」は、国内メーカーを守る為に17世紀には一時的にフランスやイギリスで使用を禁止されるほどの絶大な人気でした。近年では1980年代にダイアナ妃の多大なる影響により、多くのランウェイを彩りました。



イギリスでも老舗の工場で織り上げられた生地を使用した「チンツ(更紗)」シリーズは、17世紀18世紀に人気のあった花柄からインスピレーションを得たテキスタイルです。この可憐で光沢感のある小花柄を見ていると、長い歴史の中で何度も人気を再燃させたのが頷けます。


ポインテッドトゥやキトゥンヒールのシルエットがモダンな一足。フェミニンなテキスタイルを、アイコニックなバックルやパイピングに使用されたネイビースエードが印象を引き締めます。シェイプされたつま先へと繋がっていく美しい放物線・・・少し幅広く取られた筒はクラシカルな印象を掻き立て、足首をほっそりと美しく見せます。





「ZEHAMU」

クチュールの黄金時代であった1950年代・・・エレガントでグラマーなファッションの全盛、なだらかなショルダーライン、くびれたウエスト、そして長い裾のスカートにあしらわれた優美なボタン。MANOLOでも度々登場するサイドにボタンがあしらわれたデザインは、そこから生み出されました。



ダークカーキのスエードが秋へのムードを高めるミュール。華奢なフロントストラップが、女性らしいエレガントなアーチを描きます。ミュールながら、ダブルストラップによりホールド感が強く、ソックスやタイツとの秋冬らしいコーディネートをお楽しみ下さい。

7cmと少し高めのヒールとアワーグラスヒールの細いくびれが、華奢な女性らしい足元を演出します。接地面の広いアワーグラスヒールは安定感があるので、高めのヒールに挑戦する際はお勧めです。





「TEXEPA」

アメリカの彫刻家アレクサンダー・カルダーへの愛情から生まれたコレクションは、流動的な彫刻「モビール」のパターンに見られる抽象的で不規則なシェイプが特徴的です。



幅の広いサイドストラップが生むシェイプが新鮮な一足。ユニークなスロートラインは深く見えますが、甲の筋が覗き、生まれた陰影が足を華奢に見せます。

トレンド感のあるブラウンカラーは、ワードローブにマッチするお勧めのカラーです。履き心地の良いフラットシューズは、フォーマルにグレーのパンツスーツに、カジュアルにニット+デニムに、様々なシーンで活躍しくれます。






「BELI」

ツィード生地を使用したクラシックスタイルからインスピレーションを得たシリーズ。優れた耐久性から狩猟の際に着用されていたツィードは、タフでマスキュリンなイメージを引き立てます。




男性的な印象ながら、スタイリングに取り入れるとシャープなフォルムが知的な女性らしさを演出します。ツィードならではの粗っぽい表情を、パイピングやヒールカーブの黒いレザーが引き締めます。

マニッシュなスタイルはもちろん、フェミニンなスタイルにコーディネートすることでグッと新鮮な雰囲気にアップデートされます。






現在 International Gallery BEAMS の1階にて、当店がご提案するスタイリングと合わせて<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>をご紹介しております。

リラックスしたパジャマのようなルックに、動きがエレガントな華やかなドレスに、モコモコの温かなエコファーコートに、なんて妄想を広げながら、この季節の一足をゆっくり選んでいただきたいです。






アート・カルチャー・映画・音楽・インテリア・・・へと造形の深い彼のコレクションは、毎回そのインスピレーションの幅が広く豊かなことに驚かされます。また、現在に至るまでのアクティブで挑戦的なデザインや仕事から感じる、年齢を重ねても尽きることのない好奇心・探求心には尊敬しかありません。


一方で彼の美意識は明確で「美こそ全て」と語られる言葉に全てが集約されているように感じます。現在のシューズの主力とも言えるプラットフォームシューズとスニーカー。プラットフォームに関しては流行する以前の70年代にプロポーションが美しくないと判断し、スニーカーに関しては未だ美しいと思える物に出会えていない、ということで<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>では作られていません。(71年に山本寛斎のショーには、レンガで下駄を作りたいとのイメージから厚底のサンダルが提供されています)

ファッションにおいても多様性が認められ、半ば「なんでもあり」という風潮も強い現代。感性がモノを言うファッションであってもビジネスである以上、デザイナー自身の明確な美意識や好みを貫き通すことは簡単なことではないはずです。


それでも彼の生み出すシューズは長きに渡り、多くの顧客に選ばれ満足させてきました。数多あるシューズブランドの中で<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>を選択する理由は、挙げればキリがありませんが、私が思うには他にはない足に通した時の高揚感。彼のシューズを履いた女性が、いかなる環境であっても輝いて見えるのは、彼が変わらず真摯に美しさを追求しているからではないでしょうか。

もしかすると、この美しいシューズ達は、彼が美を探求する過程で生まれる副産物に過ぎないのかもしれません・・・彼の不敵な笑みを見ていているとそう思えてなりません。


Shimazu


--------------------------------------

■65-32-0233  「BAYLOW」 ¥183,700(税込)


■65-32-0131  「ZEHAMU」 ¥124,300(税込)


■65-32-0132   「TEXEPA」   ¥122,100(税込)


■65-32-0234   「BELI ¥117,700(税込)


--------------------------------------

商品に関するお問い合わせは、お電話にて承っております。

どうぞお気軽に問合せください。

(03-3470-3948)

↓↓↓詳細はバナーをクリック↓↓↓



<RAF SIMONS> From Mars.









2020年10月。



火星より愛を込めて。



お待たせしました。




満を持しての登場。




<RAF SIMONS(ラフシモンズ)>




もはや説明不要ですね。














店内中央には、<RAF SIMONS(ラフシモンズ)>のアイテムをメインにマネキン5体。




下から見上げると圧巻です。




今シーズンのテーマは「SOLAR YOUTH」



ラフシモンズ本人が好む”SF”と”ユースカルチャー”を掛け合わせた造語。



ラフシモンズ25周年にふさわしいコレクションテーマになっています。







<RAF SIMONS(ラフシモンズ)>ビッグフィット チェック パンクシャツ
カラー:BROWN-GREY
サイズ:44 46 48
価格:¥81,000+税
商品番号:23-14-0447-414


一見するとボンテージアイテム。




しかしゆったりとしたフィッティング、洗いをかけることによって少し毛羽の立ったファブリック、そしてコレクションテーマの上から手書き風のフォントでプリントされたメッセージ。










自身が影響を受けたものに対するリスペクト、時折現れる素直すぎるくらい分かり易い形でのアウトプット、しかしよく見ていくと決して表面的ではないデザイン、彼自身のオリジナリティ。




”THE OTHERS”



前向きな言葉の間にあるこの言葉。



彼なりのユーモアか、皮肉か。








スモーキーなカラーが特徴的な<TA CA Si(タキャシ)>のセットアップのインナーに。







袖口からあふれるピュアでロマンティックな雰囲気。







続いてコレクションでも一際異彩を放っていたこちら


<RAF SIMONS(ラフシモンズ)>ボンバーケープ
カラー:DARK BROWN
サイズ:44 46
価格:¥199,000+税
商品番号:23-18-1621-414

