最高峰のスェットLOOP WHEELER

小田部 裕 2018.02.17

こんにちは。今日は男のワードローブ確実のスエットのカテゴリーでご紹介させて頂きますね。

ずっと長い付き合いで着るであろうスエットは確実に間違い無いアイテムをチョイスしたい事は誰もが思う事ですよねー。その中で自分がお勧めしたいブランドはやっぱりJAPANクオリティーが沢山詰まったLOOP WHEELER(ループウィラー)になります。

1、LOOP WHEELERの簡単なご説明


まずブランドの設立は1999年にスタートしています。そして和歌山県にあるカネキチ工業株式会社というニットメーカー(生地の編み立て)で生産を行っています。ここで、吊り編み機という機械を使用しLOOP WHEELERを生み出しています。なんとカネキチ工業株式会社は1920年から工場を和歌山市に構えている老舗さんなので、職人の熟練した伝統がしっかりと継承されているので高い技術力で僕達の元へ届けてくれているんです。


2、そもそも吊り編み機とは?

1960年半ばまではスエットを生産する時にはごく一般的な編み機でしたが、大量生産や効率重視の世の中にシフトチェンジしてきた事により徐々に姿を消していってしまったらしいんです。どうしてかというと、1時間に1メートルくらいしか編めず、更に職人が常に編み機の調整をしながらの作業になる為、多くの工場がコンピューター制御の効率が良いやり方に変えてしまったからなんです。現在吊り編み機は和歌山県に400台存在し、その内200台が稼働しています。職人の細かい技術を必要としながらの生産は非効率かもしれませんが、だからこそ今の現代の機械の技術では出来ない、とても良いスエットが完成しているんです。


3、吊り編み機のメリット

なんと言っても『やわらかさ』がある風合いだと自分は感じます。先ほどご説明した通り時間を掛けて空気を含むようにゆっくりと編んでいるので人の肌に近い服といっても過言ではありません。又、トレーニングウェアとして繰り返し洗濯をしたとしても『やわらかさ』の特性は継続するのがとても素晴らしいなぁと思います。時間を掛けて、手間を掛けて編み立てるからこそシンプルではありますが、他の工場では決してマネ出来ない最高峰のスエットが完成出来るんです。

この素晴らしいスエットを一度袖を通せばヤミツキになる事は間違い無いです。是非男のワードローブとしてお勧めしたいアイテムです。

BEAMS EBISU 小田部