スタッフ「武島 幸宏」の記事

よき仲間たち

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日は私のよき仲間たちの小咄を。





閉店後にスタイリング撮影をすることが多いのですが、時折スタッフに邪魔をされることがあります。



本日は普段と趣向を変えて、私の愉快な仲間たちを、撮影時のオフショットと共にご紹介致します。



●まず1人目。


堂々と写り込んでくる河村。現在はビームス アウトレット 入間に在籍しています。寂しがり屋なため、邪魔しにくる頻度はNo.1でした。




たまにやり返してました。



●2人目。




にじり寄ってくる園田。現在はビーミング ライフストア by ビームス MARK IS みなとみらい店に在籍しています。笑顔がチャームポイント。愛称はPちゃんです。




カップル感のある写真を撮りたがります。



●3人目と4人目




躊躇なく横切る出口。弊店に在籍しています。今季のスタイリングテーマは「ギャル」だそうです。ハートは乙女です。




横切るだけではなく遠くから監視してきます。




かと思うと何故か新藤を従えて自撮りします。いや、それ私のスマホなんですけど…。



新藤も弊店に在籍しています。最近イケメン担当を外され、オチに使われるケースが目立ちます。




非常に躍動感のある邪魔の仕方ですね。


●5人目




背後から忍び寄る鶴田現在はビーミング ライフストア by ビームス MARK IS みなとみらい店に在籍しています。見た目と裏腹に純朴な青年です。




何故カメラ目線…。



●6人目




やはり躊躇なく横切る吉野。言わずと知れた弊店の看板娘ですが、出口に悪影響を与えたのは間違いなく彼女でしょう。



やはりやり返します。







●7人目



「濡れますよ」と傘をさしてくれた田邉。いいよ、屋内だから。弊店に在籍しています。良い意味、クセの固まりです。




談笑風景とか撮らなくていいよ…。何回も言うけど私のスマホだよ…。そしてなんで裸足なんだよ…。



●8人目




これは良い写真。長きに亘りみなとみらい地区のカリスマだった石井です。現在はビーミング ライフストア by ビームス グランエミオ所沢店に在籍しています。公私共に私を支えてくれた元相棒です。彼が異動する直前に撮った一枚で、よい思い出となっています。



●9人目




右が岡田。弊店に4月に赴任した私の新相棒です。撮影時のオフショットではありませんが、図らずも出勤のスタイリングが思い切り被りましたので、思わず記念撮影してしまいました。これからよろしくな!






楽しく働けるのは愉快な仲間たちのおかげです。この場をお借りして、改めて感謝したいと思います。



スタッフの名前をタップして頂くと、個人のページをご覧頂けます。気になるスタッフがいたら、是非ご覧になってくださいね。



他にもご紹介したいよき仲間たちがたくさんいるのですが、あまりに長くなりそうなので、ひとまず今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓






How about summertimes?

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今回は恒例の店舗企画ブログ。来たる夏に向けて「サングラス」と「サンダル」を、そろそろ用意しませんか?というテーマでお送りします。夏といえば太陽。太陽は英語でサン。サンつながり。私は勝手にそう解釈しています笑。今日はエスパドリーユの小咄を。



ご紹介するのはこちらです。




SALVI / エスパドリーユ
カラー:OFF WHT、BLACK、BLUE
サイズ:40、41、42、43
価格:¥6,490(税込)
商品番号:11-33-0847-867

SALVIのエスパドリーユです。私の夏の定番です。



エスパドリーユとは、靴底のソールを麻で編んだ、民族的履物としてのウェッジソールサンダルのことを指します。発祥はバスク地方で、主な用途として船員の作業靴として用いられました。



バスク地方はピレネー山脈の両麓に位置しており、フランスとスペインの両国にまたがっています。この地方で話されるバスク語は現存するどの言語とも系統関係が立証されておらず、正確な成り立ちは分かっていません。独自の地域性により、スポーツや音楽、舞踊などでも固有の文化が育まれましたが、エスパドリーユもそのひとつと言えるのかもしれませんね。




エスパドリーユの代表的なブランドのひとつがスペインのラリオハ地区で創業されたSALVI。元々はジュートのソールを生産している会社でしたが、1992年に自社ブランドとしてSALVIをスタート。ソールを他から手配しアッパーを付けているだけのメーカーが多い中、全ての制作工程を自社で行っています。




ソールが通気性の高いジュート素材のため蒸れにくく、スリッポンのように着脱も簡単。まさに夏に最適な一足です。



サンダルだとラフになりすぎるし、革靴やスニーカーだとちょっと重い。そんな夏場のスタイリングを、軽快かつ小洒落た雰囲気に仕上げてくれるのが、エスパドリーユの最大の魅力だと個人的には思っています。



今シーズンはオフホワイト。




ブルー。




ブラックとご用意しております。





ジメジメとした日が続きますが、小物で季節感を取り入れるとテンションが上がります。夏の支度を足元から始めるのもいいですね。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




