スタッフ「マンマミーヤ田口」の記事

ALL NIGHT BEAMS PLUS〜代打のマンマミーヤです


まいど!

グラマラス藤井は休みやで!

っと、今回はグラマラス藤井の代役として

私マンマミーヤ田口が執筆させて頂きます。



最後までお付き合い下さいませ!


本日ご紹介するアイテムはこちら。




BEAMS PLUS / ナイロン オックスフォード マウンテンパーカ
カラー:CEMENT、MUSTARD、MINT.GRN
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥33,000-(税込)
商品番号:38-18-0383-139


1960年代のマウンテンパーカをベースに

様々なアップデートを加え、BEAMS PLUSからリリース。

特に着用した時のシルエットがこのマウンテンパーカのセールスポイントでもありますので、是非袖を通して頂きたい逸品。


ご存知の方も多いかとは思いますが昨シーズンもリリースしていたモデルの、生地違いの仕様で再登場。




BEAMS PLUSと言えば、魅力的な生地使いが一つポイントと言えますが、

こちらの表地は、ただの60/40クロス等では無くリサイクルナイロン100%「セボナーナイロン」を使用したオックス生地。




天然素材の様なスパン糸を使用し、「SY加工」と言うvintageの風合いが表現出来る技法を使用しており、適度なボリューム感、また柔らかでナチュラルな風合いが特徴的です。




Zipperはお馴染み「IDEAL」。

それだけで雰囲気良しですね。




スナップはメタルボタンを採用。




肩周りやチェスト周りもゆったりとしたシルエット。




フードは日除け付きです。


余談ですが、この形のフードを見ると

バイクのヘッドライトの「ピヨピヨバイザー」を連想してしまうのは僕だけでしょうか?


あ、なんかすみません。。。




キャップを被っても、しっかりとキャップのつばも隠れる程。

多少の雨だと安心ですね。

多少のと言う点だけ、ご理解下さいませ。




内側のスピンドルコードをササッと






生地を内側に寄せる事で、肌に密着し

風の侵入も防ぐため保温力が微増しします。

シルエットの変化も楽しめますね。




ポケットワークも勿論PLUS SPECです。

(久々にこのワードを使いました)

どこがPLUS SPECかと言いますと




そうです、ダブルポケット仕様。




こちらもダブルポケット。




こちらはシンプルなハンドウォーマーポケット。


 


ギンガムチェックの裏地が目を惹きますね。

表地に対してのこのネイビーギンガムの配色がとてもデザイン的に効いてますよね。



贅沢にも総裏仕様。




古着のマウンテンパーカの裏地は、基本保温力効果の高いウールやコットンのネル生地をライナーとして付けている事が多いですが、こちらはポリエステル100%。

滑りがとても良いですね。

表地と裏地との二重使いと言うだけで、

想像以上に保温力が有ります。


個人的には、寒い時期でもこのマウンテンパーカの様な薄手のアウターを選び、インナーにはツイードのスポーツコートや厚手のニット、そしてアウターの上からダウンベストを重ねたりと、レイヤードSTIYLEの楽しみ甲斐を感じます。




そして裏にも沢山ポケットが有りますよ。




はい、こちらにも。




上下左右、古今東西ポケット三昧。




はい出ました、極めつけの隠れポケット。

背面のポケットディテールです。

Zipをわざと開けて、裏地をチラ見せしたいですね。




【STIYLING】

私田口は

マウンテンパーカのマスタードを活かし、同系色で纏めました。

ブラウン系が合うんですよね〜。

ダブルクロスのワイドトラウザーズを選ぶ事で上品さを意識。

とは言いつつ、やはり街着。

スニーカー、キャップでラフに合わせるのが相性良しですよね〜。



こちらのマウンテンパーカは3色お取り扱いがございます。

他カラーでWEST STAFFにコーディネートして貰いました。

◾️エラリー大崎

スポーツコートと組み合わせてみました。アウトドアに限らず、幅広くコーディネート出来るのが嬉しいポイントです。ネクタイで柄のアクセントを付けてみるのも良さそうです!

とエラリー。

デニムシャツやゴールデンブラウンのコーデュロイスポーツコートなど、少し粗野なmoodのアイテムチョイスがマウンテンパーカとのNICEマッチングですね!


◾️与那嶺


「アウターに合わせてアウトドアムードを感じさせるニットをインナーに。間にクラシックなダンガリーシャツを差し込み、パンツはvintageの軍パンで男臭く仕上げました」

確かに与那嶺らしく男臭く仕上げてくれました。

ニットやオリーブカラーの軍パンは渋くなり過ぎるところ、セメントカラーのマウンテンパーカが中和してくれていますね!


さて

2023年シーズンも終盤に近付いて来ました。

がやはり欲しい物はどんどん出て来ますね〜


後悔先に立たず。


私は毎シーズンそんなシーズンです。。。笑


皆さん、後悔のない様に是非お考え下さいませ!

お気軽にお取り寄せも、お申し付け下さい〜



最後までご覧頂き有難うございました。



フィナーレは店舗ブログでの私のルーティンでもある今週の一枚。




先日、先輩のチャーリー脇山と

旧ビームス 阿倍野店時代によくお世話になっていた、名店「ZELE」にランチに。


注文していたものが届くと真っ先に撮影を行い、チェックを怠らないチャーリーさん。

画面の照度が高すぎて、顔面青白くて不気味です。


田口