タグ「enzobonafe」の記事

装い方を楽しむ。

こんばんは、金替です。


少しだけですが、暖かい日が続きましたね。


僕は昨日同僚と谷根千散策をしてまいりました。


少しだけ暖かい日に、街を散策する。

日曜日に、同僚と。


いつ、どこで、誰と、どのように。


その日の装いはそれらによって決まります。晴れた日の朝、少し曇り空の朝、雨模様の日、自然の表情に合わせて自分の身に纏うモノを決める。


それは洋服を着る楽しさのひとつ。


話が長い割には本題への導入が下手ですが、本日はこちらをご紹介。


Enzo Bonafe
サイズ:5~9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0047-302

なんとも品のある佇まい。

そんな彼の名は


CARY GRANT Ⅱ


サイドゴアです。

過去に取り扱いをしていたモデルをアップデートしたもの。


トゥシェイプはスクエア気味になりすぎない、程よい丸み。



横の姿も美しい。


勿論後ろ姿も美しいです。


ヒール周りに共存する直線的な美と、曲線的な美。

Enzo Bonafeならではです。



ジャケットにスーツに、デニムにチノに。

エレガントでもあり、スポーティーでもあるこの一足。


装いによって表情を変える。

どう着るかを考える。

どう履くかを考える。

それは素敵な時間です。



店内を見渡すと、スーツコーナーに一人のスタッフ。


商品を整えている最中の河野です。



ベージュのジャケットにブラウンのパンツで纏めたコーディネート。

パターンドニットを差し込んで、今期らしい雰囲気。中に着たシャツはタブカラーシャツで、上まで釦を留めるのは河野らしいこなし。


そんな彼の足元は


CARY GRANT Ⅱです。

Enzo Bonafeに魅せられたスタッフの一人です。是非店頭では彼からもその魅力を聞いてみてください。



来て、見て、触って。

着てみて、ハマって。


ご来店お待ち申し上げます。


金替



ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



From ORDER SALON キャバルリーツイル


「おっ、そろそろ雨も止むかな?」と思い油断して外出するや否や、急な豪雨に見舞われ、傘が有っても腰まで濡れる。苦労して駅に着く頃には、何故か雨も小降りに。そんな経験が、最近けっこうある気がします。


単に運が悪いのもあると思いますが、気候が昔とは一味違うと思えてなりません。英国はロンドンの様な、大抵傘を差さなくても何とかなる、そんな気候が羨ましいですね。





こんにちは、石原です。






そう言えば先日も、あるスタッフがお店から少し外出していると急な豪雨に見舞われた、そんな事がありました。酷く雨に濡れてしまうところでしたが、あるスーツを着用していたことで、意外と被害が少なくて済んだそうです。



それがこちらのお品です。

BEAMS F Savile Clifford キャバルリーツイルスーツ
カラー:ベージュ
サイズ:42〜52
価格:¥115,000+税
商品番号:21-17-0901-731

英国テイスト溢れる、キャバルリーツイルで仕立てられたスーツですね。ツイルと言うと、トレンチコート等をイメージして頂くと分かりやすいのですが、水に対して非常に強いという特性があります。キャバルリーツイルはその名の通り、騎兵の軍服に用いられた生地なので、耐久性等に優れているのが特徴ですが、耐水性も高い点が魅力ですね。


前述したスタッフの場合、雨をスーツ生地が弾いてくれて、あまり濡れずに済んだそうです。もちろんずっと雨に打たれていれば話は別ですが、ちょっと雨の中を通り過ぎる様な場合、これ程頼りになる生地は他に無いと思います。





とは言うものの、ベージュはちょっと使い辛い、という方にはオーダーがお薦めですね。


ちょうどオーダーフェアを9/17まで開催しております。




本日ご紹介するバンチは、

英国の生地メーカーLASSIERE MILLS(ラッシャー ミルズ)の一冊です。




バンチをめくっていくと。

ご覧下さい。かなりのバリエーションで、キャバルリーツイルの生地がございます。ベーシックなネイビーも良いですが、グレーやブラウンも洒落ていて、仕立て甲斐がありそうですね。


こちらのバンチ以外にも、様々なメーカーでキャバルリーツイルの生地は提案がございます。ぜひ、スタッフまでお問い合わせ下さい。




LASSIERE MILLSのバンチには、他にも魅力的な生地が多いですね。

こちらのヴィンテージ調のチェック柄は、思わず手が止まってしまうほど印象的でした。グレーとネイビーで構成された、かなり味のあるチェック柄、仕立てると如何にもオーダーらしい一着になりそうですね。




少し柄のイメージが分かりにくいのですが、


色違いの生地があるので、そちらを見ると柄のイメージがしやすいと思います。こちらのブラウンのペーン等も、味があって良いですね。洒落た雰囲気が強いので、なかなか一般的には使い辛いかも知れませんが、そうした点を考慮する必要が無ければ、とてもお薦めしたくなる生地たちです。ぜひ、実際にご覧頂ければと思います。よろしくお願い致します。






それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




6階にて開催しております。




ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


アンビバレント


愛憎こもごも、人間単純ではないので、そうした感情を抱くことは、実際に多くあると思います。「アンビバレンス」と言うと、精神医学の用語と感じる方も少なくないかも知れませんが、そもそも人間が本質的に持っている精神状態を説明するための用語なので、そうした感情を抱くことは、決して縁遠いものではないでしょう。


ちょうど私の場合で言いますと、店内の品々が秋冬の商品へと切り替えが進み、そこに立つスタッフも衣替えとなりました。人によって意見が異なるのは当然ですが、個人的には冬服が大好きです。よりファッションや装うということを楽しむ点で、秋冬の時季はいっそうテンションが上がりますね。なので、秋冬の服装を着ることは非常に楽しいことです。しかしながら、こうも厳しい残暑が続くと、けっこう冬服はキツイですね。冬服を楽しみたい感情と、夏服でより快適に過ごしたい感情がせめぎあいます。これもまた、アンビバレントな感情と言って良いでしょう。


そろそろ夏も満喫できたので、早く涼しくなって欲しいなと、思う今日この頃です。







こんばんは、石原です。





店内の方は、そろそろ秋冬が盛りを迎えようとしています。恐らく9月になると、一層切り替えが加速するでしょう。


幸いにも店内はエアコンも効いているので、それほどアンビバレントな感情には陥りませんが、商品的にそうした存在もあると思います。今日ご紹介するのは、個人的にアンビバレンスを感じるお品です。



こちらのスーツになります。

Brilla per il gusto E.Zegna デニム ピークドラペルスーツ
カラー:インディゴ
サイズ:42〜52
価格:¥120,000+税
商品番号:24-17-0582-015

