スタッフ「小辻 直也」の記事

2024初買い!THE INOUE BROTHERS

皆様、あけましておめでとうございます。


ビームス ハウス 丸の内 小辻です。


新年が始まり一週間が過ぎましたね。

BEAMSでは年明けと共にセールが始まり、お陰様で店内も大変賑わっております。


そんな2024年最初のブログ。

今回は私の初買いしたアイテムについてご紹介致します。


早速!こちらです。



THE INOUE BROTHERS / アルパカ ノンブラッシュ ソリッドマフラー
カラー:ECRU,LT.GREY,GREY,BLACK,CAMEL,D.BROWN,BABY BLUE,NAVY
サイズ:FREE
価格:¥22,000(税込)
商品番号:23-45-0002-503


冷え込みが増し、そろそろマフラーをと思った矢先、こちらが当店にも入荷して参りました。


THE INOUE BROTHERSはその名の通り、コペンハーゲンで生まれ育った井上兄弟によるブランドです。


「日本の繊細さと北欧のシンプルさへの愛情を基本に生まれたデザイン」ブランドの特徴とされています。


この特徴を聞き、実際にマフラーを手にした時、その言葉の意味をとても納得しました。




こちらはマフラー表面部分。

素材はベビーアルパカ100%採用。

非常に高い保温性と、滑らかな手触りが心地よいです。


カシミア100%やウール混のものに比べ、薄く、軽量感があるのも特徴的。


またベビーアルパカは他素材に比べ、毛玉ができにくい特徴もあるとされています。

マフラーはトップスなどに比べると使用頻度が高いため、毛玉の手入れを都度行うのは大変ですよね...

その心配もかなり軽減されそうです。




こちらは、楠で作られた自然派防虫剤です。ブランドタグに付属しており、この字体、ロゴ、保存時の配慮。どれも心温まる粋な計らいだなぁと感心しました。




実際の着用画像。

私が選んだのは「GREY」です。この重過ぎない色目に惹かれてしまいました。


他ブランドに比べると生地の厚みがなく、首回りが苦しくならないようなスッキリとした雰囲気。



ですが、W70cm×L200cmという大判サイズ。写真のように、ぐるりと巻いて首元に集めるのもよし、シンプルに垂らしてコーディネートのカラーアクセントとしても良さそうですね。


まだまだ寒さが続きます。

「繊細さとシンプルさ」を兼ね備えたTHE INOUE BROTHERSのマフラーで残りの冬を快適にお過ごし下さい。



私のオススメ商品紹介、スタイリングなど発信しております。ぜひこちらからフォローをよろしくお願い致します!



また、商品ページの【アイテム説明】にて、スタッフレビューを書かせて頂いております。

着用感、素材感、オススメなどについてご紹介しています。ぜひご参考にお目通し下さい。(店頭でのサイズ感のご相談も喜んでお受けさせて頂きます!)


ではまた次回もよろしくお願いします!


*ブログ内に記載の価格は、記事公開当時のものであり、変更する可能性がございます。


ビームス ハウス 丸の内 小辻直也


【GIFT FOR CHRISTMAS 】

皆様、こんにちは。

ビームス ハウス 丸の内 小辻です。


12月。

2023年もいよいよ最後の月ですね。本当にここまであっという間でした。

何度も述べているように、私は冬のこの特別な雰囲気は大好きです。


ですが、気がついた時にはこのムード感溢れる素敵な月も終わってしまうのかと思うと寂しいです...


12月にはビッグイベントがありますね。

クリスマスですね。

ギフト、既にお決まりでしょうか。



(店内ディスプレイもクリスマス仕様)


大切な人にはもちろん、自分へのご褒美としてクリスマスプレゼントを贈るのも素敵なことです。


そんな今回は、私のオススメギフト【マフラー】を2種類ご紹介させて頂きます!