アメカジの代表アイテムともいえるスタジャンをケープにアップデート。



スタジャン本来のラフで男らしいアイテムの要素は皆無。



タイトな肩回り、拘束性のある仕上がりです。






















ナイロンのプルーバータイプのブルゾンにハウンドトゥースのジャケット。



そこにケープをオン。




スポーティなアイテムで纏めつつも素材で変化を加えています。



ベージュのチノタイプのパンツであっさりとまとめているのもポイント。



ここ数年の”ユルくて、ラクで、イージー”なフィッティングにすっかり慣れてしまった僕たちの目を覚ましてくれるアイテム。






もちろん話題のこちらも入荷してます。






どこか時代を感じさせるデザイン、それでいてスニーカーと同じハイテクソールを搭載した近未来的なアイテム。



しかしこのシューズに未来を感じる一方、どこか感じる懐かしさ。



彼の真骨頂な気がします。



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



いかがでしょうか。



今回のコレクションではその他にも、カレッジロゴの中にエリア51、ネバダ州(UFOが飛来する土地として知られている)。



ラフ自身が敬愛するデヴィッド・ボウイの名曲「LIFE ON MARS」のプリント。



ジップを多用したパンキッシュなアイテム。



オンブレチェックやブロックチェック等、様々なファブリックを使用したケープなど。



彼自身の中からあふれ出る様々なモチーフを繋ぎ合わせ、国籍や人種などを超えた、もっと壮大なものを感じさせてくれます。




90年代前半のアントワープでカウンターカルチャーに囲まれて過ごした彼も、いまや50代。



彼が音楽オタクなのは有名な話。




ここからは、あくまで僕個人の想像で書いていきます、、、



”Don't trust over thirty"



音楽、特にパンクやオルタナ好きなら誰もが一度は耳にし、少なからず影響を受ける言葉です。


きっと彼もそんな言葉にぶち当たった瞬間があるはず(はたまたそれすらも全く気にすることのない別次元の天才だったかも)。


それでも続けていかなくてはいけない(義務や責任感ではなく、内から出る衝動がゆえに)。



そしていつまでも若く、新しい物を発見する為に、常に過去を振り返ります。



”過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい”


これは写真家の森山 大道氏が2000年に発行した書籍のタイトル(来年には同タイトルでドキュメンタリー映画も公開されますね)。



「LIFE ON MARS」が収録されたデヴィッド・ボウイのスタジオアルバムである「ハンキー・ドリー」がリリースされたのが1971年。



ラフ・シモンズ若干3歳。


そうです。


彼もリアルタイムではなかった。


僕に至ってはまだ生まれてもない。


自身の内面にフィットするもの、欲求を満たしてくれるもの。自分を壊してくれるもの。


それを見つける為に過去をさかのぼる。


その行為はすごく未来的だと思います。


彼のデビューコレクションが発表された1995年。


僕は9歳でした。




全てがリアルタイムである必要はありません。



”今”この瞬間も過去になってしまう。



それならば過去を振り返るのも悪くないかも。



けっしてノスタルジーではない、未来の為に。



ご来店お待ちしております。



Yamaguchi








IG STAFF STYLING|Maneyama

International Gallery BEAMS スタッフによる
セルフスタイリングを
Instagram・ブログ連動で不定期配信。

営業時間外の店内をスタジオとし、
スタイリング兼モデル担当のウィメンズスタッフと、
ディレクション兼 撮影担当 Kishidaによる
完全DIY(?)なこちらの企画。
前回までの記事はコチラ からご覧いただけます。

スタイリングに登場するアイテムの中には
お求めいただける在庫があるものもございますので、
気軽にお問い合わせくださいね。

さて、本日は早くも第三弾。

旬のアイテムをさらりと着こなす、
Maneyamaのスタイリングです。






Knit(crew neck)<ROCHAS> No.65-15-0971/SIZE 38 /¥83,000+tax
Knit(high neck)<beaufille> No.65-15-0933/SIZE 2/¥55,000+tax
Skirt <beaufille> No.65-27-1557/SIZE XS/¥67,000+tax
Boots<Maison Margiela> No.65-32-0224/¥13,0000+tax








Knit Cap<Shinonagumo> No.65-41-0158/¥21,000+tax
Knit<RIER> No.65-15-0937/¥66,000+tax 
Skirt<THE ROW> No.65-27-1295/¥122,000+tax 
Shoes<THE ROW> No.65-32-0229/¥169,000+tax



SHOP STAFF:Megumi Maneyama(mane)

(H:160cm)



photo by Kishida


.................................................................................................

商品に関するお問い合わせは、お電話にて承っております。

また、お電話ではオンラインショップ非掲載アイテムの通信販売も可能です。

どうぞお気軽に問合せください。

(03-3470-3948)


↓↓↓詳細はバナーをクリック↓↓↓



<MASU>

こんにちは。




都内はすっかり気温も落ち着き、早くも秋の気配です。




寒がりの僕には朝晩は寒いくらいですが、、、





本日は早速ですが、入荷直後より多くの反響を頂いているブランドのご紹介です。










<MASU(エムエーエスユー)>


初めての取り扱いになるので、ブランド自体のご紹介から、、、


2017年春夏シーズンデビュー。設立時は<MASU(マス)>というブランド名でスタート。


2018年秋冬コレクションより現在の<MASU(エムエーエスユー)>に改名。


ブランドのリブランディングに伴い、デザイナーにインターナショナルギャラリー ビームスでも取り扱いのあった<SEVEN BY SEVEN(セブン バイ セブン)>の立ち上げメンバー、1992年生まれの後藤 愼平氏を迎えた。


「マスプロダクション」というブランドコンセプトを引き継ぎながらも、ヴィンテージの要素を現代的に落し込んだアイテムを展開。


ブランド名の「MASU」は、「ます」という丁寧語にも由来している。




「Neo Primitive」をテーマにした2020年秋冬コレクションは、原始的な造形美や創造性に、意外性を加えて再構築したアイテムが揃っています。




、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



という訳で、入荷直後より多くのお問合せを頂き既に在庫の少なくなっているアイテムも多いブランドですが、個人的に気になるアイテムをご紹介します。





まずはこちら


<MASU(エムエーエスユー)>ボヘミアンコート
カラー:BLACK
サイズ:44 46 48
価格:¥105,000+税
商品番号:23-19-0965-695




今シーズンのインターナショナルギャラリー ビームスのシーズンテーマである「FRENCH AMERIAN」。




それを体現しているかのようなディテール満載のアイテムです。








ネイティブアメリカンの革の衣服に使われる編み込みを、手作業で再現したメルトン地のPコートタイプ。



レザーではなくメルトン地というところがポイントです。



あくまで街着として、リアリティの中に程よく ”匂い” をプラスしてくれます。




STAFF Suzuki



実際に来てみると、Pコート特有の「固い」「重い」の悩みははゼロ。



オーバーデザインに見えて、着てみるとスッと馴染んでくれる。



そんなアイテムです。














バックスタイルもぬかりなく。








極めつけはボタン。





メキシコアワビという珍しい貝を削り出した、一つ一つ個体の異なるアソート仕様。



個体ごとの不均一な輝きが魅力です。



中々画像では伝わりにくく、ぜひ手にとってご覧いただきたい一着。



裏地無しの一枚で仕立てているため、軽アウターとしてすぐにお使いいただけるのもポイントです。







一転してキュートなこちら






<MASU(エムエーエスユー)>フェティッシュ スウェットシャツ
カラー:GREY
サイズ:44 46 48
価格:¥32,000+税
商品番号:23-13-0648-695