インディゴのデニム生地で仕立てたスーツの様ですが、素材はウールになるという、非常に珍しく洒落たお品です。


コットンデニムとは全く異なる、上質で滑らかな肌触りは「トロフェオ」の名に恥じない質感があります。ウール素材ですから、皺の入りも所謂コットンデニムの様にはなりませんし、色落ちの心配もありません。デニム風の雰囲気と、インディゴの色味を上品にお楽しみ頂けるお品です。




少し艶っぽくコーディネートすると、良い雰囲気が出ますね。

シューズは<ENZO BONAFE>のダブルモンクで、ブラックカーフを合わせています。クラシックから、こうした洒落たコーディネートまで幅広く使えるのが良いですね。





Vゾーンはパープルを軸に纏めました。

ネクタイは今季から新たに展開している<ETRO>のお品です。デニム調の生地ですが、ピークドラペルの仕様なので、どちらかと言えば、艶やラグジュアリーな方向で纏めるのが良いと思います。パープルのプリントタイですと、非常に相性が良いですね。





ちなみに、フロントポケットもフラップ付きチェンジポケット仕様です。

こうした辺りも、クラシカルで英国的なディテールですね。されど生地はデニム調。アンビバレントなお品というのがしっくりきますね。







続いてもう1品ご紹介致します。

STILE LATINO 6ボタンダブルブレステッド デニムスーツ
カラー:インディゴ
サイズ:42〜50
価格:¥275,000+税
商品番号:21-17-0681-977

秀逸な仕立ての良さと、洒落た雰囲気が支持されている人気ブランド、<STILE LATINO>の逸品です。


こちらは6割以上はコットン素材なので、本当にデニムライクな生地になります。しかしながら、ダブルブレステッドで非常に雰囲気のあるスタイリング、クラシカルにもスポーティーにも纏められるお品ですね。


足元は同じ<ENZO BONAFE>のダブルモンクで、スコッチグレインを用いたモデルを当てました。





シャツはブラウンのギンガムチェックベースのクレリックシャツです。ネクタイは、グリーンベースのペイズリータイを合わせました。どちらもデニムとの相性が良いので、綺麗に纏まりますし、クラシカル寄りながら、堅すぎない雰囲気が演出出来ますね。






迫力のあるラペルの雰囲気。ダブルブレステッドならではの存在感があります。





パンツはプリーツ入りです。


こうした所も、クラシカルな要素を取り入れ、生地自体のスポーティーさとは違ったテイストや魅力を演出することが出来ます。



スーツという本来ドレッシーでエレガントなお品を、デニム風の生地で仕立てた品々、如何でしたか?まさにアンビバレンスを感じさせる存在ですね。

普通のビジネススーツとは一味違った魅力があると思います。特別な雰囲気を演出するお品として、ぜひお召し頂ければと思いますので、どうぞお試しになって下さい。よろしくお願い致します。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




6階にて開催しております。

9/2迄に承ったお品は、お仕上がりの際にBEAMS CLUBポイントが通常の倍還元されます(※2倍となるポイントは約6ヶ月有効の期間固定ポイントとなります)。




ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


想像も付かない


たまたま子育て中なので思うのですが、若い頃には想像も付かない事が、子育て等を経験すると、少しずつ理解出来るようになってきます。まだまだ若造とも言える微妙な年頃なので、あくまで少しずつですが。


例えば、NHKの「おかあさんといっしょ」。放送開始は1959年、もうすぐ60周年を迎える、まさしく超長寿番組ですね。子育てした方なら、必ず見る。そのくらい存在感がある番組ですが、正直若い頃にはその影響力は想像も付きませんでした。歌のお兄さんやお姉さんの知名度って、半端ないのですね。


ちなみに、最近の我が子のブームは、同じNHKの「ピタゴラスイッチ」という番組です。こちらも、2002年から放送されているので、その有名なテーマ音楽をご存知の方も多いと思います。この番組の場合、大人さえも魅了される所が多々あり、思わず子供と一緒に見入ってしまいます。特に「ピタゴラ装置」が有名ですが、それを駆使した「ビーだまビーすけ」には、感動すら覚えます。その内「ピタゴラ装置」を作らされそうで、今からヒヤヒヤします。その真似できそうな所も魅力なのでしょうね。





こんばんは、石原です。





8月に入り、新作の入荷も速度が増しています。<BEAMS F>レーベルのスーツたちも、だいぶ揃って参りました。

BEAMS F Savile Clifford キャバルリーツイルスーツ
カラー:ベージュ
サイズ:42〜52
価格:¥115,000+税
商品番号:21-17-0901-731

ベージュのキャバルリーツイル、洒落ていますね。


しっかりとしたコシのある生地はSavile Clifford社のもの、英国物らしい雰囲気を醸し出しています。付け加えておくと、極端にヘビーと言うわけではないので、一般的にお召し頂く上でも、とてもバランスの良い生地だと思います。



ディテールにも拘っております。

チェンジポケットは英国調の昨今の流れで、特に注目されまた取り入れやすい要素ですね。





こちらは更に洒落たディテール。

サイドアジャスターによるベルトレス仕様、サスペンダー釦も付いているので、吊ってお召し頂くことも出来ます。より綺麗なラインが出るのでお薦めです。





こんな感じのコーディネートは、如何でしょうか。

オレンジがかったブラウンが映えますね。




サックスブルーベースの反転ストライプ生地で、タブカラー仕様のシャツ。雰囲気のあるお品なので、こうしたスーツに良く合いますね。

ネクタイは<FRANCO BASSI>から、菱形の小紋が印象的なお品です。オレンジともブラウンとも取れるベースに、少しくすんだグリーンの小紋柄が刺さりました。こうした柔らかな色は、ベージュやブラウンとの相性が良いので、ブラウン系の色味が注目されている今季は特にお薦めですね。





次はクレリックシャツを使ったパターンです。


全体的にシックなトーンで纏めつつ、クレリックシャツを用いることで、あまり地味にならないようにしています。シャツは<BARBA>のサンドストライプ柄のお品で、ブルー×ブラウンの細かな柄使いが、非常にクラシカルで良い雰囲気です。今年の<BARBA>は秀逸な生地のバリエーションだと、スタッフの間でも話題なので、早めにチェックして頂くと良いと思います。





ネクタイは<LUIGI BORRELLI>から、ジャカード織のペイズリー柄です。


画像だと少し分かりにくくて残念ですが、ざらっとした表情のある生地がベースになっている、かなり良い味を出しているお品です。5色の展開ですがどの色合わせも洒落ていて、ペイズリー好きの私としては、ついつい手が伸びてしまう、そんな存在ですね。ぜひ、お手に取ってご覧下さい。





こうしてブログやフォトログを作っていると、お客様や時にはスタッフからも、「参考になった」とか、「真似させて貰った」といった言葉をかけられる機会があります。非常に光栄ですし、また頑張ろうというモチベーションになりますね。