好き嫌い

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はキャップの小咄を。



食べ物の好き嫌いが何一つありません。料理なら大袈裟でなく何でも美味しく頂けます。両親の食育に感謝しています。ただもちろん大好物という食べ物はあります。そのひとつがピザです。




先日、関内にあるピザの名店に久しぶりにお邪魔しました。昔から通っているお店です。こちらのナポリピッツァ、落涙しそうなほど美味いのです。



カウンター席メインの気軽なピッツェリアという雰囲気も気に入っています。ピザを焼く店主の職人然とした佇まいが格好良く、スタッフの皆さんも親切。居心地がよく、ピザと正面から向き合う?ことが出来ます。



こちらのスタッフの皆さんはキャップを被っているのですが、その姿がなんとなく頭に残っていましたので、今日はキャップのご紹介をすることに致しましょう。



私のおすすめはこちらです。


BEAMS PLUS / 6パネル ヘリンボーン キャップ
カラー:IVORY HERINGBONE、KHAKI、OLIVE、INDIGO、NAVY
サイズ:ONE SIZE
価格:¥7,150(税込)
商品番号:38-41-0041-863


ヘリンボーンの表情が秀逸な、BEAMS PLUSオリジナルのキャップです。使い込むと味の出てくる、長く愛用頂ける逸品。バックルがレザーという所にこだわりを感じます。


私はこの日ネイビーを被っていました。写真はお店に伺う前に、明るいうちから公園で缶ビールを一杯引っ掛けた時の一枚です笑。



色は他にアイボリー。



カーキ。



オリーブ。



インディゴがございます。



形に癖がなく、程よくカジュアルダウンしてくれるので、スタイルを問わずに被れます。汎用性の高さこそが、このキャップの最大の魅力だと私は思っています。



あまり帽子は被らないなあ、という方でも、こちらのキャップならきっと馴染んで頂けます。私は若い頃からほんの数年前まで、キャップはあまり被りませんでした。似合わないかなあ、と勝手に思っていたんですね。ですが歳をある程度重ねて、こちらをお気に入りにしてから、キャップの魅力を知りました。帽子の好き嫌いも直すことが出来た、というわけです。



新しい発見をして、「好き」を増やしていくのは、いくつになっても楽しいものですね。好奇心と柔軟な感覚を忘れずにいたいと思います。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





ゆるさのこだわり

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はプリントTシャツの小咄を。



海が好きです。ただしカナヅチですので、波打ち際でピチャピチャして、後はビールを飲むだけです。出来ればサーフィンを趣味に加えたかったのですが、泳げない、顔に水がかかるのが苦手、という致命的な欠点を克服出来ないまま今に至っています笑。



しかし、南国や夏のゆるい雰囲気が好きなので、この時期くらいからしばしば海辺の街に出かけます。今年はやけにその欲求が強く、よって夏用のTシャツも少しポップなプリントTシャツが気になっています。



まずこちら。



THE DAY / 別注 I am GUMP Tee
カラー:Beige×White Print、Forest×White Print
サイズ:S、M、L
価格:¥5,390(税込)
商品番号:38-08-0003-530

砂浜をダッシュしたくなるようなプリントです。深緑のボディの色味が個人的に大変好みです。



ベースはベレー帽とトラウザーズの武骨なアイテムの組み合わせ。そこにスカーフを首元にキュッと巻き、Tシャツはタックインして動きをつけました。


次にこちら。



THE DAY / 別注 Print T Shirt
カラー:White×Navy print、Navy×Rust orenge print
サイズ:S、M、L
価格:¥5,390(税込)
商品番号:38-08-0004-530

バックプリントにやられました。私の友人に「酒は心のガソリン」と言って憚らない男がいますが、何となく彼のことを思い出しました笑。


 

古着のデニムにジャックパーセルという王道の組み合わせに、ウォレットチェーンを加えたアメカジスタイル。たまにはこんなストレートなスタイリングも良いですね。



ご紹介した二枚は、共に「THE DAY」に別注したTシャツです。ブランド名はサーフィンで使う言葉で、決定的なBig Waveが来る日のことなんだとか。



世界各地のサーフスポットとビーチカルチャーを背景にしたコレクションが揃います。その根底には、フィーリングを大切にし、「こだわらない」ということに「こだわる」デザイナーの姿勢があります。



居心地のよさ、リラックスした気分、良い意味でのゆるさとは、もしかしたらそういう「こだわり」から生まれるものなのかもしれません。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





夏の個人的ベスト3

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今回は恒例の店舗企画ブログ。スタッフから夏のおすすめ商品をご紹介させて頂きます。私からは初夏のお出かけに関する小咄を。