ワッペンのような立体的なモチーフが特徴的な、一見同じブランドとは思えないスウェット。




しかしそこは一筋縄ではいきません。




立体感を出すためのそれぞれにステッチングを施しています。



恐らく単純にワッペンのように張り付けただけではのっぺりしてしまったはず。



シンプルに見えて非常に手の込んだアイテムです。






モチーフは「ズニ族」の崇拝対象とされる動物や精霊。




よく見るとただカワイイだけではありません。




ズニ族のジュエリーはビームス ボーイでも取り扱いがあるので、もしかすると馴染みのある方もいらっしゃるかもしれません。









裏起毛の仕様はこれからの季節にピッタリ。






いかがだったでしょうか。



個人的には、コレクションのテーマを明確に決めないブランドが増えてきている中で、自らが掲げたシーズンテーマを咀嚼し、ファッションとして成立させているところに非常に共感を覚えます。



特に今シーズンのテーマ「Neo Primitive




Neo(新しいもの)とPrimitive(原始的、根源的)






相反する言葉の中に見え隠れする ”復活” の二文字。




それが見事に融合したコレクションになっています。



ファッションの中にある想像(ギリギリ妄想にちかい)する事、イメージする事、そしてそれを楽しむことを思い起こさせてくれるアイテムたち。





こうやってつらつらと書いていますが、僕の言っていることも正解かどうか分かりません。







それでも自分の中の想像力、はたまた勘違いから始まる「ファッション」も楽しいかも。




そんなことを続けた先に「スタイル」にたどり着く。






はず。





Yamaguchi





、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、




原宿地区では現在駐車場のサービスを行っております。


詳細は下記の画像をクリックしてご確認下さい。







IG STYLE vol.4

9月も半ば、想像以上に涼しく酷暑と呼ばれた期間は例年よりも短かったと感じている。


昨シーズンは、コロナってヤツのせいで我々も御多分にもれず休業や営業時間短縮を余儀なくされ、店舗としてはシーズンの約1/3近くを失うという厳しい状況にたたされた。


休業中は外出も自粛、服を見に行くことも買いに行くこともできなくなり、「全然洋服にお金がかからないなぁ」などとどこかほっとした自分がいたりもした。しかし、そう簡単にはいかないのが洋服屋の性。


休業明け、物欲はMAX!「こんな状況だからこそ頑張ってオシャレしなきゃいけないんじゃないか?」とか「洋服屋として頑張ってでも服を買わなきゃいけないんじゃないか?」など、自分に都合の良過ぎる言い訳を探して営業再開後僅か1ヶ月で見事に巻き返した…、


というよりも例年よりも消費したと思われるから我ながらアッパレである。


という、私の買い物し過ぎた言い訳と懺悔はさておき、秋冬最初のコーディネート紹介いきましょう!




STYLING : KEISUKE SHIGETSUNE

絶妙な色合いの<TOGA Virilis(トーガ ビリリース)>のセットアップを気持ちの良いくらい潔くシンプルにコーディネート。

Maison Margela(メゾン マルジェラ>のTABIブーツを合わせたリアルワークマンスタイルは<ROBERTO COLLINA(ロベルト コリーナ)>のタートルニットで上品さをプラス。

このミニマルなセットアップを敢えて盛らないというのは、センスがある人にしかできないコーディネートですね。


TOGA VIRILIS ツイルブルゾン
カラー:ライトブルー、カーキ
サイズ:44 / 46 / 48
価格:¥54,000+税
商品番号:23-18-1589-677

TOGA VIRILIS ワイドパンツ
カラー:ライトブルー、カーキ
サイズ:44/46/48
価格:¥39,000+税
商品番号:23-23-1290-677

ROBERTO COLLINA タートルネックニット
カラー:キャメル、ネイビー
サイズ:44/46/48
価格:¥28,000+税
商品番号:23-15-1036-994

Maison Margiela TABIブーツ
カラー:ブラック、ボルドー
サイズ:39/40/41/42/43
価格:¥146,000+税
商品番号:23-32-0548-951



STYLING : KEISUKE SHIGETSUNE

「これぞブランドMIX!」的なコーディネート。

誰もが知るハイエンドなコレクションブランドや話題性の高い新鋭ブランドのほか、クラフトマンシップが光る日本のブランドにイタリアの老舗ニットブランドなどなど。。。

ブランドの背景を意識しすぎるとこれは絶対にできない合わせ。これこそがセレクトショップの醍醐味ですよね。


Boramy Viguier クルーネックニット
カラー:マルチカラー
サイズ:S/M/L
価格:¥37,000+税
商品番号:23-15-1021-044

rdv o globe サスペンダーパンツ
カラー:グレー
サイズ:1/2/3
価格:¥36,000+税
商品番号:23-23-1288-124

REPRODUCTION OF FOUND ミリタリー トレーナー
カラー:ブラック、ベージュ
サイズ:40/41/42/43/44
価格:¥14,800+税
商品番号:23-31-0232-200

JIL SANDER スカーフ
カラー:オフホワイト、ブラック
価格:¥60,000+税
商品番号:23-45-0368-417

ROBERTO COLLINA ニットキャップ
カラー:オレンジ、イエロー、グリーン
価格:¥11,500+税
商品番号:23-41-0566-994

A.D.S.R. TIPSY
カラー:グレー、ブラウン、クリア
価格:¥21,000+税
商品番号:23-67-0068-698




STYLING : HIROYA SUZUKI

<SHOOP(シュープ)>の透けたニットに<MASU(エムエーエスユー)>の透けたブルゾン。

昨シーズン注目を集めたブランド<SONG FOR THE MUTE(ソングフォーザミュート)>のパンツには、<Simon Fournier(シモン・フル二エール)>のリングブーツを合わせた。

本来、服のディテールは生きないオールブラックの合わせであるが今回は違う。全身ブラックで統一したことでポイントに目がいく、実はすごく計算されたコーディネートなんです。


SHOOP メッシュニット
カラー:ブラック
サイズ:44/46/48
価格:¥64,000+税
商品番号:23-13-0656-500

SONG FOR THE MUTE ドレスパンツ
カラー:ブラック
サイズ:44/46/48
価格:¥64,000+税
商品番号:23-23-1270-042

Simon Fournier リングブーツ
カラー:ブラック
サイズ:6/7/8/9/10
価格:¥68,000+税
商品番号:23-32-0524-940

A.D.S.R. AL
カラー:ヘザーホワイト、チャコールグレー、ブラック
価格:¥19,000+税
商品番号:23-67-0098-698


今シーズンもエッジの効いたコーディネートをたくさん紹介します。

コーディネート紹介は以下のオフィシャルインスタグラムでも不定期配信してますので、そちらもお見逃しなく!


MENSコーディネート

WOMENSコーディネート


..........................................................................................

