So Good Curry Mix Spice Vol.1

FUZIO 2018.07.05

おはようございます。

FUZIOです。


7月13日から全国のビーミング ライフストアにて、カレーのイベント『SO GOOD CURRY』を開催致します。そこで、So Good Curry Mix Spiceというビーミング by ビームスだけの特別なスパイスを販売。カレーに関わるグッズも多数ご用意しておりますので、お楽しみに。


本記事は、So Good Curry Mix Spiceが出来あがるまでの工程をご紹介。長くなりますが、最後までご覧頂けると嬉しく思います。朝・昼・晩の3部作。


まず、今回のイベント、この人無しでは成り立たない。

カレー評論家の水野仁輔氏。


カレー・スパイスに関する著書を多数出版しており、まさにエキスパート。


今回は、水野氏だけでは無く、プレスルームの梅田、ビーミング ライフストア by ビームス たまプラーザテラス店のスタッフ勝見と門脇、そして、ビーミング ライフストア by ビームス ららぽーとTOKYO-BAY店のFUZIOの4名が集まり、ビーミング by ビームスだけのオリジナルスパイスを作ろうという企画です。4名のスタッフはカレーやスパイスに詳しいのかと言うと、決してそうではない。私に至っては、あまりカレーは好まないし、辛いのが苦手。

でも、そんな私でさえも美味しいスパイスが作れると聞いたので、これは楽しみで仕方がない。


都内某日、水野氏が代表を務める株式会社AIR SPICEのラボにて集まった。


扉を開けると、空気が一気に変わったんです。その瞬間はスパイスだとは分からなくて、なんだか鼻に残る匂いだな、という印象でした。


部屋の至るところに、スパイスを保管した瓶があった。匂いの理由はこれか。


私はスパイスのことを何も分かっていなかったので、こんなにも沢山の種類があることに驚きました。粉末状じゃないものもあって、スパイスのイメージがガラッと変わりました。木の枝みたいなものもあれば、枯葉みたいなのもある。



それから水野氏から数々のスパイスの説明を受けた。



「スパイスとは全て植物から採取されている。」等の基本的な部分から「スパイスは、嗜好品。」といった水野氏ならではの見解を交えた説明を受け、とてもスパイスに興味が湧いた。スパイスについて知り尽くしているからか、言葉選びが巧みで、どんどん関心が湧く。面白い話を沢山聞けました。


そこで、水野氏がピックアップした10種類のスパイスが登場。


今回は、この10種類の中から数種類をセレクトし、ビーミング by ビームスだけの特別なスパイスSo Good Curry Mix Spiceを作りだそう、ということ。

スパイスの調合は本来難しいものではあるが、水野氏の選ぶ10種類の中からなら、どれを調合しても美味しいスパイスが出来あがるらしい。


気になるその10種とは、こちら。


・パプリカ

香ばしい香りをプラスしてくれる。鮮やかな色も特徴的。


・フェヌグリークシード

甘味がメイン、でもほんの少しの苦みが癖になる。プロテインやミネラル、ビタミンを含まれています。


・ブラックペッパー

馴染みのあるスパイス。力強い香りでありながら、深みのある辛み、

・ガラムマサラ

複数種類のスパイスがブレンド。シナモンなどの甘く深い香り、カルダモンなどの爽やかな香りを併せ持つ。


・フェンネルシード

優しい味わい。他のスパイスとの相性が良い。カレーに使用するとさっぱりとした印象を加える。


・クミンシード

4000年以上前から使用されているという古い歴史がある。微かな苦味の奥に深いふくよかな香りがある。


・カルダモン

フルーティーな甘い香りを持つ。爽やかでありながらもまろやか。高価で、『スパイスの女王』と呼ばれている。


・ターメリック

ショウガの仲間で、土臭い香りがする。カレーが黄色いのは、ターメリックのお陰。


・レッドチリ

辛いイメージの強いスパイスだが、素晴らしい良い香りがする。カプサイシンが含まれており、カレーが後を引く味わいになる。


これらのスパイスの香りを1つずつ嗅いでいく。


スパイスの香りは、馴染みのあるものもあれば、ついつい顔を背けちゃうような苦手なものもあった。好みが分かれるところで、私が苦手だと話したスパイスを、他のスタッフが好き、或いはその逆もまた然り。スパイスは奥深いものだなと感じた。


水野氏の解説を聞きながら、一通り全てのスパイスの香りに触れた。


見事なまでに、どのスパイスも香りが全く異なっており、独特。

こんなに独特なスパイス達が合わさって、本当に良い香りのするスパイスなんかが出来るのだろうか。ましてや、先程までスパイスの知識が皆無であった4名のスタッフが感覚だけで調合するなんて。


でもきっと大丈夫。

美味しいの完成してなかったら、このブログも書いてないですから。


続きは、本日15時に更新されるブログをご覧下さい。