五月の爽やかな晴天の日がとても好きです。鮮やかな新緑と、若葉の匂いをまとった薫風は、身も心も軽やかにしてくれます。何も予定がなくても外に出かけたくなりますよね。



そんな初夏の気分を盛り上げてくれる私のおすすめはこちらです。



其の一 散歩編




BEAMS / ストロー ハット
カラー:OFF WHT、BLACK
サイズ:FREE
価格:¥15,400(税込)
商品番号:11-41-5931-745


クラシックな雰囲気のストローハット。まさに夏の風物詩ともいえるアイテムです。「麦わら帽子」は夏の季語にもなっているそうですが、被るだけでテンションの上がる帽子です。日除け効果も抜群ですので、ちょっとしたお散歩にもおすすめです。




元来は明治初期に麦で出来た麦稈真田という素材を用いて作られた帽子のことを指していたようです。だからというわけではありませんが、スタイリングも少しレトロなイメージで仕上げてみました。


其の二 外食編




BEAMS LIGHTS / トーマスメイソン ブロード 半袖 シャツ
カラー:WHITE、BEIGE
サイズ:1、2、3、4
価格:¥16,500(税込)
商品番号:51-01-0222-594

ドレスシャツのような質感でありながら、肩の落ちるゆったりしたサイジングで、上品な抜け感を演出する半袖のシャツ。肘まである袖の長さもポイントです。こういったシャツはちょっとした外食にピッタリです。




生地は〈THOMAS MASON〉社のものを使用しています。1796年から続く、英国王室御用達のシャツ生地メーカーですが、老舗ならではの上質を感じる一品。スタイリングもワントーンでシンプル&クリーンに。



其の三 海編




BEAMS PLUS / ペイズリー エレファント ブロックプリント 4ボタン カフスジャケット
カラー:BLACK、GREEN、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥26,400(税込)
商品番号:38-16-0212-791

インパクトのある柄が目を引くジャケット。こういったオリエンタルなアイテムをお出かけに取り入れると、季節をより感じられるような気がします。泳ぐにはまだ早いですが、海辺の街にお出かけする時などにもってこいかもしれません。




カーディガン感覚でさらりと羽織ることの出来る一着なので、気負わずに思い切りまくって着こなすのも粋ですね。



いかがでしたでしょうか?初夏のお出かけのご参考にして頂けたら幸いです。私も次のお休みは、初鰹を食べに行こうかな…。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





瓶ビールの流儀

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はパラブーツの小咄を。



ゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?私はほとんど店頭におりましたが、お休みを頂いた日はゆっくりと過ごしました。



目覚めてテレビをつけると、メジャーリーグが放映されており、ついついそのまま見入ってしまう。見終わると、読みかけの本を手に取り、好きな音楽をかけながら読み耽る。



そんなこんなしているうちにもう夕方。早いうちに風呂をわかして、さっぱりとすると、「瓶ビール飲みたいなあ…」という衝動に駆られる。そして躊躇なく近所のトンカツ屋に歩を進める。一日自宅でのんびりしようかと思いましたが、瓶ビールの誘惑にあっさりと負けました笑。



近所なので、ピシッと決めていく必要はありません。ただこのトンカツ屋、大昔からある街の名店で、ご年配の大将とおかみさんがお二人で切り盛りする、カウンター席のみの昭和感満載のお店。大好きなお店なのですが、こういう場所で瓶ビールを飲る時、ラフでイージー過ぎる格好だと、なんとなく自分のテンションが上がらないんですよね。



ということで、足元にこちらをチョイスして伺いました。




Paraboot × BEAMS / 別注 Deerskin Corsica
カラー:BLACK、D.BROWN
サイズ:UK5、UK5.5、UK6、UK6.5、UK7、UK7.5、UK8、UK8.5、UK9、UK9.5
価格:¥33,000(税込)
商品番号:11-32-0783-099


パラブーツの「Corsica」です。型から別注しています。ローファーとデッキシューズを合わせたような、ありそうでないデザイン。雌鹿の革であるディアスキンを使用しているため、非常に軽くて柔らかい履き心地。一言で言うと、「気負わない革靴」なのです。


スニーカーだとカジュアルすぎる、でも気楽さは残したい。そんな時にうってつけの一足です。



こんなや。




こんなや。




こんなに。





パラブーツは1908年にフランスで創業され、元々はアルピニスト用の登山靴を製作していました。その為、堅牢な作りでありながら、長時間履いても疲れにくいという特徴を持つ靴を生み出すようになります。チロリアンシューズの「Michael」や、Uチップシューズの「Chambord」などは、その代表格といえますね。



そこに新しく仲間入りした「Corsica」。是非一度この履きやすさ、そして合わせやすさを体感して頂ければと思います。瓶ビールとの相性も抜群です笑。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




愛用スニーカーブルース

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はスニーカーの小咄を。



先日、伊豆高原に出かけてきました。有名な桜並木は花吹雪が美しく、去りゆく春を感じることが出来ました。






快晴に恵まれ気候も良かったので、駅前で自転車を借り散策をしました。目指したのは城ヶ崎海岸にある有名な吊り橋。






海面からの高さが23メートルあるそうで、行ってみたはいいものの、高所恐怖症の私はそそくさと渡ってしまいました笑。






吊り橋への往復には林道を使います。鳥の囀りと波の音を聴きながら、苔むした石段を登っていたら、体が緑の中に溶け込んでいくような、なんとも心地よい気分になりました。



たまにこうした小旅行をするだけでも、自然の広大さや、あるいは生命の強さに気付かされます。その豊穣さは心を素直にし、自分自身と向き合わさせてくれるような気がします。