PIACENZA / カシミヤ ソリッド マフラー
カラー:GREY,BLACK,BEIGE,CAMEL,D.PINK,WINE,ORANGE,OLIVE,BLUEGREY,D.BLUE,NAVY
サイズ:FREE
価格:¥34,100(税込)
商品番号:24-45-0459-383

一つ目はPIACENZA / カシミヤ ソリッド マフラーです。

イタリアの老舗高級素材メーカーであるPIACENZAのカシミアを贅沢に使ったカシミア100%のマフラー


ツルッとした柔らかい肌触りはもちろん、

カシミアらしい起毛感、独特な光沢がマッチした上品のマフラーです。

何と言ってもオススメポイントは、

カラーバリエーション。全11色展開です。


定番のGREYやNAVYはどの万能に活躍してくれること間違いなし。

また、OLIVE、D.PINKなどの発色の良いカラーも、重たい雰囲気になりがちなアウタースタイルに“差し色役”を果たしてくれますね。


2つ目は、こちら。


Johnstons / カシミヤ タータンチェック マフラー
カラー:KU0499/SLIVER BANNO CKBAN,VU6124/GREY STEWALRT,KU0079/MONOTONE,KU0312/DRESSGORDON,KU0309/MACKENZIE,KU0317/BLACK WATCH,MENTEITH
サイズ:FREE
価格:¥46,200(税込)
商品番号:21-45-0015-114

Johnstons / カシミヤ タータンチェック マフラーです!


PIACENZAがイタリア老舗高級素材メーカーなのに対し、Johnstonsはスコットランド発祥の生地メーカー。


本日ご紹介の2種類はどちらもカシミア100%

PIACENZAは、きめ細かでクールで端正な雰囲気に感じてるのに対し、

Johnstonsのタータンチェックマフラーはふんわりとした柔らかさ、色彩も相まって、温かい雰囲気をより一層感じます。


中でもおすすめはこちらの2色。

(右)BLACK WATCH

(左)MONOTONE


どちらもアクセントとしての差し色効果は

もちろんのこと、大判すぎず、小ぶりすぎないちょうど良いボリューム感のため、巻いてよし、暑くなったら手に持っても良し。

抜群のアクセサリーです。

全て言葉で表現するのが難しいほど、繊細でどちらも美しい雰囲気を持ったマフラーです。


ぜひ、店頭で触れて、巻いて、その雰囲気を確かめて頂きたいです。



私のオススメ商品紹介、スタイリングなど発信しております。ぜひこちらからフォローをよろしくお願い致します!



また、商品ページの【アイテム説明】にて、スタッフレビューを書かせて頂いております。

着用感、素材感、オススメなどについてご紹介しています。ぜひご参考にお目通し下さい。(店頭でのサイズ感のご相談も喜んでお受けさせて頂きます!)


ではまた次回もよろしくお願いします!


*ブログ内に記載の価格は、記事公開当時のものであり、変更する可能性がございます。


ビームス ハウス 丸の内 小辻直也

注目!AUBERGE LESTER キルティングジャケット

皆様、こんにちは。

ビームス ハウス 丸の内 小辻です。


「寒いですよね...」が定番化しつつある私のブログの書き出し。

今シーズンは全て、この始まりで進めようと思ってた最中、最高気温が20℃前後なんて日もありましたね。


その日、お気に入りの中華料理店に最寄駅から歩いて向かいましたが、アウターいらず。

先週までの寒さはどこへと感じてしまうほど、暖かい気持ちのいい日でした。


しかし、油断は禁物。

この季節は日中との寒暖差を想定しないと、急激な冷え込みにやられてしまいますよね。


「ダウンほどかさばらず、軽くて、コーディネートも組みやすいそんなアウターないかなぁ...」


ございました!早速ご紹介させて下さい。

(急にすみません)


AUBERGE / LESTER キルティングジャケット
カラー:SMOKE BROWN,SMOKE NAVY
サイズ:38,40,42,44
価格:¥79,200(税込)
商品番号:24-18-0177-608

AUBERGE / LESTER キルティングジャケットです。


当店に通って頂いてるお客様の中でも、毎シーズンAUBERGEを注目されている方も多いのではないでしょうか。


そんな人気のAUBERGEから、ブランドのテーマにも掲げられている

“古すぎず新しすぎない心地よいテイスト”