↓↓↓詳細はバナーをクリック↓↓↓

IG STAFF STYLING|Shimazu

International Gallery BEAMS スタッフによる
セルフスタイリングを
Instagram・ブログ連動で不定期配信。

Yamamotoによる第一弾は、ご覧いただけましたでしょうか。

営業時間外の店内をスタジオとし、
スタイリング兼モデル担当のウィメンズスタッフと、
ディレクション兼 撮影担当 Kishidaによる
完全DIY(?)なこちらの企画。

スタイリングに登場するアイテムの中には
お求めいただける在庫があるものもございますので、
気軽にお問い合わせくださいね。

さて、早速ですが、本日は第二弾のご紹介。

独特な世界観にセンスが光る、
Shimazuによるスタイリングです。








Hat<Shinonagumo> No.65-41-0157/SIZE S(57cm)/¥65,000+tax
Jacket<RIER> No.65-16-0262/SIZE XS/¥220,000+tax
Boots<Maison Margiela> No.65-32-0226/¥183,000+tax
Bag<Paco Rabanne> No.65-62-0226/¥127,000+tax
Ring<SOPHIE BUHAI> No.65-42-0329/3号/¥45,000+tax(left hand)










Jacket<JW ANDERSON> No.65-16-0268/SIZE 6/¥122,000+tax
Knit<SAYAKA DAVIS> No.65-15-0957/¥23,000+tax 
Pants<seya.> No.65-23-0604/¥64,000+tax 
Shoes<STELLA McCARTNEY> No.65-34-0012/¥41,000+tax
Bag<Paco Rabanne> No.65-62-0227/¥127,000+tax
Sunglasses<OLIVER PEOPLES> No.64-67-0063/¥37,000+tax 
Necklace<SOPHIE BUHAI> No.65-42-0510/¥165,000+tax



SHOP STAFF:Yu Shimazu
(H:163cm)



photo by Kishida


.................................................................................................

商品に関するお問い合わせは、お電話にて承っております。

また、お電話ではオンラインショップ非掲載アイテムの通信販売も可能です。

どうぞお気軽に問合せください。

(03-3470-3948)


↓↓↓詳細はバナーをクリック↓↓↓


MY FOOT. YOUR FOOT.

こんにちは。




皆さんは今日どんな靴を履いてますか?






(こちらはインターナショナルギャラリー ビームスのシューズコーナー)






ファッション、、、




その人の内面を表現するもの、自然と自分の内面がにじみ出てしまうもの。




ただ単に表面的に捉えられがちな言葉。




「流行」としてのファッション。




直訳すると「流行」なので否定はできませんが、、、




そんな軽く捉えられがちな言葉に意味を持たせてくれる、その人自身のマインド、アティチュードを表現してくれるアイテム。




それが「靴」。




と思ってしまったり、しなかったする今日この頃。






というわけで、本日はスタッフの足元(FOOT)にスポットを当て、内面までえぐっていきます。








STAFF Yamaguchi


SHOES

<KIDS LOVE GAITE(キッズラブゲート)>×<Clarks(クラークス)>デザート トレック
カラー:BLACK SUEDE
サイズ:6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10
価格:¥36,000+税
商品番号:23-32-0567-130

初めて海外の音楽の洗礼を受けたのはアメリカではなくイギリスでした。



まだ今のようにYOUTUBEやSNSなどが普通では無かった高校時代。



今になって振り返ってみると、何となく納得してしまいます。






続いて


STAFF Suzuki


SHOES

<GUIDI(グイディ)>別注PL1 ドリッピング フロントジップブーツ
カラー:DRPBLK
サイズ:40 41 42 43
価格:¥188,000+税
商品番号:23-32-0542-030


普段から店内のマネキンのコーディネートを考えているSuzuki。




彼の作る突き抜けたコーディネートはいつでも刺激的です。




パリの街に転がっているゴミの写真をコラージュしたパンツにドロッピング加工が施された<GUIDI(グイディ)>のスペシャルピース。




<洋服を着る力>、がないと中々難しい合わせだと思います。




普段はお酒や漫画の話多めですが、なかなか表に出さない、内に秘めたアーティスティックな感覚を感じてしまうのは僕だけではないはず。




「自分の中で答えを持っている人」



「正義。」



そんな言葉やイメージが浮かびます。





最後はこちら


STAFF Kishida


SHOES

<SALOMON ADVANCED(サロモン アドヴァンスド)>XA-ALPINE MID ADVANCED
カラー:L41264900
サイズ:26 26.5 27 27.5 28 28.5
価格:¥26,000+税
商品番号:23-31-0243-757



シンセティックレザーのフレアパンツに<SALOMON ADVANCED(サロモンアドヴァンスド)>のハイスペックなシューズ。



雨の日でも安心です。



あくまで雨対策を感じさせない”カンジ”。



僕たちの中では結構大事なポイントだったりします。



みんながいつも、何かあると頼ってしまう。



そんなKishidaです。



いつでもロジカルに、スマートに解決してくれる。



そんな性格を反映したような、非常にKishidaらしいスタイリングだと思います。



ちなみにトップスもシンセティックレザー。



この日は違いましたが、Kishidaは無類のセットアップ好き。



「パンツがあるならパンツも。」




が口癖だったりします。








いかがだったでしょうか。




本日のブログは<顔出し無し><下半身のみ>でお送りしました。




それぞれのスタッフの画像をクリックして頂くと普段のスタイリングページ(全身あり)に飛べますので是非ご覧ください。



足元一つでその人のイメージがわく。



逆に全くどんな人かわからなくなってしまう。



それも”ファッション”の楽しい所だったり。



それが伝われば幸いです。





最後にこちらのお知らせを。




現在こちらも開催中





季節の変わり目。



まずは足元から。




ただ、




「スタイルではなくファッション。」




今はそんな気分です。




軽やかに。




Yamaguchi


What's up?

こんにちは。




前回のブログでもご案内した通り、店内はすっかり秋の気配です。




こちらは先日までのウィンドウディスプレイ。






ドリッピング技法によってアーティスティックな雰囲気を纏った<GUIDI(グイディ)>の新作です。


とういうわけで本日も前回に引き続き、スタッフそれぞれの「キブン」、がふんだんに詰まったスタイリング紹介後半戦です。




まずは




STAFF Suzuki


TOPS

<LOUIS GABRIEL NOUCHI(ルイ ガブリエル ヌイッチ)>EmbroideriSW
カラー:BLACK
サイズ:S M L
価格:¥32,000+税
商品番号:23-13-0652-952


PANTS

<TA CA Si(タキャシ)>フェイクレザー トラウザー
カラー:BLACK
サイズ:44 46 48
価格:¥35,000+税
商品番号:23-23-1278-984