こうした反響を得られるとは、やはり書いてみるまでは想像も付きませんでした。「ピタゴラ装置」には遠く及びませんが、皆様が真似したくなる、或いは着たくなる、そんなお品やコーディネートを、提案できればと思います。


という訳で、なかなか一般的にはお召し頂く機会の少ないベージュスーツですが、その格好良さが少しでも伝われば、真似したくなれば良いのですが、如何でしたか。ぜひお試し下さい、よろしくお願い致します。







それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


美と背景


先日、国立新美術館に行って参りました。目当ては「ルーブル美術館展」、今回は肖像芸術にスポットを当てた展覧会ですね。


西洋史が好きなので、その観点で見ていると非常に楽しめました。特に権力者達の肖像と題した展示で、メソポタミア文明の王の像や、ローマ皇帝の像、さらにはナポレオン関連の作品まで、なかなか見応えがありましたね。


作品それぞれの造形美等を見るのも、もちろん面白いのですが、個人的には歴史的に伝えられている彼らのイメージを考えつつ、どのような意図でそれらの像が作られたのか、どのような印象操作を狙ったのか、そういった点に興味をそそられます。


美術品を美的な物として捉えるよりも、その物を作った思惑や背景、その為の表現手段等を推し量る様にして見る方が、何となく好きだったりします。





こんばんは、石原です。





本日は、未だかつて無いほど当店にて充実した品揃えとなっている、こちらのブランドをご紹介致します。







かなり大々的にお見せしています。これも今までに無かったことです。







今季注目度が高いヘリンボーンの生地を使った、ネイビージャケットもご用意しております。

STILE LATINO ヘリンボーン ジャケット
カラー:ネイビー
サイズ:42〜52
価格:¥240,000+税
商品番号:21-16-0931-977

少し柔らかな青みの生地感。単純な濃紺とは違っていて、良いですね。





アップで見てみると、更に表情が伝わります。

白やブラウンのネップが入っているのが、お分かり頂けますか?こうした、少し素朴な雰囲気を醸し出しているのも、とても魅力的です。






タイドアップでコーディネートしてみました。

ビジネスシーンでの着用をイメージし、グレーパンツに、ブラックのタッセルローファーを配した王道のスタイルです。ネップ入りとは言っても、それほど癖があるわけではないので、こうしたコーディネートも難なく収まります。





ちなみに、Vゾーンはこんな感じです。

セミワイドのサックスのシャツに、レジメンタルタイの組み合わせ。ネクタイでボルドーの色を効かせて、今季らしい気分や洒落た雰囲気を、ちょっと加えてみました。





続いてはスーツです。

STILE LATINO 6BW ペンシルストライプ スーツ
カラー:グレー
サイズ:42〜50
価格:¥295,000+税
商品番号:21-17-0674-977

こちらのブランドで非常に好評頂いている、ダブルのスタイルのお品ですね。シャープで洗練された雰囲気ながら、どこか無骨さも漂う極太のラペルが魅力的です。





ディテールにも、今の気分を反映させております。

チェンジポケットのある仕様も、だいぶ見馴れてきましたね。英国的な雰囲気を、こうしたディテールで、ナポリのブランドも積極的に取り入れています。





パンツの方も抜かりありません。

サイドアジャスター仕様のベルトレスパンツ。ダブルのジャケットでは見えないかも知れませんが、やはり拘りたいポイントだと思います。





ブルーを基調にコーディネートしました。

ストライプスーツにストライプシャツの組み合わせですが、バランスが違うので綺麗に纏めることが出来ます。ここ数年チェック柄に押され気味の印象があったストライプ柄ですが、やはり王道のパターンですし、クラシカルな雰囲気が注目される最近の傾向で、注目度が高まって来ていますね。


ネクタイはペイズリー柄でバランスを取りつつ、オレンジがかったブラウンを差し色に入れて、少し変化をつけました。スーツがグレーなので様々な色をアクセントに加えられるのも、魅力的ですね。





<STILE LATINO>の品々に関しては、美的な感覚に乏しい私でも、美しいなと思わずにはいられない魅力があります。実際に羽織ってみると、コンパクトにフィットしながらも、しっかりと動きやすいその仕立ての良さにも驚かされます。もちろん、私の好きな歴史や背景にも事欠かないブランドです。ぜひ、ご覧下さい。






それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


待ちわびる楽しさ

こんばんは、金替です。


暑いです。日々暑いです。

「もう暑いのは嫌だ、涼しくなってくれ」なんて思ったりします。


涼しくなった時をイメージしてみましょう。




続々と新作入荷です。




TAGRIATOREの新作達。

その中から今日はこちらを。




イエローのペーンが目を引きます。

色を拾ったコーディネートや、ホワイトのニットを差し込んで淡い上品なこなし。


イメージは膨らみます。

着る時を待ちわびる楽しさ。




ラペルに付いてるこちらも一新。



ハウンドトゥースにオーバーペーン。

チェック好きの私としては非常にくすぐられるこちらの生地。


今日はウールのパンツを合わせて。



さてインナーですが、ニットにするか、シャツ、タイにするか。


今日はタイドアップスタイルをご紹介。

こんな感じでいかがでしょう。



タブカラーのホワイトのシャツに合わせるのはジャケットのベースカラーを拾ったタイで。

ベースカラーがネイビーのタイはVゾーンを引き締めてくれます。そこに入り込むブラウン、ゴールド、ホワイトのストライプがジャケット、シャツの色目と絶妙な調和をもたらしてくれます。


足元はスウェードのモンクストラップで、堅すぎず程よいスポーティーな印象を演出。


インパクトのあるジャケットに対して、その他のアイテムをベーシックな物を合わせることでクリーンな印象に。


イメージしていたらより秋が恋しくなりました。


秋が待ち遠しい。

色んな意味で。



新作と共にお待ちしておりますので、是非とも


来て、見て、触って

着てみて、ハマって


下さいませ。


ご来店お待ち申し上げます。


金替




ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/

危険な暑さ


再び舞い戻ってきた、危険な暑さ。続々と更新される、観測史上最高という気温を目の当たりにして、大抵の日本人にとって、今年の夏が人生で1番暑いという、気象予報士の方の言葉にも頷くしかありませんね。


個人的にはサッカーや野球に親しんだ育ちなので、暑い夏は好きなのですが、やはり洋服屋的には早く寒い季節になって、色々と着込む楽しみを味わいたいなと、考えずにはいられません。


何しろ店内は日に日に秋冬の新作が増えてゆき、気付けば店内の半分近くは新作になってきています。何を買って、どう合わせようかと、妄想が掻き立てられますね。





こんばんは、石原です。






いま当店の6階には、こちらの品々が揃っております。

目印が変わりましたね。ハットの印象が強かったので、新鮮な印象を受けます。「T」を並べたようなデザイン、なかなか良いですね。




本日はジレをご紹介致します。

グレーのバリエーションは、チェック柄とホームスパン。今の気分を良く反映した生地チョイスですね。襟付きのシングルジレは、実際にお召し頂くとそれ程癖があることもなく、ジャケットとの組み合わせでは非常に使いやすいお品になります。