を感じさせてくれるキルティングジャケットです。




カラーは「SMOKE NAVY」「SMOKE BROWN」の2色展開


SMOKEという名の通り、

少しくすんだような、ヴィンテージ感満載のカラーリング。




キルティングジャケットらしい、襟のコーデュロイへの切り替えもバッチリ。




こちらは珍しく、ポケットの部分がレザー素材の仕様。

全体的に“SMOKE感”が満載な分、ポケットにパキッとした色合いのレザーがギャップを加えてくれてます。


続いて、サイズのご参考にどうぞ。



こちら「SMOKE BROWN」サイズ42

着用しております。


肩幅はジャスト、身幅もゆったり確保されているので、中にもしっかり着込めます。

少し袖が短い印象もありましたが、全体的なバランスを鑑みると42で良さそうです。




紫にも見えるような不思議なカラーリングでもあります。細かなディテールももちろんカッコいいですが、私のお気に入りは何と言ってもカラー。

特にこの襟の茶色のアクセントは最高です。


こちらは、スタイリングサンプル



あえて派手な色づかいはせず、

グレートーンを意識したコーディネート。

全体がぼやけないように、全体と馴染みつつも色を加えるテイストで、デニムを選択。


本当にシンプルに、でも、様になるのがこの

AUBERGE LESTER キルティジャケットが強みかと。



いかがでしたか?

まだまだ気温の変化が読めない季節ではございますが、こういった“気の利くアウター”を一つ持っておくだけでも、存分に冬を楽しめるかと思います。


(まだまだ推しダウンは続けさせて頂くので、ぜひご覧ください!)




SMOKE NAVYを中心にまだまだサイズのご用意ございます!

ぜひ、ビームス ハウス 丸の内にてお試し下さい。




私のオススメ商品紹介、スタイリングなど発信しております。ぜひこちらからフォローをよろしくお願い致します!



また、商品ページの【アイテム説明】にて、スタッフレビューを書かせて頂いております。

着用感、素材感、オススメなどについてご紹介しています。ぜひご参考にお目通し下さい。(店頭でのサイズ感のご相談も喜んでお受けさせて頂きます!)


ではまた次回もよろしくお願いします!


*ブログ内に記載の価格は、記事公開当時のものであり、変更する可能性がございます。


ビームス ハウス 丸の内 小辻直也




推しダウン③ 【WOOLRICH DOWN VEST】

皆様、こんにちは。

ビームス ハウス 丸の内 小辻です。


いきなりですが、皆様“ダウンベスト”はよく着られるでしょうか。


冬のダウン選びにおいて個人的に大切にしてるのは、


・防寒性

・ダウンの量(持ち運びやすさ)

・着丈のバランス


この3つです。


冬なので寒いのはもちろんですが、室内外の往復が増え、寒暖差によってダウンの下でかなり汗をかいてるなんてこと、よくありますよね。(結構厄介な問題です)


特に暖冬と言われる今シーズンですと、例年に比べ着込まなければならない日数は少ないかもしれません。


そんな時に!冒頭でお伝えしたダウンベストこそがその悩みを解決してくれるのでは、と考えております。



そこで、オススメダウンベストしっかりございますのでご紹介させて頂きます。


WOOLRICH × BEAMS F / 別注 ダウンベスト
カラー:BEIGE,GREEN,BLUE
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥58,300(税込)
商品番号:21-06-0020-089


WOOLRICH×BEAMS F/別注 ダウンベスト

<BEAMS F>45周年別注モデルです。

つい最近、こちらのベストをスーツの上から着用している先輩にお会いし、非常に感激を受けました。「かっこいい。こんな着方があるのか」と。


それ以来、気になって気になって仕方なく、着てみました。


まずはディテールから。



一つ目のポイントは、程よい中綿ダウンの量。

暖かい冬の日に外で一日中動くことを想定すると、このくらいのダウン量が持ち運びやすくて、かなり都合が良さそうです。

ダウン:フェザーが9:1の黄金比とも呼ばれているバランスで、ダウンの保温性とフェザーの通気性の効果も期待できます。


この後ろのボリューム感も好きです。

いわゆるカジュアル・ストリートの分野でも様々なダウンベストが注目を浴びてますが、全体的にオーバーサイズの、膨れた印象のものが多い気がします。


そのスタイルももちろんかっこいいですが、このBEAMS Fらしいカジュアルとドレスのバランスが取れたサイジング、機能性には惚れ惚れしてしまいます。




中にアーガイルのニットを挟んでみました。

ベストよりも少し淡めのトーンを入れて、前を開けるスタイルにもバッチリ(秋口あたりにかなりオススメ私的スタイル)