オールブラックで潔くまとめたスタイリング。





Suzukiにしては一見シンプルに見えますが、、、






起毛したニットを合わせたくなるようなところをさっぱりとスウェットで。



物足りなくなってしまいそうですが、柄もプリントではなく刺繍されているものを選ぶことで変化を付けています。






そしてボトムスはフェイクレザーのフレアパンツにオープントゥの様なバランスの<MAGLIANO(マリアーノ)>のスクウェアサンダル。





レザーパンツにサンダルは、気温が落ち着いてくるこれからの時期に是非お勧めしたい組み合わせ。




色、素材、肌見えの分量。



そして強烈なカラーリングの髪色。



じっくり見ていくと複雑なバランスを楽しんでいるのが分かります。




髪色を変えるのも、ニットではなくスウェットにするのも、秋口にサンダルを履くのも。




色々なセオリー、ルールを理解したうえで、、、



「だって今のキブンだし。」



さわやかにそんな答えが返ってきそうです。






続いて私



STAFF Yamaguchi


TOPS

<Veni Vedi Vici(ヴェニ ヴェディ ヴィチ)>別注 HAPPY & EXPLOT ワッペンTシャツ
カラー:WHITE
サイズ:S M L XL
価格:¥9,800+税
商品番号:23-14-0418-739

APRON

<rdv o globe(ランデブー オー グローブ)>OTIS CUSINE メルトン エプロン
カラー:BLACK
サイズ:FREE
価格:¥16,000+税
商品番号:23-65-0080-124


PANTS

<rdv o globe(ランデブー オー グローブ)>ALAN PA. サスペンダー パンツ
カラー:GREY
サイズ:1 2 3
価格:¥36,000+税
商品番号:23-23-1288-124

SHOES

<GUIDI(グイディ)>別注 PL1 ドリッピング フロントジップブーツ
カラー:DRP BLACK
サイズ:40 41 42 43
価格:¥188,000+税
商品番号:23-32-0542-030




Suzukiとは逆に自分にしては普段よりアイテム数の多いスタイリングです。





華奢なレザーの留め紐が、アイテムが持つ武骨さを中和してくれている<rdv o globe(ランデブー オー グローブ)>のエプロン。



大き目のポケットも個人的にありがたいポイント。



時期によってカーディガンやジャケットを合わせたくなるようなアイテムです。





股上の深いサスペンダー付きのパンツはハイウエストで。



9分丈のバランスは久しぶりですが、まさに「キブン」だったりします。



ひざ周りのパターンも一癖あり、より立体的な見え方になります。









あまりファッションぽ過ぎるアイテムばかりだと少し照れ臭くなってしまう性格なので、、、





<Veni Vedi Vici(ヴェニ ヴェディ ヴィチ)>のワッペンがランダムに施されたキュートなTシャツでバランスを取っています。




素直にシャンブレやデニムのワークシャツなんかを合わせてもよさそうです。




そしてなんといってもこちらのブーツ




先シーズンから取り扱いを再開した<GUIDI(グイディ)>の名作PL1。



今シーズンはインターナショナルギャラリー ビームスのスペシャルアイテムとして、アーティストによって一点ずつ手作業でドリッピング技法(絵具をしたたらせる)が施された渾身のアイテム。



是非手に取って見て頂きたい。



そんなパワーのある一足になっています。





いかがだったでしょうか?




今回もスタイリング画像の一枚目をクリックしていただくと、日々のスタイリングページに飛べますので是非ご覧ください。




9月に入り、入荷状況は日々加速しています。




「キブン」なんて自分の知らないところで勝手に変わっていくもの。




シーズン中にキブンが変わる事なんてしょっちゅうです。




先シーズンあれだけ着たから次はこんなアイテムじゃないと、、、、



とか



一度嫌いになったものをまた最近気になるけどもう着られないな、、、




なんてルールはありません。





そんな時はさっぱりと、、、






「だって今のキブンだし。」





それではまた店頭で、オンライン上でお待ちしております。




Yamaguchi



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、




原宿地区では現在駐車場のサービスを行っております。


詳細は下記の画像をクリックしてご確認下さい。


Modern -Shinonagumo-



20年春夏より取り扱いをスタートした<Shinonagumo(シノナグモ)>
シンプルで美しい帽子達は、早くも大きな注目を集めています。

秋冬のアイテムが到着しましたので、ご紹介させて頂きます。





Jewish HAT



削ぎ落し洗練されたソリッドなデザインのボーラーハット。そこに配われたスカーフのような太いリボンがラグジュアリーなムードを高めます。

装いによってアレンジは自由自在、様々な気分によってお楽しみ下さい。



厚みやラビットファーのブレンドなどをポルトガルにてオリジナルで制作した、こだわりのラビットフェルトを使用

重厚な表情と滑らかな質感が、奥深い黒の色合いを演出します。


すべりに使用されたレザー、光沢のあるリボンやアクセントとなる金具使い。こだわりを感じるディテールはプロダクトとしての魅力を引き立て、内に秘める芯の強い女性像がイメージされます。




Amish HAT



アーミッシュをイメージした、ブランドとしてアイコニックな一品。

メンズハットを専門とする熟練した職人の手でひとつひとつ丁寧に仕上げられるハットは、メンズのヴィンテージの型を使用しています。



柔らかで温かみのある繊細な色や素材感を、かっちりと仕上げる事で、硬派な面持ちの中にも芯のある女性らしさが宿ります。

きっと今の季節に、Tシャツ+デニムというシンプルなスタイリングにパッと合わせると、「格好いい」とも「可愛い」とも思えるような、不思議な魅力が溢れるはずです。


ワントーンながら異なる質感が組み合わさる事で、表情が豊かになります。こちらももちろん金具がアクセサリーのようなアクセントとなります。




Knit ruban 




肌触りの良いシルクモヘアの暖かいニットキャップ。編み地を二重にする事で、寒い冬でも十分に暖かい厚みがあります。




祖母から受け継いだようなノスタルジー溢れる、ピンクグレーの繊細で品の良い色味に惹かれます。

帽子に深さがあるので、折り返して頂くと顔周りにボリュームが出て可愛らしい雰囲気に。




近いトーンの配色によって編み上げられた柄は、嫌味なくスタイリングの表情を豊かにしてくれます。




色違いでブラックをご用意しております。男性的なイメージの強い黒のニットキャップも、モヘアの起毛感と、少し明るいトーンを織り混ぜる事で暖かみのある柔らかい印象に仕上がりました。




後ろにニットのリボンをつける事で、洋服との繋がりができ、フードのような一体感が生まれます。また、折り返しなどのアレンジの幅も広がり、よりスタイリングを楽しんで頂けるはずです。



1920年代のモダンなインテリアデザインからインスピレーションを得た今シーズン。特に「Eileen Gray(アイリーン グレイ)」を女性像としてイメージされたそうです。装飾を削ぎ落したシンプルなデザインでありながらも、使う人が自由に発想を巡らせることのできる彼女のプロダクト。そこから影響を受け、帽子自体のフォルムをよりシンプルに仕上げる事で、被った時はもちろん、帽子として置いている姿まで美しくあるよう追求しました。また、被る人がアレンジを楽しめるようなデザインがプラスされています。


恥ずかしながら、建築・インテリアと知識のない私ですが「Eileen Gray」の名を聞いた事があるのは、International Gallery BEAMS でもいくつか彼女のプロダクトを所有しているからです。(もちろんレプリカですが)