まずはグレンプレイド。

TAGLIATORE グレンプレイド ラペルドジレ
カラー:グレー
サイズ:42〜50
価格:¥34,000+税
商品番号:24-06-0281-248

柄もかなり大きなバランスなので、洒落た雰囲気がありますね。細かな柄だとシックになり過ぎるので、ジャケットやブルゾン等と会わせるのにはちょうど良いバランスだと思います。






お次はホームスパン。

TAGLIATORE ホームスパン ラペルドジレ
カラー:グレー、ブラウン
サイズ:42〜50
価格:¥30,000+税
商品番号:24-06-0283-248

襟のロールが良い感じです。よりクラシカルな雰囲気を演出できる襟付きのジレは、特に秋冬の装いには収まりが良く、ホームスパンやネップ入りのヘリンボーンなど、スポーティーな生地との相性にも優れていますね。





ネイビージャケットを用いて、コーディネートを作りました。

全体的にはグレー×ネイビーで、色を抑えています。ジャケットやパンツは、織り柄のあるものをチョイスし、表情のある品々で構成しましたが、癖の強い物は無いので、スッキリと纏まっていますね。




パンツは2プリーツのベルトレスモデルです。

PT01 GENTLEMAN FIT ミニチェック 2プリーツパンツ
カラー:チャコールグレー、ブルー
サイズ:42〜52
価格:¥38,000+税
商品番号:21-23-0589-512

ご覧のように、単体では柄が気になるかも知れません。それがソリッドなネイビージャケットや、表情はありますが柄感のないホームスパン生地等と合わせると、程好く中和されます。もちろんシンプルなサキソニーやフランネルの生地でも良いのですが、派手にならない範囲で、柄のあるボトムスを持ってくると、コーディネートの良いアクセントになると思います。






Vゾーンはパープルを主軸にした構成です。

TAGLIATORE VESUVIO ネイビーソリッドジャケット
カラー:ネイビー
サイズ:42〜50
価格:¥89,000+税
商品番号:24-16-1090-248

シンプルにネイビーやブラウンで纏めるパターンも魅力的ですが、然り気無く今季らしい色を効かせると、コーディネートの鮮度が上がります。グリーンやボルドー、あるいはオレンジがかったブラウン等を挿すのも面白そうですね。パープルは比較的色のアクセントも控え目で、ネイビーに近い感覚でコーディネート出来るので、取り入れやすい色になると思います。ぜひ、ワードローブに加えて頂きたいですね。




さて、もう7月も終わりですね。8月になると、店内が秋冬の品々に切り替わるスピードも、さらに加速して参ります。そして我々スタッフも、間も無く装いが秋冬に衣替。この暑さのせいで、例年以上に戦々恐々としております。早く「危険ではない暑さ」になって欲しいものですね。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


軽く


金曜の夜になりますが、ウィンブルドンでは男子シングルス準決勝で、史上2番目の長さとなるマラソン試合が繰り広げられましたね。途中まで観戦していましたが、途中で見届けることを諦めました。最終的には6時間半に渡る熱闘だったようで、彼らの体力も半端ないですね。


途中で、第2試合に向け待機している選手達や、現地で観戦している観客の事が気になってしまいました。特に観客はトイレに向かうのも微妙な状況。サッカーと違い、時間制限が無い競技ならではの出来事ですが、久々に衝撃的な試合でした。







こんばんは、石原です。






本日もセールの品々から、お薦めのスーツをピックアップ致します。


BEAMS F V.B.CANONICO ウール×モヘアスーツ
カラー:チャコールグレー、ネイビー
サイズ:42〜52
価格:¥73,000+税
商品番号:21-17-0301-264




やはり、表情のある生地が良いですね。


モヘアが3割近く織り込まれた生地は、ハリと清涼感も良い具合で、ピンチェックの表情がより雰囲気を添えてくれます。





チャコールグレーのスーツに対して、グラフチェックのシャツに、グリーンのペイズリータイ。


若干大きいチェック柄のシャツに、大柄のネクタイを合わせた構成ですが、発色を抑制し、渋い雰囲気の品々を用いているので、変な派手さはありませんね。






足元もブラウンで纏めてみました。


ENZO BONAFE DUCCIO シングルモンクストラップシューズ
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0093-302

私のお気に入りでもあるシューズです。スーツからジャケットスタイルまで、特にタイドアップした装いでしたら、ほぼコーディネート出来るのではないでしょうか。エレガンスと軽快さが同居した、間違いない一足だと思います。






同じく、ブラウンを基調としたコーディネート。


ヴィンテージ調のレジメンタルタイを使いました。





サックスのシンプルな無地に見えますが、実際には細かな千鳥格子柄のシャツを用いています。


あまりトーンの暗いブラウンでは、重たくなってしまいますが、ミディアムトーンのブラウンですと、チャコールグレーのスーツに良く映えます。茶色に対して、秋冬のイメージを抱く方も少なくないと思いますが、春夏の季節に少し明るいブラウンは、柔らかさや軽やかさが感じられ、暑苦しく無くて良いと思います。





最後はシューズをブラックにして、より引き締まった雰囲気のコーディネートです。


Vゾーンにはボルドーを効かして、より艶感を意識しました。





クラシカルなサンドストライプのシャツ。


ボルドーのタイは、こちらもヴィンテージ調の小紋柄。ブルーがシャツとタイを繋いでいて、変に煩くならないのもポイントです。





ブラックのシューズは、こちらもモンクストラップ。


CROCKETT & JONES MALVERN シングルモンクストラップシューズ
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥79,000+税
商品番号:21-32-0129-502

こちらも、良い雰囲気の一足。<ENZO BONAFE>と比べると、よりシンプルで控えめな所が魅力ですね。



チャコールグレースーツのコーディネート、如何でしたか。ネイビーが最も定番のビジネスシーンだとは思いますが、やはりそれだけでは勿体ないですよね。グレーはネイビーに次ぐ定番色ですし、色的な主張が控えめなので、よりネクタイなどで色を効かしやすいのが、魅力だと思います。ぜひ、挿し色使いを楽しんで頂ければと思います。








それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


楽しみ学ぶ


ついに残るは決勝ですね。もしかすると、9番目の新たな優勝国が生まれるかもしれません。


色々と優勝国の法則なども語られています。自国出身の代表監督以外が優勝したことは未だに無いとか、人口が4000万人に満たない国は優勝できないとか。今回はベスト4のうち、ベルギーのみが外国人監督を起用し、準決勝で敗れたので、自国出身の監督ジンクスは継続ですね。一方で決勝に進んだクロアチアは人口が500万人にも満たない国なので、優勝すれば凄い事ですね。