身軽な装いで行きました。履いていったのはこちら。




CONVERSE / ALL STAR JAPAN HI
カラー:NATURAL WHITE、WHITE、BLACK
サイズ:7、7.5、8、8.5、9、9.5、10.5
価格:¥13,200(税込)
商品番号:11-31-0731-479


昔からワードローブに欠かせない一足です。履き潰しては買い替え、もう何代目なのか分かりませんが、私にとってスニーカーといえばこれ。






日本製のものは、シューズボックスが赤箱だったり、ハトメがアルミだったり、通常のものと仕様が異なる点が多々あります。個人的にはシューレースがコットンキャンバスという所が好きです。結ぶ時になんとなくしっくりくるんですよね。



若い頃より年を経てからの方が、履く回数が増えた気がします。クラシックなスタイリングにフィットすること。着用する機会の多いワイドシルエットのパンツと相性がよいこと。理由はいくつかありますが、ハイカットをさりげなく履きこなす大人の男性になりたいと昔から思っていたので、努力をし始めたのかもしれません笑。






舞い落ちた花びらを踏みしめて、ゆく春を惜しみます。いくつもの季節を一緒に通り過ぎたなあ、などと、愛用のスニーカーと共に感傷に浸るのも、大人の楽しみのひとつではないでしょうか…?



皆様も弊店で長くお付き合い出来るスニーカーを見つけて頂ければ幸いです。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





新メンバーが選んだアイテムでコーディネート組んでみた!

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今回は恒例の店舗企画ブログ。弊店に新しく着任したスタッフを、一つのアイテムにフォーカスさせて頂きながらご紹介するという趣旨でお送りします。私からは名品に関する小咄を。



私が指名したのはメンズの岡田




うん、ふざけてるな笑。ただこの男、ファッションだけでなくカルチャーにも造詣が深く、且つ非常に物腰の柔らかいナイスガイです。皆様も店頭でお気軽に話しかけて頂ければ幸いです。



彼が選んだのは、私も複数所有しているこちらのチノパンでした。



BEAMS PLUS / 2プリーツ チノ トラウザーズ
カラー:CEMENT、BLACK、KHAKI、OLIVE、NAVY
サイズ:XS、S、M、L、XL
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-23-0097-874


ファンの方も多い、長年愛されてきたBEAMS PLUSの傑作中の傑作です。ハリとコシのある表情豊かな素材感。それでいて美しいワイドシルエット。武骨でありながらスマートさも兼ね備えている、汎用性抜群の一本です。



私が岡田に提案したスタイリングに使用した商品の詳細は、既に彼が先んじてブログをあげてくれていますので、今回は実際に彼が着用した完成版をお送りします。



こちらです。





決まってます。提案した私が言うのもなんですが、渋い…!




ラフなスタイルの岡田も非常に雰囲気があり、味と個性に溢れているのですが、そんな彼に王道のジャケットスタイルを着こなしてもらいました。印象がガラッと変わりますね。






落ち着いた印象を与えるブラウンのジャケットに、ようこそみなとみらいへ、という気持ちを込めて、真っ赤なヨット柄のタイをチョイス。





そして名品を合わせます。腰回りのプリーツが作る滑らかな曲線が、スタイリングに動きをつけてくれます。くるぶしの出る丈感で、裾にかけて絞りを入れているので、足元はスッキリめのシューズを選びました。



いかがでしたでしょうか?BEAMS PLUSの名品と、ついでに岡田のことを知って頂けたら幸いです笑。



今回ご紹介したチノパンの他にも、「ビームス百名品」と呼ばれる商品のご用意がございます。気になる方はコチラをご覧になってみてくださいね。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




Linen recommendations

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はリネンの小咄を。



寒の戻りも落ち着き、過ごしやすい季節になってきました。店頭にはリネン素材の、初夏を思わせる商品が入荷し始めています。





まず麻とリネンの違いを簡単にご説明しておきましょう。麻とは、糸や生地の元となる繊維やその原料となる植物の総称です。麻には多種多様な種類があり、その中の一つにリネンがあります。他にも主に衣料用に使われるものとして、ラミー、ヘンプがあります。



リネンの発祥は紀元前8000年頃といわれており、人類最古の繊維ともいわれるほど古くから使用されてきた繊維です。ユーフラテス川などいわゆる小アジア付近が発祥地とされていますが、現在の主な産地はフランス北部やベルギーといった比較的寒い地域が中心です。



リネンには水に濡れるたびに強度が増す特徴があります。その為長く使用することが可能です。綿よりも吸湿力があり、通気性にも優れているため抗菌性が高く、清潔感を保つことが出来ます。まさにこれからの季節にピッタリの素材ですね。