Brick Screen




E1027




Black Magic rug





第一次世界大戦が終わり


戦争の痛みを忘れるためか、時代は自由と平和を求め


新たな価値観を持った芸術家が活躍した時代


強い自立への道を歩み出した女性達


コルセットを脱ぎ捨て


モダンなボブカット


短くなったスカート丈


華やかな装いに身を包み、ポートレートの中でポーズをとる女性達


主義主張を持ち、自信に満ち溢れた姿はやはり美しい



「Eileen Gray」と検索して頂くと一番に出てくるであろう、ショートボブの美しい横顔のポートレート。


彼女もそんな新しい時代を、強く歩いた一人であろう。




「個」を求められながらも「集団」に於いての立ち振る舞いを過敏にチェックされる現代。


なかなか胸を張って、自信満々に大腕を振って歩く事は難しく、


誰かの何かの「地雷」を踏んでしまうのではないかと、恐る恐る慎重に、


進んでいれば良いけれど、立ち止まって動けなくなってしまう事もしばしば。



そんな時、いつだって私に少しの自信と勇気を与えてくれるのがファッションです。

「たかが着る物、身につける物」

でも私にとっては紛れもなくソレが歩みの後押しなのです。



えっ何の話ししてましたっけ、、、と失念してしまいそうですが


兎にも角にも




この凛とした美しい佇まいの帽子達が、どうか身につける方の自信や幸せに繋がる事を願っております。


美しい帽子を被られた時は、是非お顔を前へ上げて下さい。


だってそうしませんと貴方の顔が、帽子のつばで見えませんもの。


そしてどうぞ素敵な季節を、楽しくお過ごし下さいませ。


Shimazu


--------------------------------------

■65-41-0157 Jewish HAT ¥71,500(税込)


■65-41-0156 Amish HAT ¥66,000(税込)


■65-41-0158 Knit ruban  ¥23,100(税込)

--------------------------------------

 お電話での通信販売も承っております。気になられる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。駐車場サービス等については、ショップ情報よりご確認下さい。


新型コロナウイルスの影響により、営業状況につきましては状況に応じて変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。また、感染症拡大防止やお客様とスタッフの安心安全を守るため、衛生管理を徹底して営業いたします。詳細はコチラよりご確認下さい。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。








IG STAFF STYLING|Yamamoto

International Gallery BEAMS スタッフによる
セルフスタイリングを
Instagram・ブログ連動で不定期配信。
第一弾となる今回は、
抜群のバランス感覚であらゆるジャンルを着こなす
Yamamotoのスタイリングを紹介します。



Dress<sacai> No.65-26-1921/SIZE 1/¥123,000+tax
Boots<THE ROW> No.65-32-0229/¥169,000+tax



Knit Gown<LETANNE> No.65-19-0690/ONE SIZE/¥273,000+tax
Dress<Paco Rabanne> No.65-26-1831/SIZE 34/¥157,000+tax



Jacket<PHOTOCOPIEU> No.65-16-0271/SIZE 38/¥78,000+tax
Pants<TA CA Si(Mens)> 23-23-1278/SIZE 44/¥35,000+tax


SHOP STAFF:Ikue Yamamoto
(H:152cm)


photo by Kishida


.................................................................................................

商品に関するお問い合わせは、お電話にて承っております。

また、お電話ではオンラインショップ非掲載アイテムの通信販売も可能です。

どうぞお気軽に問合せください。

(03-3470-3948)


↓↓↓詳細はバナーをクリック↓↓↓


Let's beginning

こんにちは。





早速ですがこちらが9月1日現在の店内の様子。



















徐々に本格的な入荷が始まっている店内は、秋冬に向けて大きく舵を切りました。




そうです。




お客様もそうだと思いますが、僕たちも今が一番ワクワクするタイミングです。





この大幅なレイアウト替えが終わるといよいよシーズンがスタートするんだという気持ちにさせてくれます。





店内が秋冬仕様になるという事は、僕たちスタッフも一斉に衣替えです。





この時期は




「どのスタッフが何を着るんだろう?」



とか



写真で見ていたイメージをいい意味で大きく裏切ってくれるアイテムに袖を通しては悩んでみたり。



とにかく口をついてスタッフの間で出るのは洋服の話ばかり(もちろん仕事の話も、、、)。




どのスタッフも大真面目に、真剣に、楽しく悩んでいます。





そんな中でも今回は2人のスタッフのスタイリングをピックアップしてご紹介します。





STAFF  Shigetsune


HAT

<KIJIMA TAKAYUKI(キジマ タカユキ)>レザーパッチワーク ハット
カラー:BLACK BROWN
サイズ:2(59) 3(61)
価格:¥46,000+税
商品番号:23-41-0555-868

SHIRT

<NULABEL(ニューレーベル)>IDポケット シャツ
カラー:BLACK
サイズ:S M L
価格:¥38,000+税
商品番号:23-11-1903-090

KNIT

<AVRIL(アヴリル)>FairisleCG
カラー:CAMER-RED
サイズ:M L
価格:¥80,000+税
商品番号:23-15-1014-177


PANTS

<stein(シュタイン)>フェイクレザー ワイドテーパード トラウザー
カラー:BLACK
サイズ:S M
価格:¥36,000+税
商品番号:23-23-1297-691


SHOES

<TOGA VIRILIS(トーガ ヴィリリース)>サイドゴア ブーツ
カラー:BLACK LEATHER BLACK SUEDE
サイズ:40 41 42
価格:¥68,000+税
商品番号:23-32-0553-688









IDポケット付きのオープンカラーシャツにやや幾何学的な雰囲気も感じさせるフェアアイルニット。



極端にショート丈なバランスも今シーズン見逃せないポイント。



ここまでショート丈のアイテムは久しぶりです。





ハイウエスト気味のパンツとも上手くつながります。




IDポケットとシンセティックレザーは未来を感じさせる組み合わせ。






今シーズン本格的に台頭するであろうシンセテッィクレザーを使用したの2プリーツパンツ。



フレアパンツメインだった先シーズン。



程よいテーパードがまた新鮮です。



足元はヒールパーツが目を引くサイドゴア。



シャツやパンツの近未来感に対して、フェアアイルニットやシューズでヘリテイジな要素を上手く組み込んでいます。





「アタラシイモノ。」を見た時、同時に感じる「ナツカシサ。」




その時の世界や自分の状況によって変わっていく感じ方。



その感覚に任せて洋服を着るのもまた楽しい。



そんな感情にさせてくれるスタイリングです。






続いて


STAFF Kishida



COAT

<TA CA Si(タキャシ)>フェイクレザー タイロッケンコート
カラー:BLACK
サイズ:44 46 48
価格:¥57,000+税
商品番号:23-19-0925-984

T-SHIRT

<GOUACHE(ガッシュ)>KIDS
カラー:WHITE PINK
サイズ:S M L
価格:¥6,800+税
商品番号:23-14-0440-369

PANTS

<Goodfight(グッドファイト)>HITCHCOCK ワイドトラウザーズ
カラー:BLUE STRIPE
サイズ:S M L
価格:¥45,000+税
商品番号:23-23-1293-045

<Veni Vedi Vici(ヴェニ ヴェディ ヴィチ)>chaussuresSP
カラー:BLACK BEIGE
サイズ:40 41 42 43 44
価格:¥16,000+税
商品番号:23-31-0249-739








こちらもSigetsune同様にシンセティックレザーのアイテムを使用したコーディネート。



以前のブログでもご紹介したタイロッケンコートです。




アーティスティックな雰囲気が魅力の<GOUACHE(ガッシュ)>のカットソーに合わせてビーズのネックレスを重ね付け。





そのままボトムスまで繋がっていくと、、、





レトロなストライプパターンがアーティスティックなイメージをさらに加速させます。



極めつけは今シーズン、インターナショナルギャラリー ビームスがスペシャルオーダーした<Veni Vedi Vici(ヴェニ ヴェディ ヴィチ)>のハンドペイントスニーカー。



デットストックのコンバットスニーカーに素材感のあるパンツ。



野暮ったくなってしまいそうな所を、<GOUACHE(ガッシュ)>のユルイプリント、今を感じるシンセティックレザー素材を合わせる事で、リアリティのある、2020年現在のミリタリースタイルに仕上げています。



あくまでディテールやテイストに引っ張られ過ぎない。



「イイカゲン。」



を具現化しています。




スタイリング画像の一枚目の画像をクリックしていただくと、それぞれのスタッフページに飛べるようになっていますので是非ご覧ください。





いかがだったでしょうか?