ジンクスが今回も当たるのか、それとも史上初の例が生まれるのか。そんな所に注目しながら、優勝国を予想するのも一興ですね。






こんばんは、石原です。





本日は、こちらのお品をご紹介致します。


<PAIDEIA>

古代ギリシャのアルファベットで記されたブランドネーム。昔、必死で辞書を引きながら解読していた身としては、なかなか感慨深いものがあります。


「パイデイア」とは、元々「子供の遊び」というニュアンスを持つ別の言葉から派生し、「しつけ、教育」と言った意味になります。

どのような想いで、ブランドネームを付けたのかは知りませんが、英国的でクラシカルな雰囲気の魅力、それを我々に楽しませつつも教えてくれる、そんなブランドです。



まずは、全体のコーディネートから。

PAIDEIA ヴィンテージグレンプレイドスーツ
カラー:ブラウン
サイズ:44〜50
価格:¥210,000+税
商品番号:21-17-0786-465

ヴィンテージ感のある、ブラウンのグレンプレイド柄。格好良いですね。




クレリックシャツに、ボルドーの小紋プリントタイを合わせて、渋い中にも幾分か洒落た雰囲気を演出しました。






ちなみに、パンツはツープリーツになります。

やはり、こうした雰囲気が欠かせませんね。





フロントポケットも、チェンジポケットのある仕様です。

ご覧の通り、ブラウンと言っても乾いたグレイッシュな色味。癖が少なく、意外と使いやすそうな雰囲気ですね。




足元はブラックも良いですが、今回はブラウンを用いて纏まりを付けてみました。

ENZO BONAFE DUCCIO シングルモンクストラップシューズ
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0093-302

個人的にも愛用しているシューズでして、端正な雰囲気と幅広く活用出来るのが魅了です。





続いては、ブラウンを基調としたコーディネートです。

色彩的な纏まりがあり、エレガントに見えますね。



ちなみに、全てに柄を用いています。

色味を揃え、柄のバランスを区別することで、整った印象を演出しています。柄物のスーツは他をシンプルに纏められるので楽ですし、それはそれで素敵ですが、柄物を多用すると、より渋味が増すので、個人的にはお薦めです。





最後はトレンドカラーの1つ、グリーンを挿したコーディネートです。

最初に挿したボルドーよりも柔らかな印象。色による視覚的な印象は大切ですね。グリーンとブラウンのミックスは、より知的で静的な雰囲気を醸し出します。






シャツをホワイトにしても良いのですが、サックスの方が柔らかさが引き立つのでお薦めですね。


プリントの小紋タイは、エレガントでありかつ軽快。変に重々しくならないのが魅力です。



今回は茶靴で縛り、ブラウンに寄せたコーディネートにしましたが、もちろん黒靴を軸にしたコーディネートも良いと思います。その際は、ネイビーを軸にしたコーディネートもお薦めですね。


<PAIDEIA>の素敵なスーツは如何でしたか。実際に生地に触れて頂くと、そのがっしりとした感触に驚かれるかもしれません。どんどん着込んで、馴染ませていきたい一着になるでしょう。楽しみながら、その魅力を学んで頂ければと思います。


さて、気付けば英国ではウィンブルドンが佳境ですね。こちらも男子のシングルスでは、芝の王者フェデラーがまさかの逆転負け。もしかすると、こちらでも新たな優勝者が生まれるかもしれません。サッカーとテニスの決勝が同日にあるとは、どちらも好きなスポーツファンには、なかなか厳しい週末ですね。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原





ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


ヴォルゴグラード


サッカー日本代表、無事にベスト16進出を決めましたね。最後は試合内容とは関わりなく、妙にハラハラしました。仮に自分が監督だったとして、同じ判断が下せるかどうか。最終的には、賭けに近いのかもしれませんね。とはいえ、状況に応じてプレイをアレンジ出来たのは凄いと思います。


これで次の相手はベルギー。かつて赤い悪魔と恐れられた古豪ですね。2002年大会でも対戦しましたが、その後の低迷期を経て、今や世界3位の強豪国に復活しています。この世界の大舞台で、本気のベルギーとの試合が観られるとは、いちサッカーファンとしてもワクワクしてしまいます。今から楽しみですね。


ところで、ポーランド戦の地ヴォルゴグラードは、かつてはスターリングラードと呼ばれた都市ですね。第二次世界大戦での激戦地としても有名で、小説『鼠たちの戦争』や映画『スターリングラード』の舞台にもなっています。


色々な都市で試合が開催されますが、こうした大会の会場になるには、相応の規模がスタジアムにも求められます。そのため各試合会場の都市にも、歴史のある場所が多くなりますね。サッカーだけでなく、そうした点にも目を向けると、また一味違った楽しみ方が出来そうですね。





こんばんは、石原です。






皆様ご存知とは思いますが、本日からBEAMS サマーセールを開催しております。


折角なので、いまお薦めしたいスーツを、コーディネートと共にご紹介致します。




単純なネイビーの無地ではございません。

BEAMS F V.B.CANONICO ミニチェック3Bスーツ
カラー:ネイビー
サイズ:42〜52 6R
価格:¥78,000+税
商品番号:21-17-1004-264

細かなネイビーのシャドーチェック。この表情のあるところが魅力的ですね。




まずは正統派のネイビーコーディネート。

シャツ:

BEAMS F ファインツイル ロンドンストライプ ワイドカラーシャツ
カラー:ネイビー
サイズ:37〜43
価格:¥14,000+税
商品番号:21-11-0462-183



ネクタイ:

PETRONIUS ソリッドネクタイ
カラー:ブラウン、ブルー、ネイビー
価格:¥16,000+税
商品番号:21-44-5692-107


ロンドンストライプのシャツは、太い線がより硬派な雰囲気を醸していますね。シャツとネクタイともに、深みのあるネイビーをあてて、引き締まった印象を強めました。




足元も硬派な雰囲気です。

ENZO BONAFE PAGANINI セミブローグシューズ
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0095-302

ローファーやストラップシューズも良いのですが、やはりセミブローグは外せません。ここぞと言う時に、お薦めの一足です。





次は差し色を加えたパターンです。

サックスのクレリックシャツに、ボルドーの小紋ペイズリー柄ネクタイを合わせています。






ネイビースーツにボルドーのネクタイ、個人的にも昔から好きな組み合わせです。

シャツ:

BEAMS F ハケメクレリック セミワイドカラーシャツ
カラー:サックス
サイズ:37〜43
価格:¥14,000+税
商品番号:21-11-0342-563


ネクタイ:

EREDI CHIARINI ペイズリーネクタイ
カラー:ブラウン、ボルドー、ネイビー
価格:¥12,000+税
商品番号:21-44-5645-911

シンプルにサックスのシャツを合わせても良いですね。クレリックシャツを用いることで、よりクリーン、あるいはクラシカルな洒落感が加わります。ちょっとした変化を付けるには、効果的なお品だと思います。






最後は、足元をブラウンで纏める場合のパターン。





シャツはパープルのストライプです。ロンドンストライプよりも少し細いキャンディストライプなので、自ずとアクセントも弱くなりますね。パープルのような差し色を取り入れるには、お薦めの柄です。

シャツ:

BEAMS F ツイルキャンディストライプ セミワイドカラーシャツ
カラー:パープル
サイズ:37〜43
価格:¥14,000+税
商品番号:21-11-0346-563



ネクタイ:

GIERRE ペイズリーネクタイ
カラー:ボルドー、インディゴ、ネイビー
価格:¥15,000+税
商品番号:21-44-0124-343


ネクタイはヴィンテージ調の、細かなペイズリー柄のプリントタイ。レジメンタル等も良いのですが、今回はシックな路線で纏めてみました。





足元も硬派です。

ENZO BONAFE SALIERI フルブローグシューズ
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0094-302

先ほどのセミブローグとは兄弟分ですね。より重厚な雰囲気を演出できるフルブローグ、クラシカルなスーツスタイルの足元を飾るには、最良のお品だと思います。



クールビズ全盛の頃合いですが、だからこそクラシカルなスーツスタイルが、新鮮で洒落て見えたりもします。そして、何よりもスーツは必要になる場面が、意外とありますよね。


状況に応じて、プレイスタイルを柔軟にアレンジ出来るのと同じで、服装も柔軟にコーディネート出来ると、やはり一味違います。大切なのは、状況に対応する為の準備を整えておくことでしょうか。ぜひ、この機会を活用して頂ければと思います。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原





ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。



↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


ポリバレントなドレスシューズ


サッカー日本代表のメンバー発表が、先日ありましたね。世界各地で各国の代表チームが調整試合を行うなど、4年に一度の大会に向けて気分が高まってきているのを感じます。


今回のメンバー発表では、かつてのカズや中村俊輔のようなサプライズは、あまり無かったように感じますが、大一番にこれから臨もうという監督の身になってみると、もっと大勢選べれば楽なんだろうなと、思わずにはいられませんね。


メンバー選びで話題となり、流行語にもなりそうなのが、「ポリバレント」という言葉ですね。もともと化学分野の用語らしいのですが、そこから派生して比喩的「複数の働きを持つ」といった意味合いがあるそうです。


仕事で身近なポリバレントなアイツと言うと、タッセルローファーがまずは思い浮かびます。それ以外にも何か無いかな?と思っていたところ、ちょうど良いお品が入荷して参りました。





こんばんは、石原です。




というわけで、先週に続き、もう一足の素晴らしい入荷シューズをご紹介致します。




ENZO BONAFE DE CHIRICOⅡ
カラー:ブラック
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0140-302

往年の傑作ダブルモンク、「DE CHIRICO」がリニューアルされて、入荷して参りました。




まずはじっくりと、その雰囲気をご覧頂ければと思います。





ピッチドヒールのエレガントな風情。






トゥの少し張ったコバから、絞り込まれたウェスト。まるでビスポークシューズのような雰囲気で、とてもエレガントですね。




前作との一番の違いは、爪先の雰囲気。


ご覧のように、ポインテッド気味のラウンドトゥから、セミスクエアに変わりました。よりクラシカルで、今の英国調の気分を反映した雰囲気ですね。






前作もそうでしたが、幅広いコーディネートで活躍してくれるお品です。


ベージュのスーツの足元にも良いですね。普通のブラックのレースアップでは難しい所ですが、スポーティな雰囲気も伴う、ダブルモンクならではの汎用性です。





よりエレガントな装いにも、綺麗におさまります。


シングルモンクや、ストレートチップですと、少し堅すぎるかなと感じるときに、こちらがあると非常に便利ですね。タッセルローファーよりもかっちりと見せられるので、ドレッシーな装いにはこちらがお薦めです。




さて、タッセルローファーにも劣らないポリバレントなお品、ダブルモンクストラップシューズ「DE CHIRICO Ⅱ」、如何でしょうか。前身が大ヒット作だっただけに、期待を裏切らない逸品であることは間違い無いと思います。ぜひ、お試しになって下さい。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


STRAP×STRAP


先日、人気テレビ番組の『アメトーク』で、これまた大人気漫画『HUNTER×HUNTER』を取り上げた回がありましたね。狙っていた訳では無かったのですが、ちょうど放送されていたので、何気なく見てしまいました。


漫画の連載が始まったのは約20年前、私もまだ高校生でした。当時は読んでいましたが、いつからか遠ざかってしまっていました。なので、漫画の内容を聞くことも久しぶりでした。


いざ見てみると、やはり作品が大好きな人達が集まっている上に、トークも上手いので、かなり引き込まれましたね。久しぶりに作品の続きを読みたくなってしまいました。


自分が対象の物を好きなだけでなく、話術で聞く人の興味まで駆り立ててしまう、凄いなと、体感しながら尊敬してしまいます。実際のご案内や、こうしたブログを読んで下さる方の興味を掻き立てられるよう、少しは見習いたいです。







こんばんは、石原です。





本日は、ご紹介したくて堪らないお品です。

ENZO BONAFE CARRACCI フルブローグシングルモンク
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0143-302

見るからに雰囲気のあるシューズ。個人的には、20年とは言えませんが、少なくともこの10年、最も愛用しているブランド、〈ENZO BONAFE〉の最新モデルです。




モデル名は「CARRACCI(カラッチ)」。

モデル名には、大体がイタリアの人名が当てられていますね。芸術家が多い印象があります。調べてみたところ、今回のカラッチもアンニーバレ・カラッチという著名な人物がいますね。16世紀のボローニャで活躍した画家一族の1人で、西洋の絵画史でも重要な人物らしいです。



右下はシングルモンクの「DUCCIO(ドゥッチョ)」。

兄弟の様な雰囲気ですね。ちなみにドゥッチョもルネサンス期の著名な画家。その辺りも繋がりを意識して、名付けているのかもしれません。




プレーントゥのモンクストラップと比べ、より重厚さや、スポーティな雰囲気が強く感じられるフルブローグの仕様。


スーツに合わせるのも、もちろん良いと思います。その場合には、極力グレンチェックのようなスポーティな柄や、リネン混の様な素材感がある生地の物を選ぶのが、個人的にはお薦めです。コットンのソラーロスーツも良いですね。冬場なら、フランネルやキャバルリーツイル等がイメージされます。




ジャケットスタイルもお薦めです。


生地は、英国らしいざっくりとした風合いの物にしてみました。ピークドラペルに、チェンジポケットが付くモデルです。パープルを軸にした、少し雰囲気の強いコーディネート。プレーンなシングルモンクですと艶やかになり過ぎるので、フルブローグは具合が良いですね。



フルブローグモンクストラップシューズ、如何でしょうか。こうして、画像に撮っているだけでも、欲しくなってしまっている自分がいます。その思いが、少しは伝われば良いのですが、まだまだ修行不足かもしれませんね。何はともあれ、実物をご覧頂ければ、その魅力に必ず胸が打たれると思います。まだ店頭在庫が無いほどの、人気かつ少量の入荷。ぜひスタッフまでお問い合わせ下さい。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


翔んでみる。


ゴールデンウィーク中にNHKで放送された、『全ガンダム総選挙』ご覧になられましたか?