私のおすすめ其の一はこちら。




BEAMS PLUS / リネン キャスケット
カラー:WHITE、BLACK、BEIGE、OLIVE
サイズ:ONE SIZE
価格:¥7,150(税込)
商品番号:38-41-0067-863

素材特有のシワ感が表情豊かなキャスケットです。ツバの部分はスエード素材なので、クラシックな雰囲気も残しています。スタイリングに軽快感をもたらしてくれるアイテムです。



おすすめ其の二はこちら。




BEAMS PLUS / 2プリーツ リネン デニム ワイドトラウザーズ
カラー:INDIGO
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥22,000(税込)
商品番号:38-23-0158-791


BEAMS PLUS定番の2プリーツトラウザーズをベースにしたワイドトラウザーズです。以前にご紹介した「かせ染」の手法を用いて、リネン素材を深いインディゴに仕上げています。清涼感のあるボトムです。



おすすめ其の三はこちら。




BEAMS PLUS / リネン ソリッド ボタンダウンシャツ
カラー:WHITE、BEIGE、GREEN、NAVY
サイズ:XS、S、M、L、XL
価格:¥14,300(税込)
商品番号:38-11-0425-139

シャリっとした質感を楽しめるボタンダウンシャツです。深みのある色合いが魅力的です。襟の収まりが良いので、インナーとしても重宝する一着。袖をまくってラフに着るのも良いですね。



いかがでしたでしょうか?気持ちも軽快になるリネンアイテム。若葉の季節を前に、ぜひ店頭でご覧になってみてください。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




タフガイ

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はベイカーパンツの小咄を。



昔から早起きが苦手で、日が高くなってから動き出すタイプです。しかし先日は起き抜けから無性にハンバーグが食べたくなり、野毛の音楽通りにある洋食店に、開店早々にお邪魔しました。




この界隈には洋食の名店がたくさんありますが、こちらもそのひとつ。まろやかでコクの深い醤油ベースのソースが大変に私の好みで、よく訪れます。



食べている時にソースをほんの少しパンツにこぼしてしまい、「いかんいかん」と慌てて拭き取ったのですが、その時思いました。「あれ?この前もこのパンツにこぼした気がするな」。



ということで、今回は私がよくソースをこぼす、というお話ではありません笑。ついつい履いてしまうお気に入りのパンツのお話をさせて頂きます。



こちらです。




BEAMS PLUS / バックサテン ベイカー パンツ
カラー:WHITE、 SAGE/GREEN、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥17,600(税込)
商品番号:38-24-0080-578


BEAMS PLUSのベイカーパンツです。随所に盛り込まれたミリタリーディテール、ほどよい太さとほどよいテーパード、品の良いセージグリーンの色味。とにかく合わせがしやすいパンツです。



ベイカーパンツはフロントやバックに外付けのポケットが設けられたワークパンツのこと。米軍が作業用として採用していたファティーグパンツが原型と言われています。日本においては、パン職人(ベイカー)が履いていたことが名称の由来とされています。



バックサテンのさらりとした手触りも魅力です。生地の裏側がサテンの織り方になっている為、バックサテンと呼ばれます。裏朱子織とも言いますが、サテン特有の光沢が抑えられるので、カジュアルな印象を与えてくれます。耐久性もあり、履き込んだ際のアタリの出方も楽しめます。



私、本当によくこのパンツを履いていて、自らのスタイリング画像を振り返ってみたら、季節を問わず着用しておりました。



春。



夏。



秋。




冬。





年間を通して活躍してくれています。野球でいえば、「シーズンを通してローテーションを守ってくれ、なおかつ勝ちを計算出来る、信頼感抜群の先発ピッチャー」といった所でしょうか。開幕が嬉しく、つい物事を野球に例えてしまう癖が出てしまいました。すみません…。



ご自宅でお洗濯して頂けるので、ソースをこぼしても安心です。でもなるべくこぼさないように気をつけましょう笑。どんな時期にも着回しがきき、経年変化も楽しめる、「タフガイ」と呼べる一本。皆様もおひとついかがでしょうか?




それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





春と踊ろう

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はダンスシューズの小咄を。



春爛漫といった雰囲気になりました。家の近所に小さな公園があり、桜の木が五本植わっています。いずれも大ぶりの見事な出立の桜で、寒いうちから開花を楽しみに待っていたのですが、今年もきれいな花を咲かせてくれました。




暖かくなり、お出かけしたくなる季節がやってきましたね。そこで今日は、楽しい外出を更に気分よくさせてくれるものをご紹介します。



こちらです。





CROWN / ダンス シューズ
カラー:WHITE、BLACK、BEIGE
サイズ:7、8、9、10
価格:¥11,000(税込)
商品番号:11-32-0027-232


「CROWN」の定番アイテム「JAZZ」です。激しく動いても足先を美しく見せる為に作られているので、シンプルなデザインとボリュームを抑えたシルエットになっています。表情豊かなシボ感も魅力です。


