タグ「森山大道」の記事

吉田昌平 コラージュアーティスト

もう4月も半分が過ぎようとしています。

今まで味わったことのない春の過ごしている方が多いのでは無いでしょうか?

自分がふんわり好きなものと向き合おうと思い、JAZZの音楽の成り立ちを映像や音楽から学んでいます。

漠然となんとなく好きなものが、胸を張って「好き!」と言える感覚って好きです。

  

さてさて。

今回はタイトルにもある吉田昌平さん。

2017年に行った展覧会についてや、作品、また今のことをご紹介できたらと思います。

 

 

吉田昌平さんはコラージュアーティスト、ブックデザイナー、アートディレクターとして幅広く活躍されている作家さんです。

(本屋に行くと手に取っちゃうPOPEYEのアートディレクターとしても携われておりました)




2017年の展示では、日本を代表する写真家・森山大道の写真集『新宿』(月曜社)を解体、全てのページを素材として使用しコラージュした全128点からなる作品集『ShinjukuCollage)』の中から厳選した作品の展示販売を行いました。

 
 

森山大道さんの写真集「Shinjuku」は、新宿という街があらゆるモノ、ヒト、建物などが混じり合っており、その自体が独特な生命感を発する「生きもの」であることが見事に捉えられています。




その森山大道さんが新宿の街を切り取った写真集を分解し、吉田昌平さんが新しくコラージュした新宿の街並みは、混沌さがより深く、また美しく自由に、切り、貼り、剥がされて、また新しい新宿を感じる作品集です。




私も新宿で働いてもうすぐで一年になります。

ランチタイムの新宿三丁目のサラリーマン、世界中から来た旅行者、老若男女すれ違う昼の時間。

夜の歌舞伎町で人とすれ違う瞬間背筋が伸びる事や、真夜中のカオス感とドキドキワクワク感。

大久保でイスラム街の一瞬日本じゃないと思うような匂いやお店の人たち。四谷の交差点の都会感。

新宿にはいくつもの顔があることをこの一年で肌で感じています。


人も変わり続けるし、街も変わり続ける新宿。



本の最後のページには森山大道さんの言葉で締めくくられています。


「スナップ写真は、広大無辺な下界世界を極小な細片として

きりもなく切り取ることで成立している。

かつて出版されたぼくの写真集『Shinjuku』も、

もとよりそのように作成された。

その一冊に刷られた多くの新宿のイメージが、

吉田昌平さんの手によってさらに無数の細片に

カッティングされることで、いったん全イメージの解体がなされ、

新たにコラージュという表現方法によって

吉田さんが”いま”体感し感応する新宿として再生された。

こうした制作行為自体、そしてスパイラルな変容そのものの中にこそ、

本来写真が持つしなやかさがあるのだと思う。

ぼくは吉田さんのコンセプトによって、

すでにぼくの手から離れた<もうひとつの新宿>の風景の中を

歩き回れることを楽しみにしている」

 
 



また吉田さんは201911月にBEAMS Tでもコラボ商品を販売、展示しています!

様々な雑誌媒体での挿絵をはじめ、ファッションブランドとのコラボレーションも話題の人気イラストレーターFACEとのコラボ商品。

 

FACEが保存していた貴重なアートアーカイブを素材に、吉田さんがコラージュを施し、再構築したアートピースの展示販売の他、Tシャツ、トートバックなどの商品も販売していました。

  


吉田さんはコラージュアーティストとして活躍もしておりますが、ブックデザインや展覧会のアートディレクターとしても活躍されています。

最近、自社出版で本を出されたようです。




アーティスト・TOMASONの『MONSTER BOOK』!

TOMASONは毎日欠かさずモンスターを書き続けている若手の作家。

この作品集は、モンスターが252体収録した図鑑です。

彼が描くモンスターたちはポップでシニカルで、作家本人の日常の奮闘が染み出たような

個性的なキャラクターたち。

 

私もちらりと説明を見ただけですが、とてもワクワクしています。



 



吉田さんは時折、展覧会に顔を出してくださったり、お話しする機会がありました。

優しい印象で、物腰柔らかい素敵な作家さんだと感じていました。


ただ作品を目にすると自由で、大胆。だけど作品は丁寧で美しい。

お話しした時に印象に残っている会話で「ひたすらに紙が好きで旅行に行っても紙ばかり集めてしまう」という話が私は好きで。

好きなものと向き合い、それをアートワークにしているひとの作品は見てる側まで自由で想像性が働く、そんな気持ちになります。

吉田さんの作品も人柄も私は好きです。

 

今後も吉田さんの活躍を楽しみにしています。


作品においてはウェブサイトでじっくり家で見てください。


ご覧いただきありがとうございました。


B GALLERY

木虎春香


===============================

吉田昌平

Instagram@heiyoshida

===============================

B GALLERY

Instagram@b_gallery_official

Twitter@B_GALLERY_

Face BookB GALLERY

===============================

森山大道 写真展「あゝ、荒野」


【開催中の展覧会】


 


映画「あゝ、荒野」公開記念!!

