チェック神本の要チェック PART 27

神本 直也 2024.05.21

皆さんこんにちは!

BEAMS PLUS HARAJUKU のチェック神本です!

暦の上では初夏に突入し5月も既に4周目、時の流れの早さ

と気温の急激な変化に驚きを隠せない今日この頃。

毎年思っている事でありますが、7・8月の暑さに耐え切れるのか40度ぐらいの気温になったら無事に生活できるのか心配ですね(笑)

昨年は友人と海に旅行に行ったので今年は山に行こうかなとか花火大会に行きたいなとか楽しみな事も沢山あるので夏ってワクワクしますよね!

それでは今回ご紹介させて頂くアイテムはこちら!




BEAMS PLUS ビーチシャツ ジャケット
カラー:チャコール
サイズ:S M L XL
価格:¥30,800(税込)
商品番号:38-01-0101-791

ビーチシャツ、60〜70sのヴィンテージをよく目にする事が多い印象ですが、その名の通り元は海から上がった際に羽織るものとして着用されていた背景を持ち、直接肌に触れる内側がパイル地になっているものが流通していたようです。



特徴的な3つのパッチポケット、私にはシャツジャケットを彷彿とさせる印象を受けますが大きく異なる点は縦長の胸ポケットのディテール。





アイウェア、サングラス等を収納する為に縦に長く取られています。 今回ご紹介させて頂いているこちらは素材がリネン100%という事もあり重さのある物を入れてしまうと少し形が崩れてしまう為、ペンや軽めの物を入れる事をお勧めします。

リネン100%、ベースの色がチャコールグレーという事もあり良い意味で透け感は出ないですがその軽さと風通しの良さは言わずもがなです。



私には3色に見える特徴的なカラーリングが目を惹くアイテムで、BEAMS PLUSで展開しているバンドカラーのシャツ(商品番号 38-11-670)と同じ糸を使用しておりその名は「絣(かすり)」。

かすり糸とは、前もって2色以上の色に染め分けられた糸のことで、「段染め糸」とも呼ばれています。

1本の糸の中で色が変化するため、織り地・編み地にもいろんな表情が表れるのが、かすり糸の特徴。



主に白色と他の色との2色のものが多く、模様を想定した染色がされており織り上げて図柄を表現したものなのです。

蚊絣・雪絣・井桁模様など調べてみると沢山の模様が存在するので是非興味のある方は検索してみて下さい!

図柄は落とし込まれておりませんが不規則な色の表情が柄を彷彿とさせボーダーのような、ストライプ柄のような唯一無二の柄を表現してくれています。



私の個人的お気に入りポイント、シェルボタンのような光沢感を持つ樹脂製のボタン、ビーチシャツという事もありこのボタンがチョイスされたと考えられます。



袖部分の縫い付けられたターンアップ仕様は、50〜60年代後半の映画でよく目にするTシャツやシャツの袖を捲って着用している姿からインスピレーションを受けたのか、あまり気付かれない部分ではありますが、そこにひと工夫を入れる事で男らしい見え方を感じます。

最後に私のスタイリングを、



着用サイズはMサイズ、肩幅に少しゆとりのあるサイズ感ですが身幅や着丈が程よくボックスシルエットになっております。

東京では気温が25度前後になっている為、リネンを使用したアイテムが程よくシャツの素材の合わせてパンツもリネン素材で合わせた点がポイントです。

シャツジャケットのように羽織ものとして着用し、サックスのリネンシャツをインナーに合わせてシャツonシャツのコーディネートもカッコ良さそうです。

マチガイナイ1着要チェックです⤴︎

それではまたの機会に、

神本