「CROWN」はその名の通り、インソールに王冠マークを掲げており、英国国際ダンス選手権などで履かれている選手用シューズを製造しています。スニーカーだとカジュアルすぎる、一般的な革靴だとカタすぎる。そんなスタイリングのお悩みを解消してくれるのは、「競技」に拘った作りになっているからこそなのではないでしょうか。




色は三色ご用意しています。まずはダンスシューズといえばの白。




ロングコートを用いたスタイリングに使ってみました。丈の長さによる重たさを感じさせない、軽やかな仕上がりにしてくれます。





お次はキリッとした黒。




こちらはスウェットパンツの足元に。裾が絞ってあるパンツは、シューズのスッキリしたフォルムを際立たせてくれます。






最後は変わり種のベージュ。




武骨な着こなしにあえて持ってきて、上品さを加えてみました。全体バランスを整えてくれる馴染む色なので、あると重宝します。





柔らかで軽量、かつスマート。大人のカジュアルに持ってこいのダンスシューズを、春のお出かけのお供にしてみてはいかがでしょうか。きっと心も踊り出しますよ笑。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





新生活応援キャンペーン

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今回は恒例の店舗企画ブログ。テーマは「新生活応援キャンペーン」。私からは白についての小咄を。





白にはクリーンなイメージがありますね。以外にも「始まりを感じさせる」や「気分を一新する」という心理効果があるそうです。新しい環境に身を置かれる方には、うってつけの色かと思います。



私も白はよく着用します。まっさらな白いシャツを着た時は、確かに背筋がシャキッとし、いつも以上に前向きになれるような気がします。


ということで、本日は新生活にピッタリの商品を三つご紹介致します。




まずこちら。




BEAMS / ヘビーオックス イージー ボタンダウンシャツ
カラー:WHITE、STRIPE
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥12,100(税込)
商品番号:11-11-9005-301

白といえばまずオックスフォードのボタンダウンシャツを思い浮かべますね。非常にオーセンティックなアイテムですが、こちらのシャツはイージーフィットですので、気張らない力の抜けた雰囲気を演出してくれます。




カモフラのパンツとキャップでラフに仕上げてみます。足元は革靴も良いですが、Clarksでカジュアル感を高めてみました。




次にこちら。




BEAMS PLUS / ガーメント ダイ ピケ トラッカー ジャケット
カラー:OFF WHT、BEIGE、PINK、MINT.GRN、SAX
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥22,000(税込)
商品番号:38-18-0162-791

非常に薄手で滑らかな質感のトラッカージャケット。クラシックで武骨なイメージのJEAN JACKETに上品な生地をのせた逸品です。シャツ感覚で使用出来ますので、袖を通す機会の多くありそうな一枚です。




ボタンダウンシャツにチノ、ハンチングといったクラシックなアイテムと組み合わせても、どこか新鮮な印象にしてくれます。




最後はこちら。




Wrangler / Wrancher Dress Pant
カラー:OFF WHITE、NAVY
サイズ:SS、MS、LS、XLS
価格:¥8,800(税込)
商品番号:11-21-0003-141

程よいフレアとセンターの折り目が足長効果をもたらしてくれるドレスパンツ。型崩れしにくいのもグッドポイントです。スタイリングに取り入れやすいオフホワイトのパンツは、一着あると重宝します。



シアサッカーの清涼感のあるブルゾンとの相性はバッチリ。足元も白いスニーカーを合わせ、爽やかにまとめてみました。



いかがでしたでしょうか?



新生活の始まりは、期待と不安が入り混じるものですよね。私も服屋になる時、「やっていけるかなあ」と不安でいっぱいでした。ですがたくさんの方々のサポートと、「服が好き」というシンプルな初心のおかげで、今も服屋を続けられています。



始まりを感じさせる白という色は、初心の色でもあるかもしれません。これからも初心を大切に精進していきたいと思います。



新しいステージを迎える皆様の日々が充実したものになりますように。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





追憶のギリシャ

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はギリシャにまつわる小咄を。





最近、ある本を読み終えました。ずっと気になっていた大作でしたが、ようやく手に入れることが出来、一冬かけて読み終えました。1943年に発表された近代ギリシャ文学の金字塔と呼べる作品です。映画化もされています。



主人公が非常に魅力的な男で、「人間らしさってのは、こういうことさ!」というのを、豪放磊落な言動を通して表していきます。読了後に爽快感と幾許かの寂寥を残す、名作と呼ぶにふさわしい作品でした。



実はギリシャを一ヶ月旅していたことがあります。三ヶ月のアジア周遊から帰ってきて程なく、旅に取り憑かれてしまった若き日の私は、再びなけなしのアルバイト代を握りしめるようにして、ひとりギリシャに向かったのです。



当時の私は「旅にカメラは必要ない。心に残せばそれでいい」などと信じていました笑。本当にお恥ずかしい若気の至りなのですが、それが為にギリシャの写真は一枚もありません。仕方ないので、その頃の私の写真を載せておきましょう。なんちゅう顔してんだ笑。カッコつけてますねえ。