前を閉じると、よりニットとの素材のコンビが際立ちますよね。重ね着の魅力です。


今度は色違いを実際に着用してみました。


まずはBLUE




こちら、LサイズをDRUMOHRの8ゲージタートルニットの上から着用。

鮮明なパキッとしたブルーとブラックの組み合わせは個人的にかなり好きな色のコントラストです。

ニット上にもう一枚挟めるくらいのゆとりがありました。


続いて、GREEN。




こちらはXLをジャケットにON。

冒頭に話した通り、ジャケットの上からダウンベストというのはとても新鮮で、新しいカッコいいスタイルの発見でした。


今回はお決まりのヘリンボーンジャケットにONしてますが、もっとこのベストに合う色目のジャケットも増やしたくなってしまいます...!物欲は尽きません。


いかがでしたでしょうか。

今回はスタイルも合わせて提案させて頂きましたが、まだまだ色々な引き出しを与えてくれるダウンベストであると感じております。

店頭で、「こんな合わせはどう?」ぜひ、小辻にたくさん意見を頂けると本当に嬉しいです!ぜひ一緒に考えさせて下さい。


気になる在庫ですが、




GREENのSサイズのみ、完売しておりますが、まだ他の色・サイズはご用意できそうです!ぜひビームス ハウス 丸の内でお試し下さい。



私のオススメ商品紹介、スタイリングなど発信しております。ぜひこちらからフォローをよろしくお願い致します!



また、商品ページの【アイテム説明】にて、スタッフレビューを書かせて頂いております。

着用感、素材感、オススメなどについてご紹介しています。ぜひご参考にお目通し下さい。(店頭でのサイズ感のご相談も喜んでお受けさせて頂きます!)


ではまた次回もよろしくお願いします!


*ブログ内に記載の価格は、記事公開当時のものであり、変更する可能性がございます。


ビームス ハウス 丸の内 小辻直也


推しダウン③【WOOLRICH】

皆様、こんにちは。

ビームス ハウス 丸の内 小辻です。


単刀直入に。

タイトルにもある通り、皆様にダウンをオススメしたいのです。

でも、どんな風に話を進めよう...結構悩みどころです。アウターフェア、推しダウン①とどちらも寒さの話。


この季節の一番のトピックになるのは仕方ないのかもしれませんが...それにしてもそのうち寒いしか言わない人と思われてしまうのではと、危惧しております。



それでも、皆様に紹介したく、自分自身もさらに深く学びたい魅力的な商品ばかりなのです。

入社して初めての冬。

皆様と同じように、いや、皆様以上に初めて見る商品が多いかもしれません。


私のブログを通じて、皆様が少しでも商品を気になって頂けること、私自身もより知識を身につけ、洋服をさらに好きになること。この二つを特に大切にできたらと思っております。


急に真面目な話ですみません...

ぜひ、これからも私の拙く長い文章ではございますが読んで頂けると嬉しいです(泣)



というわけで、切り替えて。推しダウン②ご紹介させて頂きます!

本日は、こちら。



WOOLRICH / NEW ARCTIC PARKA ダウンジャケット
カラー:BLACK,ELMWOOD BROWN,BLUE LOBSTER
サイズ:S,M,L
価格:¥113,850(税込)
商品番号:21-19-7009-089


WOOLRICH / NEW ARCTIC PARKA ダウンジャケットです!


WOOLRICHは1830年ペンシルバニア州プラムランで設立されたアウトドアブランド。アメリカにおけるアウトドアブームがきっかけで「保温性」を売りにした私たちに馴染みのあるダウンジャケットなどの衣類が、世界中に広まったそうです。

創業200年近くの歴史を持つ老舗ブランドが、海を越え、時を超えて現在、日本にいる私が着る。

改めて、こういった歴史をふと考えてみるとすごいですよね。背筋が伸びるような感覚があります。(すごく抽象的ですみません)

その歴史を着て感じよう!じっくり時間を使って、全色試してみました。

まず、イチオシのBLUE LOBSTERから。



こちら、サイズMを着用しております。
(私:182cm75kg)
着丈も十分にあり、サイズ48のジャケットもすっぽり。袖丈がやや短い印象を受けました。
最後にご紹介するBLACKはLを着用しております。こちらが私のベストサイズかと。お楽しみ。

