ルトロアとトマとジジとコルビュジエ

DAISUKE KATO 2019.04.14

こんばんは。


今週は上野の国立西洋美術館で開催中のル・コルビュジエ展に休みの日に行ってきました。


国立西洋美術館には昔ルーブル美術館展?か何かを見ようと行ってみたことがあるのですが、外に大行列ができていて断念した苦い思い出がトラウマになっていたのですが…

今回は平日でも混雑しているイメージの上野の美術館としては意外や落ち着いた入客。


近代建築の3大巨匠と呼ばれる内の1人が自ら設計した国立西洋美術館で、その本人の作品を見ることができるという貴重な機会を堪能できました。

同時代のピカソ等のキュビズムの巨匠達の作品や、常設展も興味深いので、残り1ヶ月、当店の行き帰りにいかがでしょうか…?


では、フランス繋がりで…

コルビュジエ展の翌日に入荷してきたこちらを。




今回はインナーのご紹介です。




<Letroyes(ルトロア)>

半袖ニットTが入荷してまいりました。


オススメは特にこのボーダー柄


LETROYES THOMAS ボーダー
カラー:ブルー、ネイビー
サイズ:3,4,5
価格:¥15,000+税
商品番号:21-04-0080-353




定番のTHOMAS(トマ) SHORTのボディを

ボーダー柄にしたBEAMS別注モデル。


ボーダー柄好きにはたまりません…




袖口と裾のコントラストもたまりません…






ブルーとネイビーどちらも甲乙つけがたいですね…


サイズは今回から? 3・4・5という表記。

実質S,M,L相当です。


シャツでサイズ39 or M、ジャケットで46位の私で、サイズ4ですね。

どちらか欲しいです…


コーディネートはこのようなイメージ。




昨日、北角がご紹介していたジジのジャケットと合わせてみたいです。

あのジャケットもユーロワーク好きにはたまりません…


恵比寿のギャラリーで開催中のコルビュジエ展も見に行きましたが、絵画が300万円台…

100年近く前の巨匠の作品だとそれくらいするんだなと…


もちろん手が出ないので、ジジのジャケットに手を出したい今日この頃でございます。


そして、LETROYESは定番人気のパーカも良いですね。

半袖の上から着ても肌触り抜群です。




未体験の方は、ぜひ店頭で試してみてください。


ご興味ございましたら国立西洋美術館とセットでご来店お待ちしております。








館もたまりません…




KATO



beams_house_marunouchi 公式Instagramもどうぞ。


ご試着、お取り置きもネットで簡単に。詳しくはコチラをご覧ください。