ギリシャ周遊の目的は、「世界で最も美しい夕陽」を見ることでした。エーゲ海に浮かぶサントリーニ島にある、イアの町からそれが見られると旅好きの知人から聞き、どうしても行きたくなった、という単純な理由でした。



首都のアテネから、ピレウスという港町に行き、船に乗りました。そこからのんびりと島々を巡りました。バイクを借りて島を疾走したり、ビーチで日がな一日寝転がったり、毎晩同宿の旅行者と飲みに行ったり、自由気ままに過ごしました。



たどり着いたイアの町の夕陽はそれはそれは美しかったのですが、その時期は日が長くなかなか沈まないので、落陽を待ちながら何本も酒を飲むハメになり、暗くなった時にはヘベレケになっていたことを覚えています笑。





旅行中は大衆食堂を利用していましたが、ギリシャ料理は大変美味しいです。今でも思い出したように食べたくなるので、そんな時は関内に古くからあるギリシャ料理店にお邪魔しています。



画像はイェミスタという料理です。トマトやパプリカなどの中身をくり抜き、抜いた中身をミキサーにかけてペースト状にします。ペースト状になった中身をオリーブオイルで炒め、米や挽肉、トマトソースなどを合わせて野菜に戻し、オーブンで焼き上げたものです。米を使っているので、我々日本人には親しみが湧きますね。



このように、私にとってギリシャはなんとなく縁を感じる国なのです。またいつか行きたいなあ、と願っているのですが、当店にこんな商品が入荷しております。こちらです。




BONVO / OVIO ネックレス
カラー:GOLD
サイズ:FREE
価格:¥11,000(税込)
商品番号:61-42-3232-219


Ray BEAMSで取扱う、〈BONVO〉のアクセサリーです。ギリシャの若手デザイナー、マリア・レオニドプールー氏によって設立されました。新しい技術と昔ながらの技術を組み合わせて、丁寧に作られています。ブランド名はハイチのクレオール語で「価値あるもの」から由来。記憶や日常からインスピレーションを得てデザインされています。



女性スタッフに付けてもらいましょう。





ニュアンスのある特徴的なチェーンですが、どこかクリーンな印象を与えます。ギリシャ旅行中、アクセサリーの工房に立ち寄ったことがあります。華美すぎないデザインに心惹かれたのを覚えています。工房の主人は若い女性で、拙い語学力ながら色々と話し込んだのですが、〈BONVO〉を手に取った時、彼女の顔がなんとなく思い出されました。



スタイリングの邪魔にならないシンプルなアクセサリーは、ホワイトデーの贈り物にも適しています。バレンタインのお返しを探されている方、是非一度、ギリシャ生まれの〈BONVO〉を見にいらしてください。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




忘れがたない梅の花

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日は春に着るニットについての小咄を。



顔面に似合わず花が好きです。桜、向日葵、ハイビスカス、水仙、百合…。華やかな花、可憐な花が好きです。道端に咲く花や、公園の花壇の前で足を止めてしまいます。



この時期の花と言えば、やはり梅ですね。春の訪れを告げてくれます。抜けるような晴天の下に咲く梅の花は可愛らしいものです。



紅梅に。




白梅。




大倉山公園に梅林があり、この時期によく出掛けていました。現在はコロナ禍で開催されておりませんが、毎年観梅会が催され、おでんを食べながら一杯飲れたり、それは風流なものでした。画像はコロナ禍の前に撮ったものですが、その時のことが思い出されます。





春はもうすぐそこにあります。とはいえまだ寒く、アウターもなかなか手放せない。こんな時期に重宝するのが、春のニットです。



私のおすすめはこちら。




BEAMS PLUS / リネン コットン 5ゲージ ケーブル クルーネック ニット
カラー:WHITE、KHAKI、PINK、YELLOW、OLIVE、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-15-0123-048


リネンとコットンの混紡糸を編み込んだ、BEAMS PLUS定番のニットです。





リネンを混紡することで程よいシャリ感が生まれ、軽やかさが出ます。肌触りがよく耐久性にも優れています。まさにコットンとリネンの良いとこどりをした一着といえます。



やはり選ぶのは紅梅に。




白梅ですかね笑。





アウターを着込んでいても、脱いだら軽やか。この時期ならではのファッションの楽しみ方かと思います。



三寒四温を繰り返して春は来ます。コロナ禍の中でも希望を持って過ごすことは、どこか春を待つ心持ちと似ているような気がします。いつかまた梅林の花を愛でる日も来るでしょう。春のニットでお洒落を楽しみ、明日も前向きに過ごしたいと思います。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




バレンタイン連想コーディネート

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今回は恒例の店舗企画ブログ。お題は「バレンタインを連想するコーディネート」。これまたなかなか難しいお題ですが、挑戦してみましょう。