まずはこの発色の良いブルー。
冒頭にも述べた通り、アウトドアと密接な関係にあるため、とても“アウトドアっぽさ”も感じつつ、視認性の高いカラーリングは実用的な側面も持ち合わせていますね。


特にお気に入りなのは、このボタン。

鮮やかなブルーの上に等間隔で並ぶ(当たり前ですが)、woodな雰囲気のボタン。初めて見た時に、山奥に立つログハウスが頭に浮かびました。木材の中でも、ウォールナットなどの重厚感を感じるものもありますが、それよりもかなり軽快な印象。とても好きです。

まだまだお気に入りの点がありまして、

首元の控えめな位置に、存在感バッチリのブランドタグ。


これまた木々を感じさせてくれる洒落たベージュの裏地。そして、アウトドアウェアには非常に馴染みのある「60/40クロス」の素材。撥水性に優れた素材ですね。頼もしいです。


そして、ここもまた推せるポイント。ポケットの内側。一つ前の【EMMETI編】を見て頂いた方はご存じかもしれませんが、私ポケット内側の素材感がどうも気になってしまうのです。保温性ももちろんのこと、この表面からは見えづらいギミック的な要素がたまらなく好きです。
このモデルは裏地と同じベージュ色で、フリース素材のような起毛感のある「防寒◎」の大好物ディテールです。

こう見てみると、工夫に工夫が重ねられていて、本当に欲しくなってしまいますね...


続いて、ELMWOOD BROWNを着用。



マットな質感と相性の良いベージュ。
ボタンとの組み合わせももちろん、冬に映える濃いブラウンのパンツなどにもアースカラーのマッチングでこれまた大好物です。

最後にBLACK!

こちらもマットな質感が、冬らしい温かいスタイリングに抜群なBLACKです。

黒のダウンですと、光沢のあるものと、落ち着いた質感のものに分類できると、個人的は考えていて、このモデルはまさに後者の代表的な大人らしいカラーかと思います。

先ほど説明した通り、こちらでサイズL。
ジャケットの上でもゆとりを持ってきれるので、スウェット、厚手のニット、シャツ重ね着でもいけちゃいます。


これ以上ないくらい、「冬!」という見た目ですね(笑)
極寒の地・アラスカでアウトドアウェアとして活躍してきたブランドの歴史を感じずにはいられません...!


いかがでしたでしょうか。
推しダウン②の今回は、WOOLRICH/NEWARCTIC PARKA ダウンジャケットをご紹介致しました。
ブランドの定番と言えど、「あんまり知らなかった...」という方にブログを通じて少しでもこのモデルを知って頂けたら嬉しく思います。



12/3現段階では、全色全サイズまだ在庫ございます!大チャンスです。

ぜひビームス ハウス 丸の内でもお試し頂けますので、ご来店お待ちしております。


私のオススメ商品紹介、スタイリングなど発信しております。ぜひこちらからフォローをよろしくお願い致します!


また、商品ページの【アイテム説明】にて、スタッフレビューを書かせて頂いております。

着用感、素材感、オススメなどについてご紹介しています。ぜひご参考にお目通し下さい。(店頭でのサイズ感のご相談も喜んでお受けさせて頂きます!)


ではまた次回もよろしくお願いします!


ビームス ハウス 丸の内 小辻直也




*ブログ内に記載の価格は、記事公開当時のものであり、変更する可能性がございます。


推しダウン①【EMMETI編】

皆様、こんにちは。

ビームス ハウス 丸の内 小辻です。


気づけばもう12月ですね。

街も徐々にライトアップされる場所が増え、いよいよ本格的なクリスマスシーズンの到来を感じます。



(丸の内仲通りライトアップの様子)


冬にしか味わえない場所、食べ物、空気感...たくさんありますよね。

私は冬が大好きなので、新たな「好き」を見つけられる冬にしたいなと意気込んでおります。



しかし!冬はなんと言っても寒い。

寒すぎて外なんかいられない!そんなことは避けたいですよね。心躍るアウターが必須ですね。


この時期になると確実に話題にあがるアウター論争。毎年必ず悩みますよね。(その悩みが冬らしくてワクワクしたりもします)



機能的で、長く着れて、個性も出せて...