個人的に押したMSやキャラクター、作品の順位が気になって見てしまいましたが、実際には順位云々よりも、富野監督のインタビューや、アムロ役の古谷さんの生アフレコが印象的でした。


特に古谷さん、ヤバいですね。声優さんの生アフレコという企画、正直大した興味は無かったのですが、見たら衝撃的でした。まさに伝説的な声優というオーラが、テレビからも伝わり、見ていて震えましたね。

何事もイメージするだけでは分からないもので、実際に見聞きしたり、試すことは大切だと思います。洋服も同じで、着てみると想像以上に良く感じることは多々あります。


もしかすると、今日ご紹介するお品物も、そんな存在だなと、感じる方がいらっしゃるかも知れません。ぜひ、ご興味が湧いたら、お試し頂ければと思います。





こんにちは、石原です。






ゴールデンウィークが明けてから、ちょっと寒い日が続きましたが、やっと初夏の陽気が戻ってきましたね。



そんな時候にお薦めのスーツを、本日はご紹介致します。

生地はイタリアはE.THOMAS社のお品です。



癖のない、ベーシックな表情の生地は使い勝手に優れていますね。

BEAMS F E.THOMAS コットンスーツ
カラー:ネイビー
サイズ:42〜52
価格:¥83,000+税
商品番号:21-17-0321-731

まずはタイドアップスタイル。クラシカルな雰囲気の合わせも決まります。




クレリックのシャンブレーシャツに、プリントのヴィンテージ調ネクタイ。差し色でグリーンを入れましたが、良い感じにおさまりますね。

ネイビーベースなので、様々な色を入れやすく、シックに纏まります。





足元も、少しカッチリとした方向性であわせるなら、モンクストラップシューズが良いですね。

ENZO BONAFE DUCCIO モンクストラップシューズ
カラー:ブラック、ダークブラウン、ブラウンスエード
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0093-302

エレガントな雰囲気を添えてくれます。それでいて、堅すぎない感じがモンクストラップシューズの美点ですね。




もう少しスポーティーに、タイドアップするのも良さそうですね。

タータンチェックのラウンドカラーシャツは、〈Brilla per il gusto〉レーベルのオリジナルになります。



スポーティーなチェック柄、何処と無洒落た雰囲気が増すラウンドカラー、コットンスーツと合わせるのに最適ですね。

ネクタイは〈ASCOT〉のニットタイ。個人的にも10年愛用しています。使い勝手抜群です。




さらに、クールビズではノーネクタイスタイルも、コットンスーツですと様になります。

シンプルに白のシャツも良いですね。チーフを挿し忘れてしまいましたが、お召し頂くと良いアクセントになります。



ボタンダウンシャツも良いですが、今回はワンピースカラーシャツにしてみました。


〈LUIGI BORRELLI〉のお品は上品な雰囲気で着心地も良いので、大変お薦めです。リネンが織り込まれた生地は、見た目にも涼しげですね。




ボタンを外した際の、首元のロールが綺麗ですね。ワンピースカラーならではの雰囲気だと思います。





足元はノーネクタイでしたら、より軽快にタッセルローファーがよろしいと思います。

CROCKETT & JONES CAVENDISH3 カーフタッセルローファー
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9
価格:¥79,000+税
商品番号:21-32-0096-502

皆様よくご存知の大ヒットモデル。間違いないですね。




ノーネクタイスタイルですと、こちらもお薦めです。

ボタンダウンシャツの様ですが、少し変わってきます。




〈LACOSTE〉は鹿の子生地の、ボタンダウンシャツになります。

ポロシャツと同じ生地感ながら、襟は台襟仕様なので、しっかりと立ちますから、砕けた雰囲気にはなりませんね。




フロントが全て開く、一般的なシャツスタイルのお品なので、ビジネスシーンに取り入れて頂きやすいお品です。

上着を脱いでも、様になりますね。



盛夏のクールビズスタイルとしては、コットンパンツに合わせるイメージで、大活躍間違いないでしょう。

スーツのパンツなので、程好い細さのワンプリーツパンツです。ビズポロと組み合わせて頂くと、パンツの影響で、しっかりとした雰囲気が増すので良いですね。



コットンスーツ、如何でしたか?スーツとしても、パンツとしても、活躍させたいお品ですね。もちろん、ワンピースカラーのシャツや、ビズポロもお薦めです。


前書きの通りで、想像するのと、実際着るのとでは大違いだったりします。プラトンの哲学でも、見るだけでなく、跳ぶのが大切という考え方があります。『ガンダム』でも「翔べ」とよく言いますね。すみません。



冗談はさておき、ぜひお試し頂ければと思います。よろしくお願い致します。




それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


ジュラ紀のネクタイ


軽い気持ちで4歳になる子供に、映画『ジュラシックパーク』を観せてみたところ、想定以上にはまってしまい、すっかり恐竜好きになってしまいました。


もちろん、映画を観るだけでは恐竜熱は充足しません。休日には上野の国立科学博物館にお出掛けし、恐竜の化石を見るのが日課に。


もちろん、恐竜の化石を見るだけでは子供心は充足しません。恐竜のクッキーや、ぬいぐるみや靴下や…いつの間にか我が家は恐竜グッズで溢れかえる始末に。


とまあ、親にとっては都合の良い結果ばかりではありませんが、楽しむ子供を見るのは嬉しい限りです。また、久しぶりに観る『ジュラシックパーク』も良いですね。劇場公開当時は私も小学生。イギリスの映画館で、字幕も無い英語のままで観ましたが、子供心はそれでも満たされました。それを我が子と観ることになるとは、少し感慨深いものがあります。


一緒に観たい映画なら、それこそ沢山あります。次はどんなブームを起こしてしまうのか。世代を越えて愛される作品の力には、少しビビってしまいますが、都合の悪い結果も受け止める覚悟を持って、臆せずに色々観てみようと思います。






