雨の日の選択は?

Toshiya Muramatsu 2018.06.01

こんにちは、
花粉症の春と
雨が多い梅雨が苦手な
MURAMATSUです。


先日九州地方が梅雨入りをして

そろそろ関東地方もジメジメした

季節がやってきます。
独特の湿気もイヤなのですが、

外出がついつい億劫になってしまう連日の雨。。。
そんなこの時期に
履くシューズに悩んでしまうことは
きっと私だけではないハズ。

今回のブログは当店のスタッフが
雨の日にどういったシューズを選んでいるのかを
チェックしてみたいと思います。

ちょうどこのブログを作っている日は
正午より雨予報のため、
スタッフは皆それを予測したチョイスでした。
それでは早速、スタッフMASEの足元を、、、

ALDENのカーフスエードを
採用したペニーローファーを着用。
ワイドシルエットのコットンパンツをロールアップして
軽快に履きこなしています。


そんなALDENの中でもスエード素材に絞ると
“V-TIP”、“SLIP-ON”、
“PENNY LOAFER”をご用意しております。


続いてNAKABAYASHIが着用しているのは、、、

CROCKETT&JONESの
“RICHMOND”を着用しています。
ARC’TERYX VEILANCEのナイロンパンツと
カーフスエードの質感がマッチしています。


CROCKETT&JONESのスエードを採用した
ローファータイプですと
“RICHMOND”に加え“BOSTON2”、
“MAINE”をご用意しています。


スタッフSUZUKIの足元は、、、
BEAMS PLUSがALFRED SARGENTに別注をした
ダーティーバックスをチョイスしています。



アウトソールはダイナイトソールなので
クッショニング、グリップ力共に◎。

そして私、MURAMATSUは、、、

PARABOOTのMICHAELを愛用しています。
ボリュームのあるこのモデルは
テーパードシルエットのパンツと相性がバッチリ。



私が着用しているモデル以外にも
PARABOOTは天候に左右されず着用できるモデルが多く、
左側より“MILLY”、“CHAMBORD”、“WILLIAM”、
“CHAMBORD”“POE”とバリエーション豊富にご用意しております。


----------------------------------------

ここまで4名の足元をチェック頂きましたが
忘れてはならないことがあります。


それは日々のシューケアです。
レザーに保湿や栄養を与え、
特にスエードなどの起毛素材はブラッシングを行うことで
表情が整い、急な悪天候時やその後のリカバリーも
スムーズに行うことが出来ます。
ご不明な点はスタッフまでお尋ねください。

最後に番外編です。
もっと気軽に着用できるシューズを
お探しの方へオススメがコチラ。

本来はレディースサイズのみのシューズを
インターナショナルギャラリー ビームスが
メンズサイズの展開を別注しました。
ぜひ店頭でお試しください。

----------------------------------------

今回はスタッフの着用分シューズを
主にご紹介致しました。が、これら以外にも
店頭では「雨」が楽しくなる靴をご紹介することができます。

それでは「銀座」でお待ちしております。

MURAMATSU