毎日アツイアツイと言いながら、新しい入荷があると試さずにはいられない。



そんな矛盾した僕たちです。



「こんな時代だからこそ。」とか、「せめてファッションだけでも。」とか。



最近そういった言葉をよく耳にします。



もちろん大事な事ですが、もっと自然に、フツーに、ナチュラルに。



今自分が出来る範囲で楽しみたい。



洋服はもちろん音楽も、アートも、日々の生活も。



「衣」「食」「住」+a



全ては繋がっています。




Yamaguchi




、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



原宿地区では現在、駐車場サービスを行っています。詳細は下記の画像をクリックしてご確認下さい。






トリモドスナツ

こんにちは。



ブログ上では間が空いてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?



都内だけでなく日本中が酷暑。


暑い。


あつい。


アツイ。


とにかく暑い。


私ももれなく暑さにやられています。


そんな中インターナショナルギャラリー ビームスの店内には、以前のブログでもご紹介した様に、秋物が徐々に入荷してきています。


そうです。


もうシーズンの変わり目なんです。


今シーズンはコロナ過の影響なのか自分自身も時間軸がバラバラな気がしています。


そしてこの酷暑。


ならば少しでも気分を上げていただきたい。


今回はまだ間に合う夏もの、つまりセール対象品の最後のご案内です。


ブログの内容まで重たくなってしまうと疲れてしまうので今回は軽めです、、、




まずは8月19日時点での店内セールコーナーの様子から




シーズンレスなシューズや、この夏活躍しそうなサンダルは見逃せません。











<OUR LEGACY(アワー レガシー)>や<NAMACHEKKO(ナマチェコ)>、<sacai(サカイ)>や<KOLOR(カラー)>まで。


















店内奥のコーナーにはタイムレスな魅力を纏った<JIL SANDER(ジルサンダー)>。






極めつけはこちらのキャンペーン。


この夏を笑って乗り切る為のアイテムを是非見つけてください。






ここで少しだけお勧めの紹介を



<NICHOLAS DAILEY(ニコラスデイリー)>タイダイ ラグランスリットシャツ
カラー:ORANGE/RED
サイズ:34 36 38
価格:¥38,000+税
商品番号:23-01-0518-799


京都の染工場でタイダイ染を施したラグランスリーブのリラックスしたシャツ。


ざらっとした質感も気持ちいいです。




<MARTIN ASBJORN(マーティン アズビヨルン)>RIPLEY タンクトップ
カラー:MINT
サイズ:S M L
価格:¥16,000+税
商品番号:23-04-1362-444


裾のギミックが楽しいタンクトップは、ループ状のテリークロスのファブリックを使用して肌触りも抜群です。







<RAF SIMONS(ラフ シモンズ)>イロンゲイト スマイリーTシャツ
カラー:WHITE
サイズ:XS S M
価格:¥110,000+税
商品番号:23-04-1345-414


普通のTシャツに飽きてしまったあなたに強烈なカウンターを。


極端に長い着丈は着こなしの幅が広がります。






<MILLER(ミラー)>別注2パック ソリッドタンクトップ
カラー:WHITE BLACK
サイズ:S M L
価格:¥5,900+税
商品番号:23-04-1327-498



<MILLER(ミラー)>別注2パック タイダイ タンクトップ
カラー:TIE DYE
サイズ:S M L
価格:¥6,900+税
商品番号:23-04-1328-498


こちらはセールアイテムではないですが、長らく欠品していたタンクトップが再入荷しました。



様々なアイテムのインナーに非常に重宝します。






最後はこちら




左から


<THUILLIER(テュイリエ)>別注リネン クレリックレギュラーカラーシャツ
カラー:BLUE LINEN/WHITE
サイズ:37 38 39 40 41 42
価格:¥29,000+税
商品番号:23-11-1335-815


<THUILLIER(テュイリエ)>別注チェック クレリックレギュラーカラーシャツ
カラー:CAMEL/BLUE
サイズ:37 38 39 40 41 42
価格:¥29,000+税
商品番号:23-11-1337-815


<THUILLIER(テュイリエ)>別注フラワープリント ボタンダウンクレリックシャツ
カラー:NAVY FLOWER
サイズ:37 38 39 40 41 42
価格:¥25,000+税
商品番号:23-11-1706-815


是非ファッションアイテムとして着こなして頂きたいドレスシャツ。



素材によってはシーズンレスに着られるアイテムでもあります。




いかがでしょうか?



まだまだ掘り出し物が見つかるセールアイテム。




時期は決まっていませんが、例年ですと秋冬物の入荷とスライドして徐々に店頭から下げていってしまうので、気になる方はお早めに、、、




最後にこちらのご案内も




オンラインショップの特設ページでもお得なキャンペーンが開催中です。


画像をクリックすると特設ページにアクセス出来ますので是非ご覧ください。




yamaguchi




、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



原宿地区では現在、駐車場のサービスも行っております。


詳細は下記の画像をクリックしてご確認下さい。




Trip to KASHMIR -seya.-


インド北部とパキスタンの国境にある山岳地帯<KASHMIR(カシミール)>


ネルー首相の好んだスタンドカラーのジャケット


ネルージャケット。


インドらしい安っぽい不思議なテーラー服が並ぶ店先。


街の男性・・・


ノースリーブのネルージャケット


ニットベスト、シャツ


そこに巻かれたインドのストール。


イギリスの伝統的な Gentlemanスタイル


そこに混じりあう、ピンク、イエロー、ターコイズ


光沢感・・・・・・







そんな不思議なテーラーからのインスピレーションが、今回の<seya.(セヤ)>のテーマへと繋がっていきます。



北インドの男性達がよく着ているベストをモダンに仕上げた一着。ライトグレーとライトグリーンを織りあわせることで再現した、オリジナルカラーのグレーグリーンが秋冬のコーディネートに軽快なムードをプラスします。


ノーカラーにフロントボタンのないミニマルでモダンなデザインは、男性的なアイテムながら広い身幅から生まれるドレープが女性らしさを引き立てます。大きく開いた袖下やサイドスリットは、様々なアイテムとのレイヤードをバランスよく仕上げます。