そんなアレコレを叶えてくれる、オススメのアウターを見つけたのでご紹介させて下さい!


EMMETI × Brilla per il gusto / 別注 BORDEAUX ダウンジャケット
カラー:BROWN
サイズ:44,46,48,50,52,54
価格:¥198,000(税込)
商品番号:24-19-0075-832


EMMETI × Brilla per il gusto / 別注 BORDEAUX ダウンジャケットです!



EMMETIの代名詞と言えば、レザージャケットですね。あの武骨な雰囲気が格好良くて、たまらないですよね。そんなEMMETIからダウンが!気になってしまい、試さずにはいられませんでした。




こちら、サイズ50を着用しております。

(私:182cm75kg)

サイズ48のジャケットの上から着用し、ジャストのサイズ感。ちょうどジャケットが隠れるくらいの着丈のバランスです。


ジャケット上から着用するスタイルをメインとする場合サイズを上げて52を選んでもいいかも、と感じました。





BORDEAUX(ボルドー)という珍しい名前も惹かれるポイントでした。ボルドーワインを連想させるような、赤茶色。とても洒落てますよね。ダウンにしてはなかなか見ないカラーリングもお気に入りのポイントです。


続いては、特に気に入ったディテールをご紹介します!


まず1つ目、ポケット。



大きめの作りで、パッチ式のタイプ。

縁に施しがされているため、品の良さを演出してくれます。

アウトドアとは一線を画すEMMETIらしいディテールです。



(少し見えづらくてすみません)

ポケット内側は表地のナイロンと異なり、起毛素材が使われており、防寒性にも気が利いてます。


外側だけでなく、内側にもしっかり

容量のあるポケット付きは推しポイントですね。


よく外側のポケットに物を入れた時に、あのかさばるような、中で動いて気になる感じってありませんか?


内側でしっかりファスナーが付いてることで、過度な動きも防げますし、物を失くす可能性もグッと減りますね。
縁の下の力持ち的な大切なディテールです。



2つ目はフードです。



この見るからに温かそうな、ダウンの厚みと丸みを帯びたフォルム。


気温が下がり、上半身の保温はもちろんですが、耳や手といった局所的な寒さにも備えなければならないのも冬の厄介なところです。


首元のボタンを閉めても苦しくなく、

耳にも程よいゆとりがあることで違和感なく長時間被ることも可能です。


フードが極端に大きすぎて少し野暮ったい雰囲気になるダウンもありますが、膨れることなく、フェイスラインに沿ったとても都会的な印象があるのもポイント高いです。



この二つが特にお気に入りのポイントです。

冒頭に述べた通り、
「機能的、個性的、長期的」

全てを兼ね備えてる私の推しダウンの魅力、少しでも伝わりましたでしょうか。



ブログを書かせている12/1現在、

各サイズまだ在庫ご用意できそうです!


ぜひ、この冬のお供にご検討下さい。



私のオススメ商品紹介、スタイリングなど発信しております。ぜひこちらからフォローをよろしくお願い致します!



また、商品ページの【アイテム説明】にて、スタッフレビューを書かせて頂いております。

着用感、素材感、オススメなどについてご紹介しています。ぜひご参考にお目通し下さい。(店頭でのサイズ感のご相談も喜んでお受けさせて頂きます!)


*ブログ内に記載の価格は、記事公開当時のものであり、変更する可能性がございます。


ではまた次回もよろしくお願いします!


ビームス ハウス 丸の内 小辻直也

2023FWアウターフェア開催!

みなさま、こんにちは。

ビームス ハウス 丸の内 小辻直也です。



初めての自己紹介ブログを投稿してから早2ヶ月が経過しました。

9月の丸の内キャンペーン、そしてつい先日まで開催していたダブルポイントキャンペーン...キャンペーンラッシュで本当にあっという間に時間が過ぎてしまいました。



気づけばもう冬ですね。


....。

最近本当に寒くないですか...?