こんばんは、石原です。





もうすぐ、クールビズ。そういう方も多いかも知れませんね。ネクタイをお召しになる機会も減ってくる、そういう季節が近づいて来ましたね。


ですが、中にはタイドアップが好きだから、格好良いと感じるから、出来る限りネクタイを絞めたい。そういう方もいらっしゃると思います。


そうした方々には朗報です。いま店頭は、洒落た雰囲気のネクタイたちで溢れかえっております。

見れば見るほど、ネクタイ好きには堪らないラインナップ。色々欲しくなってしまいますね。



試しに、幾つかネクタイとスーツで、コーディネートしてみました。


まずは、ウール×コットン生地のソラーロスーツ。洒落た雰囲気が、スーツ自体にありますね。色々なアプローチがありますが、個人的に好きなのは、シンプルなホワイトシャツと、雰囲気のある柄物のネクタイとの組み合わせです。




コットン×リネンのラウンドカラーシャツで、さりげなく涼しげな味付けを加えています。


ネクタイは柄が強めのプリント物。スーツやシャツがシンプルだからこそ、合わせたくなるネクタイですね。ネクタイから考えて、シャツやスーツで生地にこだわりつつ、柄は引算。そんなコーディネートです。余計な色を加えずに、ブラウンからベージュの色味で纏めることで、柄の割にはスマートな印象を演出しているのもポイントですね。




続いては、遠目には無地に見える、シャドーウィンドウペンのグレースーツ。


ボルドーベースのヴィンテージ調のプリントタイを活かしたい。こちらもネクタイから考えたコーディネートです。


グリーンやボルドーなど、ネイビー以外の色が、これまでに無いほど数多くラインナップされているのも、今季の特徴です。色を活かすという点で、グレーのスーツやジャケットは、とても使い勝手が良いですね。


敢えて艶のあるスーツ生地を選び、メリハリを付けつつ、全て柄物で構成しました。先ほどのソラーロスーツのダンディな雰囲気とは違い、色気を意識してコーディネートしています。





次は、先日も幾つかブログでご紹介した、ブラウンスーツでのコーディネート。


モヘア混の生地は、ラグジュアリーな雰囲気が漂います。


こちらは、まずシャツから始めたコーディネートです。サックスベースのタッターソール柄のシャツを、敢えてネイビースーツ以外で合わせてみました。



サックスやブルーと相性の良い、ブラウンスーツとの組み合わせ。ホワイトやサックスの無地のシャツも好きですが、英国調がキーワードの昨今、タッターソール柄を着たくなった、というイメージです。


艶っぽくなり勝ちなスーツ生地ですが、シャツやネクタイのドライな風合いが、上手くバランスを取ってくれています。


ネクタイはクラシックな雰囲気を演出してくれる、大柄のペイズリープリント。シャツとネクタイで、柄のテイストやバランスを変えて、メリハリを付けています。個人的には1番好きな雰囲気のネクタイ。どうしても使いたかった一本ですね。





最後は、注目度が高まっている柄と言って良いでしょう、ストライプ柄のネクタイです。


もちろん、定番的な柄ですし、スタッフにも愛用者が多いテイストの品々です。ただ、ここ2年ほどヴィンテージ調で雰囲気の強い柄が増え、より面白味が増したと感じています。



ヴィンテージと言っても、そこまで癖が強い訳ではなく、少し味わいのある色柄というイメージなので、違和感なくお召し頂けると思います。


細かなチェック柄のスーツに、ロンドンストライプのシャツ、そして大きめなピッチのレジメンタルタイ。全て柄物です。やはり柄のテイストとバランスを意識して、組み合わせています。


こうした、雰囲気のあるレジメンタルタイが増えたので、ストライプ柄のシャツとも合わせやすくなった印象があります。引算ではなく、足算のコーディネートですね。メリハリが効いていれば、煩雑ではなく、クラシカルな雰囲気を演出できるので、ぜひトライして頂きたいコーディネートです。




冒頭に敢えて関連させて例えるなら、それこそまるでジュラ紀の恐竜達のように、多彩で個性的なネクタイたちが、いま店頭には揃っております。あくまで敢えてですが、そのようにも例えられる状況なので、店頭でシャツやスーツを組み合わせて頂ければ、なかなかお楽しみ頂けると思います。ぜひ、よろしくお願い致します。








それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




そして、

もう間もなくですね。


先月まで当店に在籍していた、アシスタントバイヤーの芹沢も、ブログでご紹介しております。そちらも、ご一読頂ければと思います。


弊社、中村、西口両ディレクター、高田バイヤー、もちろん芹沢アシスタントバイヤーも、店頭で皆様のご案内をさせて頂く予定です。

ぜひ、ご来店お待ちしております。




そして、宴の日からは。

こちらも、開催致します。

この機会をお見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


"fatto a mano"

こんばんは、芹沢です。


8月に入ってから続いていた雨天も

ようやく途切れたかと思いましたが、

このタイミングと言うのもなんだか…

なぜなら我々、

本日から秋冬物に衣替えをするからです。


暑がりな私にとっては

1番嫌な時期でもあります…



ではでは、本日のご紹介。


もう既に他店のブログ等々でも登場しておりますが、私も紹介せずにはいられませんでした。


あのシューズ、




Enzo bonafe(エンツォ ボナフェ)が入荷です!


まずはフルブローグのSALIERI(サリエリ)。




Enzo bonafe SALIERI
カラー:BLACK.D.BROWN
サイズ:5•5.5•6•6.5•7•7.5•8•8.5•9•9.5
価格:¥99,000+税
商品番号:21-32-0094-302






いい面してます。






シャープな印象のピッチドヒール。




ソールの踏みつけ部分はグッドイヤーウェルテッド製法、ウエスト部分はマッケイ製法の2C(ドゥエチー)と呼ばれる仕上げ。

凝ってますね。



続きましてセミブローグのPAGANINI(パガニーニ)。




Enzo bonafe PAGANINI
カラー:BLACK,D.BROWN
サイズ:5•5.5•6•6.5•7•7.5•8•8.5•9•9.5
価格:¥99,000+税
商品番号:21-32-0095-302

こちらもいい面してます。




そして最後はモンクストラップの

DUCCIO(ドゥッチェ)。




Enzo bonafe DUCCIO
カラー:BLACK,D.BROWN
サイズ:5•5.5•6•6.5•7•7.5•8•8.5•9•9.5
価格:¥99,000+税
商品番号:21-32-0093-302

やっぱりいい面してます。




いずれも、既存のラストをベースに甲を低く設定し、フィット感を高めるように変更したBEAMS EXCLUSIVE。


出し縫い以外は全て手作業で仕上げている、

9分仕立て。


まさに職人芸。


言葉では伝わり切らないので、

是非店頭でお試しください。




伊藤先輩もこの表情。




「いい面してますなぁ〜。」


いかがでしょうか?


それでは、ご来店お待ちしております。


http://www.beams.co.jp/news/559/