森山大道 写真展 「あゝ、荒野」


日時:2017年9月29日(金) 〜 10月15日(日) 11:00 - 20:00<会期中無休>
           〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
TEL:03-5368-7309


【レセプションパーティー】(入場自由)
森山大道氏をお招きし、レセプションを行います。
日時 / 場所:9月29日(金) 17:00 - 20:00 / B GALLERY


【内容】
B GALLERYでは6年ぶり2回目となる写真家、森山大道の写真展を開催します。
本展では、寺山修司、唯一の長編小説「あゝ、荒野」(角川文庫/2009年)の映画
公開に併せ、60年代当時からの写真をはじめ、小説の舞台となっている新宿の
街や映画の登場人物を、森山大道が新たに撮り下ろした新作を多数加えて展示、
販売します。

初版(現代評論社/1966年)の表紙を担当した森山大道の写真を加えた小説
「あゝ、荒野」(パルコ出版)が2005年に出版されました。60年代の写真を多く
含む211枚のプリントを浸入し完成した本書は、言葉と写真が互いに熱く反応
し合い、寺山修司の小説の情景が見事に表現されています。2011年に、蜷川幸
雄の演出により舞台化され、出版後50年の時を経て遂に映画化されます。60年
以上、新宿を撮り続けてきた森山大道の新たな挑戦となる本展と写真集
「あゝ、荒野」にどうぞご期待ください。


協力:
2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ、テラヤマ・ワールド、
ポスターハリス・カンパニー、マッチアンドカンパニー、フルハウス、写真弘社、
一般財団法人森山大道写真財団


【写真集発売のお知らせ】
タイトル:「写真集 あゝ、荒野」
著者:森山大道
発行:KADOKAWA
造本:町口覚
価格:2,500円(税別)


【トーク + サイン会のお知らせ】
日時 / 会場:2017年10月7日(土) 17:00-18:30 / B GALLERY
予約定員制:先着30名様 *ご予約やB GALLERYまで
出演:森山大道(写真家)、木下あかり(女優)、笹目浩之(プロデューサー)
           町口覚(パブリッシャー、グラフィックデザイナー)


【映画情報】
映画「あゝ、荒野」
原作:寺山修司 × 菅田将暉 × ヤン・イクチュン
前編:10月7日(土)、後編:10月21日(土)
新宿ピカデリー他、二部作限定公開記念!!


【関連書籍情報】
タイトル:「あゝ、荒野」_著者:寺山修司_発行:角川文庫_640円(税別)
タイトル:「あゝ、荒野」_著者:寺山修司、森山大道_発行:PARCO出版_3,500円(税別)


1938年大阪府池田市生まれ。デザイナーから転身し、岩宮武二、細江英公の助手を経て、
1964年にフリーの写真家として活動を始める。1967年『カメラ毎日』に掲載した「にっ
ぽん劇場」などのシリーズで日本写真批評家協会新人賞を受賞。近年では、サンフランシ
スコ近代美術館(1999年・メトロポリタン美術館、ジャパンソサイエティー(ニューヨーク)
巡回)、国立国際美術館(2011年)、テートモダン(ロンドン)で行われたウィリアム・クライン
との合同展(2012〜13年)他、国内外で大規模な展覧会が開催され、国際写真センター(ニュ
ーヨーク)Infinity Award功労賞を受賞(2012年)するなど、世界的に高い評価を受けている。

-----

吉田昌平 展覧会「新宿(コラージュ)」

【吉田昌平 展覧会「新宿(コラージュ)」】





『吉田昌平 展覧会 「新宿(コラージュ)」』

日時:2017年5月19日(金) 〜 6月4日(日) 11:00 - 20:00<会期中無休>
場所:B GALLERY(新宿 / BEAMS JAPAN 5F)
           〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
TEL:03-5368-7309

レセプションパーティー:5月19日(金) 18:00 - 20:00


【内容】
B GALLERYでは初となる吉田昌平の展覧会を開催します。
本展では、写真家・森山大道の写真集『新宿』(月曜社)を解体、全てのページを
素材として使用しコラージュした全128点からなる作品集『Shinjuku(Collage)』
の中から厳選した作品の展示、販売を行います。
吉田昌平は、書籍のデザインや展覧会のアートディレクションといった仕事をす
る傍ら、アーティストとしてコラージュ作品を数多く制作、発表しています。
彼の欲と衝動に溢れた、大胆かつ自由で美しいコラージュは、森山作品に新たな
息吹を与えています。どうぞご期待ください。


「ぼくは吉田さんのコンセプトによって、すでにぼくの手から離れた〈もうひと
    つの新宿〉風景の中を歩き回れることを楽しみにしている」  — 森山大道


【アーティスト・トークのお知らせ】
日時 / 会場:2017年6月3日(土) 18:00〜19:30 / B GALLERY
予約定員制:先着30名様  ※ご予約はB GALLERYまで
ゲスト:森山大道(写真家)、杉江宣洋(『BRUTUS』副編集長)


【作品集発売のお知らせ】
タイトル:『Shinjuku(Collage)』
著者:吉田昌平
写真:森山大道『新宿』(月曜社)
発行:numabooks
定価:5,800円(税別)


吉田昌平(よしだしょうへい) / アートディレクター、グラフィックデザイナー】
1985年、広島県生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、デザイン事務所「ナカムラ
グラフ」での勤務を経て、2016年「白い立体」として独立。カタログ・書籍のデ
ザインや展覧会ビジュアルのアートディレクションなどを中心に活動。その傍ら、
アーティストとして字・紙・本を主な素材・テーマとしたコラージュ作品を数多
く制作発表する。2016年、雑誌『BRUTUS』(マガジンハウス)No.818「森山大道
と作る写真特集」への参加を契機に、森山大道氏の写真集を素材としたコラージュ
作品の制作を始める。作品集に『KASABUTA』(2013年/WALL)がある。

-----

【次回の展覧会】
2017年6月9日(金) 〜 27日(日) 11:00-20:00<会期中無休>