先々週まで、夏日があったと思えば、今週に入って、急激に10度前半まで冷え込むという寒暖差。

冬好きな私としては嬉しいことですが、あまりにも急でして、冬服の準備も万全ではございません。

優柔不断な性格が厄介で買い物は悩みに悩んでしまうタイプなのです。



ですが、お客様にご紹介したいコートがたくさんございます。

本日はこちらをご紹介させて下さい。




BEAMS F / HARRIS TWEED ダイアゴナル シングル ラグランスリーブ コート
サイズ:36,38,40,42
価格:¥104,500(税込)
商品番号:21-19-0066-288


BEAMS F / HARRIS TWEED ダイアゴナル シングル ラグランスリーブ コートです。




ダイアゴナルの洗練された雰囲気は、冬のスーツスタイルをより際立たせてくれます。





カシミアの繊細なストールを足すとよりモダンな雰囲気が増して、都会的になりますね。


ウールパンツなどと合わせて上品な仕上がりにしても良し、やや裾幅の広いデニムなどに合わせても要所を締めた大人カジュアルスタイルにも抜群なコートです。



こちらのコートをはじめ、店頭ではこの冬おすすめのアウターを多数揃えております。



ここで本題でございます。本日のブログのタイトルにもある通り、



「2023FWアウターフェア」開催のお知らせでございます!



何度も言うようですが、急激に冷え込みが進む本格的なシーズンに入りたての今、

グッドなタイミングでのアウターフェア開催です。



期間は、

2023年11月17日(金)〜11月26日(日)

10日間です。



この冬アウターを新調される予定の方も、気になるブランドのアウターを試したい方も、お得にアウターをご購入頂けるこの機会にお待ちしております。

ぜひ、この冬のアウター選びにご一緒させてください。



また、開催に伴いまして、

ビームス ハウス 丸の内のショップページでは各スタッフがオススメのアウターを紹介いたします!


サイズのご参考、気になるブランドの商品、様々な情報を発信して参ります!

ぜひ、こちらもチェックして頂けると嬉しいです。



スタイリング、ブログ、フォトログを中心に商品をご紹介致します。ぜひこちらから小辻のフォローをお願いします!



商品ページ【アイテム説明】にてスタッフレビューを書かせて頂いております。


アウターを中心に、サイズ感や素材感など実際に着用した感想を記載しておりますので、

ぜひお買い物のご参考にして頂けると嬉しいです。





それでは、ビームス ハウス 丸の内でお待ちしております。



初ブログ 自己紹介


皆様、初めまして。



4月からビームス ハウス 丸の内に配属になりました小辻直也(こつじなおや)と申します。

今回記念すべき初ブログを書かせて頂くことになりました。



ありがたい事に、日々お世話になっている店舗の先輩方にブログ・Instagramを通じて、私のご紹介をして頂いておりました。

もしかしたら、ビームス ハウス 丸の内のブログをご覧頂いてるお客様の中には、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが...

改めて私から自己紹介させて下さい!


2000年生まれ、出身は栃木県。

小学2年生から高校3年生まで野球漬けの毎日を過ごしてきました。



(高校最後の大会)


3歳年上の兄の影響で洋服が好きになり、高校生の頃は年に数回しか私服を着る機会がなかったにも関わらず、お小遣いを全て使ってしまうほどに買い物に熱中していました。



(初めてBEAMSで購入した思い出のシャツ)


大学入学と同時に上京し、その洋服好きがさらにヒートアップ。



買い物を続けていく中で、ショップスタッフの方への憧れを抱くようになり、一番通っていたBEAMSで働くことが夢になりました。



こうして今、BEAMSの一員としてブログを発信できることも光栄に思います。



趣味は音楽鑑賞(R&B)です。

日本のR&Bはもちろん、自分が生まれるより前に流行っていたような海外のR&Bも大好きです。

その他にもサウナ、コーヒー、読書...たくさん好きなモノがありますが、ぜひ直接お話させて頂けたらと思います。



入社して6ヶ月...

日々の業務を通じて、ドレスクロージングの奥深さを感じております。

生地の違い、Vゾーンの構成、着こなしのルールなど...



(先日のInstagram liveの様子)


まだまだ勉強中の私ではございますが、少しでも皆様が洋服をお楽しみ頂けるためのヒントをこのブログでご紹介していけたらと思っております。



不定期な更新にはなってしまいますが、今後とも私、小辻のブログをどうぞよろしくお願い致します。



ご覧いただき、誠にありがとうございました。