ベストと同素材のシャツジャケット。硬派なスタンドカラーとルーズなサイジングが絶妙なバランスを保つ一着。


広くとられたヨークや大きく広げられたアームホールから生まれる丸みのあるシルエットは、憎めない野暮ったい愛らしさがあります。軽いウール素材ですが、シャツからブルゾンとして、幅広い季節でお召し頂けます。




毎シーズン人気の高いダブルフェイスのヤクウールの生地は、艶が出る加工を施した天然色の定番カラーでご用意。縫い目が全く見えず、ボタンが隠れるデザインはミニマルでクリーンな高級感が漂います。


軽く暖かい素材を活かした、着用シーズンの長いミニマルなジャケット。艶感のある生地がラグジュアリーな印象ですが、ざばっと羽織り、袖口をロールアップしてラフにお召し頂きたいです。




ヤクウールを贅沢に使用したコートは、毎シーズンご好評いただく定番のアイテムです。裾に向けてボリュームのある生地使いと柔らかな風合いから生まれるドレープが、エレガントな所作を演出します。


ショルダーから切り返しのないスリーブは、なだらかに落ちていきます。袖をロールアップすると手首にメリハリが生まれ、全体をスッキリと見せてくれるお勧めのスタイリングです。ゆったりとしたショルダーラインは、中に厚みのあるニットやジャケットを着こんで頂けます。ナチュラルカラーのロングコートでも、ここまで表情が豊かなのは、シャルム加工による優雅な光沢感や厚みのあるシーム、ポケットの切り返しといった、洗練されたデザインによって仕立てられているからではないでしょうか。

襟はボタンによって取り外しが可能です。ノーカラーコートとして巻物とのスタイリングをお楽しみ頂いたり、フォーマルなシーンでのアウターとしてお召し頂いたり、着用のシーンもより一層広がります。



今シーズンのテーマ、インドの微妙にずれた不思議なテーラー感。そのテーマを色濃く表すのが、こちらのボタンダウンのシャツドレスです。



大きくフラットな襟や喉元のボタンを2つ合わせるなど、通常のボタンダウンとは違う、微妙にずれた新しさが表現されます。ボリュームのある袖は、大きく取られたカフスや、アクセントとなるプリーツによってメリハリがつけられています。また、大きく前後差を付けた裾の深いスリットによって、より一層、硬派でモダンなムードが高まります。




「seya. としては初めて」と語る、本格的なテーラードを踏まえた作りのジャケット。



国内最高峰の工場によって仕上げられたスムースなショルダーラインは、なだらかな落ち感がエフォートレスな女性らしさを演出します。ダブルの合わせや、裏地などの本格的なテーラードのディテールは、お仕事やフォーマルなシーンにもサッとお召し頂ける一着です。


どこか光のある生地が印象的だった、北インドのテーラースタイル。そこからインスパイアされたブラウスは、生地表面に高密度なシルクを使用することで、柔らかさの中にも程よい光沢感とハリ感が生まれます。吸水性と放湿性に優れていますので、シーズンを通してお召し頂ける一着です。


肩から前身頃にかけて取ったプリーツが生む優しいドレープや深く開いた背中のスリットが、マスキュリンな装いの中にもフェミニンな魅力を引き立てます。


カシミアウール素材に中綿を入れた、軽く暖かいインディアンダウンジャケット。防寒用に用意されたボリューム感のあるアイテムですが、ダブルの合わせを狭くすることで、女性がお召し頂いた時にもスッキリとしたシルエットでスタイリングして頂けます。


テーラージャケットとしてはもちろん、襟元にボタンがございますので、アウターとしても暖かくお召し頂けます。



ハリのあるオーバーサイズのナイロンレインコートは、中に厚手のセーターやジャケットもお召し頂ける、一着は持っておきたいアイテム。高密度に織り込まれた生地の表面に特殊加工を施し、パリっとした生地感ながらソフトでエレガントな風合いが醸し出されます。

コンパクトな襟元や比翼ボタンのミニマルなデザインに、ポケット口のセッティングがアクセントとなり表情が生まれます。シンプルかつ機能性に富んだアウターは、着用される方それぞれのスタイリングに寄り添い・引き立ててくれるはずです。



リピーターも多い seya. のパンツ。今シーズンはウエスト周りがフラットに見えるよう、フロントに大きめのタックを間隔をあけて取っています。マニッシュな雰囲気ながら、全体の印象をスタイリッシュに演出してくれる一本です。


訪れたアムリサルトル


荒廃した街並み


壊れかけの建物


スーツケースにたたみもせず詰め込まれた


自然色のカシミア


それは驚くほど柔らかく


床の上に積み上げられていく


古い織機の重い音に合わせながら。






カシミールの冬の空からイメージされた、シーズンカラーのクラウディスカイ。水色とライトグレーの中間のようなニュアンスカラーが、冬のスタイリングを軽快にしてくれます。非常に細く緊密な糸は、とにかく温かく滑らか。そんな繊細な糸を、贅沢に2本撚り合わせて編み上げていくことで、上質で心地よい手触りに仕上がります。



ネックのつなぎは、編み目を減らし首周りをスッキリと見せています。袖口や裾のリブを甘くすることでストンとした落ち感が生まれ、エフォートレスなムード漂うスタイリングにマッチします。



日常の肌着にもと仰るほど優しい肌触りのタートルネックニットは、大変稀少なニュージーランドメリノウールを使用。適度な弾力とストレッチがあり、糸が均質なので毛羽立ちが少なく、肌に直接触れても滑らかな心地よい肌触りに仕上がっています。また、発色の良い特性に注目し seya. では珍しいビビットカラーのエメラルドをご用意。マスキュリンなテーラードに差し色としてレイヤードすると、グッと華やかな「北インドのテーラースタイル」の完成です。




旅無精な私に、いつもその国、地域、土地の空気を届けてくれるseya.(セヤ)>
今だからこそ、旅のムードを感じる洋服を着て、今いる場所とは違う空に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。



いつかまた、きっと、ワクワクするような、ドキドキするような、穏やかな気持ちになるような、旅が訪れることを願って。

Shimazu


--------------------------------------

■65-06-0064 ベスト ¥70,400(税込)


■65-11-0808 シャツジャケット ¥77,000(税込)


■65-16-0258 ヤクウールジャケット ¥176,000(税込)


■65-19-0650  ヤクウールコート  ¥220,000(税込)


■65-26-1844    シャツワンピース   ¥35,200(税込)


■65-16-0260  ウールジャケット ¥118,800(税込)

■65-11-0809 バックオープンシャツ ¥74,800(税込)


■65-16-0259 インディアンダウンジャケット ¥121,000(税込)


■65-19-0651 ナイロンコート ¥62,920(税込)


■65-23-0604  ウールトラウザーズ  ¥70,400(税込)


■65-15-0936    チャンキータートル   ¥143,000(税込)


■65-15-0147  メリノウールタートル ¥31,900(税込)


--------------------------------------

 お電話での通信販売も承っております。気になられる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。駐車場サービス等については、ショップ情報よりご確認下さい。


新型コロナウイルスの影響により、営業状況につきましては状況に応じて変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。また、感染症拡大防止やお客様とスタッフの安心安全を守るため、衛生管理を徹底して営業いたします。詳細はコチラよりご確認下さい。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。