ということで本日は鞄の小咄を。



「よし、今日はいっちょうチョコたくさん貰ったるか!」。そんな風に思ってバレンタインデーに出かける男性は余りいないでしょう笑。



ですが、例え期待を裏切られたとしても、図太く生きていけるのが大人の強さ。私はあえてこんなコーディネートを組んでみました。



こちらです。 




チョコもたくさん入る、大きなトートバッグを持って出勤です笑。




前置きが前置きなので、どことなく笑いを誘ってしまいますね。しかし、カジュアルなジャケットスタイルにトートバッグは非常に相性がよいのです。野暮ったくならず、決まりすぎない、ちょうどいいラフさを演出してくれます。個人的には大きめのものが好みです。





色は赤を着こなしのポイントにしました。小物の色を揃えてあげると、コーディネートは品よくまとまります。鞄からスタイリングを考えるというのも、なかなか面白いものです。



持っているのはこちら。



L.L.Bean × BEAMS PLUS & BEAMS BOY / 別注 Deep Bottom Deluxe Boat and Tote Large
カラー:RED/NAVY、GREEN/NAVY
サイズ:ONE SIZE
価格:¥15,950(税込)
商品番号:38-61-0039-593

L.L.Bean別注の〈BOAT&TOTE〉です。80年代に作られていたカラーを採用しています。




1944年に氷の塊を運ぶ為に発売されて以来、品質に拘り続けてきた名品です。氷が溶けてもすぐに滲み出すことがないよう、自立するくらい厚いキャンバスが使用されました。


〈BOAT&TOTE〉という商品名の由来は、ボートに乗るときに必要な物を詰めてどこにでも持ち運べる、という意味から。質実剛健な作りとシンプルなデザインは、今も多くの人に愛されてやみません。



来年のバレンタインに向けて、皆様もトートバッグをおひとついかがでしょうか笑?



本日はもうひとつ、私物の愛用品をご紹介します。こちらです。




かれこれ20年近く使っているショルダーバッグです。



若き日に三ヶ月のバックパック旅行から帰ってきて、紆余曲折を経て服屋を生業にするようになってからも、夏休みなど少し長いお休みを頂いた時は、一人で海外旅行をしていました。長いといっても仕事がある為せいぜい4〜5日ですから、持っていくのはこの鞄ひとつでした。私と一緒に色んな景色を見てきた、思い出の詰まった鞄とでも言いましょうか。




ちょっとオリエンタルな、ともすればヒッピー風なこの雰囲気が気に入っていて、今でも出番の多い鞄です。



外出は出来るだけ手ぶら派の私ですが、鞄を持つ時はスタイリングとの相性を気にします。チョイス次第で全体が引き締まることもあれば、時にバランスを崩してしまうこともあります。



その度に、鞄は実用性だけでなく、スタイリングの一部であるということを改めて感じます。トートバッグ、ショルダーバッグ、リュック、色、柄、大きさ…。TPOやスタイルによって鞄をチョイスするのは、ファッションの面白さのひとつ。たくさん楽しめたらいいですね。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





二十四節気

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はスウェットについての小咄を。



春夏秋冬をそれぞれ更に6つに分け、季節をより細やかにしたものを二十四節気といいます。各々にその時期を表す美しい名前がつけられており、春分や夏至など聞き慣れた言葉もあります。こうした季節に対する感覚が好きです。



二十四節気の立春に入る前日を一般的に節分と呼びます。今年は2月3日でした。本来は立夏、立秋、立冬の前日も節分と呼びますが、二十四節気は立春が始まりとされる為、まさに最も「季節を分ける日」ということになるのかもしれません。



寒さの厳しい折ですが、暦の上では春となりました。日中の日差しも少し強くなってきましたね。ということで、新しい季節を迎えるのにピッタリなスウェットを、本日はご紹介致します。



こちらです。



LOOPWHEELER × BEAMS PLUS / 別注 アスレチック クルーネック スウェット
カラー:OATMEAL、H.GRY、BLACK、P.NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥16,500(税込)
商品番号:38-13-0061-593

名品中の名品です。唯一無二と言っていい着心地は、旧式の吊り編み機が生み出します。ゆっくりと編むことで力が加わらず、糸がリラックスした状態で編み込まれていくので、糸本来の柔らかな風合いの活かされた生地が出来上がります。




吊り編み機は1時間に1メートル程しか編むことの出来ない非効率な機械です。全工程を一日で終えても7、8人分程度の生地しか作ることが出来ません。その為アメリカにはもう存在せず、世界で裏毛を編めるのは日本の和歌山だけとなっています。




癖のないシンプルな仕上がりですので、スタイルを選ばないのも良い所。



きれいめにも。




クリーンにも。




王道にも。






様々なテイストでご使用頂けます。古くからある伝統的な製法に拘るからこそ出来るこちらのスウェット。店頭にご用意がございます。未体験の方は是非一度お試しにいらしてください。


季節の変わり目は素材の変わり目。ウールからコットンへ、ニットからスウェットへ。ファッションでも二十四節気を感じられると楽しいですね。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